• このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン(バーチャル)展示会のメリット&デメリット | リアル展示会との違いと特徴とは?

掲載日:2020年08月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン(バーチャル)展示会とは、その名の通り、WEB上のオンラインにて開催する展示会のことです。

本テキストは「オンライン(バーチャル)展示会のメリット&デメリット」と銘打って、リアルなオフライン展示会との違いと特徴などについて、わかりやすく解説します。

2020年以降、新型コロナの影響を受けて、世界各地の展示会や見本市などの多くが延期・中止となっており、そのような状況を背景に、WEB上で開催するオンライン展示会(バーチャル展示会)のニーズが急速に高まっています。

そして結論から言えば、これから新型コロナが収束に向かうとしても、単純に従来のようなリアルなオフラインの展示会に戻るのではなく、これまでのオフライン展示会のよい部分と、今後のオンライン展示会を相互補完した、いわゆるハイブリッド型の展示会が主流となっていくのかもしれません。

そんなオンライン(バーチャル)展示会の特徴とメリット&デメリットについて解説します。

1. オンライン(バーチャル)展示会とは?

オンライン(バーチャル)展示会とはWEB上のオンラインにて実施する展示会

オンライン(バーチャル)展示会とは、その名の通り、WEB上のオンラインにて実施する展示会のことです。

リアルな展示会場や見本市などに実際に人を集めて開催する展示会とは異なり、WEB場で設定されたバーチャル(仮想)空間で行うことから、「WEB展示会」「バーチャル展示会」などとも呼ばれています。

2020年以降、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、それまで予定されていた展示会や見本市などの多くが中止・延期に追い込まれています。そのような状況を背景に、オンライン展示会(バーチャル展示会)のニーズが急速に高まっているのです。

「オンライン(バーチャル)展示会」とウェビナー・ライブコマースとの相違点とは?

2020年現在、新型コロナの影響で、オンライン展示会と似たサービスが複数存在します。

例えば、すでにセミナーでは、リアルではなくオンラインセミナーへの移行、いわゆる「ウェビナー」が主流となっています。ウェビナーとは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を合わせた造語で、インターネット上で配信するオンライン型のセミナーを指します。

また、ライブコマースと呼ばれる、ECサービスとライブ動画配信を組み合わせたサービスも話題となっています。

人気のあるインフルエンサーやタレントがオンライン上でライブ動画を配信し、視聴者はリアルタイムに質問やコメントをしながら、そこで紹介されている商品を購入できる、新しいEコマースの形として知られています。すでに中国では短時間で数億円を売り上げるようなライブコマース配信もあり、日本でもライブコマース関連アプリが数多くリリースされています。

オンライン展示会は、ライブコマースのようにユーザーへ商品の直接購買行動をうながすECサービスとは異なり、ウェビナーのように、ユーザーに有益な情報を提供することで、関係性を構築した上で、自社の商品やサービスを知ってもらうという、間接的な購買行動をうながす性格が強いと言ってよいでしょう。

事実、多くのオンライン展示会では、実際のリアルなオフラインの展示会同様に、基調講演を含むセミナーと各出展企業の展示ブースの2つのセクションから成り立っているケースが多く見られます。

オンライン(バーチャル)展示会の種類

オンライン展示会の種類を大きく分けると以下の2タイプになるケースが多く見られます。

① ウェビナーとバーチャル展示ブースがセットになったオンライン展示会
従来のリアルな展示会と同じスタイルで、セミナーと展示ブースがセットになったオンライン展示会です。

主催者側は、基調講演を含む各種セミナーを配信しながら、バーチャルな展示ブースも用意します。参加者側は、それらの両方をオンライン上で参加・訪問することができる仕様です。

② ウェビナーとチャットが組み合わさったオンライン展示会
先述したように多くのセミナーがウェビナーへと移行していますが、ウェビナーを開催しながら、チャットなどのインタラクティブ機能を駆使したスタイルも人気です。

また単体のセミナーではなく、複数の企業が複数のテーマでウェビナーを開催するケースも多々見られます。バーチャルな展示ブースは設けられてはいませんが、ウェビナー開催のみでも、オンライン展示会として告知されるケースもあります。

事実、ウェビナーと展示ブースを併設したオンライン展示会でも、基調講演やウェビナーの方に参加者が集中するというケースも報告されています。そういった傾向から、ウェビナーのみの開催でも充分に集客が可能であるとの見方も多くなっています。

2. オンライン(バーチャル)展示会でできること

ここからはオンライン(バーチャル)展示会でできることを解説します。

■基調講演・セミナーの配信

先述したようにウェビナーの隆盛を受けて、オンライン展示会でも、WEB上での講演会およびセミナーの配信がイベント集客の要になりつつあります。

■チャットによるオンライン商談

ウェビナーと併設されるバーチャル展示ブースではテキストチャットやビデオチャットによるオンライン商談が可能です。

■ホワイトペーパー・営業資料の配付

自社商品のカタログやホワイトペーパーなどの営業資料をオンラインで配布できます。ウェビナー参加後に実施するアンケート回答者のみにDL可能なURLを配信するなどの工夫で、リード顧客の情報を集めることができます。

■映像や画像を駆使した製品・サービスの訴求

3DCGやVRなどで自社の製品を訴求することできます。リアル展示会のように直接製品を手にしてもらうことはできませんが、カタログのような通常の写真ではなく、テクノロジーを駆使した映像や画像で、サービスや製品の性質によっては、リアルを超えたバーチャル体験を消費者に与えることも可能です。

3. オンライン(バーチャル)展示会のメリット

このセクションではオンライン(バーチャル)展示会ならではのメリットについてまとめます。

メリット①:全体的なコストが低くできる

結論から言えば、リアルなオフライン展示会と比較して、オンライン展示会では、主催者も出展者も参加者が負担する全てのコストを低く抑えることができます。

会場のレンタル使用料、ブースの装飾を含めた設置費用、展示会開催に必要な人件費、会場までの交通費・ホテルなどの滞在費など、ほぼ全てのコストにおいて出費を抑えることができます。

メリット②:場所・時間・天候の制約を受けず集客の幅が広がる

オンライン展示会では、場所はもちろん、当日の天候、場合によっては時間の制約も受けることがありません。

したがって、国内はもちろん海外からの参加も可能ですし、大雪や大雨を始めとする天候や自然災害の影響も少ないためイベント開催のリスクも低くなります。

また、主催者側のシステム設定などにもよりますが、オンラインでの開催時間をフィックスしない場合は、参加者がいつでも時間を気にせず参加できるというメリットもあります。

それらの制約を受けないことで、従来のオフラインによるリアルな展示会よりも、より幅広い層の集客が可能となり、結果的に来場者数も大幅にアップするはずです。

メリット③:より正確な参加者のデータ取得および分析が可能になる

参加の申し込み導線から、来場および離脱まで、参加者の全ての行動がオンライン上で完結するため、より正確なデータ取得および分析が可能になります。

来場者のパーソナルデータはもちろん、参加したウェビナー、訪れたバーチャル展示ブース、閲覧したコンテンツなどの滞在時間といった、イベントにおける参加者の行動が全て可視化されます。

また、これまで参加者アンケートをアナログで入力していた場合、オンラインアンケートを実施することで、集計にかかるコストを大幅に減らすことができます。

以上のことから、今後のマーケティング施策に非常に有益なデータを手に入れることできます

4. オンライン(バーチャル)展示会のデメリット

続いては、オンライン展示会ならではのデメリットについてまとめます。

デメリット①:プラットフォームサイトの構築・システム整備に膨大なコストがかかる

オンライン展示会の最大のデメリットは、サイトのシステム構築に大きなコストが必要となることでしょう。

オンライン展示会を開催するためには、会場となるサイトの構築や、出展ブースや来場者受付のシステム化、動画配信などのコンテンツ制作や、チャットシステムの構築など、オンラインならではの手間暇がかかります。

また運営側がオンラインサービスに慣れていない場合、それらのリテラシーを向上させることも、人材および時間的なコストを必要とします。

ただ、これらのシステム構築を自社で行わなくても、誰でもオンライン展示会を実施できるプラットフォームを提供してくれる各種サービスが続々とローンチされています。

コストがかかる自社でのサイト構築を考える前に、まずは、それらのオンライン展示会を開催できる各種プラットフォームサービスの利用を考慮してみるのもよいでしょう。

デメリット②:リアルならではの「体験」ができない

当然ですが、オンライン展示会は、リアルの場ではないので、実際に商品を手に取ってみたり、セミナー登壇者と名刺交換をしたり、展示ブースで直接商談をすることはできません。

また、その場の空気感の共有も難しく、イベントというある種のお祭りならではの一体感を感じることも難しいでしょう。

ただ、テキストチャットやビデオチャット、オンライン上での名刺交換サービスなど、それらを代替するオンライン機能も導入され始めており、商品やサービスによっては、VRなどのリアルとは異なる体験のほうが消費者にとってより有意義なケースも多々あります。

大切なことは、オフラインのリアルな展示会におけるサービスの代替だけではなく、オンラインならではのバーチャルなサービスの充実化にも、より注力していくことです。

デメリット③:リアルならではのプッシュ(Push)型の営業が難しい

リアルなオフライン展示会の出展ブースエリアでは、ブースの周辺でたくさんの呼び込みが行われており、非常に活気があるのが特徴です。

ただ、オンライン展示会では、そのようなプッシュ(Push)型の営業は難しく、参加者がブースを訪問してくれるのを待っているプル(Pull)型の営業が主体となってしまいがちです。

したがって、オンライン展示会のブース出展企業は、イベント参加者に、自社のサービス・製品に対して自発的に興味を持ってもらい、その後の行動を喚起させる施策を、いかにして実施するかが課題となっています。

それはイベント主催者側も同様で、オンラインならではの消費行動をより分析することが重要であることを言うまでもありません。

オンライン&オフラインのハイブリット型展示会『海外ビジネスEXPO2020』を福岡・東京・大阪にて随時開催

ここまで読んでいただいた方ならおわかりのように、リアルなオフライン展示会、バーチャルなオンライン展示会とも、それぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらが優れているとは言えません。

ただ、今後新型コロナが収束に向かうとしても、単純に従来のような展示会に戻るのではなく、これまでのオフライン展示会のよい部分と、これからのオンライン展示会のメリットを相互補完した、いわゆるハイブリッド型の展示会が主流となっていくのかもしれません。

海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima〜出島〜」を運営する弊社でも、きたる2020年9月より、リアルとオンラインのハイブリッドスタイルで実施する『海外ビジネスEXPO2020』を、福岡・東京・大阪の3つの会場で、随時開催していきます。

『海外ビジネスEXPO』とは、海外ビジネスに関するあらゆる情報・サービスが集まる総合展です。海外ビジネスの専⾨家による最新動向に関するセミナーも多数開催し、海外ビジネスを検討する企業様に最新の情報・ノウハウをご提供します。

詳しくはぜひこちらのバナーをクリックしていただけると幸いです。

『海外ビジネスEXPO2020』 海外ビジネスEXPO2020

5. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は「オンライン(バーチャル)展示会のメリット&デメリット」と銘打って、リアルなオフライン展示会との違いと特徴などについて解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。「海外ビジネス関連の展示会への出展に必要な費用が知りたい」「海外進出をテーマにしたウェビナーを開催したい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    250
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社

    中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで
    ご提案いたします

    海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション

    中国・台湾越境ECテストマーケティング 

    海外ビジネス全般に関わるサポート

    海外進出総合支援
    海外進出戦略
    海外進出コンサルティング
    海外視察
    翻訳
    海外M&A
    海外販路開拓・マーケティング

    海外市場調査・マーケティング
    企業調査・与信調査
    販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
    海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど)
    海外送金
    海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済)
    海外ECモール出品代行
    ソーシャルメディアで海外展開
    (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど)
    海外WEBプロモーション
    (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO)
    海外広告・プロモーション
    (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)
    海外向けECサイト構築
    (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど)
    多言語サイト制作
    (英語、中国語)
    現地アポイント取得代行
    現地日本人向けプロモーション
    拠点設立
    中国ニュースサイトプレスリリース配信
      海外向けデジタルマーケティング
     インフォグラフィック制作
     インフォグラフィック動画制作

    貿易支援
     日本からの輸入が必要な商品・機材の確認
     物流手配
     輸入許可申請手続き

    運営支援
     労務管理
     財務管理
     オペレーション管理
     コンセプト修正
     ブランディング

    中国人スタッフの教育研修
    販路拡大
    M&A支援
    撤退支援

    海外会社設立・登記代行
    中国法人登記代行
    ICPライセンス取得代行


    海外商標・特許申請
    海外企業との契約書作成・リーガルチェック
    海外法務

    現地物流
    輸出入・貿易・通関
    委託先、アウトソース

    インバウンド

    訪日外国人向けマーケティング
    日本進出・日本法人設立

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう