Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

フィリピン最大の財閥「サン・ミゲル(SMC)グループ」とは | SMCグループの歴史・事業展開・キリンHDとの提携

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン財閥を代表する「サン・ミゲル(SMC)グループ」について解説します。

サン・ミゲル(San Miguel)と言えば、フィリピン有数のビールメーカーとしても有名ですが、そのグループ企業の柱となるビール事業の国内シェアは9割超を誇っており、さらに2018年には食料、飲料、包装、燃料、石油、電力などの事業を通じて、フィリピンの国内GDPの約5.9%を占めるという、まさにフィリピンを代表する財閥企業として知られています。

それこそ10グループ超の財閥企業が経済を牛耳ると言われるフィリピン財閥のなかでも、頭一つ飛び抜けた存在感のある企業でもあります。

その原点は1890年にスペイン系ビジネスマンがマニラで設立したビールメーカー。ビール事業を柱に食品関連事業で成功を収め、金融、不動産、運輸、農耕、メディア、銃製造、金鉱山などの事業を傘下に収めて事業を多角化。発電や道路などのインフラ事業も手掛けて急拡大を続け、東南アジアを始め、中国、オーストラリア、ニュージーランドなど100都市以上に主要施設を設けています。

日系企業とも深い関りがあり、2002年から日本のキリンホールディングス(キリンHD)と業務提携を行い、キリンが約48.39%を出資しているサンミゲル・ブリュワリー(サンミゲル・ビール=SMB)が、その名を知られています。

東南アジア諸国には、ASEANや東アジアのみならず、南アジアおよび中東も含めた、世界経済全体に大きな影響を及ぼす、幾多の上場企業を傘下に持つ財閥およびコングロマリットが多数存在します。

その概要を知ることは、その国に進出する日系企業にとって必須事項であり、最低限知っておくべき基礎情報でもあります。

本テキストでは、そんなフィリピンの大手財閥企業であるサン・ミゲル(SMC)の基礎知識を詳しくかつわかりやすく解説していきます。

1. サン・ミゲル(SMC)グループとは?

国内シェア9割超のビール事業を柱に多角経営を行なうフィリピンの大手財閥企業

まずはサン・ミゲル(SMC)グループとはとはどんな企業グループなのか? 基本的なことについて解説していきます。

SMCグループとは、飲料、食品、包装製品、電力、燃料、インフラ、鉱業、電気通信、不動産開発、航空など、多角的な事業を行なう財閥企業です。

グループの始まりは1890年、マニラに駐在していたスペイン系ビジネスマン、ドン・エンリケが設立した東南アジアで最も古いと言われるビールメーカー、サンミゲル・ブリュワリーでした。設立間もなくフィリピンを代表するスペイン系財閥アヤラ・グループが経営に関与。アヤラの係累であるソリアノ・ファミリーが運営に携わりました。

また、1970年代よりフィリピンのマルコス政権とつながりが深かったコファンコ・ファミリーのエドアルド・コファンコ氏がSMCグループの株式を徐々に取得し、役員として経営に関与。現在、経営の実権はコファンコ氏の右腕であった盟友のラモン・アン氏が握っています。

コアビジネスはビール事業を柱とした食品関連事業ですが、金融、不動産、運輸、農耕、メディア、銃製造、金鉱山などの事業を傘下に収めて事業を多角化。東南アジアをはじめ、中国、オーストラリア、ニュージーランドなど100都市以上に主要施設を設け、事業の国際化を図ってきました。

その核となるビール事業のフィリピンの国内シェアはなんと9割超、2018年には食料、飲料、包装、燃料、石油、電力などの事業を通じてフィリピン国内GDPの約5.9%を占めた東南アジア屈指の財閥企業として知られています。

食品関連事業をコアビジネスに様々な事業を展開

繰り返しとなりますが、サン・ミゲル(SMC)グループのコアビジネスは、食品関連事業となります。

食品関連事業をコアビジネスとする複合企業の特徴として、持ち株会社の傘下に有力な食品関連事業と会社が配置されているというのがあります。

SMCグループもご多分に漏れず、中核である持ち株会社サンミゲル・コーポレーションの傘下にサンミゲル・ブリュワリー、ハードリカー製造のジネブル・サンミゲル、国内最大手の精肉会社であるサンミゲル・ピュアフーズ、ビール瓶製造などのパッケージ製品製造のサンミゲル・ヤマムラ・パッケージング・コーポレーション (日本山村硝子株式会社が 35%出資)を配置しています。また、食品関連事業だけでなく、発電、インフラ経営、不動産、銀行、通信事業、石油精製部門など、重化学工業部門やインフラ部門までを傘下に置き、多角的に事業を行なっています。

その具体的な事業については、後項「4. サン・ミゲル(SMC)グループの事業展開」にて詳しく解説します。

日本のキリンHDからの出資によるシナジー効果

2002年、日本のキリンホールディングス(キリンHD)は、サン・ミゲルグループの子会社サンミゲル・ブリュワリーに出資。2009年までに出資比率を48%にまで引き上げ、グループの関連会社となっています。

その結果、2013 年にキリンブランドである「キリン一番搾り」がサンミゲル・ブリュワリーのグループ会社であるサンミゲル・インターナショナルのタイ工場で製造され、タイ現地での販売は現地法人のサンミゲル・マーケティングが担うなどのシナジー効果が産まれています。

2. フィリピン国内の経済を支配する(?)フィリピン財閥とは?

フィリピン経済を牛耳るスペイン系財閥と中華系財閥

このセクションでは、サン・ミゲル(SMC)グループを詳しく解説する前に、SMCグループを筆頭とするフィリピン財閥企業がいかにフィリピン経済全体に大きな影響力を持っているかについて解説していきます。

繰り返しとなりますが、フィリピンでは財閥が強大な力を持っており、国の経済活動を牛耳っていると言っても過言ではありません。フィリピンの財閥は、大きく2つの勢力に分類されます。スペイン系財閥と中華系財閥です。 スペイン系財閥は、スペイン植民地時代の地主が始まりで、不動産の収益を企業買収や株式投資に充てて財産を築き、一大財閥へと発展してきました。銀行や保険など、金融分野への進出が多いのが特徴です。

スペイン系財閥の筆頭格ともいうべき存在が、アヤラ・グループ。この財閥はフィリピンのウォール街とも呼ばれる首都マニラ南東部のマカティ地区の開発を中心的に手掛けたことでも知られています。また、アヤラ・グループがサンミゲル・ブリュワリーの設立時より経営に関与しているのは前述した通りです。

もう1つの中華系財閥は、20世紀に入ってからフィリピンに移住してきた華僑たちが、底辺の階層からのし上がって大規模なビジネスを展開するようになった勢力です。スペイン系財閥が不動産を主軸に成長していったのに対し、中華系財閥は主に小売業を軸に成功を収めながら、次第にその他の領域にも進出していったのが特徴。街角の靴屋から始まったシー財閥や空き瓶拾いから始まったルシオ・タン財閥などがよく知られており、現在も急速に力を伸ばしています。

国内経済の8~9割に絡むフィリピンの財閥

2001年に経済産業省が発表した資料によると、フィリピンの企業数はおよそ74万社。その9割以上が従業員数9人以下の零細企業で、従業員数200人以上の大規模事業者は全体のおよそ0.4%に過ぎない3000社ほどしかありません。

つまり、財閥に関係する一部の企業がフィリピンの経済を牛耳っているのです。フィリピンの財閥はフィリピン経済の8~9割に絡んでいると言われている理由がよくわかるデータです。

このようにフィリピンの経済は財閥が支配しており、外資の企業がフィリピンで何かしら事業を行なう際は、財閥との関係構築が重要になってきます。

フィリピンでビジネスをしたいなら、まずは社会活動の支援や投資プロジェクトへの参画などを積極的に取り組み、財閥関係者と信頼関係を築くことが求められます。フィリピンの財閥はファミリーの意識が強く、パートナーを選ぶ傾向があるため、世界に名の知れた企業であってもそのプロセスは欠かせないようです。

3. サン・ミゲル(SMC)グループの歴史

このセクションでは、サン・ミゲル(SMC)グループの歴史について改めて見ていきましょう。

アヤラ・グループが経営に関与するビール事業が始まり

SMCグループは、前述した通り、1890年に当時のマニラの中心部だったサンミゲル地区に醸造所を建て、中核となるビール事業、サンミゲル・ブリュワリーを設立したのが始まりです。

創業者はスペイン人のドン・エンリケ。当時スペインの植民地であったフィリピンでドイツ人の技術者を雇い入れ、ビールの醸造許可をスペイン王から得て、経営をスタートさせました。また、こちらも繰り返しになりますが、設立当初から経営にスペイン系財閥のアヤラ・グループが関与しており、アヤラの係累であるソリアノ・ファミリーによって運営されています。

コファンコ・ファミリーのエデュアルド・コファンコ氏が経営に参画

1970年代、サン・ミゲル(SMC)グループがビール事業やハードリカー、食品事業などでフィリピンを代表する企業として成長していくと、当時のマルコス政権に近かったエデュアルド・コファンコ氏率いる中華系のコファンコ・ファミリーが徐々に経営に参画し始めます。

そして、1983年にはSMCグループを乗っ取る形で経営権を掌握。しかし、1986年の民衆革命でマルコス政権が崩壊するとコファンコ氏も失脚しました。コファンコ氏はその後、1992年の大統領選に出馬し、敗れましたが、その際に副大統領候補だったジョセフ・エストラダ氏が1998年に大統領に就くと、SMCグループの会長に復帰しました。

石油精製・エネルギー・インフラ事業にかじをきって事業を多角化

2000年代に入ると、サン・ミゲル(SMC)グループは、石油精製、エネルギー、インフラ事業にかじをきり、事業を多角化し始めました。

2008年には、看板事業であったビール事業を担う子会社サンミゲル・ブリュワリーの株式の43 %をキリンHDに売却する一方、売却益を有料道路や電力会社、製油所、不動産などへの投資に振り分け、多数のグループ企業を設立しました。その一例が2012年のマレーシアの石油精製事業エッソの買収です。

ラモン・アン社長が経営権を掌握し成長を続ける

2012年、サン・ミゲル(SMC)グループは旧国営のフィリピン航空に49%を出資。同年、コファンコ氏から株式の一部が盟友である右腕のラモン・アン氏に譲渡され、アン氏は社長に就任します。

フィリピンで「国家戦略を1人で実行する男」と呼ばれるアン氏の剛腕により、2018年12月期にはフィリピン企業として初めて売上高が1兆ペソ(約2兆1千億円)の大台を突破しました。

アン社長は2020年にコファンコ氏が死去して以降も経営の実権を握っていますが、株式の半分以上を保有するアヤラ・グループのオーナーシップは未だ強く、資本面はアヤラ一族の投資会社、経営実務面ではアン社長というような棲み分けができています。

4. サン・ミゲル(SMC)グループの事業展開

このセクションでは、改めてサン・ミゲル(SMC)グループの事業展開について見ていきましょう。

ビール事業を中核に幅広くビジネスを展開

SMCグループは、サンミゲル・コーポレーションを中核に、ビール事業のサンミゲル・ブリュワリーとハードリカー製造のジネブル・サンミゲル、国内最大手の精肉会社であるサンミゲル・ピュアフーズ、ビール瓶製造などのパッケージ製品製造のサンミゲル・ヤマムラ・パッケージング・コーポレーションを傘下に置き、これらのコアビジネスを伸ばしてきました。

中でも中核となるビール事業は、本国フィリピン以外にも香港、中国、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシアなどでもオペレーションを展開。サンミゲル・スーパードライ、サンミゲル・プレミアム・オールモルトなどのブランドを展開し、他社を寄せ付けない独占的なブリュワリーとなっています。

そして事実上の独占事業となったビール事業を基盤に構築された物流・配送・小売のネットワークを通じて、ビール以外のアルコール飲料事業やソフトドリンク類を含めた飲料事業も展開。グループの中核事業の一翼となっています。

石油精製・電力・インフラを中核とした重化学工業型の財閥へ

2000年代、サン・ミゲル(SMC)グループは中核となるビール事業から石油精製、エネルギー、インフラ事業にかじをきって、事業の多角化を加速。サンミゲル・コーポレーションの年次報告書を見ればそれは明らかで、 2009年に全体の売上げに貢献していた飲料・食品・包装材の事業が翌年には4 割以下にまで後退。代わって石油精製と電力の事業が6 割以上になるなど、大幅に変化しています。

石油精製では2008年に株式50.1%を取得した国内市場シェア 38%を誇る石油元売会社ペトロン・コーポレーション、電力事業ではフィリピンのルソン島で30%近いシェアを握る発電子会社のサンミゲル・グローバル・パワー・ホールディングスがそれまでの事業ポートフォリオを根幹から変える中核事業となっています。

近年では高速道路や空港運営事業などのインフラ事業もグループの売上げに貢献するようになってきており、現在のSMCグループは、石油精製・電力・インフラを中核とした重化学工業型の財閥と言えます。

5. サン・ミゲル(SMC)グループのグループ企業(子会社)について

この項では、これまでのグループの事業展開を踏まえて、サン・ミゲル(SMC)グループのグループ企業(子会社)を食品・飲料事業、インフラ事業、不動産事業、石油事業、発電事業の順に解説していきましょう。

① サンミゲル・ブリュワリー

フィリピンで最大のシェアを誇るビール会社。日本のキリンHDが50%近く出資しており、フィリピンでは「キリン一番搾り」もこの会社から販売されています。

② サンミゲル・ピュアフーズ

精肉会社としてはフィリピン最大だが、精肉だけでなくビスケットやコーヒーなど様々な商品を製造。インドネシアやベトナムにも進出し、世界各国に自社商品を輸出している。

③ ジネブラ・サンミゲル

ジンの製造販売では世界有数の会社。ジンだけでなく、ブランデー、ウォッカ、ラムなどの製造販売も行なう。 タイにも製造拠点を有し、世界中で製品を販売しているのも特徴。

④ SMCインフラストラクチャー

インフラ事業の施工管理などを手掛ける会社。 高速道路、電車、空港の路線などの事業を多く手掛けるが、現在実施中のプロジェクトの多くは、高速道路の建設に関係するもの。

⑤ サンミゲル・プロパティ

おもに商業用の物件の開発、不動産の販売や賃貸などを行なう会社。郊外での戸建住宅の開発が特に多いが、幅広い物件を販売している。

⑥ ペトロン・コーポレーション

フィリピンで最も大きい石油精製会社。国内のガソリン需要の約30%を供給しており、フィリピンだけでなくマレーシアでも事業を展開している。

⑦ サンミゲル・グローバル・パワー・ホールディングス

フィリピン有数の発電会社。丸紅・東電との合弁企業ティームエナジー所有のスアル発電所から電力を購入し販売。ほかにも、電力貯蔵装置の施設を保有したり、送電事業に力を入れている。

6. サン・ミゲル(SMC)グループと日本のキリンHDとの提携について

最後に、サン・ミゲル(SMC)グループと日本のキリンHDの提携について解説して本稿を終わりにします。

アジア・オセアニア市場をターゲットにキリンHDがサンミゲル・ブリュワリーへ出資

この2社が提携した背景には、日本のビールメーカーが2000年以降、主力のビール事業を含めた海外事業展開を強化し、M&Aなどを通じて主としてアジア・オセアニア市場をターゲットにしてきたということがあります。

2002年に日本のキリンHDは、SMCグループのビール事業を担う子会社サンミゲル・ブリュワリーに出資。以降、追加の出資を続け、2009 年までに出資比率を48%に引き上げて関連会社となりました。キリンHDが出資を行なったのは、サンミゲル・ブリュワリーが国内やタイに持つ生産拠点や物流ネットワークを活用すること、有望なビール消費市場であるタイ、ベトナムなどのASEAN諸国への橋頭保を築くという目的がありました。

シナジー効果はブランドの拡大やノウハウ供与

前述した通り、2013 年にはサンミゲル・ブリュワリーのグループ会社であるサンミゲル・インターナショナルのタイ工場で「キリン一番搾り」が製造され、タイ現地での販売はサンミゲル・インターナショナルの現地法人であるサンミゲル・マーケティングが担うというシナジー効果が産まれています。

東南アジア市場で生産・物流・販売ネットワークなどの拠点を利用して、キリンブランドの拡大を図るというキリンHDの狙いはひとまず成功していると言えるでしょう。

また、SMCグループ側にとってもキリンHDの研究開発施設を活用し、飲料技術研究所などを通じて、キリン側のノウハウを供与していくといったメリットもあるようです。

7. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

フィリピン産業界を牛耳る財閥の中でも頭一つ飛び抜けた存在である財閥企業として知られるSMCグループ。

原点はマニラに駐在していたスペイン系ビジネスマンが設立したビール事業でした。後にそのビール事業を軸に、ハードリカー、食品事業などでフィリピンを代表する企業として成長していき、2000年代に入ると、ラモン・アン社長の剛腕により事業を多角化。石油精製、エネルギー、インフラ事業などに力を入れ、2018年にはフィリピン国内GDPの約5.9%を占めるまでに成長しています。

また、日本とはキリンHDと業務提携を行ない、SMCグループのネットワークを使ってフィリピンやタイなどの東南アジア市場にキリンブランドを販売するなど、連携を強めています。

市場の情勢を読むには、現地の情報が不可欠。海外の最新事情や現地の風土に精通することが必要です。自社で調査するにも、まずは海外ビジネスの専門家にご相談することをおすすめします。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「フィリピンを含む東南アジア進出の戦略についてサポートしてほしい」「フィリピンや東南アジアでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「フィリピン及び東南アジアへ進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破