Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネスサポート企業はこちら

検索フィルター

検索コンテンツを選ぶ

検索したいコンテンツを選んでください

国を選ぶ

検索したい国を選んでください

業種を選ぶ

検索したい業種を選んでください

課題を選ぶ

検索したい課題を選んでください

CIP(輸送費保険料込条件)とは-インコタームズでのCIPの基礎知識

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)は、国際貿易において広く利用されるインコタームズ(International Commercial Terms)のひとつであり、特にコンテナ輸送や複数の輸送手段を組み合わせる場合に効果的です。

CIPは、売り手が指定された目的地までの輸送費用と保険料を負担する条件を有しており、買い手にとって多くのメリットを提供するインコタームズとして知られています。

本記事では、CIPの定義と概要、適用範囲、リスク軽減の仕組み、選択時の注意点について詳しく解説します。また、CIPがもたらす具体的なメリットとデメリット、そしてCIPとCIF(Cost, Insurance, and Freight / 運賃保険料込み条件)との違いについても比較していきます。

1. CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)とは

国際貿易を行う際には、商品の売買契約を明確にし、双方の責任範囲を定めることが不可欠です。このような背景から、世界的に認められた貿易取引の規則として「インコタームズ」が生まれました。

そんなインコタームズのひとつである「CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)」は、特にコンテナ輸送や複数の輸送手段を組み合わせる際に広く用いられる条件です。この項では、CIPの基本情報、適用範囲、買い手のリスク軽減、そしてCIPを選択する際の注意点について詳しく解説します

そもそもインコタームズとは

インコタームズとは「International Commercial Terms」の略称で、国際貿易契約において商品の引き渡し条件を標準化した一連の取引規則です。これらは、世界中の貿易取引における共通の理解を形成することを目的として、1923年に国際商業会議所(ICC / International Chamber of Commerce)によって初めて公表されました。

インコタームズは、商品の配送、リスクの移転点、輸送中の保険責任、および輸送費用の負担に関する条件を定義します。これにより、国際貿易取引における不明確さが解消され、異なる国の法律や慣習の解釈による誤解を避けることができます。インコタームズは定期的に見直され、最新の版は「インコタームズ2020」となっています。

CIPの基本情報

CIP(Carriage and Insurance Paid to)とは、インコタームズ(International Commercial Terms)で定められた貿易条件のひとつで、売り手が買い手に指定された目的地までの輸送費用と保険料を負担する条件です。

この条件では、売り手が貨物を指定の運送人に引き渡した時点でリスクが売り手から買い手に移転します。しかし、売り手は買い手のために指定された仕向地までの貨物保険を付保する責任があります。このため、CIP条件を選択することで、売り手の負担範囲が広がり、取引の透明性が向上します。

CIPの適用範囲

CIPはすべての輸送モード(海上、航空、陸上輸送)に対応しているため、特にコンテナ輸送や複数の輸送手段を組み合わせる場合に頻繁に利用されます。

これは、CIPが柔軟な貿易条件であることを示しており、様々な輸送シナリオに適用できるのが強みです。海上輸送に限定されるCIFとは異なり、CIPは海上輸送以外の輸送手段にも適用できるため、陸上輸送や空輸など多様な輸送ニーズに対応することができます。

CIPでは買い手のリスクが軽減されている

CIP条件の下では、売り手が輸送費用と保険料を負担することにより、買い手はこれらのコストを軽減することができます。さらに、売り手が保険を手配することで、買い手は輸送中のリスクに対しても保護されるため、安心して取引を進めることができます。

一方で、売り手側としては、指定された運送人に貨物を引き渡した時点でリスクが買い手に移転するため、そこで売り手の責任が軽減されます。しかし、保険料や輸送費用を含めた総コストは売り手が負担するため、価格設定には注意が必要です。

インコタームズ2020では、CIP条件での保険内容に関して変更があり、売り手は最高ランクの保険(ICC-A)を適用する必要があります。この変更により、CIPはより手厚い保険カバーを提供し、買い手にとってのリスク軽減がさらに強化されていると言えるでしょう。

2. CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)のメリット

この項では、CIPがもたらす具体的なメリットについて見ていきます。

リスク軽減、コスト管理の容易さ、取引の信頼性の向上、そして取引の利便性の向上といったポイントに焦点を当て、それぞれのメリットがどのようにして国際貿易を円滑かつ効率的にするのかを解説します。

メリット① 買い手側のリスクが軽減

CIPの最大のメリットは、売り手が輸送費用と保険料を負担することで、買い手のリスクを大幅に軽減できる点にあります。

具体的には、買い手が輸送中の貨物に対する損失や損害のリスクを心配する必要がなくなるということです。売り手が保険を手配し、輸送中に何か問題が発生した場合でも保険が適用されるため、買い手は安心して取引を進めることができます。

メリット② 売り手と買い手双方のコスト管理が効率的に

CIPでは、売り手が輸送費用と保険料を一括して手配するため、全体のコスト管理が容易になります。

売り手が一括して手配することで、輸送にかかる費用が明確になり、予期せぬ追加費用の発生を防ぐことができるのです。

これにより、買い手は正確な予算計画を立てやすくなり、コストの透明性が高まります。また、売り手にとっても、一括手配することで輸送と保険のコストを最適化することができ、双方にとっての効率的なコスト管理が可能となります。

メリット③ 取り引きの信頼性が向上

CIP条件を選択することで、取引の信頼性が向上します。売り手が輸送費用と保険料を負担し、輸送中のリスクに対しても責任を持つため、買い手にとって信頼できる取引条件となります。

特に、初めて取引を行う相手や長期的なビジネス関係を築きたい相手に対して、CIP条件を提供することは信頼関係の構築に役立ちます。売り手が全責任を負う姿勢を示すことで、買い手は安心して商品を購入でき、取引の信頼性が高まるからです。

3. CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)のデメリット

CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)には多くのメリットがある一方で、売り手にとってのデメリットも存在します。CIPのメリットに続いてはデメリットについて解説します。

デメリット① 売り手側のコスト負担が大きい

CIP条件を選択する際の最も大きなデメリットは、売り手が輸送費用と保険料を負担することによる高コスト負担です。特に、遠隔地への輸送や高価な貨物を扱う場合、輸送費用や保険料が大幅に増加することがあります。

この結果、売り手の総コストが上昇し、価格競争力が低下する可能性があります。市場での競争力を維持するためには、これらの追加コストを商品の価格に反映する必要があり、その分、買い手に対する価格が高くなるリスクがあります。

デメリット② 売り手が行う手配や手続きが複雑

CIP条件では、売り手が輸送手段の手配と保険の手配を行う必要があるため、手続きが複雑化します。売り手は輸送と保険の専門知識を持つ必要があり、適切な保険の選定や輸送手段の手配に多くの時間と労力を要するようになります。

特に、複数の輸送手段を組み合わせる場合や特殊な貨物を扱う場合には、手配がさらに煩雑になる可能性があります。

デメリット③ 売り手側の責任が増大

CIP条件では、売り手が輸送中の事故や遅延に対する責任を負うため、リスク管理が非常に重要となります。

売り手は、輸送中のあらゆるトラブルに対して保険でカバーする必要があり、そのためには保険内容を十分に確認し、適切な保険を選定する必要があります。さらに、輸送手段の選定や運送業者との連携が重要となり、これらのプロセスにおいてミスが発生すると、売り手が大きな損害を被る可能性があります。

デメリット④ 規制と法的リスクへの配慮が必要不可欠

各国の規制や法的要件が異なるため、CIP条件を適用する際には、輸出先国の規制に従う必要があります。これには、輸送に関連する法的要件や保険に関する規制が含まれます。

売り手はこれらの規制を遵守するために、詳細な調査と法的助言を受けることが必要となる場合もあり得ます。違反があった場合には、法的なリスクが発生し、罰金や取引の遅延などの問題が生じてしまうからです。


海外進出白書2424.png

4. CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)とCIF(Cost, Insurance, and Freight / 運賃保険料込み条件)との違いとは?

CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)とCIF(Cost, Insurance, and Freight / 運賃保険料込み条件)は、どちらも国際貿易における重要な条件ですが、それぞれに異なる特徴があります。

ここでは、CIPとCIFの適用範囲、費用とリスクの負担時点、保険の範囲、その他の重要な違いについて比較して解説します。

CIFとは

まず、CIF(Cost, Insurance,and Freight / 運賃保険料込み条件)とは、売り手が貨物の輸送費用、保険料、および貨物を買い手の指定する目的地まで運ぶための費用を負担する取引条件です。

この条件下では、貨物が輸送途中で紛失または損傷した場合のリスクは、目的地の港に到着するまで売り手が負担します。しかし、貨物が買い手の指定する港に到着した時点で、リスクは買い手に移転します。

CIFは、おもに海上輸送や内水路輸送に関連する取引で用いられます。CIF条件は、特に輸入者が輸送プロセスや保険手続きに不慣れな場合に有利ですが、買い手は売り手が選んだ輸送手段や保険の質についてはコントロールが効きません。

適用範囲の違い

CIP(Carriage and Insurance Paid to)はすべての輸送モードに対応しています。つまり、陸上輸送、空輸、海上輸送のいずれにも適用できるため、複数の輸送手段を組み合わせた取引において非常に柔軟に利用することができます。

一方、CIF(Cost, Insurance, and Freight)は海上輸送にのみ適用される貿易条件です。これは、主に海上輸送の特性に合わせて設計されているため、他の輸送モードでは使用できません。この違いにより、CIPはより広範な輸送手段を必要とする取引に適しています。

費用とリスク負担が切り替わるタイミングの違い

CIPとCIFでは、費用とリスクの負担が切り替わるタイミングが異なります。

CIPでは、売り手が指定された目的地までの輸送費用と保険料を負担しますが、リスクは貨物が運送人に引き渡された時点で買い手に移転します。つまり、運送人への引き渡し後のリスクは買い手が負うことになります。

一方、CIFでは、リスクの移転は輸出港で行われます。売り手は輸出港までのリスクを負い、輸出港から目的地の港までの輸送費用と保険料を負担します。これにより、CIFでは売り手が目的地の港までの責任を負うため、リスク管理のタイミングが異なります。

保険の範囲の違い

CIFとCIPのさらに重要な違いは保険の内容にあります。インコタームズ2020の規定によると、CIFでは最低ランクの保険(ICC-C)が適用されます。これは、基本的なリスクに対する最低限の保険カバーを提供するものです。

一方、CIPでは最高ランクの保険(ICC-A)が適用されるように変更されました。ICC-A保険は、包括的な保険カバーを提供し、より広範なリスクに対応するものです。この変更により、CIPを選択する買い手は、より手厚い保険カバーを受けることができ、輸送中のリスクに対する保護が強化されるのです。

取引内容や目的に応じた適切な条件の選択を

CIPとCIFは、適用される規則や条件の詳細においても異なる点があります。例えば、CIPでは保険の手配がより厳密に求められるため、売り手は適切な保険内容を選定し、保険証書を買い手に提供する必要があります。一方、CIFでは、基本的な保険内容が求められるのみであり、保険カバーの範囲が限定的です。

また、CIPは海上輸送以外の輸送手段に対応するため、より広範な貿易条件として利用される傾向があります。これに対してCIFは、海上輸送に特化した条件であるため、海上輸送を主とする貿易取引に適しています。

この項で述べたようにCIPとCIFは適用範囲、費用とリスクの負担時点、保険の範囲などにおいて明確な違いがあります。取引の内容や目的に応じてCIPとCIFいずれかの適切な条件を選択することが重要であることは言うまでもありません。

5. 貿易におけるCIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)の流れについて

最後は、CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)を用いた貿易取引の流れについて見ていきましょう。契約の締結から輸送と保険の手配、輸送開始、目的地での受け取り、そしてアフターフォローまで、各ステップでの重要なポイントと手続きについて解説します。

① 契約の締結

まず、売り手と買い手がCIP条件を取引条件として選択し、契約を締結します。この段階で、輸送費用、保険内容、リスクの移転時点について詳細に合意します。特に、インコタームズ2020に準拠している場合は、CIPに適用される保険の範囲(ICC-A)についても明確にしておくことが重要です。

② 輸送と保険の手配

契約締結後、売り手は指定された目的地までの輸送手段と貨物保険を手配します。輸送手段の選定においては、商品が安全かつ効率的に目的地に到達するように計画します。

また、保険については、インコタームズ2020の規定に従い、包括的なカバーを提供するICC-A保険を選択します。これにより、輸送中のリスクに対する十分な保護が確保されます。手配完了後、保険証書を含む関連書類を買い手に提供し、必要な情報を通知します。

③ 輸送開始

売り手が指定の輸送手段を使用して商品を出荷します。この時点で、貨物が運送人に引き渡された瞬間にリスクが売り手から買い手に移転します。しかし、輸送費用と保険料は引き続き売り手が負担します。

この手続きにより、買い手は輸送中の損害リスクから保護される一方、売り手は輸送の安全性を確保する責任を負います。

④ 目的地での受け取り

買い手が指定された目的地で商品を受け取ります。ここで、商品の受け取りと同時に取引が完了します。輸送中に発生した損害については、事前に手配された保険によってカバーされるため、買い手は安心して商品を受領できます。保険請求が必要な場合には、売り手が保険会社との連絡をサポートします。

⑤ アフターフォロー

取引完了後も、売り手は必要に応じて輸送や保険に関する問題解決のサポートを提供します。特に、輸送中に発生したトラブルや保険請求に関しては、売り手が迅速に対応し、買い手が適切な補償を受けられるように支援します。これにより、取引後の信頼関係を維持し、将来のビジネスチャンスを確保することができます。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

貴社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、CIP(Carriage and Insurance Paid to / 輸送費保険料込条件)の基礎知識として、そのメリットとデメリット、さらにはCIF(Cost, Insurance, and Freight / 運賃保険料込条件)との違い、そしてCIP取引の具体的な流れについて解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。海外進出のサポート企業を探すにあたっては、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要です。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「海外に自社商品を輸出したい」「海外から商品を輸入したい」「通関や輸出入許可の申請をサポートしてほしい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった海外ビジネスに関する様々なご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、貴社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

(参考文献)
・「コンテナ輸送の貿易取引条件」JETRO
・「インコタームズのCFR、CIF、CPT、CIPの特徴を比較【図解あり】」One’d Technologies 株式会社
・「貿易条件Cグループ(CFR、CIF、CPT、CIP)の概要と流れについて」株式会社京浜トレーディング

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破