• このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの会社設立 | これだけは知っておきたい基礎知識【費用・手順…etc.】 

掲載日:2019年05月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイでの会社設立(法人設立)・登記の流れと手順(手続き、費用、資本金、期間、必要書類…etc.)について解説します。日本企業がタイに会社設立する際は、現地法人・駐在員事務所・支店という、おもに3つの事業形態の中から選択をする必要があります。本テキストでは、それぞれの事業形態別の手続きの流れに加えて、必要な費用と書類と資本金、さらには各事業形態別のメリット&デメリットも含めて詳しくレクチャーします。

タイ進出の大きなメリットは、アジア周辺国や世界進出に向けた「ハブ」として活用できることです。タイは、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどの東南アジア諸国の中心に位置しており、2014年には、タイ、ベトナム、カンボジアのインドシナ半島の南部地域を東西につなぐ陸路である「南部経済回廊」が整備されました。

またタイの人件費は日本の約1/4とされています。大学進学率は40%を超え、安価で勤勉な労働力を活用した事業展開が可能です。さらに、オフィスのレンタル料も、やはり日本の1/4くらいで、他のアジア諸国に比べても安価となっています。安価な事業コストで高付加価値なビジネスを展開し、日本では利益の出しにくい事業でも大きな利益率が期待できるのです。

このテキストを参考に、自社の海外事業においてもっとも効率的かつ有意義な事業形態をセレクトして、タイでの会社設立(法人設立)・登記を成功させましょう!

1. タイで会社設立(法人設立)・登記する際の手順と期間

まずは、一般的なタイの会社設立の手順と期間の全体像を理解していただくために、分かりやすく簡略化したフローを下記にまとめました。

タイの法人登記は、不備なくスムーズに手続きができる場合、1カ月~1カ月半の期間が必要だと言われています設立登記手続きは、頻繁に法改正があり、手続き自体が複雑なため、法人設立・法人登記を行う場合は、プロフェッショナルである法人登記代行企業に依頼することが一般的です。

■タイで会社設立(法人設立)・登記する際の手順と期間
タイ会社設立

参照:タイ進出支援朝日ビジネスソリューション(タイランド)「会社設立手順」

次項からは、タイで会社設立(法人設立)・登記ができる3つの事業形態について解説します。

■『DIGIMA NEWS』関連記事:
タイで付加価値税(VAT)の不平等性を指摘 税務局が税制改正を検討

2. タイで会社設立(法人設立)・登記ができる3つの事業形態

一般的な事業形態は、現地法人・支店・駐在員事務所の3つ

日本企業がタイで会社(法人)設立・登記する場合、おもに下記の3つの事業形態から選択する必要があります。

■1: 現地法人
■2: 支店
■3: 駐在員事務所

1:現地法人

【概要】

タイでもっとも一般的である進出形態が現地法人です。現地法人は、非公開会社と公開会社で分かれています。

非公開会社は、進出する日本企業が多く採用する形態であり、株式の譲渡や資金調達に制限がかけられています。一方公開会社は、上場を目指す企業が採用する形態であり、株式や資金調達について制限がありません。

また、最近では、タイ投資委員会(BOI:Board of Investment)による投資奨励政策や外資規制の緩和、工業団地への進出による優遇制度により、日本企業をはじめ外資系企業の進出が容易になりつつあります。

【申請の手順と必要書類】
現地法人設立の基本的な手続きは以下の通りになります。

1.会社名の予約
2.基本定款の登記
3.設立総会の開催
4.会社登記


(JETRO「外国企業の会社設立手続き・必要書類(タイ)」より)

会社名の予約は、設立する法人の発起人が行います。事前に類似の商号・会社名があるかを確認します。その後、商務省事業開発局やバンコク登記局等の管轄当局に予約申請を行います。申請から許可まで2~3日かかります。

基本定款の登記では、3人以上の名前を定款に署名することで現地法人を設立できます。投棄料は500バーツ(約1,700円)ですが、2020年12月31日までに現地法人を設立する場合、インターネットでは350バーツ(約1,200円)、経済特区内に設立する場合は250バーツ(約850円)になります。

基本定款には…

・会社名
・資本金、発行株式数、1株あたりの額面額
・設立目的
・発起人の情報(氏名、住所、職業等)
・現地法人の所在県
・取締役の責任


を盛り込む必要があります。

その後、株式の引き受けを行います。引き受けが完了した後は、設立総会を開催し…

・株主総会、取締役会の規定(付属定款)の採択
・発起人の設立準備の承認
・取締役の選任と権限、監査人(タイ人公認会計士)の決定
・株式引受人の情報や引き受け株式数等の承認
・株式対価の支払い


を検討する必要があります。

その後は、会社登記を行い、登記局に以下の情報を提出します。

・3人以上の株主の情報(氏名、住所、職業等)
・(代表)取締役の氏名、住所、職業
・代表取締役のサイン権と署名
・本社と支社の住所
・付属定款
・初回の資本金払込金額


登記料は、5,000バーツ(約17,000円)ですが、2020年12月31日までに登記を行う場合、ネットでは、3,500バーツ(約12,000円)、経済特区内では、2,500バーツ(約8,500円)となります。また、500万バーツ(約1,700万円)以上の資本金をもつ会社は、別途提出の書類があります。

関連:JETRO「外国企業の会社設立手続き・必要書類(タイ)

【現地法人のメリット】
タイに限らず、海外にて現地法人の形態をとるメリットとしては、現地での迅速な意思決定が可能になることが挙げられます。また、タイのみならず海外においても、現地法人の名前でビジネスを広げることが可能であり、タイ企業への投資や株式購入、さらには子会社の設立、合併や買収なども規制されていません。

【現地法人のデメリット】
タイで現地法人を設立する際のデメリットとしては、毎月及び毎年1回の経理報告義務が発生することが挙げられます。

また、タイではサービス業および販売業の法人設立の際は、外国資本規正法により49%までしか外国資本の出資が認められていません。つまり、タイ人の出資が51%必要ということです。この割合によって、自社の会社であっても、タイ人の出資者の影響力が発生する可能性があります。

支店

【概要】

タイの支店は、現地法人と同様、販売や営業といった営利活動が可能ですが、外資規制により銀行をはじめとした金融機関の設立が多く、それ以外は設立が難しいとされています。しかし、プロジェクトによる一時的なジョイントベンチャーの設立は認められており、これも支店の一形態として数えられます。

【申請の手順と必要書類】
支店設立に必要な書類と基本的な手続きは以下の通りになります。

【支店設立に必要な書類】

・宣誓供述書、会社登記簿謄本(英訳、タイ語訳済、公証有)
・担当官の面接
・申請受理
・審査、許可


また、1事業にあたり年間300万バーツ(約1,050万円)以上の経費を使用しなくてはなりません。

【支店のメリット】
タイにおける「支店」のメリットとしては、駐在員事務所のように活動内容には制限をほとんど受けず、現地法人と同様の活動が可能であることです。

支店の場合、現地法人ではないため、資本や資産は本社と共有であり、決算も本社の仕訳に組み入れます。本社を日本に置いたまま法人を設立することもできますが、現地法人を設立した後に支店を設立するのが一般的です。タイ国外に登記された法人の支社として本社と同じ業務または商務局にて認可を受けた業務のみ行うことができます

【支店のデメリット】
日本および外国の本社と同じ業務、あるいは商務局にて認可を受けた業務のみ行うことが可能です。デメリットとしては、外国資本100%で設立できる代わりに、登記の際に認可された事業しかすることができません。

タイ国内および海外との商取引が可能ですが、1事業あたり年間300万バーツ(約1,050万円)以上の経費を使うことが条件とされていることも忘れてはいけません。

3:駐在員事務所

【概要】

タイでの駐在員事務所は、販売や営業といった営利活動はできず、基本的には現地の情報収集や本社との連絡を行う非営利の形態になります。

今までは、手続きに費用と手間がかかっていました。しかし、2017年にタイ政府により、駐在員事務所設立の手続きが大幅に緩和されました。この手続きについては後述します。また今後、手続きの緩和によって、駐在員事務所を設立する日本企業が増加する可能性があります。

【駐在員事務所設立に必要な書類】
タイの駐在員事務所設立は、2017年に大幅な規制緩和が施行されました。これによって、駐在員事務所の設立の為に必要な企業登録番号(TAX ID)の取得の手続きが容易になりました。

従来では、企業登録を発行するためには、外国人事業ライセンスの取得が必須でした。ライセンスの取得には、親会社の資本金の0.5%(最大25万バーツ(約85万円))が必要で、申請期間も3カ月以上必要でした。

設立後も、3年以内に事務所経費として300万バーツ(約1,020万円)以上を現地に持ち込む必要があり、時間とお金がかかっていました。

改定後は、商務省事業開発局に以下の書類を提出します。

・タイ国内でビジネスを行う外国法人の会計帳簿および帳簿記載必要書類の保管場所報告フォーム
・外国法人の登記簿謄本
・駐在員事務所責任者の任命状
・責任者のパスポートのコピーまたは、申請代理人の国民証のコピー
・申請代理人への委任状
・駐在員事務所の地図


(JETRO「駐在員事務所設立手続き:タイ」より)

不備なく書類が提出された場合、企業登録番号(TAX ID)が即日発行されます。また、手続きにかかる手数料も不要になり、経費送金についても200万バーツ(約682万円)が必要となりましたが、これも従来と比べて金銭的な負担が軽減できます。

【駐在員事務所のメリット】
外資系企業および投資家がタイに進出する際のもっとも簡便な形態とされています。駐駐在員事務所は、情報収集や連絡業務といった限られた活動のみ許可されており、営業活動は不可となっています。

タイに駐在員事務所を設立するメリットは、大きな投資をする前に、タイでの市場調査や分析を実施できることです。

【駐在員事務所のデメリット】
駐在員事務所には法人格はなく(親会社と同一の法人格とみなされる)、その活動が限定され、営利活動を行うことはできず、非営利活動のみ行うことができます。

具体的には、本社との連絡業務、市場調査、本社の投資の機会の促進などを行うことができます。営業活動は法人及び支店にのみ認められています。したがって駐在員事務所としての営業活動は不可となっています。

また、そもそも法人格を持たないため、銀行での口座も支店専用口座となり、顧客からの入金もできません。

4:地域統括事務所・地域統括会社(IHQ)

【概要】

地域統括事務所、地域統括会社(IHQ)とは、新たに設けられた法人形態であり、海外に多くの子会社を保有している企業が、ヨーロッパやアジアなど、地域ごとにグループを統括するための形態です。

その背景には、外資企業に対してアジアのハブとしての拠点を自国に誘致することで海外投資を促進するという、タイ政府の思惑があります。 大きな特徴としては、外資100%での法人設立および法人所得税を10%に設定していることが挙げられます。

日本企業にとっては、タイを輸出拠点として、子会社や工場を設立するケースが多くあるため、タイに地域統括会社を設立することは、東南アジアの製造拠点としても期待することができるでしょう。

また、先述のように、タイに地域統括会社を設立することで、企業集団内での税率軽減や為替リスクの軽減など、金銭の負担を軽減することができます。

ただ、その業務範囲は、系列のグループ会社の支援を始め、商品開発、技術支援、マーケティング、資産運用、投資研究などに限られており、地域統括事務所・地域統括会社自体には、商品の販売やサービス提供などで利益を得る行為は禁止されています。

また、その【申請条件】としては…

・タイの法律に基づきタイ国内に設立される会社であること
 ※資本金は1,000万バーツ、株主はタイ人でなくとも良い
・最低1カ国、タイ国以外に、支店や関連会社を有して統括していること
・払込登録資本金が1,000万THB(約3,000万円)以上であること


…などが挙げられます。

3. タイでの会社設立(法人設立)・登記にかかる費用とは?

ここからは、タイでの会社設立および法人登記をする際に生じるであろう、その大まかな費用感について見ていきます。今回は多くの業種業態において関係がある「最低資本金」「タイ人以外の外国人の出資者および従業員のビザ取得の費用」「タイ現地の従業員賃金」「オフィス賃貸料」の4つのトピックをピックアップして解説します。

最低資本金

タイでの会社設立における最低資本金は、外国企業の場合、最低200万バーツ以上とされています。

また、入国管理局では、就労ビザ(Bビザ)延長の際に提出する年度会計報告においは、会社資産額が100万バーツ以上である必要があります。

タイでは会社設立の申請には外国人出資分の出資証明が不要なので、法律では会社設立申請時に資本金額の25%の出資が必要とされていますが、実際に証明する必要があるのはタイ人出資額のみとなっています。

また、タイでの資本金証明は、お金の出所を確認されるので、タイ人名義の口座の中にお金があることが必要です。

※外国人出資が39%以下の会社設立には資本金証明は一切不要です

タイ人以外の外国人の出資者および従業員のビザ取得の費用

タイでは日本人1人を雇用する度に200万バーツ(約700万円)の資本金が必要となります。これはタイ国籍以外の外国人の雇用に全て適応され、仮にどのような法人形態であったとしても、外国人労働者を雇う場合にはビザ発行につき「1人あたり200万バーツの資本金」が必要になります。

参考文献:「タイ – 法人設立に関する費用について」The Oceanz

タイ現地の従業員賃金

JETROによる「第26回 アジア・オセアニア主要都市・地域の投資関連コスト比較(2016年6月)」によると、タイ・バンコクにおけるワーカー(一般工職)の賃金水準は348米ドル、エンジニア(中堅技術者)の賃金水準は659米ドルとされています。

【都市・地域別 投資関連コスト表】 都市名:バンコク(タイ) 項目:賃金 JETRO提供 参考文献「第26回 アジア・オセアニア主要都市・地域の投資関連コスト比較(2016年6月)」JETRO

また、現場の感覚だと、大学新卒者を雇うには23,000バーツ(約8万円)前後が必要とされており、さらに日本語ができる大学新卒者となると26,000バーツ(約9万円)前後が目安となっているようです。ボーナスは平均で、基本給与の2.83ヵ月分ということです。

さらに「傷病」「出産」などの7種の給付項目がカバーされる社会保険の事業主負担率は5%。また、諸手当、残業代などを含むと年間で合計20%程度の費用をプラスした人件費を想定する必要があるとのことです。

参考文献:「タイ – 法人設立に関する費用について」The Oceanz

オフィス賃貸料

バンコク市内のオフィスビルにあるタイ事務所賃貸の物件では、タイオフィス賃料が1平米あたり月額600バーツから875バーツあたりが相場となっています。

またタイオフィス仲介にかかる手数料に関してですが、タイの不動産業界の慣習として借主にではなく貸主に請求するので、事務所を借りる際の手数料は必要ありません。

タイオフィス仲介を通してタイ事務所賃貸の物件を借りる場合、賃料以外に賃料の3カ月分の保証金が必要となります。保証金とは日本の不動産業界における敷金と似たもので、退去時に原状回復にかかる費用を差し引いた分が返金されます。このほかに物件を決めた時点で予約金として家賃の1か月分が必要となります。

4. タイでの会社設立(法人設立)・登記に関する注意事項

製造業と非製造業でも形態が異なる

タイでは、外資優遇制度として、タイ投資委員会(BOI)の投資奨励制度やタイ工業団地公社(IEAT:Industrial Estate Authority of Thailand)による優遇制度があります。基本的に、これらの制度は、製造業が申請できます。

BOIの投資奨励制度では、外資の100%出資や最大8年間の法人税の免税、輸出用材料の輸入関税の1年間免税等が挙げられます。

また、IEATによる優遇制度を受ける場合には、IEATが管理する工業団地に進出する必要があります。内容としては、BOIの制度と被る点も多いですが、法人税や関税の免税がないため、それを補う形で、BOIとIEATの制度を利用することが一般的です。

非製造業では、製造業と異なり、優遇制度を受けられる条件があります。また、会社形態や資本金額、外資出資比率によって進出形態も異なる点も注意です。

資本金1億バーツ(約3億4,000万円)以上の場合は、規制を受けることなく外資100%の出資が可能になります。

また、外国人事業許可を取得することで、外資100%の会社を設立ができます。しかし、外国人事業許可をもらうためには、タイの国益にかなうかどうか等の観点から審査を受ける必要があり、取得は難しいとされています。

その他、商社等をはじめとした卸売業向けの法人には、国際貿易センター(ITC:International Trade Center)という制度を利用してBOI認可を受けることができます。認可を受けるには、資本金が1,000万バーツ(約3,400万円)以上、BOIの優遇措置対象外であることが挙げられます。この制度を利用することで、外資100%の法人設立が可能になります。

卸売業以外のサービスでは、BOIの対象となっている業種で認可受けることができます。この場合は、貿易投資支援事務所(TISO:Trade and Investment Support Office)の制度が利用できます。主な業種としては、コールセンターや機械設備のメンテナンス等のサービスが考えられます。

ITCとTISOの場合、国内市場に参入はできず、ITCの場合は、商品の輸出入業が主ですが、TISOは、タイに進出した外資系企業に対するサービスが主になります。

関連:KPMG「タイでの「統括拠点」設立における制度上のリスクと対策」

それ以外では、タイ企業との合弁会社設立の方法があります。この場合は、外資出資比率は50%未満とされています。そのため、合弁会社で設立を検討している場合は、現地パートナーの調査、選定や合弁契約の準備が必要になります。

5. 優良なタイの会社設立(法人設立)・登記代行企業をご紹介

御社にピッタリのタイ進出サポート企業をご紹介します

今回はタイでの会社設立・法人登記の方法について見てきました。タイでは、外資出資比率、更には進出する業界によって、会社形態が異なっており、手続きも複雑です。また、製造業の場合、経済特区に進出する可能性もあるため、手続きには何が必要なのかがわかならなくなってしまいます。

その為、タイでの会社設立や法人登記は、その道のプロフェッショナルである登記代行会社に依頼することが一般的です。タイ進出を検討する際には、一度登記代行会社に問い合わせてみることが進出への近道であると言えます

タイで会社登記を行う場合、現地の登記手続きに詳しい会社登記代行企業に依頼することが一般的です。依頼することで、短時間かつスムーズに法人設立が可能になります。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なタイの登記代行企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「タイに進出したいがどのように登記をすればいいかわらない」「どんな書類が必要なのかわからない」「早く登記を完了させたい」…といった、タイ進出における会社設立。登記代行のご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、タイ進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの会社設立・登記代行企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないタイでの会社設立・登記代行のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(参照文献)
・EY Japan「国際統括本部と国際貿易センターに対するタイの新しい優遇税制について
・JETRO「外国企業の会社設立手続き・必要書類(タイ)
・JETRO「駐在員事務所設立手続き:タイ
・朝日ビジネスソリューション「タイ・バンコクの製造業進出支援・会社登記・会計処理・BOI申請・労働許可証、ワークパミット取得等
・タイ自由ランド「会社設立登記
・久野康成『タイの投資・M&A・会社法・会計税務・労務【第二版】』TCG出版

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう