• このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業が海外進出をするべき理由と課題 ~『海外進出白書 (2017-2018年版)』より~

掲載日:2018年10月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業が海外進出をするべき理由と課題について、日系企業2,589社の海外進出動向をまとめた『海外進出白書2017~2018年度版』から、ピックアップして解説します。

海外に進出するにあたって、日系企業がなぜ進出したのかを知りたい方は多いと思われます。同時に、海外進出の理由を知ることで、進出企業が感じている課題も見えてきます。

果たして日本企業が海外進出をするべき理由と課題とは? さっそくランキング形式でみていきましょう。

1. 日系企業が海外進出を決めた理由と課題とは?

進出には「市場規模の大きさ」を重視

進出企業 進出理由

進出先を決めた理由として、最も多かった回答は「市場規模の大きさ」で、6 割以上を占めています。

インバウンド需要で、以前ほど聞かなくなった「国内市場の縮小」ですが、それも東京オリンピックに向けた特需であるという意見もあり、依然として多くの企業が海外の市場開拓を意識しています。また、インバウンド客の自社製品やサービスなどへのニーズを目の当たりにし、海外市場に大きなチャンスを見出す企業も少なくありません。

進出国ランキングで、中国・アメリカという市場規模の大きな国が 1~2 位となり、成長性の高いベトナムなどの ASEAN 諸国がランキングの多くを占めていることからも、多くの企業がその国の「市場」を見て進出を決めていることが伺えます。

関連:「日系企業の人気海外進出先ランキング ~『海外進出白書 2017-2018年版』より~

また、これらの国の進出業種を見ると、いずれも「卸・小売業」の割合が最も大きいことがわかります。2015年から続く「海外進出=販路拡大」の傾向は、今後も続くでしょう。

関連:「業種別でみる日系企業の進出先 ~『海外進出白書 2017-2018年版』より~

次に「人件費の安さ」「自社製品・サービスのニーズがあったため」という理由が続きます。後者は、市場規模が大きくても、その市場にアプローチするために「まずは自社製品のニーズのあるところで始めたい」という意図が読み取れます。

その意図を踏まえると、インバウンドでの消費傾向を分析し、どの国の消費者がどのような製品を購入しているのかを明確にすることは、海外進出を検討する際に必要になってきます。

現在では、展示会や催事場でのテストマーケティングサービスや、比較的安価な市場調査サービスといった支援パッケージなどが増え、アプローチの手段が充実してきています。また、越境ECや現地ECモールへの出品からもニーズを探ることができます。

さて、「人件費の安さ」ですが、国際競争力が求められる現代では、コスト削減は重要な課題です。多くの企業にとって、人件費は大きなコストとなります。また、採用コストの増大も「海外人材の採用」に拍車をかけています。「人件費の安さ」と回答した企業は、進出先としてベトナムを中心にASEAN諸国を検討する企業が多いようです。

また、「取引先」に言及している回答も数多くありました。海外進出が活発になっている中、取引先との付き合いの中で海外進出が必要になるケースも増えています。

日本企業の課題として「国内市場規模の縮小」「国内人材のコスト高騰」「取引先からの要請」が改めて浮き彫りになりました。今後日本企業は、上記 3 つの課題にどう取り組むかが大きなカギとなってきます。その解決策の1つとなるのが、「海外進出」と言えます。

2. 日系企業の海外進出動向をまとめた貴重なデータを無料でダウンロード!

『海外進出白書 (2017-2018年版)』 無料DLページのご紹介

毎年「Digima~出島~」では、1年間の進出相談と、海外進出企業ならびに海外進出支援企業を対象に実施したアンケートをもとに【海外進出白書】を作成しております。

今回のアンケート調査を含む、日系企業の海外進出動向をまとめた貴重なデータとなっております。ぜひ御社の海外ビジネスにお役立てください!

白書バナー_17-18版

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    GoGlobal株式会社

    企業のグローバル戦略を一気に加速!最短1週間で海外進出を実現

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    50
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    5
    知識
    5

    企業の海外進出に関連する一連のサービス
    1. Global Employment Outsourcing(“GEO” = 海外雇用代行)サービス
    ・GoGlobalの現地法人において貴社の指定する人員を雇用代行します。貴社は手間と時間の掛かる法人設立(法人登記、ライセンス取得、銀行口座開設)、および法人設立後の維持管理業務(バックオフィス体制の構築、決算、税務申告、給与計算、規則策定、等)の負担なく、海外で迅速に事業を開始できます。GEOで雇用した社員の状況はGoGlobalが提供するシステム上でいつでも閲覧可能です。GEOを利用することで貴社は、自身で現地法人で社員を雇用する場合と同様に事業を展開しつつ、管理負担を大幅に削減することが可能となります。

    2.海外採用代行サービス
    ・貴社の海外事業に必要な人材の採用を支援します。GoGlobalの持つアジア各国及びアメリカのリクルーティング会社とのネットワークを活用し、数多くの候補者の中から貴社の事業を成長のために最適な人材の採用を支援します。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    80
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    インサイトアカデミー株式会社

    海外で"収益"を生み出すグローバル人材育成研修プログラム

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。

    1. グローバルマインド
    2. 経営知識/スキル
    3. 修羅場を乗り越えた数
    4. 異文化の理解
    5. 言語力

    を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。
    トヨタ自動車、マーサージャパン、アデランス、PwC、フォルクスワーゲン、McKinsey & Company、日本ルミナリア、西村あさひ法律事務所等、大手グローバル企業出身の5000人もの海外事業が実戦経験者が講師を務める、国内唯一のグローバル人材育成専門のオンライン研修サービスです。
    オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう