• このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールでの会社設立(法人設立)・登記の手順 | 必要な費用・書類・資本金を解説

掲載日:2019年02月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールでの会社設立(法人設立)・登記の手順について解説します。日本企業がシンガポールに会社設立する際は、現地法人・駐在員事務所・支店の3形態を含めた、おもに6つの事業形態の中から選択をする必要があります。本テキストでは、それぞれの事業形態別の手続きの流れに加えて、必要な費用と書類と資本金、さらには各事業形態別のメリット&デメリットも含めて詳しくレクチャーします。

日系企業を含む外資系企業にとって、シンガポールで会社設立(法人設立)・登記をするメリットは多岐に渡ります。そもそもシンガポールを拠点とする海外企業は約7,000社を数えると言われており、国としても合理的な税制度および低い実効税率などを掲げて、積極的に海外企業・事業者を誘致することを国策としているからです。

このテキストを参考に、自社の海外事業においてもっとも効率的かつ有意義な事業形態をセレクトして、シンガポールでの会社設立(法人設立)・登記を成功させましょう!

[PR]シンガポール市場を実際に見てみよう! シンガポール現地視察ならお任せ【相談無料】

1. シンガポールで会社設立(法人設立)・登記する際の手順と期間

まずは、一般的なシンガポールでの会社設立の手順と期間の全体像を理解していただくために、分かりやすく簡略化したフローを下記にまとめました。

■シンガポールで会社設立(法人設立)・登記する際の手順と期間
シンガポールで会社(法人)設立・登記する際の手順と期間

次項からは、シンガポールで会社設立(法人設立)・登記ができる6つの事業形態について解説します。

2. シンガポールで会社設立(法人設立)・登記ができる6つの事業形態

一般的な事業形態となるのは、現地法人・駐在員事務所・支店の3つ

日本企業がシンガポールで会社(法人)設立・登記する場合、おもに下記の6つの事業形態から選択する必要があります。

■1: 現地法人
■2: 支店
■3: 駐在員事務所
■4: パートナーシップ
■5: 個人事業
■6: ビジネストラスト


日本企業がシンガポールに進出する際、一般的な事業形態となるのは、現地法人・駐在員事務所・支店の3形態になります。その3形態の概要と申請の手順にメインフォーカスしながら、6つの事業形態を選択した際のメリット&デメリットについて解説します。

1:現地法人

【概要】
シンガポールの現地法人は、法人格を有し、営業や販売といった経済活動が可能とされています。現地法人では、公開会社と非公開会社の2種類があり、公開会社は株主が50名以上いて、公募により資金調達が可能になります。上場を目指す場合には、この形態が最適です。

一方、非公開会社は、50名以下の株主で株式譲渡に制限があります。進出する日本企業の多くが、この非公開会社の形態での進出を選択しています。

また、非公開会社には、免除非公開会社と呼ばれる形態もあり、20名未満の個人の株主で、100%政府の保有会社であるという前提があります。そのため日本企業を始めとして、おもな外資系企業は、免除非公開会社を採用することが少ないのが現状です。

【申請の手順】
現地法人の登記申請手続きには、会計企業規制庁の「BizFile」を使用することができ、手続きには2段階あります。第1段階では、会社名の申請が必要となります。許可を受けた場合は、1支店につき、15SGD(シンガポールドル / 約1,200円)を支払う必要があります。

有限責任株式会社の場合は、「Limited(Ltd)」、「Berhad(Bhd)」、非公開会社の場合は、「Private(Pte)」、「Sendirian(Sdn)」の表記を末尾につける必要があります。

その後法人設立手続きとなり、設立には、株主が1人以上、シンガポール居住者である自然人が1人以上必要です。登記料は300SGD(シンガポールドル / 約24,000円)となっており、以下の書類が必要となります。

【現地法人設立に必要な書類】
・会社の事業内容
・取締役と株主の詳細(氏名と連絡先)
・資本金額
・会社の定款
・会社の事業内容
・取締役と株主の詳細(氏名と連絡先)
・資本金額
・会社の定款


設立が許可された場合、取締役会議で会社設立、取締役の選任、銀行口座開設等の確認を行う必要があります。その後は、ビザの申請などの事務手続きを行います。

また、現地法人には申告義務があり、設立日から18ヵ月以内に株主総会を開くこと、財務諸表を会計企業規制庁に提出する等の義務があります。

【現地法人のメリット】
シンガポールに現地法人を設立する最大のメリットは、その外国企業の誘致を考慮した合理的な税制度および低い実効税率を享受できることです。シンガポールの法人税率は17%で、実効税率ベースでは10%程度となっています。先述のように、日本の法人税率35%と比較すると、そのメリットの大きさが実感できるはずです。

【現地法人のデメリット】
現地法人とは親会社から法的に独立した存在とされるため、シンガポールの法律に基づいた決算となると同時に、シンガポールの税制が適用されるのは、先ほど説明したとおりです。

その反面、仮に日本が親会社としての認識であっても、シンガポールの現地法人と日本法人との間で金銭をやり取りする際は、資金貸借として取り扱わなければなりません。また、シンガポール法人が日本法人に配当として送金する際も、課税されてしまうケースがあります。

2:支店

【概要】
シンガポールの支店では、法人格を有しているため、現地法人と同等の活動が可能になります。シンガポールの場合、銀行や保険といった金融業がこの形態を採用しています。

現地法人と異なり、業務上の規制や責任は、日本本社が負うことになります。また、現地法人では、軽減税率などの税金の優遇が認められますが、支店の場合はそのような優遇措置はありません。

【申請の手順と必要書類】
シンガポールの場合、シンガポールの法律に則って外資企業の拠点として扱われます。

登記申請には、シンガポール居住者である授権代表者を1人以上選ぶ必要があります。授権代表者は、支店設立の責任者であると言えます。登記手続きには、現地法人と同様、「BizFile」からオンライン申請することができます。登記料は300SGD(シンガポールドル / 約24,000円)が必要になります。

手続きの段階としては、2段階あります。最初の段階では、支店名の申請、その次段階には、支店登記となります。支店登記手続きには以下の書類が必要になります。

【支店設立に必要な書類】
・親会社の設立証明書
・親会社の定款
・会社の取締役の情報
・授権代表者の詳細と選任の覚書
・授権代表者の権限に関する覚書
・登記上の支店所在地の詳細
・親会社の直近の監査済み財務諸表(必要な場合)


これらの書類を提出して認可を受けられれば、支店を設立することができます。設立後も、登記番号の記載や財務諸表等の提出が求められます。

【支店のメリット】
先述のように、支店とは、法人格のない事業形態であるため、その全ての責任は日本の本社が負うことなります。つまり、仮に日本本社とシンガポール支店間の資金の移動に関しては、同一会社内の資金移動となり、仮にシンガポール支店でなんらかの損失が生じた際でも、日本の本社から補填した税務申告が可能になるのです。

【支店のデメリット】
当然ではありますが、メリットとデメリットは表裏一体であり、仮にシンガポール支店で大きな利益を得たとしても、日本の売上として計上しなければなりません。つまりシンガポール最大のメリットとされる、低い法人税率の恩恵を受けることができなくなってしまうのです。

3:駐在員事務所

【概要】
シンガポールの駐在員事務所は、他国の場合と同様、販売や営業といった収益を生む活動はできません。駐在員事務所で可能なのは、現地の市場調査や情報収集、PR活動等に限られます。手続きでは、現地法人と比べると比較的簡単に設立できるため、現地法人の前段階として設立する例が多く見受けられます。

【申請の手順と必要書類】
駐在員事務所設立には、以下の要件を満たしている必要があります。

・親会社が設立して3年以上経っている
・売上が25万米ドル以上
・駐在員が5人未満

【駐在員事務所設立に必要な書類】
・親会社の設立証明書と直近の監査済み財務諸表(両者とも英語翻訳済)
・所轄となる国際企業庁のWebサイトにある利用規約


駐在員事務所設立の際は上記の書類が必要であり、設立申請には1〜3週間かかります。認可後は、毎年200SGD(シンガポールドル / 約12,000円)を支払うことで最大3年間更新が可能です。その後は現地法人または支店の設立が必要となります。

【駐在員事務所のメリット】
駐在員事務所を設立した場合、毎年の更新が必要となります。具体的には、最高で3年間の事務所存続が認められています。先述のように、駐在員事務所がシンガポールにて実施できる業務内容は限定されていますが、その反面、現地事業に何らかの支障が生じた際は、比較的容易に事務所を閉鎖することができるというメリットがあります。

【駐在員事務所のデメリット】
事業撤退が容易である反面、現地駐在員事務所での営利活動は認められていません。すでにシンガポールで事業を展開しようと決めている方にとって、この進出形態は当然オススメできません。もちろん、現地法人の前段階として、市場調査のみを実施するといったケースなど、まずは一時的に駐在員事務所を設立するという選択肢をとることは理にかなっていると言えるでしょう。

4:パートナーシップ

【概要】
パートナーシップは、個人が集まり共同で営利活動を行う業態です。会計士や弁護士等の専門職の人が事務所として設立する場合が多くみられます。パートナーシップでは、人数制限があり、2人以上20人以下でなくてはなりません(※例外あり)。

【パートナーシップのメリット】
パートナーシップは無限責任で法人格が認められていませんが、Limited liability partnership(有限パートナーシップ)という形態も認められるようになりました。これにより、法人格を有するパートナーシップの設立が可能になりました。

通常のパートナーシップの場合は、全てのパートナーがジェネラルパートナーで構成されるのですが、 このLimited liability partnership(有限パートナーシップ)の場合だと、最低1人のジェネラルパートナーと、1人以上の有限責任パートナーから構成される形態となっています。

【パートナーシップのデメリット】
後述する「個人事業」という形態同様に、会社=個人としてとらえられるので、会社の負債は全て個人の負債となってしまうというデメリットがあるので注意が必要です。

5:個人事業

【概要】
個人事業の形態は、外国人による設立はできません。この形態を選択するには、シンガポール国籍、または永住権、アントレパス(就労許可)を取得している必要があります。

【個人事業のメリット】
シンガポールにて外国人が事業を行う際は、必ず現地の代表者を定める事が規定されています。シンガポール現地に正式な住所を所有していない外国人は、単独で事業をことができないとされているのです。

【個人事業のデメリット】
アントレパス(就労許可)は、就業許可証のひとつですが、取得条件が非常に厳しいため、個人事業として設立する場合には、シンガポール国籍・永住権を保有していることが最低条件となります。

6:ビジネストラスト

【概要】
ビジネストラストとは、企業と信託の両方の要素から成る複合型の事業形態を指します。その形態は、不動産ファンドにみられる形態であり、信託財産を保有し、その財産を特定の事業に運用することができます。

【ビジネストラストのメリット】
日本企業が、このビジネストラストという形態でシンガポール現地に進出するケースは少ないとされています。ビジネストラストの運営はビジネストラスト法で規制されており、シンガポールでは、現地の通貨金融庁(MAS)が所轄当局となっています。

【ビジネストラストのデメリット】
受益者のために信託財産を保有し、特定の事業目的のために運用する企業形態が、ジネストラストとされています。ビジネストラストは、特定の事業目的のために管理・運用されることが多く、シンガポールでは不動産ファンドやゴルフ場などで利用されています。

3. シンガポールでの会社設立(法人設立)・登記にかかる費用とは?

次に、シンガポールでの会社設立および法人登記をする際に生じるであろう、その大まかな費用感について見ていきます。今回は多くの業種業態において関係がある「最低資本金」「会社設立費用」「ビザ取得費用」「オフィス賃貸料」「従業員の賃金相場」の5つのトピックをピックアップして解説します。

最低資本金

先述したように、シンガポールでの法人登記の際には、資本金は1SGD(シンガポールドル / 約81円)からでも可能となっています。ただ、これも前述のように、会社設立時の銀行口座開設や就労許可取得の事を考慮すると、事前にある程度の資本金額を設定しておくことをオススメします。

会社設立費用

シンガポールで事業を開始するのに必要な会社名の申請をする場合、承認されると、社名確保の手数料として15SGD(シンガポールドル / 約1,200円)かかります。

会社設立申請を、Bizfileという会計企業規制庁(ACRA)のオンライン登録で申請した場合、その認可が下りると、その手数料として300SGD(シンガポールドル / 約 25,400円)が必要になります。(※有限責任保証会社の場合は600SGD / 約49,000 円)。また、設立確認証明書の発行が必要な場合は、さらに50SGD(シンガポールドル / 約 4,000円)を支払う必要があります。

ビザ取得費用

シンガポールで就労する外国人が取得するビザは一般的に2種類あります。

ひとつめは、エンプロイメントパス(EPパス)という名称の就労ビザ。おもにマネジメントレベル、もしくは専門性が高いポジションの就労者を対象とした就労ビザです。ふたつめは、Sパスという名称の就労ビザ。マネジメントレベルではないポジションの就労者を対象としている就労ビザとなっています。

2018年1月よりビザ申請における手数料が値上げされました。それぞれの申請手数料および発行・更新手数料は以下のとおりです。

■エンプロイメントパス(EPパス)
申請手数料:70SGD(シンガポールドル / 約5,700円) / 発行・更新手数料 :150SGD(シンガポールドル / 約12,000円)

■Sパス
申請手数料:60SGD(シンガポールドル / 約4,900円) / 発行・更新手数料 :80SGD(シンガポールドル / 約6,500円)

オフィス賃貸料

シンガポールのオフィス賃料は、世界トップクラスとされていますが、実際に法人設立登記が完了していないと、法人名義で賃貸契約を結べないことが一般的です。通常だと、会計事務所などの専門事業所が設立登記住所を一時的に貸りて、実際にオフィスの住所が決定した後、新たに変更登記を行うというケースが考えられます。

シンガポールでは、面積の単位はスクエアフィート(SQF)を使用しており、1平米は10.76スクエアフィート。シンガポールにおけるオフィス街の平均的な相場は、スクエアフィートあたり8〜9SGD(シンガポールドル / 約 655〜737円)です。

一般的に、シンガポールでの賃貸物件にかかる保証金は、3~6ヵ月分の印紙税および仲介手数料というのが相場です。契約時に必要な費用は、1月分の前家賃、3~6ヵ月分の補償金、そして月額家賃の10%程度の印紙税(契約書作成時)とされています。

従業員の賃金相場

シンガポールは法廷最低賃金の定めがなく、賃金格差が大きい国として知られています。

現地で大学新卒者を雇うには3,300SGD(シンガポールドル / 約270,270円)くらいで、さらに日本語ができる人材となると大学新卒者でも3,800SGD(シンガポールドル / 約245,700円)が必要というイメージです。また、日本人現地採用の賃金相場は、大体3,000〜5,000SGD (シンガポールドル / 約245,700〜409,501円)と言われています。

下記にシンガポールにおける就業者の月収の中央値のデータを記載したので、ぜひ参考にしてみてください。

■産業別フルタイム就業者の月収中央値 〈2015年6月時点〉
■産業別フルタイム就業者の月収中央値 〈2015年6月時点〉

■職業別フルタイム就業者(居住者)の月収中央値〈2015年6月時点〉

■職業別フルタイム就業者(居住者)の月収中央値〈2015年6月時点〉

CPF =Central Provident Fund(中央積立基金)。シンガポールの年金制度。毎月自身の給与から積み立てをする。経営者は、社会保険負担額として実際の人件費に月額給与額×20%程度を上乗せして支給する義務がある
※単位:SGD(シンガポールドル)

データ出典元:パーソナル総合研究所 『シンガポール労働市場』<4-1 月収(中央値)>より

4. シンガポールでの会社設立(法人設立)・登記に関する注意事項

規制、優遇業種やライセンスの取得有無を確認

シンガポールでは、規制業種やライセンスを必要とする業種があります。規制業種としては、新聞等のメディア、電気やガス、金融等が対象になります。これらの業種では、ライセンスの取得や外資出資比率が定められている場合があります。

また、ライセンスを必要とする業種は、レストラン等の飲食業、不動産開発・仲介の不動産業、建設業など全10業種でライセンスの取得が求められます。それぞれ、業種の中でも事業が細分化されているため、確認が必要です。

関連:JETRO「外資に関する規制

また、シンガポールでは、投資を奨励している業種もあります。全20業種ありますが、情報通信系の業種、医療系の業種、成長産業やエネルギー系の業種等が挙げられます。これらの業種に当てはまる場合には、法人税やその他税金で優遇されます。

関連:JETRO「外資に関する奨励

5. 優良なシンガポールの会社設立(法人設立)・登記代行企業をご紹介

御社にピッタリのシンガポール進出サポート企業をご紹介します

シンガポールの会社登記手続きは、東南アジアの中でも比較的単純で明快であると言われています。しかし、独力で会社登記を行うと、時間的コストが多くかかってしまいます。

シンガポールで会社登記を行う場合、現地の登記手続きに詳しい会社登記代行企業に依頼することが一般的です。依頼することで、短時間かつスムーズに法人設立が可能になります。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な海外の登記代行企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外に進出したいがどのように登記をすればいいかわらない」「どんな書類が必要なのかわからない」「早く登記を完了させたい」…といった、海外進出における会社設立。登記代行のご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの会社設立・登記代行企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないシンガポールでの会社設立・登記代行のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(参照文献)
・JETRO(2017)「シンガポールにおける外国企業の会社設立・清算手続きの概要
・JETRO(2017)「外資に関する奨励
・JETRO(2017)「外資に関する規制
・JETRO(2018)「外国企業の会社設立手続き・必要書類
・AsiaX(2005)「シンガポールにはパートナーシップというビジネスがありますが、株式会社とどのような点が違うのですか。

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

健太七海

七海 健太

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・ライター。大学時代はロシア語を専門。ロシア留学(ウラジオストク)も1年間経験。趣味は能楽鑑賞で、実際に狂言(和泉流)も嗜む。現在、能楽をはじめとした古典芸能を世界に発信すべく日々格闘中。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう