• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のコスト削減ノウハウ術! | 「ヒト・モノ・カネの動き」でコストダウン

掲載日:2020年06月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出におけるコスト削減の方法について解説します。

海外ビジネスに関わらず、あらゆるビジネスにコストはつきものですが、海外ビジネスだからこそ発生するコストもあります。島国である日本から海外進出する際には「ヒト・モノ・カネのそれぞれの動き」において、国内ビジネスとは異なるコストがかかるのです。

そもそも、ビジネスにおけるコストとはどういう概念でしょうか。コストというと費用面のイメージが強いですが、時間もコストのひとつです。本テキストでは、それらのコストの概念を紐解いた後に、「海外ビジネスにおけるコスト削減方法」をご紹介します。

1. 海外進出における適切なコスト削減術とは?

ビジネスにかかるコストは移動や調査にかかる時間

海外進出にかかわらず、ビジネスのコスト削減において、「定義」や「正解」はありません。なぜなら、コスト削減とは経費を減らすことだけではないからです。

ビジネスにおいてかかるコストとは、経費などの資金面だけでなく、移動や調査にかかる時間も当てはまります。ときにはどれだけお金をかけても、時間を優先させたい時があります。

自社のビジネスとその状況に照らし合わせ選択していくことが、御社にとって適切なコスト削減術となります。

2. 海外ビジネスにおけるコストは「ヒト(の動き)・モノ(の動き)・カネ(の動き)」

国を超える移動コストに着目せよ

では、実際に海外ビジネスだからこそかかるコストに目を向けていきます。

国内ビジネスと海外ビジネスの一番の違いは国を越えるということです。島国である日本からは、海を越えてビジネスをするということを意味します。

つまり、それぞれの移動により多くの時間やお金がかかったり、モノを海外に送る際も通関を通すための関税がかかったり、通貨も変わるため海外から日本にお金を送る際にも送金サービスを使用する必要などがあります。

つまり、海外ビジネスにおけるコストは「ヒト(の動き)・モノ(の動き)・カネ(の動き)」にかかるのです。

3. 「ヒトの動き」のコスト削減方法

このセクション以降は、先述した「ヒト・モノ・カネ」それぞれの「3要素の動き」にスポットを当て、あなたの海外ビジネスのコスト削減に役立つノウハウをご紹介します。

渡航費を節約してコスト削減

海外ビジネスにおいて、ヒトの動きは必須です。ビジネスを始める前には実際に足を運び、現地調査をすることも必要です。また、実際に現地に出店した際や現地法人を立ち上げた際も、1ヵ月に数回、日本から人材を派遣もしくはご自身で行かれることになります。また定期的な海外出張の必要性もでてくることでしょう。

その際にかかるコストが渡航費です。

大手旅行会社なども海外出張向けサービスを展開しています。一方、近年の格安航空券の発達により自分で格安航空券を探して手配することも可能となっています。ここでは、実際にコスト削減に役立つ2つのサービスをご紹介致します。

JTBの海外出張デスク

【URL】http://www.jtb.co.jp/kaigai/business/

時間コスト削減 ★★★
費用コスト削減 ★
利便性 ★★★

大手旅行会社JTBのサービスである海外出張デスク。専門のオペレーターが出張予定にあわせた航空券やホテル、移動手段などサポートしてくれます。また、外貨両替や保険に至るまで出張に必要な様々な手配を手間なくすることが可能です。そして、現地でのサポートサービスも使用可能になっています。

一方で、航空券は大手航空会社のものが多いです。そのため、格安航空券などは少ないため、費用面を抑えた現地調査などを希望される方より、確実性などが必要となる突然の出張や、費用面より資金面でのコスト削減向けになっています。だからといって、費用のコスト面でも、多様な航空会社を揃えているため、ご自身の状況に合わせた選択をすることが可能になっています。

スカイスキャナー

【URL】https://www.skyscanner.jp/

時間コスト削減 ★
費用コスト削減 ★★★
利便性 ★★★

スカイスキャナーは世界中の国・都市を指定して、世界中の航空会社の取り扱っている航空券を検索することが可能なサービスです。特筆すべきは格安航空会社(LCC)の航空券も含め、日付指定をした中から安い順に検索可能なことです。こちらも突然の渡航にも対応可能ですが、その時の状況により、格安航空券の有無は変わってきます。また、指定日時のみならず、チャートで長期間の間で航空券価格比較ができるのも大きなメリットです。同時にホテルやレンタカーも予約することも可能となっています。

一方で、すべて自分で調べることとなるため、JTBの海外出張デスクサービスなどに比べ、時間コストがかかります。また、保険サービスやサポートサービスなどもないため、追加サービスが必要なときはご自身でお調べになる時間コストが必要となります。一方で慣れてしまえば、時間コストも削減できるということもあります。

3. 「モノの動き」のコスト削減方法

海外にモノを送る方法を選択してコスト削減

海外でモノを販売する場合はもちろん、現地で会社を設立するときも、モノの輸送は必須となってきます。島国である日本から、海外にモノを送る方法としては2つあります。1つ目は海上輸送、2つ目は航空輸送です。それぞれに特徴があり、御社のコスト削減における必要性に分けて使用することが可能です。

海上輸送

時間コスト削減 ★
費用コスト削減 ★★★
利便性 ★★

海上輸送のメリットは「一度に大量の貨物を比較的安いコストで運べる」ことです。一方で、輸送に時間がかかるということがあります。場所によって差はありますが、アジアでも1ヶ月〜時間を要します。しかし現地販売においては、輸送機関を考えた上で在庫状況から逆算して、低価格で大量輸送するという方法もとれます。また、現地会社に送る荷物など、緊急性のないものである場合は、海上輸送で送ることが費用コスト削減になります。

航空輸送

時間コスト削減 ★★★
費用コスト削減 ★
利便性 ★★★

航空輸送は輸送時間の短縮が可能で、海上輸送では間に合わない緊急性を帯びた貨物が有効です。その反面、一度に大量の貨物が運べず、また運賃においても他の輸送手段に比べ割高となります。航空機の利用はきわめて緊急性が高いもの、高価な商品で航空運賃が商品原価に影響を及ぼさないものなどがあげられます。

5. 「カネの動き」のコスト削減方法

海外送金に特化した海外送金サービスでコスト削減

海外ビジネスに従事する者にとって、海外送金は頻繁に発生し、毎回かかる手間やコストに苦虫を噛み潰しているのではないでしょうか。

現地であげた利益を日本国内に送る際に、通常の銀行窓口で海外送金の手続きをすると、長い時間待たされるだけでなく、高い送金手数料の他に、中継銀行手数料や受け取り銀行手数料などの見慣れない手数料が引かれて、受取人に届きます。そこでコスト削減に用いたいのが、海外送金に特化した海外送金サービスです。

楽天銀行

【URL】http://www.rakuten-bank.co.jp/business/gpa/remittance/

時間コスト削減 ★★
費用コスト削減 ★★★
利便性 ★★★

ビジネス口座の開設(個人ビジネス口座の開設も可能)が必要ですが、ネット上で24時間手続きが可能です。また、世界200カ国以上の国をカバーしています。送金手数料は、1件につき1,000円と安く、海外中継銀行手数料は、1,000円。メガバンクなどに比べると、費用コスト面での削減が可能です。この2つは、送金人負担か、受取人負担かの選択が可能です。

ただし、受取手数料は、別途で受取人負担になってしまうので、注意が必要です。為替手数料は一般銀行と同等のレートですが、円建てでの送金が可能で、その場合、円貨送金手数料が別途 2,500円かかります。通常おなじくネット銀行の住信SBI銀行では、海外送金のために月額使用料がかかりますが、楽天銀行は不要なので、ネット銀行で海外送金をするのであれば、楽天銀行がおすすめです。

PayPal

【URL】 https://www.paypal.jp

時間コスト削減 ★★
費用コスト削減 ★★★
利便性 ★★★

PayPalはアメリカ企業ペイパル社が提供する、オンライン決済サービスです。PayPalではインターネット上で安全に、かつ低料金に、国内外の支払い決済・海外送金が可能となっています。現在は日本語での利用も可能で、利便性が高まりました。

引き出す際の手数料は、日本国内の銀行口座に5万円以上を引き出す場合は無料です。5万円未満を引き出す場合は 250円の手数料がかかります。海外からの支払いも原則無料ですが、外貨為替は手数料2.5%~4%を含んだレートとなります。手数料は対象国ごとに異なってきます。登録も無料ででき、必要なのはクレジットカードのみです。個人向け、法人向けにサービスが別れており、時間費用面での削減ができるとともに、利便性も非常に高くなっています。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は「海外進出における予算の立て方と注意点」をメインテーマに、「そもそも予算とかは何か?」という根本的な解説から、「海外ビジネスにおける予算の種類」「海外進出における予算を立てる目的と意義」「予算を立てるメリット」などについて解説しました。

海外進出に限らず、ビジネスのコスト削減においてもっとも重要なことは「情報」です。そして、得た情報を自社のビジネスや状況と照らし合わせて適切な選択をすることが、コスト削減が成功の鍵となります。

それらの「情報」を活用するか否かで、御社の海外ビジネスにおけるコストが大幅に削減できることは言うまでもありません。本記事が御社のコスト削減への一助となれば幸いです。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した、様々な支援を行う優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。

「海外へ進出したいが何から始めていいのかわからない」「海外進出のコストを含めた、戦略立案から拠点設立、販路開拓までサポートしてほしい」「海外ビジネスの事業計画を一緒に立てて欲しい」…といった海外ビジネスにおける様々なご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポートサポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

オススメ

GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア イギリス ドイツ トルコ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 オセアニア アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

INASIA合同会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム インド モンゴル その他アジア イギリス ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 その他英語圏

オススメ

GoGlobal株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア アメリカ オセアニア

オススメ

YCP Group

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア イギリス ドイツ ヨーロッパ アメリカ オセアニア その他英語圏

オススメ

株式会社プリンシプル

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 タイ ヨーロッパ アメリカ その他英語圏

オススメ

サイエスト株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

(株)Fruits Planet Marketing and Consulting

対応国
イギリス ドイツ ヨーロッパ

オススメ

ハリーコンサルティング事務所

対応国
フィリピン

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう