『海外進出白書リスク管理版(2020-2021)』 | 株式会社Resorz

コロナ禍、スエズ運河座礁、ミャンマークーデーター…海外ビジネスにおけるリスク管理の状況は?

料金体系
  • その他
導入までの期間
効果が出るまでの期間の目安を表しています。詳しくは会社へお問い合わせください
0
最低契約期間
0
導入実績数
1000
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している17件の資料を
一括でダウンロードします。

対応国

対応国

サービスの詳細説明

詳細説明

毎年、海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima~出島~」では、直近1年間で寄せられた進出相談と、海外進出企業22,000社を対象に実施したアンケートをもとに「海外進出白書」を作成しています。

そんな中、昨年から今年にかけては、新型コロナウイルスの影響やスエズ運河での座礁、ミャンマーでのクーデターなどといった海外ビジネスに大きく影響を与えるリスクが表出しました。今後の日本企業の海外ビジネスを考えるにあたって、こうしたリスクの管理は、ますます欠かせないものとなっていくでしょう。

そこで、今年はAIG損害保険株式会社との協力体制の下、共同で『海外進出白書《リスク管理版》』を作成しました。是非、御社の海外展開に活かしてください。

プランと料金

無料
で別会社の資料を

課題が同じサービスを提供している17件の資料を
一括でダウンロードします。

こちらの資料をDLした方は、他にもこんな資料をダウンロードしています

関連セミナー

関連記事

まだ記事はありません。