• このエントリーをはてなブックマークに追加

中国でネット(デジタル)広告を配信するための基礎知識 | 中国広告市場の最新事情を解説

掲載日:2020年02月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中国でネット(デジタル)広告を配信するための基礎知識」と銘打って、中国市場向けに商品・サービスを展開する日系企業が知っておくべき「中国広告の基礎知識」を解説します。

2017年の時点で、中国の広告市場は、右肩上がりのGDP成長率と比例して拡大していて、その市場規模は6,900億元に達しており、日本を追い抜いて世界2位の広告市場となっています(※1位はアメリカ)。

その市場における広告媒体の内訳としては、すでにネット(デジタル)広告がテレビを追い抜き、ネット(デジタル)広告が37%、テレビが29%、屋外広告が17%、雑誌・新聞が6%、その他が11%となっています。

今回のテキストでは、中国の広告市場の中でも驚愕のスピードで成長を続ける「ネット(デジタル)広告」にフォーカスして、中国広告市場を支配する「Baidu(バイドゥ)/ 百度」「Alibaba(アリババ)/ 阿里巴巴」「Tencent(テンセント) / 腾讯」といったBATの基本情報および、中国でのネット(デジタル)広告の配信方法についても解説していきます。

1. 中国の広告市場の最新状況

中国のネット(デジタル)広告の市場規模は日本の4.5倍(※2017年)

中国に広告を出稿する具体的な方法を知る前に、まずは最新の中国広告市場の全体像を知ることが大切です。このセクションでは、中国広告市場の全体像を理解していきましょう。

これは世界的な傾向ですが、中国の広告市場も年を追うごとに右肩上がりで急激な成長を続けています。

すでに2012年の時点で中国の広告市場は383億ドル(約3兆円)以上の規模にまで達しており、日本を追い抜いて世界2位の広告市場となっていました(※1位はアメリカ)。

もともと中国の広告市場は、同じく右肩上がりのGDP成長率と比例して拡大しており、2017年にはその市場規模は6,900億元に達していました。

その市場における広告媒体の内訳としては、すでにネット(デジタル)広告がテレビを追い抜き、ネット(デジタル)広告が37%、テレビが29%、屋外広告が17%、雑誌・新聞が6%、その他が11%という報告があります。

さらに2017年において、中国におけるネット(デジタル)広告の規模は4,000億元。同年の日本のネット(デジタル)広告の規模は1兆5,000億円であり、日本の約4.5倍の市場規模にまで成長しているのです。

よって今回のテキストでは、中国の広告市場の中でも驚愕的なスピードで成長を続ける「ネット(デジタル)広告」にフォーカスして考察していきます。

2. 中国のネット(デジタル)広告の最新事情

中国のネット(デジタル)広告の全体市場規模は約3,750.1億元(約6兆円)

このセクションでは、前項で解説した中国の広告市場の中でも急激なスピードで成長を続けている、ネット(デジタル)広告の最新事情を見ていきます。

※以下はすべて2017年における中国の広告市場データになります

■中国のネット(デジタル)広告の全体市場規模

・約3,750.1億元(約6兆円)
前年比率+32.9%の伸長。2020年までに1兆元(約16兆円)を超えるとの見方も。

■中国国内におけるモバイル広告市場規模の割合

・約68.0%
中国のネット(デジタル)広告の中でも、モバイル広告の割合は6割強。中国におけるインターネットユーザーの中でもスマートフォンユーザーの割合は97.5%となっていることからも、ネット広告の主流はモバイル広告となっていることが分かります。

中国のネット(デジタル)広告の形式

このセクションでは、中国のネット(デジタル)広告における各広告形式について見ていきましょう。

■リスティング広告

2017年の時点で「リスティング広告」の市場は約852億元に達している。2016年にインターネット広告規定が施行されて以降、ネット広告市場は右肩上がりで拡大しており、その広告形式の中でも「リスティング広告」がメインとなっている状態。

■バナー広告

2017年の時点で「バナー広告」の市場規模は約471億元。日本同様に中国でもネイティブ広告(記事(コンテンツ)と広告が融合している広告)が成長しており、バナー広告の市場は成熟しているが、2020年には約740億元を超える見込みとなっている。

■インフィード広告

今回ピックアップした広告形式の中でも、もっとも成長が著しいとされる「インフィード広告」。もともとSNS広告から発展してきた広告で、ユーザーに対してフィードされる情報と同じような形式で表示されるコンテンツ化された広告形式。

その市場規模は約688億元となっており、2020年までの成長率が50%以上と予測されていることからも、今後中国での広告出稿を考えているならばぜひ考慮しておきたい広告形式のひとつといえる。

■H5広告

近年、若年層を中心にシェアされているのが「H5広告」。プログラミング言語である「HTML5」を使用した広告であることから、この名称で呼ばれている。

この「H5広告」はモバイル端末での配信を前提に作成されており、アニメーション映像などの動きや、ゲームやストーリー仕立てのインタラクティブな仕組みを導入した広告となっているのが特徴。そんな通常の広告とは異なる形式が、若年層を中心に「シェア」したい気持ちを喚起させ、結果的により多くのユーザーに拡散される広告となっている。

3. 中国のインターネットサービスTOP3とは?

中国インターネット市場を支配するBAT

この項では、改めて中国のネット(デジタル)広告と密接な関係を持つ、インターネットサービスのTOP 3について簡単におさらいしておきましょう。

結論から言えば、中国のインターネットサービスBIG3とは…「Baidu(バイドゥ)/ 百度」「Alibaba(アリババ)/ 阿里巴巴」「Tencent(テンセント) / 腾讯」を指し、それぞれの頭文字をとってBATと呼ばれています。

これらのBATことBIG3は、中国のインターネット黎明期から存在し、圧倒的なスピードで成長を続けることで、中国の広告市場を独占しています。いずれもが多角的なネットサービスを展開していますが、下記で各々のポイントをピックアップしておきます。

■Baidu(バイドゥ)/ 百度

検索エンジン「Baidu」をメインとしたサービス展開を展開。中国の Google的な存在として知られており、全世界の検索エンジン市場においてもGoogleに次いで2位。

■Alibaba(アリババ)/ 阿里巴巴

中国におけるEコマース市場で圧倒的な優位性を持つ。越境ECサービスとしても有名な「Alibaba(アリバババ)」「淘宝(タオバオ)」「天猫(T-mall) / 天猫国際(Tmall Global)」に加えて、決済サービスの「支付宝(ALIPAY / アリペイ)」なども有名。

■Tencent(テンセント) / 腾讯

ゲーム事業売上高が世界一といわれており、中国版LINEとされる「WeChat(微信)」、Facebookを想起させるSNSプラットフォーム「QQ」の開発・運用で知られる。2013年にはモバイル決済ツール「WeChatPay(微信支付)」をリリース。

バイトダンスが加わったBATT4社とは?

ちなみに、2019年上半期における、中国におけるモバイル広告の配信先は、上記のBAT3社にもうひとつのTとされる「バイトダンス / 字節跳動 (※ニュースアプリのトウティアオ=「Toutiao / 今日頭条」を運営していることからの「T」)」が加わった「BATT4社」で67.1%を占めているという報告があります。

いずれにせよ、それらBATTの4社が現時点での中国ネット(デジタル)広告の中心であることは間違いないでしょう。

4. これだけは知っておきたい中国インターネットの基礎知識

このセクションでは「これだけは知っておきたい中国インターネットの基礎知識」と題して、中国ならではの特別なインターネット事情について、項目を絞って解説します。

グレートファイアーウォールというネット規制

「グレートファイアーウォール」とは中国におけるネット検閲システムを指します。この検閲システムは「金盾(きんじゅん)」と呼ばれており、グレートウォール(万里の長城)をもじった名称となっています。

具体的には、中国国内のデータ規制と中国圏外からのネット通信規制になります。

監視されているサイトおよびコンテンツは、中国政府に批判的なおよび都合の悪いニュースコンテンツ(例:天安門事件など)、FacebookやTwitterやLINEやYouTubeやアダルトサイトなどのSNSやサイトやメディアなどが検閲されていて、それらのアクセスが遮断されています。

ICP(Internet Content Provider)ライセンスの存在

中国国内でWebサイトを開設するには「ICP登録」と呼ばれる事前申請手続きが必要です。 ICP(Internet Content Provider)ライセンスとは、中国で営利目的のWEBサイトを運営する際に必要であり。この登録をしないと、原則的には中国で営利目的のサイトを運営することはできません。

通常、中国のWEBサイトのトップページの下部にはその ICPライセンス番号が表示されています。このICPライセンスは、中国法人がないと取得できませんが、外資系企業の場合、中国現地企業との合弁会社を設立するなどして取得する方法があります。



以上が「これだけは知っておきたい中国インターネットの基礎知識」となります。

以降のセクションでは、先述したBATを含む、中国のネット(デジタル)メディアでの特徴および集客方法について解説していきます。

5. 「BAIDO(百度・バイドゥ)」とは?

Baidu(バイドゥ)/ 百度の基本情報

百度とは、中国最大の検索エンジンを提供する企業である百度公司が運営する検索エンジンサービス。検索シェアはGoogle・Yahoo!に次いで世界第3位。月間アクティブユーザー数は約6億人以上とされており、中国のインターネットユーザーの約70%が、百度を利用していることになります。

Baidu(バイドゥ)/ 百度への広告出稿方法

百度(Baidu)は日本からでも、百度(Baidu)の日本法人を通じて出稿が可能となっています。

■リスティング広告

百度を使ってユーザーが検索した際に、検索結果画面に掲載される検索結果連動型広告が「リスティング広告」です。

■アドネットワーク広告

性別、年齢、興味などのターゲティングができ、ブラウザ、アプリ(App)などの多様なWebメディアに幅広くリーチが可能となっているのが「アドネットワーク広告」。インプレッションORクリックそれぞの課金型を選べるので、プロモーションに応じた課金形式の選択が可能となっています。

■ブランドリンク広告

「ブランドリンク広告」は、「Baidu(バイドゥ)/ 百度」特有の広告となっています。自社のブランド名で検索したユーザーの検索結果画面のファーストビューを占有でき、可能競合企業のリスティング広告を押し下げることが可能となっています。マルチタブや動画の掲載もできます。

6.RED(小紅書・レッド)とは

RED(小紅書)の基本情報

「RED(小紅書)」 とは「SNS型ECアプリ」などと呼ばれている新しいスタイルのECサービスです。 モバイルに特化したECモールととらえてもよいのですが、簡単に言ってしまえば、インスタグラムとアマゾンを融合させたようなモバイルアプリと考えればよいでしょう。

2018年12月において登録ユーザー数は1.2億人を突破。月間のアクティブユーザーは約4,000万人。ユーザーのブログで商品に対するリアルな口コミをシェアするSNS機能が、20代〜30代の流行に敏感な女性の間で人気を博しています。

RED(小紅書)への広告出稿方法

2013年に商品のクチコミをシェアし合うコミュニティとしてローンチされた「RED(小紅書)」ですが、当初はユーザー間で口コミなどの商品情報を交換し合うSNSアプリでした。

その後、ユーザーからアプリ内で紹介された商品を購入したいという要望が寄せられるようになり、2014年にモバイル特化型越境ECアプリ機能を導入することで、現在の「SNS型ECアプリ」という形態へと進化したのです。

そのような背景から、「RED(小紅書)」で広告プロモーションを展開する際は、インフルエンサープロモーションが効果的とされています。中国人消費者の特徴のひとつとして、実際に商品を使用したユーザーの口コミや評価を重要視する傾向があります。

したがって、「RED(小紅書)」におけるインフルエンサーに、自社の商品やサービスをノート上(画像とテキストコメント)にてプロモーションしてもらうことで、より高い訴求力で中国市場へのプロモーションが可能になるのです。

7.Weibo(微博・ウェイボー)とは

Weibo(微博・ウェイボー)の基本情報

Weibo(正式名称は「新浪微博(シンラン・ウェイボー)」)は、新浪公司が運営する、中国最大ともいわれるソーシャル・メディア・プラットフォーム。

「微」はマイクロ、「博」はブログという意味を持っており、140字の字数制限もあることから「中国版Twitter」とも言われています。

新浪微博(シンランウェイボー)とは、登録ユーザー数6億人(2014年1月時点)、1日の投稿数1.2億件を超える中国最大のソーシャルメディア。

先述したように、グレートファイアーウォールというネット規制の背景もあり、中国では、FacebookやTwitterへのアクセスが制限されています。したがって、中国の生活者とソーシャルメディアを活用したエンゲージメントを築く際に、この「新浪微博」を活用することの重要性が高まっているのです。

Weibo(微博・ウェイボー)への広告出稿方法

■ディスプレイ広告

Weiboにおいてもっとも有効な広告タイプと考えられているのが「ディスプレイ広告」。Weiboには、アカウントやファンページなどを検索する機能がありますが、ディスプレイ広告は、その検索ページやユーザーのニュースフィードなどに表示されます。

■検索型広告

Weiboには、アカウントやファンページなどを検索する機能があり、ユーザーが検索した結果のページに、検索キーワードに関連した自社の商品やサービスの広告を表示することができます。

■インフィード広告

インフィード広告とは、コンテンツとコンテンツの間に自然な形で表示される広告を指します。ユーザーの視認性や購読の流れを妨げない広告として注目を集めており、性別や年齢や地域といった詳細なセグメント機能を活用できるのがメリットとされています。

Weibo(微博・ウェイボー)のインフィード広告は、フィードの間に挟み込まれる形式で、「テキスト×動画」「テキスト×画像「テキスト×アプリ」といった3パターンの表示が可能となっています。

8.WeChat(微信・ウィーチャット)とは

WeChat(微信・ウィーチャット)の基本情報

Weibo(正式名称は「新浪微博(シンラン・ウェイボー)」)は、新浪公司が運営する、中国最大ともいわれるソーシャル・メディア・プラットフォーム。

「微」はマイクロ、「博」はブログという意味を持っており、140字の字数制限もあることから「中国版Twitter」とも言われています。

新浪微博(シンランウェイボー)とは、登録ユーザー数6億人(2014年1月時点)、1日の投稿数1.2億件を超える中国最大のソーシャルメディア。

先述したように、グレートファイアーウォールというネット規制の背景もあり、中国では、FacebookやTwitterへのアクセスが制限されています。したがって、中国の生活者とソーシャルメディアを活用したエンゲージメントを築く際に、この「新浪微博」を活用することの重要性が高まっているのです。

WeChat(微信・ウィーチャット)への広告出稿方法

WeChat(微信)には、「モーメンツ」と呼ばれるFacebookやTwitter、LINEといったSNSサービスにあるタイムラインに似たフィードが存在します。

そのフィード上に、ユーザーがテキストや写真や動画などを投稿する機能があり、同じように企業も投稿したり広告を出稿したりすることができるのです。

WeChat広告には大きく分けて「朋友圈广告(モーメンツ広告)」と「公众号广告(バナー広告)」の2種類があります。

■「朋友圈广告(モーメンツ広告)」

「朋友圈广告(モーメンツ広告)」とは、モーメンツ(タイムライン)上に表示される広告を指します。FacebookやLINEのタイムラインをイメージするとよいでしょう。ユーザーとのコミュニケーションも可能となっており、Facebookでいうところの「シェア」「コメント」「いいね!」といった機能も実装されています。

最低出稿額は5万元で、北京や上海といった大都市でのインプレッションがもっとも高いとされており、都市の規模が小さくなるほど、インプレッション単価も低くなっていく傾向があります。

■「公众号广告(バナー広告)」

WeChatのバナー広告は、公式アカウントのページ下部に表示されます。地域・性別・年齢といった基本的な部分から、学歴・収入といった項目でのターゲット選定も可能となっています。

さらに目的別に4つのカテゴリに分かれていて、「ワンクリックフォロー広告」「アプリ広告」「クーポン広告」「キャンペーン広告」が存在します。

9. 優良な中国進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの中国進出サポート企業をご紹介します

今回は、「中国でネット(デジタル)広告を配信するための基礎知識」と銘打って、中国市場向けに商品・サービスを展開する日系企業が知っておくべき「中国広告の基礎知識」について解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「中国の検索エンジンのSEO対策やリスティング広告出稿をしたい」「海外の都市の屋外ビジョンなどに広告を出稿したい」「中国でインフルエンサーマーケティングを実施したい」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない中国進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

SukegawaTakashi

助川 貴

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    250
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社

    中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで
    ご提案いたします

    海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション

    中国・台湾越境ECテストマーケティング 

    海外ビジネス全般に関わるサポート

    海外進出総合支援
    海外進出戦略
    海外進出コンサルティング
    海外視察
    翻訳
    海外M&A
    海外販路開拓・マーケティング

    海外市場調査・マーケティング
    企業調査・与信調査
    販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
    海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど)
    海外送金
    海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済)
    海外ECモール出品代行
    ソーシャルメディアで海外展開
    (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど)
    海外WEBプロモーション
    (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO)
    海外広告・プロモーション
    (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)
    海外向けECサイト構築
    (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど)
    多言語サイト制作
    (英語、中国語)
    現地アポイント取得代行
    現地日本人向けプロモーション
    拠点設立
    中国ニュースサイトプレスリリース配信
      海外向けデジタルマーケティング
     インフォグラフィック制作
     インフォグラフィック動画制作

    貿易支援
     日本からの輸入が必要な商品・機材の確認
     物流手配
     輸入許可申請手続き

    運営支援
     労務管理
     財務管理
     オペレーション管理
     コンセプト修正
     ブランディング

    中国人スタッフの教育研修
    販路拡大
    M&A支援
    撤退支援

    海外会社設立・登記代行
    中国法人登記代行
    ICPライセンス取得代行


    海外商標・特許申請
    海外企業との契約書作成・リーガルチェック
    海外法務

    現地物流
    輸出入・貿易・通関
    委託先、アウトソース

    インバウンド

    訪日外国人向けマーケティング
    日本進出・日本法人設立

  • オススメ

    株式会社ゲシェルマーケティング

    グローバルインターネット広告出稿・運用サポートはお任せください。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    20
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    Be the world bridge(世界の架け橋)というVisonで2018年から事業を開始しました。
    当社はグローバルインターネット広告事業と輸出事業を営んでおります。親会社のゲシェルは世界のハイテク情報インフラを構築し、弊社は世界の販売チャネル構築を行っております。インターネット広告を通じて海外で売上をあげたいお客様がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう