Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

クアッド(QUAD/日米豪印戦略対話)が簡単に理解できる3つのポイント

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クアッド(Quad)とは、「日米豪印戦略対話」と呼ばれているもので、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4カ国で構成される多国間枠組みを指します。

本文内で詳述しますが、日本の安倍元首相が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、ワクチン、インフラ、気候変動、重要・新興技術などの幅広い分野にて、日米豪印の4ヵ国での協力体制を構築することを目的としています。

さる2022年5月24日には東京にてクアッドの首脳会議が開催。米バイデン大統領の就任後初の日本訪問にもなったため、連日多くのメディアでも報道され、より一般的な認知度が高まりました。

今回は、クアッド(Quad)の基礎知識として、クアッドの歴史、クアッドの目的、2022年現在のクアッドの最新状況に加えて、日本企業としてクアッドを簡単に理解するための3つのポイントについても解説します。

海外_サポート企業紹介

1. クアッドとは日米豪印の4カ国で構成される「4ヵ国安全保障対話」

インフラ、海洋安全保障、テロ対策、サイバーセキュリティ、人道支援・災害救援…といった分野における協力体制を構築

クアッドとは英語では4つを意味しますが、国際ニュースで報道されるクアッド=QUADとは、「Quadrilateral Security Dialogue」の略語で、日本語では「日米豪印戦略対話 / 4ヵ国安全保障対話」と呼ばれており、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4カ国で構成される多国間枠組みを指します。2006年当時の日本の首相であった安倍晋三氏が提唱しました。

クアッドは自由や民主主義、法の支配など価値観を同じくする国々が〝自由で開かれたインド太平洋の実現〟に向け協力していくことを目的としています。

具体的には、質の高いインフラ、海洋安全保障、テロ対策、サイバーセキュリティ、人道支援・災害救援…といった様々な分野において、日本・アメリカ・オーストラリア・インドの4ヵ国間で実践的な協力を推進することを掲げています。

自由で開かれたインド太平洋の実現とは

先述した「自由で開かれたインド太平洋」とは、2016年8月に、当時の安倍首相が提唱した日本の外交方針で、インド洋と太平洋、アジアとアフリカを繋ぐことで国際社会の繁栄や安定の実現を目指す考え方です。クアッドの根底にはこの「自由で開かれたインド太平洋」という外交方針が存在しています。

また、自由で開かれたインド太平洋という考え方には協力的側面と競争的側面があると言われます。

協力的側面は台頭する中国を組み込み、諸外国が一体となってその実現を目指そうとする一方、競争的側面は正に中国に対抗しようとするものです。

以前、協力的側面も専門家の間で議論されていましたが、今日では競争的側面の方が強くなっています。

事実、2021年9月に実施されたクアッド初の4ヵ国の首脳会合では、覇権主義的行動が懸念される中国に対して、国際法に根ざした「自由で開かれたインド太平洋」の秩序を推進していく旨の共同声明が発表されています。

2. 2022年5月に東京にて開催されたクアッド首脳会合

先述のように日本でも知名度が上がりつつあるクアッドですが 最新のクアッドの状況を理解するためにも、東京で開催された首脳会合を簡潔に振り返ってみましょう。

ロシアに関する共同声明はなかったものの4ヵ国の連携は強化

2022年5月24日、米バイデン大統領の訪日とともに東京にてクアッド首脳会合が開かれました。

日米首脳会談の翌日に行われたこの首脳会合では、日本の岸田総理がホストとなり、アメリカからはジョセフ・バイデン大統領、オーストラリアからはアンソニー・アルバニージー首相、インドからはナレンドラ・モディ首相の4人が出席しました。

首脳会合の声明では、この4ヵ国が自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、今後5年間で6兆円規模のインフラ支援・投資を途上国に実施する方針が明らかにされました。

また気候問題についても、日米豪印気候変動適応・緩和パッケージ(Q-CHAMP)の立ち上げを発表。2050年までにネットゼロ(大気中に排出される温室効果ガスと、大気中から除去される温室効果ガスが同量でバランスが取れている状況)を達成するための法案を可決しました。

そして、ロシアによるウクライナ侵攻で欧米や日本とロシアの関係が悪化するなか、クアッドとして、ウクライナ情勢について、ロシアを名指しで非難するような、4ヵ国の共同声明はなかったものの、主権や領土一体性の尊重、平和的解決の重要性を訴えました。

3. クアッドを簡単に理解するポイント①「インドには異なる政治的事情がある」

自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、同地域で自由や民主主義、法の支配を維持、強化していくと聞くと、何か良い事ばかりに聞こえますが、クアッドも内部で大きな課題を抱えています。

以降からは、本テキストでのメインテーマである「クアッドを理解する上での3つのポイント」について解説します。

日米豪はインドをクアッドに上手く組み込めるか?

1つめのポイントは「インドには異なる政治的事情がある」とういことです。具体的には、各国の考えや立ち位置から生じる差異からくる「日米豪はインドをクアッドに上手く組み込めるか?」ということになります

今日、米国や日本、オーストラリアのクアッドに関する基本的な考え方は大きく違いませんが、インドには異なる政治的事情があります。

それが明白になったのがウクライナに侵攻したロシアへの対応です。

日本やアメリカ、オーストラリアはロシアへ厳しい姿勢を維持し、ロシア人外交官の国外追放やロシア指導部の資産凍結や入国禁止、一部製品の輸出入禁止など多くの制裁を実施していますが、インドはロシアを非難せず、一切制裁を実施していません。

その背景には、パキスタンや中国との領土紛争を長年抱えるインドは、その武器の多くをロシアに依存していることがあり、両国は伝統的友好関係にあります。

ロシアに対するインドの政治的事情とは?

また、インドはBRICSや上海協力機構など欧米が参加しない多国間枠組みでロシアと同じ加盟国という立場もあり、ロシアとの関係を重視して重視してきました。よって、国際政治的には、インドがロシア非難や制裁を回避することは十分に予測がつきます。

5月のクアッド首脳会合で、日本や米国は対ロシアでインドも同調するよう求めたとみられますが、まずはクアッドの結束を維持、拡大することが重要なので、クアッドの分裂を懸念する日米はインドが抱える事情を考慮し、クアッド4ヵ国での対ロ非難を避けました。

現在、重要なのはクアッドの一体性であり、4ヵ国の間で摩擦が生じればそれだけ中国に利する可能性があるので、クアッドでロシアを名指しで非難することが避けられました。

しかし、そのようなインドに対し、バイデン大統領はインドへの不満を強めているようです。

先月、ロシア産原油の購入抑制を求めるため米財務省の担当次官補がインドに向かいましたが、米国には今後世界経済で存在感を示すようになるインドを何としても自らの陣営に置きたい狙いがあり、今後のクアッドの機能性はインドの行方にかかっていると言えます。

4. クアッドを簡単に理解するポイント②「クアッドは対中国の協力網となるのか?」

クアッドの“対中度”は高まるばかりだが…?

2つめのポイントは「クアッドは対中国の協力網となるのか?」です。

以前、自由で開かれたインド太平洋の実現を目指すクアッドは、中国に対抗するものではなく、中国も組み入れていくという考え方もよく聞かれました。しかし、中国を唯一の競争相手と位置づけるバイデン大統領がクアッド重視の姿勢を鮮明してから、クアッドの“対中度”は高まるばかりです。

対中では、インドも日本、米国、オーストラリアと結束を固めることにはメリットがあります。

上述したようにインドと中国は長年国境問題を抱えていますが、近年は国境地帯での衝突でインド兵に犠牲者が出るだけでなく、中国がスリランカやパキスタン、バングラデシュやネパールなどインド周辺国に対して多額の経済支援を行うなどしてインドを囲むように影響力を強めており(真珠の首飾り戦略)、インドの中国への警戒心は年々高まっています。インドとしても、中国がクアッドへの懸念を強めるなか、クアッドに深く関与することで中国をけん制する独自の狙いもあるはずです。

よって、今後、クアッドと中国との競争はいっそう激しくなることは間違いないでしょう。最近でもバイデン大統領がインド太平洋経済枠組み(IPEF)の創設を明らかにしましたが、インド太平洋においては日米同盟やクアッド、IPEFや米英豪による安全保障協力オーカス(AUKUS)など多様な国家間枠組みを通じて対中国の行動が活発化していくことでしょう。

中国も対クアッドの動き

一方、中国も対クアッドの動きを鮮明にしています。日本でクアッド会合が開催された直後、中国の王毅国務委員兼外相は26日から6月4日までの日程で南太平洋の8ヵ国を公式に訪問しました。中国は長年フィジーやトンガ、ソロモン諸島など南太平洋島嶼国へ多額の経済支援を行うなどして影響力を高め、昨今は国交を持つソロモン諸島と安全保障協定を締結しました。

アメリカや南太平洋で影響力を持ってきたオーストラリアなどはその締結に強い警戒感を滲ませています。

たとえば、オーストラリアのシンクタンク「ローウィー研究所」によりますと、中国は2006年からの10年間で、パプアニューギニアに6億3,200万ドル、フィジーに3億6,000万ドル、バヌアツに2億4400万ドル、サモアに2億3,000万ドル、トンガに1億7,200万ドルなど莫大な額の資金援助を実施したとされますが、南太平洋は正にクアッドが重視するインド太平洋の真ん中にあり、中国としてはインド太平洋での影響力を維持・拡大することでクアッドの狙いを打破していきたい狙いがあります。

5. クアッドを簡単に理解するポイント③「韓国はクアッドに参加するのか?」

韓国ユン大統領がクアッドにどう対応するのかに注目が集まっている

3つめのポイントは「韓国はクアッドに参加するのか?」です。

今後のクアッドの行方を占うで注目されているのが韓国なのです。

韓国では5月に日本や米国との関係を重視し、対北朝鮮で日米韓の結束を重視するユン大統領が誕生しました。これによって、文政権で冷え込んだ米韓関係、日韓関係は大きく雪解けに向かうことになりそうです。

そして、今日、そのユン大統領がクアッドに対応するのかに注目が集まっています。実現しなかったものの、ユン政権は5月のクアッド首脳会合へのオブザーバー出席を非公式に打診したとみられ、おそらく今後韓国のクアッドへの接近、その後の参加が現実味を帯びてくるかも知れません。

それに対して中国や北朝鮮が反発することは間違いありませんが、今後クアッドの拡大も大きなポイントになりそうです。

6. 日本企業はクアッドついて何を注視すべきなのか?

「中国との関係」と「新興・重要技術のグローバルな協力体制」の2つを注視すべき

現在のところ、クアッドの動きが世界で経済活動を行う日本企業に良くも悪くも直接的に影響をあたえることはなさそうです。

しかし、クアッドが対中包囲網的なイメージが政治的に強くなっている今日、クアッドを主導する米国や日本と中国との関係が今後どうなっていくかを注視する必要があります。クアッドと中国との競争が激しくなれば、それは必然的に日中関係にも影響を及ぼすからです。クアッドと中国との関係変化、これが日本企業にとっては重要なポイントになります。

またクアッドは、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、ワクチン、インフラ、気候変動、重要・新興技術といった幅広い分野での実践的な協力を推進することを掲げています。

日本企業の海外事業というフィルターを通すと、やはり重要・新興技術に注目したいところです。具体的には、人工知能(AI)、5G、半導体といった新興技術や重要技術での4ヵ国のグローバルな協力体制です。事実、これまでの共同声明において、半導体サプライチェーン、5Gの導入と多様化、グローバルなサイバーセキュリティなどを重要視することが述べられてもいます。

まとめると、日本企業がクアッドに関して注視すべきは、中国との関係と、新興・重要技術のグローバルな協力体制の2つが挙げられるでしょう。

7. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、クアッド(Quad)の基礎知識として、クアッドの歴史、クアッドの目的、2022年現在のクアッドの最新状況に加えて、日本企業としてクアッドを簡単に理解するための3つのポイントについて解説しました。

『Digima〜出島〜』には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外進出を検討している国の状況について知りたい」「海外事業におけるカントリーリスクを含めた市場調査について教えてほしい」「海外ビジネスの事業計画立案のアドバイスをしてもらいたい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    Intellectual Design Group株式会社

    タイへの進出、現地での起業なら私たちにお任せください!

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    5000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    IDG(Intellectual Design Group)は、海外進出や起業をサポートする企業です。
    知的財産、法律、会計・税務、商標登録、IT技術、デザイン、マーケティング、ブランディングなど、国際ビジネスでのコンサルティングサービスを提供しております。
    タイ、シンガポール、ミャンマー、その他東南アジア諸国(ASEAN)での起業、進出や事業拡大をお考えの日本企業、起業家の皆様をお手伝いします。
    弊社には、40名を超える現地での経験が豊富な弁護士、弁理士、事業開発コンサルタント、マーケター、デザイナーが所属しており、既に5000を超える、タイの大企業、中小企業、起業家の方々をお手伝いしています。皆様のビジネス拡大や起業を成功させるため、専門家が一丸となって全面的にバックアップいたします。

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    Intellectual Design Group株式会社

    タイへの進出、現地での起業なら私たちにお任せください!

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    5000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    IDG(Intellectual Design Group)は、海外進出や起業をサポートする企業です。
    知的財産、法律、会計・税務、商標登録、IT技術、デザイン、マーケティング、ブランディングなど、国際ビジネスでのコンサルティングサービスを提供しております。
    タイ、シンガポール、ミャンマー、その他東南アジア諸国(ASEAN)での起業、進出や事業拡大をお考えの日本企業、起業家の皆様をお手伝いします。
    弊社には、40名を超える現地での経験が豊富な弁護士、弁理士、事業開発コンサルタント、マーケター、デザイナーが所属しており、既に5000を超える、タイの大企業、中小企業、起業家の方々をお手伝いしています。皆様のビジネス拡大や起業を成功させるため、専門家が一丸となって全面的にバックアップいたします。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破