• このエントリーをはてなブックマークに追加

一風堂の海外進出 | 海外進出の歴史と海外店舗数&4つのグローバルラーメン戦略を解説!

掲載日:2021年05月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一風堂の海外進出について解説します。具体的には一風堂の海外事業の歴史や海外店舗、その独自の海外展開を成功させた4つのグローバル戦略など、一風堂の海外進出についてわかりやすく分析していきます。

そんな一風堂の海外進出ですが、誤解を恐れずに言えば、国内では他のラーメンチェーンの店舗数におよばないものの、ニューヨークなどの大都市に戦略的に直営店舗を出店。その店自体をプロモーション的な店舗として、メディア展開やユニークかつ新しい店舗スタイル(お酒も出すラーメン&ダイニング業態など)を導入し、海外のRAMEN消費者からの確かな支持を獲得しています。

世界におけるラーメンの知名度と価値観をブラッシュアップさせながら海外展開を続ける一風堂は、世界に通じる日本企業のお手本とも言えます。

本テキストでは、そんな一風堂の海外進出について詳しくわかりやすく解説していきます。

Photo by Edsel Little on Flickr

▼一風堂の海外進出 | 海外進出の歴史と海外店舗数&4つのグローバルラーメン戦略を解説!

▼アナタの海外ビジネスを成功させるために

1. 一風堂とは?

福岡→東京→ニューヨークに海外進出! 新しい価値観ラーメンダイニングでブレイク

まずは一風堂とはどんな企業なのか? ここでは、会社としての基本的な概要について解説します。

1985年に創業者である河原成美氏によって福岡市中央区で開業した一風堂は、豚骨特有の臭みを抑えながらも濃厚でうま味の強いスープと自家製麺を特徴とする博多豚骨ラーメン店です。

やがて新横浜ラーメン博物館がオープンしたのと同じ年である1994年に関東第1号店をオープン。その後、テレビ東京「TVチャンピオン」の全国ラーメン選手権で3連覇を達成し、全国にその名を轟かせるラーメンチェーンに成長しました。

本テキストのメインテーマとなる海外進出としては、2008年にはアメリカ・NYに海外1号店をオープン。後述しますが、日本におけるラーメン店舗とは全く異なる、併設したウェイティングバーで日本のビールやアメリカ製のクラフトビールなども提供する「ラーメンダイニング」業態であることを強く打ち出したことが功を奏し、彼の地NYにラーメンブームを巻き起こしたことでも知られています。

ラーメン店にも関わらずおしゃれで女性も入れるお店

一風堂の特徴の1つに木製の看板や手染めののれん、木調の内装、店内にBGMとして流れるジャズなど、おしゃれなお店づくりがあります。「汚くて女性一人では入りにくい」という従来の豚骨ラーメン店のイメージを一変させ、国内で新たな消費者層を獲得しました。

この従来のラーメン店とは異なる価値観が、後のNYでの「ラーメンダイニング」を始めとする、一風堂ならではの海外戦略に繋がっていきます。

国内ラーメンシーンでは上位ではないが〝海外展開はぴかいち〟

そして誤解を恐れずに言えば、一風堂は日本国内におけるラーメン事業においては、売り上げも店舗数も決してトップではありません。

一風堂は現在、日本全国に149店舗(2021年3月末)のネットワークを有しています。規模だけ見ると、幸楽苑、スガキヤ、日高屋、らあめん花月嵐、天下一品などの後塵を拝していますが、海外展開は抜きん出ているのです。

後述しますが、2008年のNY進出を皮切りにシンガポール、中国、イギリスなど15カ国に進出。「スターバックスのラーメン版」になることを目標に、現在は全世界で280店舗を展開するという圧倒的な海外シェアを誇っているのです。

2. 一風堂の海外進出の歴史

初の海外展開である中国事業では一旦撤退

ここからは一風堂の海外進出の歴史について見ていきましょう。ポイントは、先述したニューヨーク出店の成功より前に、別ブランドではありますが、初の海外展開である中国事業にて撤退を余儀なくされていることです。

一風堂が海外展開に本格的に取り組んだのは2000年頃から。 直営、現地企業とのジョイントベンチャー(JV、合弁企業)、ライセンス契約の3つで海外展開を推進しました。

最初にアメリカ・NYへの出店計画がありましたが、2001年9月11日の同時多発テロの影響で先送りに。2004年に中国・上海の現地起業とJVを設立し、「一風堂」ではなく別名ブランドで上海に海外1号店をオープンしました。しかし2006年末までに計8店舗を出店したものの合弁を解消。中国からの撤退を余儀なくされたのです。

「一風堂」ブランドを引っさげて挑んだアメリカで見事成功

しかし一風堂は海外進出を諦めませんでした。

2008年3月、アメリカのNYのマンハッタンのイーストビレッジに「IPPUDO NY」の第1号店をオープン。これが「一風堂」ブランドとしての初の海外進出となります。

そして、ニューヨーク店舗の開店に先立ってNYのメディア50社を招いてプレスレセプションを開き、高評価を得たのを追い風に、初年度で4億5,000万円の売上を達成したのです。以降は「IPPUDO NY」の売上高、利益は毎年右肩上がりで上昇し、国内の一店舗の10倍以上を稼ぎ出す旗艦店となりました。

次項からはそんな一風堂の海外事業についてより詳しく解説していきます。

3. 一風堂の海外事業と海外進出店舗数

アジア進出の拠点であるシンガポールでの成功

このセクションでは、改めて一風堂の海外進出事業について見ていきましょう。

一風堂の海外進出のポイントとしては、先のニューヨーク進出と並んで、アジアおよび東南アジア進出があります。

具体的には、2009年、日本と同様に麺文化が定着しているアジア進出を目指し、世界展開の拠点となる子会社を直営でシンガポールに設立しました。

シンガポール1号店となる「IPPUDO SG」は、ニューヨークと同じラーメンダイニング業態でオープンキッチン方式。この店舗は注目を集め、連日600~700人が来店する人気店となりました。

後述しますが、このニューヨークおよびシンガポールといった、相対的に狭いエリアの人口集積地(都市)にフラッグシップ店舗を設立することは、一風堂の海外進出戦略において重要な施策となっています。

一風堂の海外進出戦略については後項にて詳しく解説します。

一風堂の海外進出店舗

続いては一風堂の海外進出店舗について見ていきましょう。

先述したニューヨーク、シンガポールに続いては、2011年には香港に進出。その翌年には台湾、オーストラリア、そして一度は失敗した中国に再進出を果たしています。

2013年にマレーシア、2014年にタイ、フィリピン、インドネシア、イギリス、2016年にフランス、2017年にミャンマーに出店と、順調に海外店舗を増やしてきました。

2017年に社長が創業者の河原成美氏から清宮俊之氏に交代し、さらに海外事業が改革&推進され、2018年にベトナム、2019年にニュージーランドに進出と、まさに快進撃を続けています。

そして海外事業を牽引した清宮氏は2019年に辞任。2021年現在は一度現場を退いた河原氏が社長に復帰しています。

4. 一風堂の海外展開を成功させた4つの海外進出戦略とは?

ここまでの海外進出の歴史や海外事業内容を踏まえて、この項では一風堂の海外進出戦略を4つのポイントに絞って解説していきます。

① ニューヨークやロンドンなどの大都市出店によるブランドイメージの拡大

ひとつめのポイントは、ニューヨークやロンドン、シンガポールといった大都市出店によるブランドイメージの拡大です。

2008年にNYに1号店をオープンした一風堂ですが、創業者の河原成美氏は、当初からNYへの出店にこだわっていました。その理由のひとつに過去の成功体験にあります。

一風堂は1994年に新横浜ラーメン博物館に出店したことで知名度を得て、全国展開ができるようになりました。同様に、世界のヒト・モノ・カネ・情報が集まるNYに出店して成功すれば、ブランドイメージの拡大がはかれると考えたのです。

その後もロンドンやパリなど、ヨーロッパの大都市の店舗を旗艦店にして世界での人気を獲得しています。

② 大都市の店舗は直営、アジアの店舗は現地企業とのライセンス契約

2つめのポイントは、先述の大都市店舗は直営、アジア各地の店舗は現地企業とのライセンス契約ということです。

具体的には、自社のブランドイメージを広めるという観点から、ニューヨークやロンドンなどの大都市の店舗は直営、店舗数をどんどん増やす必要があるアジアの店舗は、現地企業とのライセンス契約の形がとられているのです。

ライセンス契約とは会社の商号やノウハウを提供する見返りに利用料をもらう形式。フランチャイズチェーン(FC)とは違い、海外現地の運営に対して積極的に日本から介入していくスタイルです。

この契約には創業理念を共有したいという一風堂の考えが反映されていることはもちろん、いわば一風堂ブランドの発信地となる旗艦店の運営は、日本サイドで慎重かつ戦略期に実施すべきとしている…と言ってよいでしょう。

③ 従来からの積極的なメディア露出とクールジャパン戦略の活用

3つめは、従来からの積極的なメディア露出と、クールジャパン戦略の活用です。

創業者の河原成美氏がテレビ東京の人気番組「TVチャンピオン・ラーメン職人選手権」に出演し、三連覇を果たしたりと、海外進出以前からメディアとの関わりが深かった一風堂。

2014年1月には河原氏がクール・ジャパン戦略事業の一環として開催された「パリ・ラーメンウィーク ZUZUTTO(ズズット)」の企画・立案・コンサルティング担当に就任します。

