• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で人気の「日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の反応」まとめ

掲載日:2020年07月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で人気がある日本食ブームのトレンドと現地に住む外国人の和食への反応をまとめてご紹介します。

世界中で日本食のプレゼンスが高まるなか、日本食を始めとする海外での飲食ビジネスには大きなチャンスが広がっています。しかし、競争が激化している厳しいグローバル市場であることも確か。成功のためには、日本企業としての強みを活かし、現地の市場とユーザーの嗜好を知る必要があります。

今回は、日本企業の進出先として人気の「タイ」、イスラム圏の巨大市場である「インドネシア」、そして世界一のマーケットである「アメリカ」、未知の可能性に満ちた「ヨーロッパ」という4つの地域の飲食市場と、現地で人気がある日本食のトレンドとその反応を解説します。

果たして海外で人気の日本食とは? 日本食ブームにおけるローカルトレンドとは? 気になる現地外国人の反応とは? 本テキストをぜひ御社の飲食事業の海外進出にお役立てください!

1. インバウンドの増加にともなう海外での日本食(和食)ブーム

外国人の好きな料理の第1位が日本料理

JETRO(日本貿易振興機構調査)の調査(2014年3月)によると、外国人の好きな料理の第1位が日本料理(66.3%)となっています。
こうした背景には、訪日客の急増によりインバウンド市場が急拡大していることがあります。訪日した外国人の間で日本食の認知が向上するとともに、訪日後に現地の日本食レストランを訪れる人が増加しているのです。
しかし、訪日中に本物の日本食を食べたことにより、今まで以上に現地でも日本食の「質」が求められるようになりました。寿司もカリフォルニアロールのような巻物が人気でしたが、握り寿司も急激に人気が高まりました。

このようにして、「日本食」というブランドが確立されてきています。ヘルシー志向の高まるアメリカを中心に「日本食=ヘルシー」というイメージも浸透しており、最近では豆腐などが人気を集めるほどです。
日本企業による飲食ビジネスの海外展開に際しては、この「日本食」ブランドを活用しない手はありません。
ただし、「日本食」であれば人が集まるというわけでもありません。なぜなら、このチャンスに現地資本の「日本食店」も急激に増加しているからです。

2. タイで人気の日本食(和食)ブームと現地の反応

タイでは高級日本食の出店に商機アリ

アジアの日本食レストランの数は約45,000店で、世界で最も日本食レストランの多い地域となっています。地理的や文化的に日本と近いことから日本企業も進出しやすく、訪日客も多く訪れるため日本食文化の浸透が速く進みました。そのため、多くの日本食レストランが店舗を拡大していきました。

その中でも、特に注目されているのはタイです。親日であり、日本食レストランの受け入れにも寛容で、日本食文化の浸透も速く進みました。タイには既に多くの日本食レストランが出店しており、和食チェーンのやよい軒や大戸屋、ラーメンチェーンや寿司レストランも多く展開されています。国内の安定した経済成長により、比較的高級イメージのある日本食も「誰の手にも届きやすいもの」になっています。

一通りの日本食が手に入れられるようになっているタイでは今後、本物の「高級日本食」出店に商機が拡大しています。経済成長により、中間層や富裕層は拡大しており、そのような層は「誰の手にも届かないもの」を求めるようになります。例えば、日本の銀座の寿司屋のような回らない寿司屋や日本国産の高級和牛を扱った焼肉屋など、日本でしか食べれなかったような本物の日本食提供に商機が拡大しています。

3. タイ現地で人気の日本食(和食)のトレンドとは?

天ぷら

タイ料理には天ぷらと似たような料理があります。海鮮や野菜を揚げたものを「ナムプリック」という味噌のようなソースで食べるのが昔から親しまれてきたため、日本の天ぷらの現地人気も高いです。
しかし、タイ人は辛いものや味の濃いものを好む嗜好があります。そのため、天つゆや塩で味わう日本式より、現地人の嗜好に合わせた味の濃いソースで食べる天ぷらが人気になっています。

タイスキ(タイ風のすき焼き)

また、タイスキという「タイ風のスキヤキ」が現地では人気があります。日本のスキヤキや鍋を現地風にアレンジした寄せ鍋のようなものです。こちらも日本式よりも辛いものや、味の濃いもので味付けされる傾向があります。
このように、タイ人の嗜好として辛いものや味の濃いものが好きな傾向があるため、現地風にアレンジすることで人気を集めることが可能です。

4. インドネシアで人気の日本食(和食)ブームと現地の反応

イスラムの厳しい戒律「ハラル」の存在

インドネシアも急激な人口増加に伴う経済成長により、中間層や富裕層が拡大しています。その中で、近年タイと同様に日本食レストランの普及が進んでいます。

しかし、インドネシアへの飲食店出店は難しいと言われていました。その理由としては、日本にはあまり馴染みのないイスラム教文化の国であり、飲食において厳しい戒律「ハラル」があることです。
代表的なものだと豚やアルコールなどの飲食は原則禁止されており、出店の際もハラルの戒律に沿った営業をしている証明として「ハラル認証」を取得する必要があります。

また、1万3,466もの大小の島により構成されているインドネシアでは横展開が難しいこともあります。しかし、2億6000万人を抱えるインドネシアの飲食市場は非常に大きな魅力を持っています。また、タイが同様に成長してきたように、今後は中間層の増加により和食チェーンやラーメンや寿司などのチェーンなど「誰の手にも届きやすいもの」の需要が高まることが予測されます。

5. インドネシア現地で人気の日本食(和食)のトレンドとは?

サンバルソース+日本食

料理ではないですが、インドネシアの食卓に欠かせないのがこのソース。辛味調味料でチリソースの一種と言われています。
ナシゴレンやミーゴレンといった現地の代表的な料理にもふんだんに用いられます。インドネシア人の嗜好は非常に辛いもの好きとなっており、日本食では物足りなさを感じてしまう人も少なくありません。
そのため、現地に根付くサンバルソースと日本食を組み合わせることで、現地型の日本食を開発する事ができるかもしれません。

寿司

ジャカルタで、一番多い日本食レストランは寿司屋だと言われています。
元々インドネシア人には、シーフードの生食の習慣はないのですが、カリフォルニアロールやドラゴンロールなどの、いわゆるフュージョン寿司が人気に火をつけました。
日本人のイメージする「寿司」とは少々異なりますが、野菜をふんだんに使い、全体的に甘めの味付けの中にサンバル(チリ)の辛みを効かせたフュージョン寿司が人気になっています。

6. ヨーロッパで人気の日本食(和食)ブームと現地の反応

日本食レストランの進出が加速する欧州

欧州では、近年日本食人気が非常に高まっています。グローバルの加速に伴い、ヒト・モノ・カネの国境を超えた移動の障壁が低くなっています。
その中で、アジアと比べると距離のある欧州からの訪日客も近年増加するとともに、日本食レストランの進出も加速しています。2015年は2013年度比9割増しの10,550店舗でした。

欧州で展開されている多くの日本食レストランは現地価格に合わせたチェーン店です。そのため、クオリティはやはり本物の日本食とは異なる上に、価格も割高になっています。訪日する外国人は日本食を食べた際「この値段でこのクオリティの日本食を食べれるのは安い」と言います。

現地では日本食ブームの波に乗り、現地の人や中国人などが日本食レストランと名乗り経営していることも少なくありません。そのため、今後はより日本の味に近いレストランが求められていきます。寿司やラーメンを筆頭にカレーや居酒屋など、現地での日本食スタイル需要は高まっています。
フランスやスペインなど、食文化が進む国でも日本食レストランが増加しているということは日本食が世界で認められ始めている証拠とも言えます。また、日本酒人気も高まっています。

7. ヨーロッパ現地で人気の日本食(和食)のトレンドとは?

ラーメン

近年、欧州では各地でラーメン店の出店が相次いでます。英国には一風堂なども進出しています。ヨーロッパにおけるラーメン店の広がりはここ数年で堅調に伸びております。
もともとはアメリカ同様に日本人の駐在員向けのマーケットでしたが、徐々に日本の大衆食文化としてのラーメンに注目が集まり、近年は現地人をマーケットとしたラーメン店が続々とオープンしています。フレンチの本場フランスでもラーメン人気は高まってり、食に精通するヨーロッパ人の舌を唸らせています。

8. アメリカで人気の日本食(和食)ブームと現地の反応

寿司やラーメンに続く人気料理とは…?

ヘルシー志向が高まるアメリカでは「日本食=ヘルシー」というブランドが確立され、日本食人気が高まりました。
ブームのけん引役であったこともあり、寿司やラーメンは既にポピュラーとなっています。そこで、その後継として人気を集め始めている料理をご紹介いたします。

9. アメリカ現地で人気の日本食(和食)のトレンドとは?

豆腐

現在、豆腐やそば、うどんなどといったよりヘルシーなものへの人気が高まっています。
日本において豆腐は、冷ややっこなどのように生で食べる場合が多いです。しかし、米国では豆腐チゲや野菜炒めなど、加熱調理で食べる方法が主流になっています。

テリヤキソース

テリヤキソース「Teriyaki」はアメリカ人好みのソースであり、現地料理にアレンジされて好まれて食されています。
現地でアレンジされた手巻き寿司であるカルフォルニアロールが代表されるように、アメリカでは現地人の嗜好に日本食を合わせたスタイルが今後も人気となるでしょう。
そのため、今後は人気の出てきた豆腐やそば、うどんなどを現地のスタイルに合わせたものに人気が出てきそうです。

10. 日本食(和食)の海外展開を成功させるポイントとは?

現地文化の理解こそが成功のポイント

農林水産省が発表した調査によると、海外の日本食レストランは2015年7月時点で8万9000店に上り、06年の2万4000店、13年の5万5000店から大幅に増えている事がわかります。
現在は「寿司」だけでなくラーメンや天ぷら、焼肉や牛丼など多くの日本食レストランが立ち並ぶとともに、現地の嗜好にアレンジされた現地型の日本食レストランも多く開業しています。

日本の飲食産業にとって今、海外進出のチャンスが大きく広がっていることは間違いないでしょう。
しかし、実際に海外進出する際には、地域や国によって食文化も異なるため、人気の日本食も異なってきます。場所によっては宗教の関係で、禁止されている食材もあります。そのため、飲食業の海外進出では、文化の違いを理解することが非常に重要なのです。

世界の三大料理といえば、東洋文化代表の「中華料理」、西洋文化代表の「フランス料理」、そしてイスラム文化圏代表の「トルコ料理」といわれています。古くから食材や調理法が豊富だった国から生まれたこれらの料理は、世界各地の食文化に大きな影響を与え多くの人に食されている料理です。

しかし世界を見渡せば、日本食が世界3大料理に並ぶと言っても過言でないほど人気を高めているとも言えるのです。

11. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、海外で人気がある日本食(和食)のトレンドと現地の反応をまとめてご紹介しました。海外における飲食ビジネスを知ることで得たアナタのビジョンは、海外ビジネスにおける重要な指標となるはずです。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外現地に店舗を出店したい」「店舗出店に際して現地の法規制・許認可を調べたい」「自社店舗を海外フランチャイズ展開したい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

SukegawaTakashi

助川 貴

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    250
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社

    中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで
    ご提案いたします

    海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション

    中国・台湾越境ECテストマーケティング 

    海外ビジネス全般に関わるサポート

    海外進出総合支援
    海外進出戦略
    海外進出コンサルティング
    海外視察
    翻訳
    海外M&A
    海外販路開拓・マーケティング

    海外市場調査・マーケティング
    企業調査・与信調査
    販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
    海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど)
    海外送金
    海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済)
    海外ECモール出品代行
    ソーシャルメディアで海外展開
    (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど)
    海外WEBプロモーション
    (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO)
    海外広告・プロモーション
    (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)
    海外向けECサイト構築
    (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど)
    多言語サイト制作
    (英語、中国語)
    現地アポイント取得代行
    現地日本人向けプロモーション
    拠点設立
    中国ニュースサイトプレスリリース配信
      海外向けデジタルマーケティング
     インフォグラフィック制作
     インフォグラフィック動画制作

    貿易支援
     日本からの輸入が必要な商品・機材の確認
     物流手配
     輸入許可申請手続き

    運営支援
     労務管理
     財務管理
     オペレーション管理
     コンセプト修正
     ブランディング

    中国人スタッフの教育研修
    販路拡大
    M&A支援
    撤退支援

    海外会社設立・登記代行
    中国法人登記代行
    ICPライセンス取得代行


    海外商標・特許申請
    海外企業との契約書作成・リーガルチェック
    海外法務

    現地物流
    輸出入・貿易・通関
    委託先、アウトソース

    インバウンド

    訪日外国人向けマーケティング
    日本進出・日本法人設立

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    株式会社ゲシェルマーケティング

    グローバルインターネット広告出稿・運用サポートはお任せください。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    20
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    Be the world bridge(世界の架け橋)というVisonで2018年から事業を開始しました。
    当社はグローバルインターネット広告事業と輸出事業を営んでおります。親会社のゲシェルは世界のハイテク情報インフラを構築し、弊社は世界の販売チャネル構築を行っております。インターネット広告を通じて海外で売上をあげたいお客様がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう