• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外移住を実現させる『5つの仕事』

掲載日:2018年03月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、憧れの海外移住を実現させる「5つの仕事方法」をご紹介します。

海外移住を実現させるためには、現地での仕事を確保することが重要となります。海外移住をしたいものの、その手段がわからない方や、日本で事業を展開しながら海外移住を段階的に進めていきたいといった方々に向けて、海外移住を実現させるための仕事と、その簡単な仕事方法をまとめました。

今後、海外移住を前提に、より海外と繋がる仕事・ビジネスを選択することが、多くの日本人にとって、よりポピュラーな選択肢となっていきます。インターネットの普及やグローバル化を受けて、より多様化する「海外移住を実現させる5つの仕事方法」について解説します。

<「Digima〜出島〜」編集部おすすめの海外関連書籍>

         

1. 【海外就職する】方法

多様化するグローバル人材

【難易度】★★★
【おすすめの人】海外留学、インターン経験あり
【必要なスキル】語学、専門的スキル

1つ目にご紹介するのは海外の企業に就職するという方法です。ただ、いきなり海外企業で働くことは簡単でありません。留学やインターンを経てからの現地就職ならまだしも、日本での就労経験のみではおそらく難しいでしょう。海外で働くということは語学能力も必要です。「語学は後からついてくるから」などということは通用しません。

新卒一括採用ではなく、「実力」で雇用を決める海外企業に就職するためには英語はもちろん、何か特殊なスキルが求められます。外国人である自分を雇うことの、明確なメリットを提示することが必要となるでしょう。当然ながら、参入障壁としては決して低くはありません。しかし、グローバル人材の必要性が高まっている現在、チャレンジしがいのある選択肢でもあることは言うまでもありません。

2. 【海外勤務のある日本企業に就職する】方法

これまでの海外経験を活かす

【難易度】★★
【おすすめの人】新卒生、転職希望者、安定した海外移住希望者
【必要なスキル】各業種によって求められること

2つ目は、海外勤務のある日本企業に就職する方法です。日本は新卒一括採用という制度があるので、大学生などはこの制度を利用し、就労経験がなくてもポテンシャルを評価されるため、海外勤務のある大手企業や、ベンチャー企業に就職することができます。転職者も同様に、今までの経験を活かすことができれば非現実的ではありません。

ただし、いきなり、海外勤務になるということはほぼありませんので、2、3年国内で就労した後に、その経験を活かし、海外支社に派遣されるというのが王道コースになります。また、海外と言っても会社の適宜にあわせて転勤するという形になるので、それが自分の意向に沿うのか検討する必要もあります。長期的に見て、安定した海外移住をお考えの人にはおすすめです。

3. 【ワーキングホリデーから現地に就職する】方法

条件を満たせば永住権取得も可能

【難易度】★
【おすすめの人】海外ビギナー
【必要なスキル】特になし

3つ目は、ワーキングホリデー制度を利用した後に、永住権を取得し、海外現地企業に就職するという方法です。ワーキングホリデーとは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度です(出典:Wikipedia)。取り組みが有名な国はオーストラリアやニュージーランド、カナダやヨーロッパ諸国などが挙げられます。

国によって条件は異なりますが、条件を満たせば永住権を取得することが可能です。そして、ワーキングホリデー時代の就労経験が認められれば、現地の優良企業に就職することもできます。誰しも参加できるプログラムなので、語学を学びながらお金をためたい、そして将来的にその場所に永住したいという方におすすめです。

詳しくはこちら

4. 【フリーランスを選択する】方法

ネットワークと専門領域で勝負

【難易度】★★★
【おすすめの人】専門的スキルを持っている人(プログラマーやバイヤー)、ブロガー
【必要なスキル】IT関連の専門的スキル、独自のコンテンツ

4つ目はフリーランスになるという方法です。

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人を指します(出典:Wikipedia)。具体的に、フリーランスとして海外移住を実現させる3つの方法をご紹介いたします。

最初に挙げるのは、『ブロガーもしくはライターになる方法』です。現地に移住しながら、現地に根付いたニーズのあるブログの設立や、現地ニュースを配信していくことで、ブログによる広告収入もしくは外部へのコンテンツの提供によって収益を得られます。ただ、市場のニーズを踏まえた上で、自分のやりたいことでお金を稼ぐことは簡単ではありませんし、同じようなことを考える人も多くいるので、簡単ではありません。

しかし、「現地から日本もしくは世界から日本へ届けたいものがある」という強い思いがある場合は実現の可能性も高くりなります。同じような手段を考える人は多くいますが、同じような思いや経験をする人は多くありません。そのような体験価値が市場のニーズと一致した時、フリーランスとしての海外移住を実現させます。

次に挙げるのは、『IT関連の専門的な技術を活用する方法』です。スカイプなどにより、どこにいても外部とコンタクトを取れる現在、WEB制作関連などの仕事受注はどこにいても可能になっています。国内である程度実績をつけた後に、専門的能力を活用し、海外移住を実現させることも可能です。

最後に挙げるのは、『バイヤーになるという方法』です。インターネットの普及とともに、どこにいても物を購買・販売できる時代となりました。個人でメディアを立ち上げ、販路を生み出すというのもひとつ方法ですが、メルカリなどのサービスを活用することで、自分でメディアを持たなくても、販売することが、以前よりも着実に容易になっています。日本に届いてない現地の製品、もしくは世界にない日本の製品の販路を広げることで、海外移住を実現させることも可能なのです。

詳しくはこちら

5. 【日本の事業を海外展開する】方法

海外進出拡大の追い風

【オススメ度】★★★
【おすすめの人】国内事業を展開している人
【必要スキル】経営スキル、海外ビジネスにおける知識、各国の商習慣や法規制に対する知識など

最後の5つ目の仕事は、日本での事業を海外展開させる方法です。こちらは、すでに国内で事業を展開させていて、資金力のある方にオススメの選択肢です。国内事業の海外展開は海外移住における有効な手段であります。現実的には国内と海外とのデュアルライフとなる場合が多いかと思います。現在、日本国内事業の海外進出は、海外移住を実現させるだけでなく、海外進出自体にチャンスが広がっているのです。理由は2つあります。

1つ目の理由は、海外から日本への評価が急激に高まっていることにあります。ここ2、3年の間で、訪日外国人が急増しました。日本に訪れる外国人の数は3年前と比べ2倍以上になり、2016年は約2,400万の外国人が日本を訪れました。インバウンド市場が拡大するとともに、日本や日本製品、日本式のサービスへの認知・評価は右肩上がりとなり、インバウンド効果による海外現地でのアウトバウンド市場も急拡大しているのです。つまり、日本企業の海外進出商機が拡大しているのです。

そして2つ目の理由は、ヒト・モノ・カネの動きが活発化していることです。格安航空会社(LCC)の台頭などもあり、海外渡航自体へのハードルも下がっています。他にも海外送金サービスや、交通インフラの発展に伴い物流も発展しています。さらにはインターネットが世界で普及していることもあり、世界とつながることがこれまで以上に容易となっています。それにより、国内事業と海外事業を並行に行うデュアルライフの実現も非現実的なことではなくなっています。チャンスが広がっている上にインフラが整い始めている今、海外での移住も視野に入れた日本企業の海外進出はおすすめの手段であります。

6. 決して夢ではない海外移住

海外移住を軸に仕事を決めるのもアリ

本記事では、海外移住を実現させるために、これから仕事を考える人から実際に事業を展開させている方までを対象とした、幅広い方法をご紹介いたしました。

世界でグローバル化が加速し、ヒト・モノ・カネの動きが活発となっている現在、今まで以上に多くの日本人が海外に目を向けています。その中で、海外移住を夢に持つ人も急増しています。

一方、実際に海外移住をするとなった時に、一番の障壁となるのが移住先での仕事方法及びビジネスになります。渡航をするだけでなく、現地で生きていくためには、仕事やビジネスをしながら生活していくことが必要です。そのため、渡航前にある程度は現地での仕事・ビジネスを確保できるような見通しをつけておく必要があります。しかし、過去の前例から学ぼうとしても、グローバル化が進んだのは近年の話であり、海外移住をする際に、渡航した後に仕事・ビジネスを選んだという前例は、あまり多いとは言えないのが現状です

しかし実際は、本記事で解説したように、現在海外移住をしたいという方が急増している中で、海外移住を実現させるための仕事およびビジネスの方法も、近年より多様化しているのです。インターネットの普及により海外の情報を手に入れることが容易になると同時に、ヒト・モノ・カネの国境を超えた動きが活発になり、国外にいても日本とアクセスすることも、以前と比べると圧倒的にイージーになっています。渡航先での仕事が確保できれば、夢の海外移住を実現させることは非現実的なことではなくなっているのです。

仕事を軸に住む場所を考えるのもひとつの手段ですが、海外移住を前提として移住先での仕事を決めていくというのが、グローバルな時代ならではのライフスタイルと言えるのではないでしょうか。本記事が、あなたの海外移住を実現する一助となれば幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう