• このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行・ビジネスに役立つのは何語? 世界で影響力のある言語ランキング

掲載日:2017年04月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、世界で最も影響力のある言語TOP10を紹介します。世界で多くの人が利用している言語を把握することは、海外旅行だけでなくビジネスにおいても役立ちます。言語は文化であり、文化を理解することは市場の理解に繋がります。ぜひ、本記事を海外旅行やビジネスにおけるコミュニケーションや市場理解にお役立てください。

※この統計では話者数のみを参考にして作られたものではないため、例えば話者数の少ないイタリア語が話者数の多いベンガル語がよりも高い順位にランクインしています。世界で最も影響力のある言語としての要件は、話者数、国際経済と貿易での影響力、そしてリングワ・フランカ(共通の母語を持たない人同士の意思疎通に使われている言語)における状況を考慮して作成されたものです。

記事提携&参照元:マダム・リリー

影響力のある言語を知ることは海外旅行・ビジネスに役立つ

現在世界に存在する言語の数は6000以上であり、そのうちの30%は話者が1000人以下だと言われています。一部の言語が、第1言語もしくは第2言語として多くの人に話されています。

海外旅行においては、世界で多く話されている言語を学ぶことはコミュニケーションに役立ちます。「こんにちは」や「ありがとう」の言葉を知っているだけでも、間違いなく知らない以上に現地の人たちとコミュニケーションをとることができます。

また、海外ビジネスにおいても世界で話されている言語を把握することは役立つのです。もちろん世界で多く話されている言語を学習することでビジネスの場においても多くの人とコミュニケーション取れるということは1つのメリットです。

しかし、それだけではなく、ビジネスにおいては、世界で話されている言語を把握することは市場の理解、つまり市場調査にも繋がります。言葉は文化です。文化を知ることは現地の人の理解、つまり市場の理解に繋がるのです。もちろん同じ言葉を話しているからと言って全てが同じというわけではありませんが、一定の尺度で測ることはできます。

例えばスペイン語が使われているスペインや中南米諸国はラテン文化が根付いています。国は異なるとはいえ、言語が一緒であれば共通することもあるのです。そこで、実際に世界で影響力のある言語のランキングをご紹介するとともに、海外旅行やビジネスにも役立つその言語の持つ文化を解説していきます。海外旅行や海外ビジネスにおいても、世界で影響力を持つ言語を把握することが大事になってきます。

10位 ヒンドゥスターニ語

一般にはインドの公用語・ヒンディー語、およびパキスタンの公用語・ウルドゥー語としてよく知られています。母語話者数は5億4000万人で、話者数順位は世界2番です。南アジアのリンガフランカ(共通言語)であり、話者の多く住むフィジーでも公用語のひとつとなっています。ヒンドゥスターニ語はインド・パキスタン系移民の海外進出に伴って広く世界中に拡散しました。定着した場所によって周辺言語の影響を受けつつ、独自の変化を遂げています。マレーシアやシンガポールでも英領統治期に移住させられたインド人移民の子孫が多く居住しているため話されています。

9位 日本語

話者数は約1億3000万人、話者数順位は世界第9位である日本語です。しかし話者のほとんどが日本に住む人に限られていて、外国人にとってはなかなか難解な言語である点がマイナスです。しかし同時に、日本は世界第2位の先進国であり、国際経済に与えるインパクトも大きく、結果、ビジネスや貿易の世界においても日本語が与える影響力は大きいため9位となりました。

8位 ドイツ語

話者人口は約1億3000万人で、そのうち約1億人が第一言語とされているのがドイツ語です。EU圏内では、母語人口は域内最大であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多くなっています。 しかし、ドイツ、オーストリアの植民政策が主に欧州内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めています。

一方、貿易や国際ビジネスにおいて優秀な成果を残しているドイツと取引する際に、英語だけでなくドイツ語も話すことができれば商機は拡大します。世界4位の経済力を誇る輸出大国ドイツの言語は欧州内では広く使われています。

7位 ポルトガル語

主にポルトガルおよびブラジルで使われているポルトガル語を母語とする人口は、約2億5000万人です。ポルトガルの人口は1000万人程度ですが、約2億人の人口を抱えるブラジルの公用語になっているため、話者人口が多くなっています。81%(約2億人)がブラジル国内で、残りの5,000万人は、ポルトガルおよびその旧植民地に分布し、世界で7番目または8番目に大きな話者人口を有します。複数の大陸にまたがって話される数少ない言語の1つです。ポルトガル圏内もスペイン語圏内と同時にラテン文化が根付いていいます。

また、ポルトガル語が公用語のブラジルでは、2016年にはオリンピックが開催されたにも関わらず、政権の汚職問題や資源価格安の影響を受け、経済低迷していました。しかし、新政権発足に伴い資源価格も回復してきた影響もあり、2017年以降は経済回復に向かうことが予測されています。

6位 ロシア語

ロシア語はヨーロッパで最も母語話者(約1億8000万人)が多い言語であり、母語話者数では世界で8番目に多く、第二言語の話者数も含めると世界で4番目に多いです。ロシア語は東ヨーロッパと中央アジアで理解されている言語です。しかし実際にはロシア語を理解できる人は多くても、現在もロシア語を使っている人の数は少なくなりつつあります。

また、文字体はアルファベットとことなる「キリル文字」といわれるものなので、学習することは困難と言われています。一方で、国連の定める6つの公用語の1つであります。今後、ロシア国内の経済成長に伴い経済においても強い影響力を持ち始めれば、ロシア語話者がロシア国内だけでなくヨーロッパでも増えていくかもしれません。

5位 中国語(マンダリン)語

中国語を母語とする人は約12億人、第二言語としても約2億人が使用しているといわれており、世界最大の話者人口を有しています。ギネスブックによれば「現存する世界最古の言語」であるそうです。世界最大の話者を誇る言語であるにも関わらず、5位にとどまっている理由としては、中国語が話されている地域が中華人民共和国・台湾・シンガポールなどに限られており、国際経済に与える影響力という点でも他の先進国に少し劣るからであります。

しかし、近年の中国経済の成長にあいまって、今後中国語が世界に与える影響力は増していく事が予測されます。実際に、巨大市場中国と取引するために、中国語を学習する欧米のビジネスマンも増えています。経済成長を続ける巨大市場中国が世界市場で台頭することによって、近いうちに海外ビジネスにおいて中国語が必要となる場面が多くなってくることも予測されます。

4位 アラビア語

世界で3番目に多くの国と地域で使用されている言語であり、アラビア半島やその周辺、サハラ砂漠以北のアフリカ北部の領域を中心に(非独立地域を含めて)27か国で公用語とされています。また、国連の公用語においては、後から追加された唯一の言語でもあります。母語話者数は約2億3500万人。アラビア語はイスラム教の言語であり、最も国際的な言語の一つとして挙げられます。また、一言でアラビア語と言っても国や地域によって方言の違いがあり、実際にアラビア語を使用している人の数を統計するのは難しいと言われています。

また、アラビア語圏では、UAEなどの石油大国が多くなっています。そして、中東などでの人口増加により2070年にはイスラム教徒とキリスト教徒がほぼ同数になり、2100年になるとイスラム教徒が最大勢力になると予測されている中、アラビア語の世界におけるプレゼンスもさらに高まっていきそうです。

3位 スペイン語

スペイン語は、世界で約4億2千万人の人々によって日常的に話されており、ラテンアメリカ地域における国際共通語です。スペイン語を公用語としている国と地域の数は20以上あり、世界で英語、フランス語、アラビア語に次ぐ4番目に多くの国で使用されている言語であります。インターネットにおいては、利用者全体の約8%がスペイン語使用であり、英語と中国語に次ぐ第三の言語です。リングワ・フランカとして使用している国は世界で20か国、第二言語として使用している人は世界中にいます。

スペイン語圏内はラテン文化が根付いており、スペインの毎日のお昼に必ず昼寝の時間を設ける「シエスタ」という文化に代表されるように独自の文化を築き上げています。スペイン語圏内のビジネスにおいてはそのような文化を理解する必要があります。例えば「シエスタ」の影響でスペインの飲食店の営業時間は20時から始まるところが多いなどということがあります。

2位 フランス語

世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ二番目に多くの国・地域で使用されている言語です。フランス、スイス、ベルギーの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっています。リングワ・フランカとしては英語の次に共通語とされている言語です。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれています。母語話者数は7,200万人、総話者人口は1億2,900万人にのぼります。

強い影響力を持つフランス語の母国・フランスでは、全て政府で取り扱われる書類などはもちろんのこと、ビジネス文書、レストランメニュー、広告などにおいてフランス語を使用するという法律も決められています。また、毎年フランスはフランス語を国際的に促進するため10億ドルの予算を費やしています。

1位 英語

間違いなく、英語が世界で最も影響力のある言語1位です。公用語人口としては英語が世界一であるが、英語を母語としている人は世界人口の4.68%で、第1位の中国語(13.22%)と比べかなり少ないです。英米の影響などで英語が国際共通語として使われるようになったこと、商業言語として確立したこと、科学技術を伝達する主要な言語となったこと、過去の世界大戦で米国の世界でのプレゼンスが高まったことなどの理由で、第二言語としても用いる人口は約4億人に上ります。

海外旅行・海外ビジネスにおいて英語会話能力が必要となることは言うまでもありません。

まとめ

言語は歴史であり文化です。過去に強い力を持った国が、他国へ進行し自国の文化を根付かせ、時が経った現在も言葉として残っています。そのため、言語にはある程度の文化が根づいており、文化を理解することが海外旅行においても海外ビジネスにおいても大事なこととなります。ぜひ、今後の海外旅行や海外ビジネスにおいて言語と言うものを意識してみてください。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加