Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネスサポート企業はこちら

検索フィルター

検索コンテンツを選ぶ

検索したいコンテンツを選んでください

国を選ぶ

検索したい国を選んでください

業種を選ぶ

検索したい業種を選んでください

課題を選ぶ

検索したい課題を選んでください

インバウンド対策を効果的に行うには? 成功のポイントや具体的な対策などをご紹介!

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ渦によって冷え込んでしまったインバウンド需要も、規制の緩和により回復してきました。これからますます訪日外国人が増え、インバウンド需要も上がると予想されています。現に、訪日外国人客数は、コロナ禍には2022年で383万人と落ち込んだものの、2023年は2507万人で、コロナ前の2019年の3188万人に近い水準まで回復しています。

それに伴い、訪日外国人の年間消費額は、2023年には過去最高の約5.3兆円を記録しました。コロナ禍が明けてからのインバウンド需要は高く、2024年のインバウンドビジネスはますます注目が高まっています。

このような状況の中、彼らに自社の商品やサービスを認知してもらい、購買を促すには、しっかりとしたインバウンド対策が必要になります。

この記事では、インバウンドの最新事情や、インバウンド対策の必要性、成功させるためのポイント、効果的な対策事例などについて解説します。

そもそもインバウンドとは?

インバウンドとは「訪日外国人」のこと

「インバウンド(Inbound)」は、「外から中に入ってくる」「内向きの」という意味の言葉で、主にビジネス上では日本を訪れる外国人のことを指します。インバウンド需要、インバウンド対策などという形でよく耳にするのではないのでしょうか。

また、観光、旅行目的で日本を訪れる外国人だけでなく、留学、ビジネスで訪れる外国人もいます。そのため、観光業以外の企業も「インバウンド」に関心を寄せています。

インバウンド対策とは、訪日外国人を対象とした施策のこと

インバウンド対策とは、日本を訪れる外国人を対象にした様々な取り組みや対策のことです。

もっとかみ砕くと、訪日する外国人観光客に自社の商品、サービスを認知してもらい、そして購買を促し、快適に過ごしてもらうための施策です。

インバウンド対策をしっかりと行うことで、インバウンド需要を取り込むことができ、売り上げを挙げることにつながります。

インバウンド増加のメリット・デメリット

では、インバウンドが増加することでどんなメリットやデメリットが起きるでしょうか。

メリット

インバウンド増加によるメリットは何といっても国内の経済効果です。事業者、国のどちらの視点に立っても言えることです。各事業者は、訪日外国人の利用が増えると新たな顧客にもなり、より多くの売り上げが見込めます。各自治体でインバウンド需要を取り込むために、事業者にインバウンドに関する支援金を提供し、各事業所がインバウンド対策を行い、その地域でインバウンド需要を取り込める。それにより地域活性化も期待できます。

その結果、国としても、日本全国様々な地域で、訪日外国人が消費をすることで、大きな経済効果を見込めます。

コロナ禍が明けて、外国の方は日本への旅行についても注目し、リサーチする人も増えている今、各事業者にとって、外国人に自社製品やサービスを知ってもらうための絶好の機会にもなります。

デメリット

訪日外国人によるマナー違反により、住環境や町の風紀が乱れることです。例えば、居酒屋で大きな声を出したり、ごみを捨てたり。それによりトラブルに発展することも考えられます。旅先ということや、価値観、文化の違いがあるので、お互いの理解が必要になります。

もう1つは、訪日外国人を受け入れるためのコストがかかることです。例えば、決済手段の整備、無料Wi-Fi、英語が話せる人材の雇用、多言語対応など、かなり多くのコストがかかってきます。

インバウンド対策の必要性とチャンス

ここからは、なぜインバウンド対策が必要なのか、またそこから見えるチャンスについて見ていきましょう。

訪日外国人の急増

コロナ渦で落ち込んだ訪日外国人の数も、解禁されたことで急増しています。こちらは、コロナ前の2017年から2023における訪日外国人の推移です。

データを見てみると一目瞭然ですね。コロナ前は約3,000万人。コロナ禍には、桁数が1桁、2桁と少なくなっており、2021年には24万人まで落ち込みました。しかし、解禁されたことにより、2023年にはコロナ前の水準まで回復しています。

こちらは、訪日外国人の年間旅行消費額の推移です。コロナ禍ではかなり落ち込んだものの、2023年には回復し、コロナ前の2019年よりも消費額が大きくなっています。

再び注目を浴び始めたインバウンド需要。彼らに自社の商品、サービスを購入してもらえるかは、これからのインバウンド対策次第であると考えます。

競合との差別化が図れる

こちらは、まさしくチャンスの部分です。インバウンド対策をしており、訪日外国人を受け入れる態勢が整えられているというのは、競合他社との大きな差別化につながります。

飲食店を例に見ていきましょう。訪日外国人が焼き鳥を食べたい場合です。近くで見つけたいと思ったときに、調べたらすぐにヒット。そしてどういった料理があり、どんな料理か分かりやすいメニューもある。英語が話せるスタッフがいて、Wi-fiも完備。

焼き鳥は日本独自の食べ物なので、日本文化に触れられるようなお店を求める方も多いと思います。そうした時に、HP、SNSにてこだわりや、なんのためにやっているかなど、自社のストーリーを届けていたらどうでしょう。

近くの焼き鳥屋さんはそう簡単にまねできませんし、多くの訪日外国人が興味を持って足を運んでくれる可能性があります。

インバウンド対策の最新事情

ではこれからより必要になるインバウンド対策の、最新事情について紹介します。

インバウンドの市場動向

先ほど述べた通り、訪日外国人が数が増加しています。ここでは、どの国からの訪日外国人が多いか見ていきましょう。上位18か国です。

どうでしたでしょうか?

やはり東アジア、東南アジアが多いですね。身近な国であるため、日本に訪れやすいのでしょうか。そして忘れてはいけないのがヨーロッパ。合わせて100万人ほど訪れています。遠いので長い休暇の時に来ることが多いイメージです。

ここで考えたいのが、どの国をターゲットにするか。大まかにいくと、東アジア、ヨーロッパの2つで見た時、ターゲットの違いによって、商品、サービスのコンセプト、マーケティング手法も大きく変わると思います。どの国の訪日外国人をターゲットにするか、は大切になります。

インバウンド対策は、量から質へ

これまでのインバウンド対策は「量」が特に重視されていました。すなわち訪日外国人を増やし、彼らに店に訪れてもらうこと。例えば、国はビザ発給要件の緩和や国内事業者への補助金・助成金などの施策を打ち、事業者も販促物の多言語化や無料 Wi-Fi の導入、通訳サービスの充実などを図ってきました。

それにより訪日外国人が増え、外国人から見ても色んな事業者、店舗が言語対応しているし、決済、Wi-fiもある。すなわちある程度どこに行ってもあまり不自由なく商品が購入でき、サービスが受けられるという状況になりました。逆の言い方をすると、どれも最低限の訪日外国人受け入れ態勢を整えているので、差が出ない、特に注目されて訪れられることがない、ということになります。

このような状況であるため、その中でも群を出すため、特に訪日外国人が行きたい!と思ってもらうために、「質」の段階に入ってきたということです。

訪日外国人というくくりでなく、国で分けたり、興味で分けて、そのターゲットに限定してインバウンド対策を行ったり、より高付加価値なサービスを提供したり。

具体的には、

・日本文化にすごく興味がある訪日外国人に向けたサービス体験を届け、それが伝わるように情報発信。

「ここでしか体験できない、触れられないような日本文化のある店」に行きたいという訪日外国人は少なくないはずです。外国人が来てもある程度楽しんでもらえるという店でなく、ここだから最高の体験ができる店として発信することで、狙った訪日外国人に足を運んでもらうことが可能になります。

・ターゲットを中国人に限定して、中国人に特化した商品を作り、中国人向けに情報発信。

訪日外国人といってもいろんな国の方がいます。おおまかに訪日外国人に向けた対策でなく、ヨーロッパの方、中国の方、シンガポールの方、などターゲットを限定して、そのターゲットに刺さる商品・サービスを開発し、届けていくのも1つあります。

観光業だけではないインバウンド対策

始めの方に触れましたが、インバウンド対策というのは観光業だけでなく、様々な業界に関わるものになってきています。例えばこのようなものがあります。

・医療業界のインバウンド対策

俗にいう医療ツーリズムです。自国より医療水準が優れている国へ行き、医療を受けること。カナダやシンガポールが医療ツーリズム先として人気ですが、日本も注目されています。インバウンド対策としては、英語が話せるスタッフ雇用やITサービス導入による外国語対応などの受け入れ態勢の整備に始まり、その病院で治療を受けたいと思ってもらうために、情報発信を強化していくことが考えられます。日本に来る前、自国にいるうちに調べること、医療は命にかかわるので、その国の言語でかつ理解しやすいよう伝わるような情報発信が求められます。

・和菓子業界のインバウンド対策

訪日外国人にとって和食は人気ですが、和菓子も忘れてはいません。日本らしさ、歴史、文化を感じるものの1つなので、訪日外国人にとって人気があります。インバウンド対策としては、1つ1つの和菓子の意味や原料の説明の整備から、SNSやHPなどで和菓子の魅力を届けていくことなどが考えられます。

インバウンド対策と言っても、飲食、宿泊などの観光業だけでなく、様々な業界で必要になるということが分かったかと思います。

インバウンド対策、成功のポイント

これから、インバウンド対策の成功のポイントを4つ紹介します。日本人向けではない、というところが決定的な違いであり、国内マーケティングとは異なる視点が必要になります。また、先に述べた通り、これからのインバウンド対策は量から質の段階です。

そのため、「すべての国からの訪日外国人に対応するインバウンド対策ではなく、ターゲット国を定め、焦点を定めた、より質の高い、インバウンド対策を行うためのポイント」を紹介しています。

ターゲットとする国、属性を定める

インバウンド、訪日外国人といってもターゲットは様々です。そのため、まずは訪日外国人すべてをターゲットとするのではなく、ターゲットとする国や属性を定めることが大切です。万人に受け入れられるものは、ありきたりで特長もなく、誰にも響かない可能性があるからです。日本の中ですら、年齢、性別、趣味嗜好などでターゲットを分けて対策をします。訪日外国人が相手となるとなおさらです。ターゲットを定め、ターゲットに適したインバウンド対策をしていく必要があります。

外国人目線のマーケティングリサーチ、商品設計

ターゲットとする国、属性を定めたら、そのターゲット国の外国人目線でマーケティングリサーチ、商品設計をしていくことが大切です。

例えば、シンガポールをターゲット国とするとしましょう。シンガポールの人が自社の商品、サービスのどういったことに価値を感じ、購入したくなるか、しっかりとリサーチしたうえで、商品設計をしていく必要があります。日本人の私たちからしたら当たり前で、あまり価値を感じないことでも、シンガポール人にとっては当たり前でなく、そこに価値を感じることもあります。

想像だけでなく、実際のシンガポール人がどう感じるか、リアルな声を参考にすることが大切です。そうすることで、シンガポール人が求めるような商品、サービスを開発でき、彼らに魅力的に伝えるためのマーケティングも行えます。

ターゲット国に合わせたマーケティング、コンテンツの充実

ターゲット国を決め、商品設計をできたら、次はターゲット国に合わせて、マーケティングをしていくことが大切になります。

そうすることで、大まかに訪日外国人に対して、ではなく日本を訪れるシンガポール人の消費行動に合わせた、より質の高いマーケティングを行うことができます。国によって、よく使う媒体、商品の伝え方、親しみのあるデザインなどが異なります。

例えば、シンガポールの場合。シンガポール人がよく使うSNSを活用し、シンガポール人が魅力的な感じるように商品を説明し、デザインもシンガポール人に親しみのあるものにできます。

また、ターゲット国に合わせたマーケティングやコンテンツの充実を進めていく際、ターゲット国の人材を活用して、マーケティング戦略を考えたり、コンテンツ制作を行ったりすることも効果的です。やはり、ターゲット国の文化や消費行動を理解しているため、どのようにマーケティングしたらいいか、どう商品を伝えたらいいか、どのようなデザインがいいか、私たち日本人よりもわかっているためです。

受け入れ態勢の整備

最後は、当たり前ですが、受け入れ態勢の整備です。おそらくほとんどの事業者はすでに最低限の受け入れ態勢の整備はしているでしょう。ほかの事業者がすでに行っていることだけでなく、自社のターゲット国の方に合わせた、自社だからこそ必要な受け入れ態勢の整備もこれからますます大切になってくると考えています。

例えば、家族や友人など大人数で日本を訪れることが多い国がターゲットの飲食店だとしましょう。いきなり団体で来られると対応できないし、かといって旅行に来る数日前からのオンライン予約にも対応できていない場合。せっかく予約したいと思う方がいた場合でも、この予約システムの整備ができていないことで顧客が離脱することもあります。

最低限の受け入れ態勢の整備をした後は、プラスアルファの受け入れ態勢の整備にも目を向けて、1つ1つ対策していきましょう。

ターゲット国に合わせたコンテンツを作成し、インバウンド対策を進めよう

今回は、インバウンドの最新事情や、インバウンド対策の必要性、成功させるためのポイント、効果的な対策事例などについて解説しました。

これからのインバウンド対策は、おおまかに「訪日外国人向け」ではなく、「ターゲット国に合わせた商品設計、マーケティング、コンテンツの充実」が必要になってくるでしょう。

ターゲット国を定めているからこそ、ターゲット国の消費者に合わせたマーケティングやコンテンツ制作が可能になりますが、実行はなかなか難しいはずです。ターゲット国の文化、ビジネス、消費行動がわからず、どうしたら効果的か分からないからです。

その際は、ターゲット国の人材の力を借りることがカギになります。ターゲット国の人材を活用することで、ターゲット国の消費者視点、ビジネス視点を踏まえたインバウンド対策(商品設計・マーケティング・コンテンツ制作)が可能になります。

弊社では、シンガポール在住の人材、特にクリエイティブ人材を日本企業に紹介しています。

「なぜ、シンガポールのクリエイティブ人材?」、と疑問に思ったかもしれません。実はとてもシンプルで、シンガポールは多国籍企業が多く進出しており、様々な国から移住してくる方が多く、多様な人材が集結しています。そのため、シンガポールに在住している、多種多様なクリエイティブ人材の中から、クライアント企業様の求めるターゲット国の人材をリサーチし、紹介することが可能です。

例えば、以下のようなことが可能です。

・ターゲット国で自社の商品、サービスの需要があるかリサーチしたい
・ターゲット国に合わせたマーケティングの戦略をターゲット国の人材と考えたい
・ターゲット国に合わせたWebサイト制作、SNSの運用をお願いしたい

日本人ではなく、外国人がターゲットとなると難易度は高いと思います。だからこそ、自社でできること、できないことを明確にし、ターゲット国に合わせた、インバウンド対策を行っていきましょう。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査、会社設立、認知獲得・集客などを支援している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    134
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にしています。

    インドネシア支社では日本語が話せるインドネシア人のみを採用して、
    日本クオリティを意識しながらお客様への納品を心掛けています。

    また、インドネシア進出を希望される企業様向けの支援実績を評価いただき、
    福岡市海外ECトライアル推進事業の市内パートナー企業に選定いただきました。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・展示会出展
     ・越境EC
     ・会社設立
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO対策
     ・Web広告
     ・SNS運用

    11万人のインドネシア人にアンケート調査ができるサービスを提供していたり、
    10万人を超える日本語学習中のインドネシア人向けWebメディアやSNSも運用しています。

    インドネシア進出に関わるご相談はお気軽にご連絡をください。
    初回は全て無料にてご相談を承っております。

  • オススメ

    株式会社ウッズ・コーポレーション

    創業20年。代表者が中国出身のエキスパートが、リスクの少ない中国進出を支援します!

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    対応
    スピード
    知識

    当社は中国福建省(人口4200万人)をメイン拠点エリアとして、日本から中国、中国から日本への双方向の日中ビジネス支援として、以下のような事業支援を15年以上提供しています。

    🔳日本商品の中国マーケットリサーチ支援として「日本生活体験館」の店舗運営
    🔳中国マーケットに意欲を示している企業と提携し、中国マーケットに向けてのマーケティング及び販売ルートを確保する。
    🔳日本企業を中国国内で行っている各種イベントへ誘致した企業PR
      例)中国輸入輸出商品取引会(広州交易会)、アニメ・ゲーム展示会等
    🔳中国証券市場へのIPO支援および資金調達支援。
    🔳投資家を集めたロードショーや投資機構にビジネス視察ツアーを組み立て、交互のビジネス投資を案内する。
    🔳Webゲーム・アニメ、ゲーム開発 ・Webシステム開発,サイト制作、ECサイト制作
    🔳ビジネス翻訳・通訳を行い、商談成立に向けてのアドバイスやコンサルティング
    🔳中国上場企業をはじめとする顧問契約
    🔳ライツ事業(IPライセンス交渉およびフィギュア等の商品開発)

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査、会社設立、認知獲得・集客などを支援している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    134
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にしています。

    インドネシア支社では日本語が話せるインドネシア人のみを採用して、
    日本クオリティを意識しながらお客様への納品を心掛けています。

    また、インドネシア進出を希望される企業様向けの支援実績を評価いただき、
    福岡市海外ECトライアル推進事業の市内パートナー企業に選定いただきました。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・展示会出展
     ・越境EC
     ・会社設立
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO対策
     ・Web広告
     ・SNS運用

    11万人のインドネシア人にアンケート調査ができるサービスを提供していたり、
    10万人を超える日本語学習中のインドネシア人向けWebメディアやSNSも運用しています。

    インドネシア進出に関わるご相談はお気軽にご連絡をください。
    初回は全て無料にてご相談を承っております。

  • オススメ

    株式会社ウッズ・コーポレーション

    創業20年。代表者が中国出身のエキスパートが、リスクの少ない中国進出を支援します!

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    対応
    スピード
    知識

    当社は中国福建省(人口4200万人)をメイン拠点エリアとして、日本から中国、中国から日本への双方向の日中ビジネス支援として、以下のような事業支援を15年以上提供しています。

    🔳日本商品の中国マーケットリサーチ支援として「日本生活体験館」の店舗運営
    🔳中国マーケットに意欲を示している企業と提携し、中国マーケットに向けてのマーケティング及び販売ルートを確保する。
    🔳日本企業を中国国内で行っている各種イベントへ誘致した企業PR
      例)中国輸入輸出商品取引会(広州交易会)、アニメ・ゲーム展示会等
    🔳中国証券市場へのIPO支援および資金調達支援。
    🔳投資家を集めたロードショーや投資機構にビジネス視察ツアーを組み立て、交互のビジネス投資を案内する。
    🔳Webゲーム・アニメ、ゲーム開発 ・Webシステム開発,サイト制作、ECサイト制作
    🔳ビジネス翻訳・通訳を行い、商談成立に向けてのアドバイスやコンサルティング
    🔳中国上場企業をはじめとする顧問契約
    🔳ライツ事業(IPライセンス交渉およびフィギュア等の商品開発)

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破