Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

国際(海外)物流の基礎知識 | 国際物流の種類と仕組みと構造と課題を解説

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「国際(海外)物流の基礎知識」と題して、国際物流とは何か? 貿易との違いは? 国際物流における課題は何か? 最近話題の物流DXとは? …といったテーマについて詳しく解説していきます。

そもそも物流とは「物的流通」を略した言葉であり、製品が消費者のもとへと届くまでの流れをそう呼びます。近年、経済のグローバル化が進んだ結果、さまざまな国のさまざまな製品が国際物流(海外物流)のおかげで私たちのもとに届くようになっています。

国際物流の要素のひとつである輸送の方法も、時代の変化によって大きく進化してきました。国際物流が時代と共に多くの進化を遂げる一方、日本では物流拠点の老朽化も問題になっています。

国土交通省は国際競争力を高めるために老朽化した物流拠点の整備を進めており、2022年2月4日に補助事業の公募を行うことを発表しています。国際物流の高度化を促進することは日本にとって非常に重要なことなのです。

本コンテンツで、国際物流の知識をアップデートして、ぜひアナタの海外ビジネスにお役立てください!

1. 国際(海外)物流とは?

国際(海外)物流=国と国の間で発生するモノの流れ

国際物流とは、国と国の間で発生するモノの流れのことを言います。

国と国の間で起こるモノの流れと言えば輸入と輸出ですが、現代においてはひとつの製品に両方の過程が発生することも。例えば、原料を輸入し、製品を輸出するといったケースです。

輸出入に伴うモノの流れと言うと「輸送」をイメージする方が多いと思いますが、「保管」や「荷役」、「流通加工」「包装や梱包」「情報管理」も国際物流の機能です。

国際物流は国をまたぐ取引となるため、通関に通るまでの間に貨物を保管する場所が必要となるのが国内物流との大きな違いです。保管」「荷役」「流通加工」「包装や梱包」「情報管理」という、国際物流の6つの機能については後ほど詳しく解説します。

そもそも「輸送」と一言で言っても、陸運、空運、海運とさまざまな選択肢があります。日本は海に囲まれた島国なので、国際物流においては船か航空機を利用することになりますが、もちろん両方使うという選択肢もあります。

2. 国際(海外)物流と貿易の違い

国際物流というものが何なのかわかったところで、国際物流と貿易の違いについても理解を深めておきましょう。

国際物流とは「国と国の間で発生するモノの流れ」貿易とは「国と国の間で発生する商取引」

前述した通り、国際物流とは「国と国の間で発生するモノの流れ」です。それに対して貿易とは「国と国の間で発生する商取引」のことであり、国際商流とも呼ばれるものです。

流通=物流+商流 / 国際流通=国際物流+国際商流(貿易)

せっかくなので、ここで改めて、物流・商流・流通の定義と関係性、さらには国際流通の定義についても見ていきましょう。

そもそも物流とは、物的流通を略した言葉です。

つまりモノの流れを「物流」といいます。物流に対して、商取引の流れを「商流」といいま す。

そして、「物流」(モノの流れ)と「商流(商取引の流れ)」を足したものが、「流通」というさらに大きな定義となります。

そして、海外との国際的なモノの流れを「国際物流」といい、同じく国際的な商取引の流れを「国際商流」と呼びますが、そんな国際的な商取引の流れを【貿易】と呼ぶのです。

物流・商流・流通の定義と関係性、さらには国際流通の定義

3. 国際(海外)物流の種類

ここでは海上輸送と航空輸送について説明します。

海上輸送の種類について

日本からの輸出においては、99%以上が海上輸送を利用しています。例えば石油はタンカー、自動車は専用船で運ばれるなど、用途によってさまざまな種類の船舶が利用されています。近年、小ロットでの輸出がさまざまな品種において利用されるようになったため、コンテナ輸送の需要が高まりを見せ、コロナ禍の影響も伴って、コンテナ不足が世界的に深刻な問題となっています。

海上輸送の種類としては、「コンテナ船による輸送」「在来船での輸送」「バージ輸送」と行ったものがあります。下記よりそれぞれ解説していきます。

コンテナ船による海上輸送

国際物流においてコンテナ船による輸送が始まったのは1966年ですが、近年、このコンテナ輸送が一般的な貨物を扱う国際物流の主流となっています。貨物を直接船に積み込むのではなく、貨物が入ったコンテナを船に積み込むという手法が特徴です。

コンテナ船による輸送がこれほどまでに普及した背景として、国際的に決められた規格によって統一されたサイズのコンテナを利用していることが挙げられます。

中身は違えど、コンテナのサイズは共通。取り扱い方法も世界共通となるため、国によってやり方を変える必要もありません。

在来船での海上輸送

一般貨物においてはコンテナ輸送が一般的であることはすでに解説した通りですが、鋼材などの輸送には在来船が利用されています。

在来船とは一般的に、クレーンを設備として備えている船のことです。大きな貨物を直接積み込めるため、鋼材のような大きくて重い貨物に向いています。

バージによる海上輸送

バージとは「はしけ」のこと。在来船では対応できない浅い水路などを航行する際に活躍します。海上で大型船から小型バージに積み替え、内陸部へと運ぶ、といったケースで利用されます。

航空輸送の種類について

航空コンテナを扱う航空輸送においては、旅客機を利用する場合と貨物便を利用する場合があります。また、機体の種類によって貨物搭載スペースが異なります。

日本からの輸出はほとんどが海上輸送であることは先ほど説明した通りですが、航空輸送は緊急性の高い製品やサンプル、季節性やトレンド性の高いもの、つまり、より速く運びたい場合に利用されることが多いようです。

4. 国際(海外)物流の仕組みと構造

輸送の種類なども理解したところで、国際物流がどのような仕組みと構造から成り立っているのかについて解説します。

国際物流の6つの機能について

国際物流の機能は、先に少し触れましたが「輸送」「保管」「荷役」「流通加工」「包装や梱包」「情報管理」の6つに分けられます。

■国際物流の6つの機能 国際物流の6つの機能

① 輸送

輸送は前述した通り、日本の場合は基本的に海上輸送と航空輸送の2択となります。海上の場合は荷主が自社で輸送することも可能ですが、通常は業者に依頼することが多いです。

② 保管

通関を済ませていない状態の貨物は保税地域にある倉庫を利用して蔵置されます。この倉庫を保税倉庫と呼びます。

③ 荷役

荷役とは貨物をあげおろしする作業のことですが、船内での荷役や沿岸での荷役だけでなく、保税倉庫で行う仕分けなども含まれます。

④ 流通加工

保税地域などで行う検品や検針、ラベル貼りなどの作業です。

⑤ 包装や梱包

ここでいう包装や梱包は、製品それぞれの包装ではなく、コンテナやダンボールなどを利用した包装や梱包のことです。製品そのものの包装や梱包は流通加工に含まれます。

⑥ 情報管理

在庫管理システムや位置情報システムなどを利用し、さまざまな情報管理を行います。

海外_サポート企業紹介

5. 国際(海外)物流の課題

課題① 物流過程のブラックボックス化

さまざまな国、さまざまな企業がかかわるため、物流の過程がどうしてもわかりづらくなってしまうのが国際物流の課題のひとつです。

書類の言語が異なれば、計算方法なども異なってくるかもしれません。また、倉庫の課金形態も違うことがあります。手続きが煩雑になってしまうことも多く、海外企業とのやりとりはなかなか大変なものです。

物流にかかったコストの算出も、複数の国を行き来するとかなり複雑なものとなります。取引時の為替レートを考慮して算出したり、人件費を計算したり。計算だけでも複雑なのに、物流の過程が見えにくいと、コストの算出はさらに困難なものとなってしまいます。

課題② リードタイムの長期化

当然ですが、国際物流では、貨物が届くまでの時間が国内物流よりも長くなります。発注から到着までの期間が長いため、商品や国によっては1ヵ月以上先の状態を予測して発注をかける必要があります。

国内物流よりも圧倒的にトラブルが起きやすいのも国際物流の課題のひとつ。輸送される時間が長ければ長いほど、事故などが起きる可能性も高くなります。トラブルに備えて在庫を多めに抱える企業も多く、過剰在庫を招きやすくなります。

これらの理由から、在庫管理が難しくなるというのが国際物流の大きな課題です。

課題③ 物流業務の複雑化

物流過程が見えにくいこと、リードタイムが長いことで在庫管理が難しくなることに加えて、近年、物流の件数が急激に増え、業務が複雑化しているのも国際物流における課題のひとつです。

日本でも物流における複雑な過程をシステム化するなどの試みが行われていますが、中国では物流倉庫を完全自動化する取り組みがなされており、ロボットやAIが積極的に導入されている事例が報告されています。

6. 国際(海外)物流の課題を解決する「ロジスティクス」「サプライチェーンマネージメント」

前項で挙げた国際物流における課題を解決する策として、「ロジスティクス」「サプライチェーンマネージメント」があります。この項ではこの2つの策を解説します。

「ロジスティクス」とは

ロジスティクスとはもともとは軍事における後方支援を意味する「兵站(へいたん)」のことですが、現在では「『物流の一連の流れ』を顧客のニーズに合わせて効率的な形で計画・実行・管理する、物流システムのソリューション」という意味のビジネス用語として使われています。

多様化する消費者のニーズに合わせるのは大変なことですが、ロジスティクスによってそれが可能となります。また、前述した物流業界のさまざまな課題の解決の糸口にもなります。

ロジスティクスについてのさらに詳しいことについては、下記の記事をぜひご覧ください。

「サプライチェーンマネージメント(SCM)」とは

サプライチェーンとは、商品や製品が消費者に届くまでの一連の生産・流通プロセスであり、サプライチェーン・マネジメント(SCM)は、サプライチェーン全体を最適化して商品の供給を効率化させる手法を指します。

サプライチェーンマネジメントによって得られるメリットはリードタイムの削減や在庫管理の最適化など。これらは国際物流の課題解決に大きく貢献するものだと考えられます。

サプライチェーンやサプライチェーンマネジメントについてより詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧になっていただければ、さらに理解が深まります。

7. 国際(海外)物流DXとは?

近年、国の後押しもあり、日本企業のDX化が進められています。物流業界にとってもDXは非常に重要なもの。この項では物流におけるDXについて解説します。

DXとは

DXとはDigital Transformationを略した言葉であり、スウェーデンの大学教授であるエリック・ストルターマン氏が提唱した「デジタル技術が人の生活をより良く変革する」という概念のことですが、ビジネスにおいては企業のIT化によって業務プロセスなどを変革していくという意味で使われることが多いようです。

日本におけるDXは、経済産業省が下記のように定義しています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

近年、国の働きかけによってDX推進の流れが広まり、多くの企業がDX化に乗り出しており、物流業界も例外ではありません。中国では倉庫業務の全てを自動化する試みがなされているのはすでに説明した通りですが、日本だけでなく世界的にも、物流におけるDX化はすでに進んでいるのです。

DXをさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

物流におけるDXの重要性とは

では、物流におけるDXとはどのようなものなのでしょうか。デジタル化することによって既存のさまざまな業務やその手順を効率化・改善することは、かねてより政府が推進している働き方改革にもつながるため、物流業界において大変重要なものです。

システムの導入によって配車や在庫の管理を効率化させたり、ロボットやドローンを利用した配送や倉庫内作業を行ったり。一口にDX化と言っても、さまざまなデジタル技術が存在します。

日本のDX化は世界各国に比べて遅れていると言われますが、その中でも物流業界のDX化は他の業界に比べてさらに遅れをとっていると言われています。自動運転などは法改正がなされないと実現できないという壁もあるため、どうしても歩みが遅い部分はありますが、物流業界も、今後大きくデジタル化が進むと予想されています。

8. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

輸送手段の進化やデジタル化によって大きく様変わりしつつある国際物流。コロナ禍において越境ECの需要が増え、人材不足を解決する手段としてIT化も大きく進み始めています。残念ながら日本の物流業界のDX化は世界各国に遅れをとっているのが現状ですが、今後の成長に期待したいところです。

世界各国の国際物流におけるデジタル化の現状や、国際物流の手続きなど、国際物流についてもっと知りたい、相談したいと思ったことはありませんか?

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外進出を検討している国の状況について知りたい」「海外事業におけるカントリーリスクを含めた市場調査について教えてほしい」「海外ビジネスの事業計画立案のアドバイスをしてもらいたい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    MRKS International LLC / マークスインターナショナル合同会社

    インドネシア進出に特化し、一貫支援サービスや顧問契約など、ニーズに応じてプロがワンストップでご支援いたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシアに特化した進出コンサルティングファームです。東京とインドネシア・ジャカルタに拠点があります。

    マッキャンエリクソン / 電通 / J. Walter Thompsonなどで、インドネシアなど国際的なマーケティングに従事してきた代表が、2018年にジャカルタにおいてデジタルマーケティングの会社を、2021年に東京とジャカルタにおいてコンサルティング会社を設立。

    ご提供サービス
    【パッケージサービス】
    ○コンサルティング顧問契約
    ○戦略策定から事業運営までワンストップ支援
    ○ご進出プランの資料・提案書作成(市場調査(消費者調査、競合調査、チャネル調査など)、各種分析、方向性ご提案)

    【個別サービス】
    (進出ご検討段階)
    ○無料オンライン相談
    ○ご進出プランの資料・提案書作成
    ○現地視察(訪問先アレンジからアテンドまで)
    ○テストマーケティング(展示会出展サポートなど)
    ○現地パートナー探し及びマッチング支援 など

    (進出ご決定後)
    ○各種法務手続き(会社設立や必要な許認可取得、駐在員VISA取得など)
    ○各種税務・人事労務施策支援
    ○マーケティング・プロモーション支援
    ○クリエーティブ開発支援
    ○営業開拓支援  
    ○FC展開支援 など

    弊社の特長は、クライアント企業様の社内(他部門や上層部など)に向けた「資料・企画書」の作成からもサポートを行う点です。また、現地では、信頼ある法務・労務・税務の専門家や、デザインやコピーラインティング(英語・インドネシア語)、動画撮影編集などクリエーターともタッグを組んでおります。

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査・越境EC・会社設立・ビザ申請・駐在員様向け秘書サービスなどをご提供している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    30
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にして、日本語が話せるインドネシア人スタッフを多数採用しています。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・仮想進出
     ・越境EC
     ・会社設立

    ■インドネシア駐在員様支援
     ・オンライン秘書サービス
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO
     ・Web広告
     ・SNS運用

    まずはお気軽にご連絡をください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    MRKS International LLC / マークスインターナショナル合同会社

    インドネシア進出に特化し、一貫支援サービスや顧問契約など、ニーズに応じてプロがワンストップでご支援いたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシアに特化した進出コンサルティングファームです。東京とインドネシア・ジャカルタに拠点があります。

    マッキャンエリクソン / 電通 / J. Walter Thompsonなどで、インドネシアなど国際的なマーケティングに従事してきた代表が、2018年にジャカルタにおいてデジタルマーケティングの会社を、2021年に東京とジャカルタにおいてコンサルティング会社を設立。

    ご提供サービス
    【パッケージサービス】
    ○コンサルティング顧問契約
    ○戦略策定から事業運営までワンストップ支援
    ○ご進出プランの資料・提案書作成(市場調査(消費者調査、競合調査、チャネル調査など)、各種分析、方向性ご提案)

    【個別サービス】
    (進出ご検討段階)
    ○無料オンライン相談
    ○ご進出プランの資料・提案書作成
    ○現地視察(訪問先アレンジからアテンドまで)
    ○テストマーケティング(展示会出展サポートなど)
    ○現地パートナー探し及びマッチング支援 など

    (進出ご決定後)
    ○各種法務手続き(会社設立や必要な許認可取得、駐在員VISA取得など)
    ○各種税務・人事労務施策支援
    ○マーケティング・プロモーション支援
    ○クリエーティブ開発支援
    ○営業開拓支援  
    ○FC展開支援 など

    弊社の特長は、クライアント企業様の社内(他部門や上層部など)に向けた「資料・企画書」の作成からもサポートを行う点です。また、現地では、信頼ある法務・労務・税務の専門家や、デザインやコピーラインティング(英語・インドネシア語)、動画撮影編集などクリエーターともタッグを組んでおります。

  • オススメ

    カケモチ株式会社

    インドネシア市場に特化して、市場調査・越境EC・会社設立・ビザ申請・駐在員様向け秘書サービスなどをご提供している、インドネシア進出の専門会社です。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    30
    価格
    対応
    スピード
    知識

    インドネシア進出前から進出後に至る業務を多岐に渡って支援。
    多国展開はしておらず、インドネシア市場を専門にして、日本語が話せるインドネシア人スタッフを多数採用しています。

    ■インドネシア進出支援
     ・現地視察
     ・市場調査
     ・仮想進出
     ・越境EC
     ・会社設立

    ■インドネシア駐在員様支援
     ・オンライン秘書サービス
     ・ビザ申請

    ■インドネシア人集客支援
     ・多言語サイト制作
     ・SEO
     ・Web広告
     ・SNS運用

    まずはお気軽にご連絡をください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破