「ZUZUTTO(ズズット)」とは「音をたてて麵をススル」という、欧米ではマナー違反な食べ方に根ざした言葉ですが、河原氏はその言葉をあえて日本の食文化を伝えるために採用。会場となったパリのレストランでは「ZUZUTTO(ズズット)」をテーマにした食事が好評を博しました。

同年12月、日本企業の海外展開などを支援する官民ファンドのクールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)は、一風堂への投融資を決定。外食企業からの選出は一風堂が初めてでした。

④ 海外という新天地での新しいラーメンカルチャーの啓蒙と実践

最後の4つめは、海外という新天地での新しいラーメンカルチャーの啓蒙と実践です。

一風堂はラーメン界のスターバックスを目指し、従来の日本の価値観にとらわれない、ラーメンの新しい価値観を世界に広めています。

2008年のニューヨーク出店の際に導入したのはバーでお酒を飲みながら待ち合わせをしたりメニューを選んだりするニューヨーカーたちのライフスタイルに適した「ウェイティングバー」を併設したラーメン&ダイニング業態。お酒もおつまみも出して、ラーメンで締めるという新しいスタイルを提示しました。

また、2018年に開業したNY4号店の「黒帯 KURO-OBI」ではラーメンのテイクアウトサービスを導入。また、「黒帯 KURO-OBI」は日本に逆輸入されて渋谷に出店されるなど、グローバル企業ならではの新しい挑戦が注目を集めています。

5. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は「一風堂の海外進出」について解説しました。

国内事業に固執せず、ニューヨークなどの大都市に直営店舗をプロモーション的な店舗として、メディア展開やユニークな店舗スタイル(お酒も出すラーメン&ダイニング業態など)を導入した一風堂。

近年では、先述した「黒帯 KURO-OBI」など、海外事業での施策を日本国内に逆輸入することも実践しています。

それだけでなく、ほかのアジア諸国では現地企業とライセンス契約を結んで創業理念を継承しつつ、数を増やし、 クールジャパン施策ともうまく連動して企業価値を向上させているのが、一風堂の海外進出の成功の証と言えるでしょう。

市場を読むには、情報が不可欠。海外の最新事情や現地の風土に精通することが必要です。自社で調査するにも、まずは海外ビジネスの専門家にご相談することをおすすめします。

『Digima~出島~』には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出支援】 越境EC支援。市場リサーチ、SKU/価格設定、出店手続き、ライブコマースを手がける

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    388
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    中国、台湾に特化したマーケティング・コンサルティング会社

    ・中国・台湾進出サポート歴12年
    ・大企業・中小企業・地方自治体のご支援は388社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドでご提案。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • 株式会社ダズ・インターナショナル

    東南アジア・東アジア・アメリカのエージェントとして"貴社の海外事業部"を担います。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    260
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    私たちは日本企業の東南アジア・東アジア・アメリカへのグローバル展開をサポートします。

    私たちは関わった以上、提案する会社です。
    グローバル展開・オンライン展開における実績・ノウハウから貴社の新しい試みをサポートします。

    私たちのサービスは下記の4つのカテゴリに分かれます。

    ❖コンサルティング(プロジェクトマネージメント・フィジビリティスタディ)
    ❖マーケティング(プロモーション含む)
    ❖グローバルエージェント(海外事業展開総合サポート)
    ❖クリエイティブ(制作業務全般)

    これまで日本企業のグローバル展開・オンライン展開の事例から得たノウハウと経験から逆算し、
    必要なサポートを何かを考えたうえでつくったサービス領域です。

    私たちが日本企業のサポートを行うサービスの根底には、
    "失敗の可能性を下げ、成功の可能性を上げること"がミッションにあります。

    ------------------------------------

    ■コンサルティング
    − プロジェクトマネージメント
    ∟ グローバル展開
    ∟ オンライン展開

    − フィジビリティスタディ/実現性・市場調査
    ∟ 有識者調査
    ∟ 企業信用調査
    ∟ 競合調査/分析
    ∟ 自社調査/分析
    ∟ 消費者調査
    ∟ パネル調査

    ------------------------------------

    ■ マーケティング
    − Webマーケティング
    ∟ SNSマーケティング
    ∟ SEO
    ∟ メールマーケティング

    − 海外テスト販売代理店
    ∟ EC
    ∟ 現地店舗

    − プロモーション
    ∟ Web
    ∟ SNS
    ∟ インフルエンサー
    ∟ 現地メディア
    ∟ 広告運用

    ------------------------------------

    ■ グローバルエージェント
    − SNS開設〜運用代行
    ∟ 海外
    ∟ 国内

    − EC出品〜運用代行
    ∟ 越境EC(自社)
    ∟ 各国ECモール

    − 販路開拓
    ∟ 販売代理店探し〜交渉〜やりとり

    − 翻訳・通訳

    − 申請・手続き業務
    ∟ FDA
    ∟ 保険

    − 法務・税務・人事・労務

    − オンライン集客代行

    ------------------------------------

    ■ クリエイティブ
    − サイト制作
    ∟ EC制作
    ∟ 多言語化サイト
    ∟ LP制作
    ∟ ほか各種サイト
    ∟ システム開発

    − コンテンツ
    ∟ スチール撮影
    ∟ 動画撮影・編集
    ∟ アニメーション制作

    ━━━━━━━━━━━━━━━━

    新規事業展開をする企業にとって言うまでもなく、失敗も成功もイメージが湧きづらいものです。
    「何をやればいい?」「何から進めればいい?」「気をつけるべきことは?」「資金はどのくらい必要?」不安や疑問は数え上げたらキリがなく、上がってくるものです。

    どのような事業推進にも”プロジェクトマネージメント"という働きはとても重要な存在だと考えていますが、特に新規事業にとっては絶対要素だと考えます。

    プロジェクトマネージメントは
    目的達成のためにゴールから逆算してプロセスを考えてリードする働きです。
    具体的には計画・進捗・作業系統化・リソース(ヒト・カネ・モノ)・時間・リスクなどの各条件を管理しながら、プロジェクト完了までチームを効率的にリードしていくことです。

    とてもシンプルに言えば、仕切り役・リーダー的存在です。
    この働きに必要な資質は以下だと考えます。

    ❖俯瞰視(Bird's-eye view)ができること
    ❖判断力・決断力(ブレない一貫性)
    ❖専門的な知識・経験
    ❖インプット力(情報収集力・傾聴力)
    ❖アウトプット力(伝達力)
    ❖ビビり力(不安だから整える、先を見て備える)

    ------------------------------------

    [俯瞰視(Bird's-eye view)ができること」
    私たちはこれまでの事例から自社リソースではかなり難しいと考えます。たとえその能力があっても、その会社での立場や愛社精神・商品/サービスへの愛情/熱意が俯瞰位置を保てず、
    主観の位置になってしまうことが原因にあります。

    [判断力・決断力(ブレない一貫性)]
    俯瞰視と同様、これまでの事例から自社リソースではかなり難しいと考えます。たとえその能力があっても、正しい判断・決断をするためには、“何か・どこか・誰かに偏らない、事実に基づいたフラットな位置”を保てる人間であることが絶対条件になります。

    [専門的な知識・経験]
    私たちはこれまでの事例からグローバル展開・オンライン展開における知識・経験を持っています。ミッションは”事業の失敗の可能性を下げ、成功の可能性を上げること”です。

    [インプット力(情報収集力・傾聴力)]
    プロジェクトに関連する情報を効率よく収集していく力、そしてチーム内の声に傾聴する力がとても大切です。
    ここで大切なのは、ただ集めるのではなく、プライオリティとセグメントを明確にして収集する情報を選択できることです。

    [アウトプット力(伝達力)]
    案件にもよりますが、多くの管理(進捗・タスク・リスク・品質・構成・コスト・リソースなど)をする中で、必要な情報を色・リズム・温度・強弱・時差・ツールで分けた伝達をしていける力が必要になります。

    [ビビり力(不安だから整える、先を見て備える)]
    “先が見えないから不安、計画が立てられない”そこがスタートです。
    このスタート地点からプロジェクトを設計・管理するために必要なセンスはまず、臆病かどうかです。
    この不安をひとつひとつ消し続ける活動がプロジェクトマネージメントの根本になります。
    自分がビビる気持ち・人がビビる気持ちに敏感に察知する力はこの分野で重宝します。


    私たちはこれら6つの資質を持つプロジェクトマネージメントという働きは、外部が担うべきことだと考えます。
    プロジェクト(計画)マネージメント(立案〜管理〜調整)はどんなことにも必要です。
    コンサル屋さんが専門用語で難しい言葉の横文字を並べる中、私たちはリアルなサポートをしていくために、必要な考え方と伝え方と、会話を重要視します。

    目標は何か。
    達成のために、いつ・だれが・なにを・どこで・どうするのか。
    目標から逆算で具体的なやるべきことを落としていくというとてもシンプルな事業推進が多くの企業にとって、”自社だけでは難しい”ことです。

    私たちは海外進出サポートという立場で携わるからこそ、事業主ではない立場で、
    貴社の事業に必要なことを考え、動かす役割として、プロジェクトマネージメントというやり方を持っています。

    スポーツで言えば選手ではなく、監督や選手の体調管理を行うコーチだと思ってください。

    事実、当社は事業主が作成する事業計画書がまだ完成していない段階から携わることが多く、
    抽象的な事業計画を具体化・実現化するサポートをしております。

    俯瞰・外部から事業推進に寄り添うことで、保てる熱・リズムが当社の存在意義になればと考えています。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう