• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2020年版】カンボジア経済の最新状況 | 2020年のGDP成長率は過去最低レベルのマイナス1.9%減

掲載日:2020年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年のコロナ禍後のカンボジア経済の最新状況を、2019年までの経済成長の歴史を振り返りつつ、今後の展望も含めて詳しく解説します。

2020年7月、カンボジア国立銀行は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、2020年のGDP(国内総生産)成長率がマイナス1.9%減少するとの見方を発表。その他の周辺国と比較すると良い値ではありますが、絶えず右肩上がりの傾向にあったカンボジア経済のGDPは、2020年において過去最低レベルのマイナス成長率となる見方が濃厚となっています。

また、懸念されていた、欧州連合(EU)が見直しを進めていたEBA(=Everytihing But Arms) / 〝武器以外の全品目を数量制限なしに無関税でEUへ輸出できる輸出優遇措置〟の停止は、なんとか「一部停止」にとどまりました。EUによる〝制裁〟は2020年8月より発動されましたが、最悪とされていた〝全面停止〟という事態は回避しています。

そもそもカンボジア経済の産業構造には「4つのエンジン」があると言われており、そのコアとなる「縫製業・製靴業」が、カンボジア経済全体を牽引していました。また、近年大きく伸長している「観光業」においても、2018年に43億5,000万ドルの総収益を得ており、前年の36億3,000万ドルから19.8%の増加を記録しています。

独裁政権として欧米諸国からの批判もあるフン・セン政権が中国への傾斜を強めていることから、「カンボジアの中国化」が懸念されており、事実2020年10月には中国とのFTA(自由貿易協定)が調印されましたが、若年層人口が多い高度経済成長国として、IMFはコロナ禍後もカンボジア経済の成長は続くと予想しています。

本テキストでは、カンボジア経済の最新状況をメインテーマに、その基本情報と、経済的特徴、さらには日本企業のカンボジア進出のメリットについてもわかりやすく解説します。

1. コロナ禍後のカンボジア経済の最新状況【2020年版】

2020年のGDP(国内総生産)成長率の予測はマイナス1.9%減

2020年7月、カンボジア国立銀行(NBC=National Bank of Cambodia)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、2020年のGDP(国内総生産)成長率がマイナス1.9%減少するとの見方を発表しました。

2020年のカンボジア経済におけるGDP成長率については、複数の予測がなされており、同年9月にアジア開発銀行(ADB)が発表したカンボジアのGDSP成長率はマイナス4.0%減の予測。

同年4月に国際通貨金(IMF)が発表した「世界経済見通し」によると、2020年のカンボジアの経済成長率はマイナス1.6%減となっています。

そもそも新型コロナ感染拡大以前のカンボジア経済は、絶えず右肩上がりの傾向にあり、サブプライムローン問題に端を発した世界堂不況の影響を受けた2009年のGDPこそマイナス0.1%減となりましたが、翌2010年には6.0%にまで回復。2011年以降は順調に7%前後のGDP成長率を誇っていました。

先述のように、コロナ禍後の2020年のカンボジア経済におけるGDP成長率は、各組織・団体によって多少のばらつきはあるものの、過去最低レベルのマイナス成長率となる見方が濃厚です。

懸念されていたEUの輸出優遇措置(EBA)は一部停止で最悪の事態は回避

先述のように近年のカンボジア経済は驚異的な成長を遂げてきました。ただその反面、カンボジア政府による国内の政治活動の抑圧や人権侵害が深刻化していました。

2019年、これらの国内問題を改善するべく、かねてからカンボジアの貿易相手として大きな存在だったEU(欧州連合)が、カンボジアに対する特恵関税制度である「EBA協定の停止」を検討し、特恵関税制度の停止に関する報告書をカンボジア政府に提出したことが、世界経済において大きな話題となりました。

欧州連合(EU)が見直しを進めていた「EBA(=Everytihing But Arms)」とは、〝武器以外の全品目を数量制限なしに無関税でEUへ輸出できる輸出優遇措置〟を意味します。

カンボジア政府は、このEUの要求に対応する姿勢を見せながらも、EBAの停止措置を再検討するよう求め続けました。

この要求に対してEUは、特恵関税制度の停止に関する報告書を、2019年11月にカンボジア政府に提出。カンボジア政府の対応を見つつ、2020年2月に最終的な結論を出す予定でした。

結果としての、このEBAの停止は、なんとか「一部停止」にとどまり、最悪とされていた全面停止は回避することとなりました。

繰り返しになりまあすが、そもそもEUは、カンボジアにとって輸出額の40%以上を占める最大の市場です。その70%以上がアパレル(衣料品)商品となっています。

このEBAの恩恵もあり、アディダスやプーマなどの多くのグローバルブランドがカンボジアに生産拠点を置くことで、近年のカンボジア経済の成長と国内雇用の増加が後押しされたという背景があります。

2020年8月、EUからカンボジアへ、特恵関税の一部停止措置を実行されました。特恵関税が停止される対象産品は、衣類と履物の一部、旅行用品、砂糖となっていますが、8月12日以降はこれらの産品に対し、EUの最恵国税率に基づく一般関税が課せられることとなりました。

ただ、その他の品目については、これまでどおり、武器兵器を除き、無税かつ関税割当も行わないEUの特恵関税制度である「EBA」の対象となっています。

IMFは今後もカンボジア経済の成長が続くと予想

結論から言えば、カンボジアは高度経済成長の国と言えます。1998年のアジア経済危機の後から、後述する2009年の世界金融危機前の2007年の10年間で、平均GDP成長率は9.4%に達していました。

2009年には、サブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響を受け、実質GDP成長率は0.1%と落ち込んでしまいましたが、2010年以降は急回復を遂げ、翌2010年は6.0%にまで回復しています。

2011年~2018年も7%前後の成長を続けており、 IMFは今後も6~7%成長が続くと予想していました。

2019年9月にアジア開発銀行(ADB)が発表した「アジア経済見通し2019年改訂版(Asian Development Outlook (ADO) 2019 Update)」によると、カンボジア経済は引き続き堅調に成長すると見られており、2019年のGDP成長率は7.0%(前回予測7.0%)、2020年は6.8%(前回予測6.8%)と予測されていました。

米中貿易戦争などによる世界経済のピークアウトや、先進国および中国、インド、韓国、タイなどアジアの主要経済国の成長が減速する中で、カンボジア経済は、好調な輸出、観光、国内需要などによって成長すると見られていたのです。

2020年のGDP成長率こそ過去最低レベルのマイナス成長を記録することが予測されていますが、今後、IMFは、新型コロナのワクチンが完成するなどして感染拡大の抑制に成功した場合、翌2021年には再びプラス5.8%の成長率に回復すると予測しています。

また新型コロナの収束に関わらず、その他の周辺国であるマレーシア、シンガポール、タイ、フィリピンなどと比較しても、唯一驚異的な回復を見せつつあるベトナムを除けば、カンボジアのGDP成長率は、比較的良い値であるという見方もあります。

2. カンボジア経済の基本概況

カンボジア経済の「4つのエンジン」とは?

カンボジア経済の最新状況に続いては、カンボジア経済の基本概況と銘打って、カンボジア経済を理解する上での基本情報について解説します。

そもそもカンボジア経済の産業構造には「4つのエンジン」があると言われています。それは「縫製業・製靴業」「観光業」「建設業・不動産業」「農業」と4つとなります。

「縫製業・製靴業」

1つめの「縫製業・製靴業」ですが、これは近年急速に拡大した「カンボジアからの輸出」の牽引役とも言える産業です。日本およびアメリカ・ヨーロッパ諸国のアパレル企業が、人件費の安いカンボジアに対して、自社の低価格製品の生産委託を増加してきたことが大きな要因となっています。

またカンボジアは後発開発途上国(※ LDC=Least Developed Country)なので、先進諸国から輸入関税を免除されていることも、カンボジア産の縫製品の輸出拡大を後押ししています。

※国連開発計画委員会(CDP)が認定した基準に基づき,国連経済社会理事会の審議を経て,国連総会の決議により認定された特に開発の遅れた国々。3年に一度LDCリストの見直しが行われる。(外務省HPより抜粋)

「観光業」

2つめは「観光業」です。カンボジアの観光業は2018年に43億5000万ドルの総収益を得ており、前年の36.3億ドルから19.8%の増加を記録しています。

その内訳としては、中国人観光客が最大の供給源とされており、200万人近くの中国人がカンボジアへ訪れているとの報告もあります。

ちなみに2017年における観光業の収益は、前年比13.3%増の36億3000万ドル。外国人旅行者数は560万人で、前年比11.8%の増加した。さらに2020年には年間 750 万人の外国人訪問者数を想定しています。

「農業」

4つめは「農業」になります。

カンボジアの経済財政省によると、国内における農業の成長率は、2003~2007年が7.2%、2008~2012年が4.5%となっており、過去5年間では1%に低下。GDP(国内総生産)における農業比率は、2008~2012年の33.6%から、5年間では27.1%に減少しています。

上記のように、カンボジア経済における農業が占める割合は少しずつ低下しているものの、いまだ25%以上と高い水準にあり、主要産業として位置づけることができます。

第二次・第三次産業を主体とする経済構造へ

上記のことから、カンボジア経済における産業構造は、先述の縫製業などの発展もあり、第一次産業から第二次産業および第三次産業を主体とする構造に移行しつつあるといえるでしょう。

3. カンボジア経済・社会の特徴

若年層人口が多い高度経済成長国

続いては、カンボジア経済および社会の特徴について見ていきましょう。

そもそもカンボジアという国は、1991年カンボジア和平協定までの約20年間内戦状態でした。1970年代のポル・ポト政権下における知識層に対する虐殺や、長年の内戦による戦禍により、人口の約3割が殺害されてしまったという過去があり、人口ピラミッドの構造が他国と比較して歪な形となっています。

具体的には、国民の平均年齢は24.5歳と若年層の比率が非常に高く、14歳以下の国民が人口の3割以上を占めています。

1998年に国連代表権を回復し、1999年にASEANに正式加盟することで、国際社会へ復帰、しました。しかし、内戦後の労働生産人口が少ないという社会状況によって、国内産業の成長が著しく阻害されてきたという過去があり、2020年の現在にいたるまで、自国の経済活動を外資企業に依存せざるを得なかったという状況があります。

そのような背景から、カンボジアの経済市場では、外資企業の投資への規制がほとんど存在していません。これはカンボジアに投資する外資系企業にとって大きなインセンティブにもなっています。

また、国内マーケットにおいても、先述の内戦を経たことで、自国通貨である「リエル」よりも、国連が持ち込んだ米ドルへの信頼が優先される傾向が続き、現在に至るまで、極度に米ドル化した経済市場となっているのが特徴です。

そのような歴史を辿ってきたカンボジア経済ですが、2004年から2007年には二桁増の実質GDP成長率を記録し。2020年現在も飛躍的な成長を遂げています。

4. カンボジア経済の基本情報&輸出・輸入の状況

カンボジア経済の基本情報

このセクションでは、カンボジア経済の基本情報と輸出・輸入の状況について見ていきましょう。 まずカンボジア経済の基本情報についてですが、下記に表を添付しますのでご確認ください。

カンボジア経済_01

※外務省 「カンボジア王国(Kingdom of Cambodia) 基礎データ」 より抜粋

カンボジア経済の基本情報&輸出・輸入の状況

続いては、カンボジア経済における輸出および輸入の状況について簡潔に述べていきます。

結論から言えば、カンボジア経済は長きに渡って、輸入が輸出を上回る状況にありました。当然、貿易収支も赤字が続いており、それを、先述の観光収入や、海外からの直接投資、および援助などでまかなってきました。

しかし近年は輸出が伸びていることもあり、高成長が続いており、2015年度の貿易額は前年比14.2%増で、輸出入ともに増加傾向にあります。



■輸出構造

先進国から付与された特別特恵関税を活用した、外資企業による衣類・繊維製品や靴の輸出が中心となっており、その輸出先も、日本・アメリカ・カナダといった先進国が圧倒的なシェアを占めています。

■輸入構造

輸入としては、主力である衣類製品などの原材料がもっとも多くなっています。続いて燃料・潤滑油、機械・輸送機械となっています。

輸出先が先進国中心だったのに対して、輸入元はアジア諸国が中心となっています。具体的には中国が最大の輸入元で、ASEANが続いています。

また、隣国であるタイからの2018年の輸入額が前年比30.6%増加していることにも注目です。

5. 中国マネー依存・中国化問題とは?

カンボジアと中国がFTA調印

このセクションでは、近年クローズアップされている、カンボジア経済における中国との関係性について考察していきます。

2020年10月12日、カンボジアは中国との自由貿易協定(FTA)に調印しました。今回の調印を経て、2021年初めの発効を目指しています。 カンボジア政府によると、このFTA発効後は、中国向けの多くの農産物が免税処置の対象となるとのことです。 このカンボジアと中国のFTAの背景には、カンボジアにとっては、前項までで解説した、2020年8月から実行されたEUによる経済制裁であるEBAの影響の緩和があり、中国にとっては、東南アジアにおける経済的な影響力の拡大があるとされています。

「カンボジアの中国化」とは?

近年、カンボジアでの中国の存在感が大きくなっていることが各メディアで報道されていますが、事実、中国企業による縫製品の製造や輸出は増加しており、さらに「中国マネー」を背景とした不動産開発やインフラ建設が急増しています。

中国の広域経済構想である「一帯一路」にも深く関係しており、先述のように中国人観光客が牽引する国内観光産業の活性化など、いまやカンボジア経済は中国抜きには語れず、世界情勢において「カンボジアの中国化」も懸念されていることは心に留めておくべきでしょう。

6. カンボジア進出・投資のメリット&デメリット

カンボジアでは、外資系企業が中国やタイから生産拠点の一部を移管する、いわゆる「チャイナプラスワン」「タイプラスワン」と呼ばれる動向があります。

日本企業のカンボジア進出も、労働集約型産業を中心に増加傾向にあります。

最後のセクションでは、カンボジア進出のメリット&デメリットについて考察していきます。

カンボジア進出のメリット

■人口ボーナスによる就労人口の安定

いわゆる「人口ボーナス」の残存年数が長く、若年層人口の増加を背景とする所得向上・経済成長が長期にわたり期待できること。就労人口が多いことは、今後の経済成長にとって大きなアドバンテージとなります。

■依然続く低賃金

賃金水準については、今後上昇していくことが予想されれますが、依然として低水準であること。ちなみに2019年の縫製業の最低賃金は182米ドルでした。

■外国投資法による優遇措置

カンボジアの外国直接投資(Foreign Direct Investment=FDI)に関する法制度は、その規制がほとんどなく、むしろ投資を奨励するようになっています。土地所有を除いて、内国法人とほぼ変わりなく扱われており、多くの分野で外資系企業が活動しやすい状況にあります。

カンボジア進出のデメリット

■インフラ問題

カンボジア国内のインフラ整備は、他の後発新興国と比較しても遅れています。その中でも電力インフラは脆弱とされています。

■法制度の未整備

賃金水準については、今後上昇していくことが予想されれますが、依然として低水準であること。ちなみに2019年の縫製業の最低賃金は182米ドルでした。

■外交投資法による優遇措置

法律・精度の不備、汚職の問題なども、カンボジア進出における懸念事項のひとつとして挙げられます。ただ、2008年に発効した日本カンボジア投資協定の一環として「官民合同会議」が開催されており、投資環境整備に関する改善が進んでいます。

7. 優良なカンボジア進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのカンボジア進出サポート企業をご紹介します

今回は、コロナ禍後のカンボジア経済の最新状況について解説しました。 「タイプラスワン」「ベトナムプラスワン」の候補先として注目を集めるカンボジアですが、日系企業としては、これまでの製造業だけでなく、不動産業をはじめとした第3次産業の進出が目立っています。さらに投資環境が整備されれば、今後も進出を検討する日系企業はさらに増加していくことでしょう。

当然ながら、カンボジアに進出する際には、どのような事業形態にせよ、現地のパートナーを探すことは必要不可欠です。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なカンボジア進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「カンボジア進出の戦略についてサポートしてほしい」「カンボジアでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「カンボジアに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るカンボジア進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのカンボジア進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないカンボジア進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(参照文献)
・外務省 「カンボジア王国(Kingdom of Cambodia) 基礎データ

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

SukegawaTakashi

助川 貴

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・コンテンツディレクター。 雑誌編集・書籍編集・WEB編集を経て現職。 これまでに、アメリカ・イギリス・インド・中国・香港・台湾・ベトナム・ミャンマー・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピン・エジプトなどの国・地域へ渡航。趣味は、音楽・スノーボード・サーフィン・ドローンほか。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    50か国/70都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    80
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    GLOBAL ANGLEはオンライン完結型の海外市場調査サービスを提供しています。50か国70都市以上にローカルリサーチャーを有し、常に調査ができる様にスタンバイしています。現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出します。シンガポール本部コンサルタントチームは海外事業コンサルティングを行っているスタッフで形成されている為、現地から取得した情報を標準化されたフォーマットに落とし込み、成果物品質はコンサルクオリティを保証します。

  • オススメ

    インサイトアカデミー株式会社

    海外で"収益"を生み出すグローバル人材育成研修プログラム

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    インサイトアカデミーは、「グローバル人材」=「海外で"収益"を生み出せる人材」と定義し、グローバル人材の育成要件を整理。

    1. グローバルマインド
    2. 経営知識/スキル
    3. 修羅場を乗り越えた数
    4. 異文化の理解
    5. 言語力

    を5つの要件とし、それぞれをカバー出来る500以上の動画をオンラインで配信。
    トヨタ自動車、マーサージャパン、アデランス、PwC、フォルクスワーゲン、McKinsey & Company、日本ルミナリア、西村あさひ法律事務所等、大手グローバル企業出身の5000人もの海外事業が実戦経験者が講師を務める、国内唯一のグローバル人材育成専門のオンライン研修サービスです。
    オンラインですので、海外駐在員や海外事業従事者にいつでもどこでも何度でも学習可能。また、海外事業経験平均25年の講師陣から、教科書では決して得られない実戦的ノウハウが得られます。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう