• このエントリーをはてなブックマークに追加

進出先・人気国ランキング1位「アメリカ」への進出動向と今後の展望

掲載日:2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、毎年発表される『海外進出白書(2016-2017年版)』の「日本企業の海外進出先・人気国ランキング」にて1位となった「アメリカ」への日本企業の進出動向の分析、今後の展望をご紹介いたします。トランプ大統領の政策を発端とする米製造業復活の兆しによって、日本企業の進出動向も変化しています。そうした変化をいち早く捉えビジネスチャンスとするためにも、本記事をお役立ていただけると幸いです。

<海外進出白書とは?>

hakusho_bnr

毎年、「Digima~出島~」では、サービスに寄せられる進出相談と、海外進出企業ならびに、海外進出支援企業を 対象に実施したアンケートをもとに『海外進出白書』として前年度の傾向と、今後の予測を立てたレポートを作成しております。本記事は2016年4月~2017年3月の期間に頂いた海外進出相談の約2,400件を集計した『海外ビジネス白書(2016−2017年版)』の一部を公開しております。

『海外ビジネス白書(2016−2017年版)』には「2016年度の日本企業の海外進出動向」他、「海外進出企業の実態調査(アンケート調査)」や「海外ビジネスの専門家150社の意識調査(アンケート調査)」など、御社の海外進出にご活用頂ける、ここでしか手に入らない情報を掲載しております。

海外ビジネス白書(2016−2017年版)は以下のURLから、無料でダウンロードいただけます。 https://www.digima-japan.com/event-news/lp/hakusho2016-2017/

トランプ大統領就任で話題となったアメリカに進出が集中

2016年11月9日、アメリカ大統領選が投開票され、共和党候補のドナルド・トランプ氏が、民主党候補のヒラリー・クリントン氏を破り当選確実という報道が世界を駆け巡りました。2016年度の日系企業の海外進出動向もこのニュースに大きく影響を受け、昨年度の3位から一気にNo.1の座へ躍り出ました。

民間信用調査期間である東京商工リサーチが、2016年の11月に発表した「日系企業のアメリカ進出状況調査」によると、アメリカには1,853社の日系企業が進出しており、5,010拠点を展開していると報告されています。また同調査によると、産業別でもっとも多かったのは製造業(構成比33.4%)で、続いて卸売業(同24.7%)、サービス業(同7.0%)が続きました。

それら産業別の数字と割合は、「Digima~出島~」への相談においてさらに顕著となっており、アメリカ進出企業の業種ランキングでは、1位が製造業(構成比 41.38%)、2位が卸・小売業(同 27.59%)と、全体の7割近くを占める結果となっています。また、2014年度の本調査では、1位が小売業(24%)で、2 位が製造業(23%)という結果であったことを踏まえると、アメリカの基幹産業=製造業というイメージが再び浸透しつつあることがうかがえます。

事実トランプ氏は、大統領選でヒラリー氏と競っていた当初から「Make America Great Again(偉大なアメリカを再び)」というスローガンを掲げており、就任後には「米製造業の偉大な復活へと道を開く」大統領令に署名しています。つまり、トランプ政権にとって、「偉大なアメリカの復活」とは、「アメリカにおける製造業の復活」にほかならないのです。

社会福祉における“オバマケア”の一部撤廃、富裕層を優遇する大幅な減税、パリ協定離脱の発表など、前任者であるオバマ氏が築き上げたレガシーおよび各種規制を次々と撤廃しているトランプ大統領ですが、前オバマ政権時代から力を入れていた“自国における製造業の発展”に関しては、引き続き踏襲していると言えます。

さらに、製造業の拠点を再び米国内に呼び戻すという、トランプ政権の雇用重視の姿勢を意識して、経営再建中のシャープが、ペンシルバニア州に液晶パネル工場を新設するといった、日本企業による新たな動きも出てきました。2017年の現在、日本からアメリカへ海外進出することを考えた場合、現政権が掲げる「製造業への回帰」という大きなトピックを無視するわけにはいきません。

アメリカの製造業は衰退していなかった? 日本企業の進出も拡大

以前から「アメリカの製造業が衰退している、という論調はミスリードであり、GDPの割合を含めて、その実質的な生産高は上昇している」という意見も見受けられましたが、好むと好まざるとに関わらず、彼の地アメリカにおける製造業に、再びスポットが当たり始めたことは、認めざるを得ません。さらに、同じく“ものづくり国家”という国家再生ビジョンを掲げる日本という国に属する企業であるなら、それを意識することは当然と言えるでしょう。

そもそも製造業と一口に言っても、その内訳は多岐に渡ります。単純な組み立て作業もあれば、価値が高い特許技術がベースになった製造事業もあれば、化学製品や宇宙開発などで使用される部品を生産するケースもあります。人件費は決して安くないアメリカへの進出を考慮した場合、より付加価値の高い製造業を意識することが大切だと言えます。実際の問い合わせ内容としては、下記のようなものがございました。

【アメリカ・製造業】:「弊社は、メーカーから試作品を請け負う会社。この技術を国内だけでなく、海外でも提供していきたい。まずはアメリカをイメージしているが、ニーズ調査について費用感を知りたい」

現在、アメリカ本土には約 2,000 以上の日系企業の製造工場が存在しますが、仮に中小企業としてアメリカに進出する際は、先述のシャープや、「レクサスブランド」でアメリカを制したトヨタといった大企業とは異なる、グローバルマーケットにおいてもコモディティ化しづらい、従来とは異なる“ものづくり”戦略を携えることが必須となるでしょう。

製造業に並行して進出商機拡大する「卸・小売業」

また、進出業種ランキングにて2位となっている「卸・小売業」に関して、実際にアメリカに進出している企業の内訳を見てみると、先述の製造業に付随する電気機械器具や精密機械器具、さらには自動車部品や医療器具などの卸売業者が多く存在していることがわかります。これはアメリカに限らずですが、製造業と卸・小売業の関係性は、どの国においても密接なものであることが伺えます。

もちろん世界の主要市場として君臨するアメリカの消費 市場をターゲットにしたコンシュマー向けの「卸・小売業」の進出も活発ではありますが、傾向としては大規模な卸ではなく、ある商品などに特化した「卸・小売業」が多くなっています。イメージいただきやすいよう、ここでも実際の問い合わせ例をご紹介しておきます。

【アメリカ・小売業】:「弊社では自社ブランドにて化粧品・健康食品を Web 上で販売しており、日本国内、並びに昨年からは台湾に支社を構えての展開も実施している。直近で台湾支社経由の売上も軌道に乗ったため、次の販売国の検討を進行しているが、その中でも米国が Amazon.com の販売網を持っていることもあり、優先度を高めている状況」

アメリカ進出の難しさ

また、帝国データバンクが、2016年12月に発表した「米国進出企業実体調査」によると、日本企業全体としては、カリフォルニア州やニューヨーク州に拠点を築く企業が多い中で、製造業に関しては、シカゴなどのイリノイ州に多く進出していることが報告されています。アメリカは50の州の集合体からなる連邦国家であり、各州が独自の統治機構を持っているので、立法・立法・行政において、それぞれが異なります。さらに、各州ごとに憲法が存在することから、契約法や会社法や商事取引法といった、海外企業が進出する際に重要となる法律が、州ごとに 異なる内容となっていることには注意が必要です。同じアメリカ国内であっても、別の州に横展開した場合、各州ごとに異なるケースを想定する必要があることは心に留めておくべきでしょう。

まとめ

結局のところ、現トランプ政権が打ち出しているステイトメントは、かつての“アメリカンドリーム”のような外向きのビジョンではありません。誤解を恐れずに言えば、21世紀のグローバリゼーションの荒波を乗り切るための、リアリズムに基づいた国家規模の切実な生存戦略に他ならず、日本企業にとっては決して楽観視できないことであることを肝に銘じておくべきでしょう。

ただ、少なくとも、きたる 2018年11月に予定されている中間選挙(連邦議会選挙)までは、この切実な国家戦略が、アメリカ本土のみならず、グローバル経済の多方面に渡って影響していくことは確実です。それは、“アメリカへの進出事業”においても例外ではありません。いずせにせよ、今後も日本企業がアメリカへ進出する際の産業構造は、絶えず安定した割合を誇る「卸・小売業」と、再び脚光を浴びた「製造業」を中心に進められていくと考えて間違いないでしょう。

<続きを読みたい方はこちら>

海外ビジネス白書(2016−2017年版)は以下のURLから、無料でダウンロードいただけます。 https://www.digima-japan.com/event-news/lp/hakusho2016-2017/

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出支援】 越境EC支援。市場リサーチ、SKU/価格設定、出店手続き、ライブコマースを手がける

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    388
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    中国、台湾に特化したマーケティング・コンサルティング会社

    ・中国・台湾進出サポート歴12年
    ・大企業・中小企業・地方自治体のご支援は388社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドでご提案。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • 株式会社UPEX

    コミュニティを通じて国境を越えた繋がり創造する。日本のファンを世界に向けて。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    50
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    中華圏PR事業
    ・イベントソリューションMICE
    ・SNSマーケティング 
    ・ソーシャルメディア運営
    ・セールスプロモーション
    ・広告代理運用
    ・ソーシャルメディア運営
    ・展示会、発表会、セレモニー
    訪日プロモーション
    ・青少年ボランティア活動・ソーシャルメディア運営
    ・スポーツ及び観光業界ツーリズム
    ・中華圏メディア招請による番組制作
    メディア事業
    ・映像販売.版権売買
    ・CM制作
    ・中華圏テレビ局・制作会社提携
    IPエンターテインメントコンテンツ事業
    ・IPエンターテインメントビジネス協業&代行
    ・自社IPコンテンツ創出

    日中ビジネスに関した取り組みであれば、あらゆるサポートが可能です。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう