• このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールEC(通販)の基礎知識 | 人気ECサイトランキング・市場規模・EC決済事情…ほか

掲載日:2020年05月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シンガポールEC(通販)サイトの基礎知識」として、シンガポールで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説します。

新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワークの推進や休日の外出自粛などが思わぬ追い風となり、ネットショッピング利用率は世界的に増加傾向にあります。

シンガポールオンライン市場への海外展開を考えている日系企業が知っておくべき基本情報として、シンガポールEC(通販)の市場規模およびシンガポールECユーザーの特徴・趣味趣向に加えて、シンガポール独自のEC決済事情および物流事情についても解説していきます。

1. EC(通販)サイトの基礎知識

そもそもECとは?

シンガポールのEC(通販)サイトについて見ていく前に、まずはECについて簡潔に解説します。

そもそもECとは「electronic commerce」「E-Commerce」の略で、和訳すると「電子商取引」となります。インターネットを活用して商品やサービスを売買することです。

近年、スマホユーザーが増加し、インターネットショッピングは日本でも一般的なものとなりました。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などもネットショッピング利用率を高める追い風となっています。世界のインターネット普及率はまだ6割程度なので、インターネット普及率が上がれば上がるほど、ECサイトの利用者数もそれに比例して増加傾向にあります。

海外の越境EC市場に進出する際に知っておくべきこと

シンガポールを始めとした海外の越境ECサイトに出店すれば、実際に店舗を出店するよりもコストを抑えつつ海外市場にアプローチすることが可能です。

そして海外の市場にアプローチする際に、海外の越境ECサイトに出店してコストを抑えることは非常に大きなメリットです。しかし海外でのeコーマス(通販)ビジネスを成功させるには、現地の法律や配送料などをしっかり調べておくことが重要です。

例えば、日本から海外へ商品を送る際には割高な国際配送料や関税を支払ったりする必要があるため、価格で勝負するよりは品質や独自性をアピールすることが大切です。

また、海外ECサイトでは現地通貨で決済されることがほとんど。商品の価格に為替レートによる大きな差が生まれることもあるでしょう。そのためには進出国のレートについて確認しておく必要があります。

そして何よりも、その国のEC(通販)事情について知っておくことが何よりも重要です。本テキストでは、シンガポールのEC(通販)に関心があるアナタのために、シンガポールで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説。さらにシンガポールのEC(通販)市場規模およびシンガポールのECユーザーの特徴に加えて、シンガポール独自のEC決済事情および物流事情についても解説していきます。

2. シンガポールEC(通販)市場の基本情報

シンガポールEC(通販)の市場規模とは?

インターネットの急速な普及に伴い、東南アジア諸国ではEC市場が急速に成長しています。中でもシンガポールはECによる流通が非常に活発な国です。

シンガポールの年間平均気温は約30度。降水量の多い雨季もあり、基本的に高温多湿です。また、国土が狭いため、自動車の台数が制限されていることや、クレジットカードの保有枚数や利用率が高いことから、ECに親和性の高い国であると言われています。

シンガポールにおいて、買い物をするためにインターネットを利用する人の率や、実際にECサイトに訪問する人の率が7割を超えているというデータもあります。また、近年、EC市場の競争もますます激化しています。2016年にアリババがシンガポールに本社を持つラザダ社の過半数株を買収した翌2017年にはAmazonがシンガポールに参入しています。

シンガポールのECの市場規模はおよそ30億ドル、利用者のEC年間平均消費額は年間に約1,000ドル。国の所得水準も高いため、今後もさらなるEC市場の拡大が見込めるでしょう。

シンガポールのEC(通販)ユーザーの特徴

世界的にもインターネットの利用はPCよりもスマートフォンに移行しつつありますが、シンガポールにおいてもインターネットへの接続端末はスマートフォンの方がPCよりも多く利用されているようです。

シンガポールでは1人あたり1台以上の携帯端末を所有しているユーザーが多く、SNSの利用率が79%と高いのも特徴です。最も利用者が多いSNSは「Facebook」で、SNSを利用しているユーザーのうち8割以上が利用しています。日本と同じく、InstagramやTwitterなども利用されています。

シンガポールのECユーザーは女性が5割を超えており、そのためか、シンガポールのECサイトで購入される商品はファッションや美容・スキンケアがもっとも人気です。 実店舗で買い物をする際の情報収集の手段としてECサイトを利用するユーザーも多く、店舗では実物を見て質や色などを確かめ、ネットでは口コミや価格などを比較します。

3. シンガポールEC(通販)の決済事情&物流事情

シンガポールECにおける決済事情とは?

シンガポールにおいて、EC全体で利用率がもっとも高い決済方法はクレジットカードです。

越境ECにおいて選択される決済方法はクレジットカードに加え、PayPalの割合も高い傾向にあります。

シンガポールのクレジットカード普及率は非常に高く、1人あたりのクレジットカード保有枚数の平均は3.3枚。これは日本の平均よりも多い数値です。

もちろん、クレジットカード以外の決済方法も充実しており、デビットカードや銀行振込み、代金引換といった日本でもおなじみの決済方法だけでなく、小切手の郵送など多彩な選択肢があります。

また、年代でも傾向が異なり、24歳以下では代金引換を選ぶユーザーが多く、25歳以上34歳以下の年代ではデビットカードが選ばれる傾向にあります。ターゲットとする年代に合わせた決済方法を選ぶとよりユーザーにとって便利なサービスとなるでしょう。

シンガポールECにおける物流事情について

日本と比較すると、シンガポールの物流は決して発達しているとは言えません。ですが、ECサイトによっては自社倉庫を活用したり、独自の流通網を持ったりしており、物流をスムーズにする工夫がなされているようです。

4. シンガポールで人気のEC(通販)サイトランキング

ここからはシンガポールで人気のECサイトをランキング形式で紹介していきます。

■1位:Lazada

Lazada

東南アジアのEC市場でもっとも高い知名度を誇るのがシンガポールに本拠地を置くモール型のECサイト「Lazada」です。もともとはドイツ系のRocket Internet社が2012年に設立したECサイトですが、2016年に中国のアリババによって約1000億円で買収されたことが話題になりました。

シンガポール以外にも、東南アジアの主要国であるインドネシアやマレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムでサービスを展開しています。シンガポールには2014年に上陸しており、東南アジアの中では最も進出が遅れました。

東南アジアのAmazonとも言われているだけあって、自社倉庫を活用した幅広い品揃えが特徴です。2013年にはマーケットプレイスモデルを追加するなど、Amazonにかなり近いビジネスモデルとなっています。Amazonのシンガポールへの上陸は2017年と遅く、本格的に市場を席巻するところまで至っていないため、サービス開始以降、「Lazada」は右肩上がりの成長を続け、東南アジアでは最大級の規模を誇るECサイトとなりました。

■2位:Qoo10

Qoo10

「Qoo10」は、韓国のGMarket社がアメリカのebay社とジョイントベンチャーの形で生み出したECサイトです。実は「Lazada」に先んじて2008年からサービスを開始しており、東南アジアの老舗ECサイトと言えるサイトです。もともとは「G-Market」という名称でしたが、2012年に「Qoo10」と変更されました。

ビジネスモデルとしては楽天市場に近いECモールサイトであり、日本のEC大手である楽天が参入に失敗した要因の一つが、「Qoo10」がすでにECモールとしてシンガポール市場に浸透していたことだとも言われています。

日本でも韓国コスメなどで人気のあるECサイトですが、シンガポールにおいても女性向け商材、ファッション商材において非常に人気のあるECサイトです。

■3位:Shoppee

Shoppee

2015年にシンガポールに設立されたECサイト「Shoppee」は、もともとは消費者が出品して消費者が購入するCtoC型のビジネスモデルとして開始したサイトですが、現在はCtoCに加え、BtoCも利用できるハイブリット型のECサイトへと成長しました。「Lazada」同様、東南アジア各国で展開しています。

4位:RedMart

RedMart

シンガポール発の食料・日用品特化型のECサイトが「RedMart」です。2011年に創業し、2016年にはランキング1位のECサイトを持つ「Lazada」に買収されました。

野菜や肉などの生鮮食品や、日本の調味料、洗剤・調理器具などの生活用品も網羅した幅広いラインナップが強みで、かつ、商品の価格も他のサイトに比べて安価なのが特徴。独自の流通網を持っており、基本翌日まで、2時間ごとの時間指定で届けてくれるのが大きな強みです。高温多湿のシンガポールでは、スーパーへの買い物を億劫がるユーザーも多く、急速に利用者を増やしています。

5位:Carousell

Carousell

「Carousell」はシンガポール版メルカリと言われる CtoC型のECサイト。2012年からサービスを開始しており、シンガポールの大学生が設立したスタートアップ企業が運営しています。シンガポール以外にはマレーシア、フィリピン、インドネシア、台湾、香港、オーストラリアで展開。多くのベンチャーキャピタルからのサポートを受けています。

メルカリとは違い、「出品手数料が無料」です。また、東南アジアの習慣である「値下げ交渉」ができるのも特徴です。アプリ内ではオンライン決済ができず、銀行振込みか、手渡しによる物品取引の際に現金支払いをするシステムです。

5. シンガポールEC(通販)サイトの将来&トレンドとは?

SNSにおける個人間取引やCtoB取引が活性化

2016年のアリババによるLazadaの買収や、2017年のAmazon上陸で競争が過熱し、勢いのあるシンガポールのEC市場。実はそれより前の2014年、日本の大手ECサイトである楽天市場がシンガポールEC市場に参入しています。ただ、この参入はうまくいかず、2016年には撤退することとなりました。

すでに他社のECモールである「Qoo10」が市場に浸透していたことや、日本式のマネジメントに問題があったことなどが原因だとも言われています。そのほか、日本の企業が立ち上げた複合型日本ブランドショップや日本食品販売EC専門サイトも撤退しており、シンガポールのEC市場で成功するのはなかなか大変なことのようです。

シンガポールのECユーザーは商品そのものをシビアに見ており、「日本製だから」という理由で無条件に信頼したり購入したりすることはあまりないようです。日本ブランドに依存したり、必要以上に日本らしさを売りにしたりするより、シンガポールで受け入れられるような質の良さと価格とのバランスを追求すべきでしょう。

まだまだ伸びしろのあるシンガポールのEC市場。挑戦する価値は充分にあります。

6. 優良なシンガポール進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのシンガポール進出サポート企業をご紹介します

今回は「シンガポールEC(通販)サイトの基礎知識」として、シンガポールで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説。さらにシンガポールEC(通販)の市場規模およびシンガポールECユーザーの特徴に加えて、シンガポール独自のEC決済事情および物流事情について解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した、様々な支援を行う優良なシンガポール進出サポート企業が多数登録しています。

「シンガポールのEC出店をサポートしてほしい」「シンガポールのEC出店を検討しているが、何から始めていいのかわからない」「シンガポールのECモール出品代行に必要な費用が知りたい」…といった、シンガポールのEC出店に関する課題はもちろん、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのシンガポール進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないシンガポール進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

オススメ

GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア イギリス ドイツ トルコ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 オセアニア アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

INASIA合同会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム インド モンゴル その他アジア イギリス ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 その他英語圏

オススメ

GoGlobal株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア アメリカ オセアニア

オススメ

YCP Group

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア イギリス ドイツ ヨーロッパ アメリカ オセアニア その他英語圏

オススメ

株式会社プリンシプル

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 タイ ヨーロッパ アメリカ その他英語圏

オススメ

サイエスト株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

(株)Fruits Planet Marketing and Consulting

対応国
イギリス ドイツ ヨーロッパ

オススメ

ハリーコンサルティング事務所

対応国
フィリピン

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう