• このエントリーをはてなブックマークに追加

タイEC(通販)の基礎知識 | 人気ECサイトランキング・市場規模・EC決済事情…ほか

掲載日:2020年05月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タイEC(通販)サイトの基礎知識」として、タイで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説します。

さらに、タイオンライン市場への海外展開を考えている日系企業が知っておくべき基本情報として、タイEC(通販)の市場規模およびタイECユーザーの特徴・趣味趣向に加えて、タイ独自のEC決済事情および物流事情についても解説していきます。

1. EC(通販)サイトの基礎知識

そもそもECとは?

タイのEC(通販)サイトについて見ていく前に、まずはECについて簡潔に解説します。

そもそもECとは「electronic commerce」「E-Commerce」の略で、和訳すると「電子商取引」となります。インターネットを活用して商品やサービスを売買することです。

近年、スマホユーザーが増加し、インターネットショッピングは日本でも一般的なものとなりました。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などもネットショッピング利用率を高める追い風となっています。世界のインターネット普及率はまだ6割程度なので、インターネット普及率が上がれば上がるほど、ECサイトの利用者数も右肩上がりに増加していきます。

海外の越境EC市場に進出する際に知っておくべきこと

そして、海外の市場にアプローチする際に、海外の越境ECサイトに出店してコストを抑えることは非常に大きなメリットです。しかし海外でのeコーマス(通販)ビジネスを成功させるには、現地の法律や配送料などをしっかり調べておくことが重要です。

例えば、日本から海外へ商品を送る際には割高な国際配送料や関税を支払ったりする必要があるため、価格で勝負するよりは品質や独自性をアピールすることが大切です。

また、海外ECサイトでは現地通貨で決済されることがほとんど。商品の価格に為替レートによる大きな差が生まれることもあるでしょう。そのためには進出国のレートについて確認しておく必要があります。

そして何よりも、その国のEC(通販)事情について知っておくことが何よりも重要です。本テキストでは、タイのEC(通販)に関心があるアナタのために、タイで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説。さらにタイのEC(通販)市場規模およびタイのECユーザーの特徴に加えて、タイ独自のEC決済事情および物流事情についても解説していきます。

2. タイEC(通販)市場の基本情報

タイEC(通販)の市場規模とは?

2016年のタイのEC市場規模(BtoB、BtoC、BtoGそれぞれの市場の合計額)は、前年比12.4%増の2兆5,240億バーツでした。それぞれの市場の中で最も成長したのはBtoC市場で、7,293億バーツと、前年比43.0%増と高い伸び率となりました。

2017 年のEC取引実績は 1500 億バーツとなり、前年比 29%増。ですが、2017年時点でタイのECにおける売上高は小売事業総額の1.7%程度というデータもあります。今後さらなる成長が見込める市場と言えるでしょう。

タイ国内の生活水準やスマホの普及率が上がったため、ECサイト市場は年々拡大しており、購買行動としても、スマホからECに流入する流れが主流となりつつあります。タイの街中や電車の車内でもECサイトの広告が増えているようです。

また、タイEC の大きな特徴の一つはSNS。日本だとAmazonや楽天市場などが上位を占めているEC市場において、タイでは4割ものシェアをLINE,・Facebook・InstagramといったSNSが占めています。

タイのEC(通販)ユーザーの特徴

タイのインターネットユーザーの1日のインターネット利用時間は平均で6時間。日本人の1日のインターネット平均利用時間3時間45分に比べ、1.6倍となっています。タイのインターネット普及率は日本に比べるとまだまだですが、スマホ経由でインターネットを閲覧するユーザーの率は85.5%と非常に高いため、それに伴い、スマホからECサイトを利用する率も高いと考えられます。

また、日中はデスクトップPC、夜はスマホやタブレットでインターネットを閲覧しているユーザーが多く、複数の媒体を使い分けてインターネットにアクセスしているようです。

オンラインで商品を購入する前に商品の情報をリサーチする際には都市部で34%、郊外では 85%が携帯電話を使っているというデータもあります。かつてはインターネット掲示板や大手メディアの情報から商品購入を決めることが多かったようですが、現在では、スマホの普及やSNSの利用率の増加に伴い、FacebookやLINE、Instagramなどの画像や映像と親和性が高い媒体から情報を得ることが多くなりました。

もっとも人気の商品はゲームなどメディア製品や家電製品。次いで食料品・飲料も人気です。ネットで購入しても品質が変わらないものに人気が集まる傾向にあるようです。

タイのECユーザーは、娯楽としてネットショッピングを楽しむ傾向があると言われています。自宅で買い物をするとそれが翌日届く、というのは今までにない体験であり、エンターテイメントである、という捉え方をしているユーザーも多いようです。

3. タイEC(通販)の決済事情&物流事情

タイECにおける決済事情とは?

近年、タイでもネット・モバイルバンキングの普及が進み、スマホから手軽に買い物が可能になったのもタイECサイトの追い風になっています。ECサイトにおいても、クレジットカードやコンビニ決済だけでなく、LINE Payなどのウェブマネーが使えるようになっています。

国をまたいでの発送が必要な越境ECは、関税や食品医薬品局ライセンスの取得など、想定以上の関税支払いを要求されたり、商品が届かないなどのトラブルが多かったりと、タイのユーザーにとってはスムーズな購入体験とは言い難く、次回以降購入しなくなってしまう、というケースも少なくないようです。

タイECにおける物流事情について

タイは渋滞が多く、配送日時に影響があるかどうか、というのは企業としては非常に気になるところですが、ネットスーパーやフードデリバリーの配送手段はバイクなので、車に比べて渋滞の影響は少ないと言えます。もちろん車で配送が必要なものはどうしても渋滞の影響を受けてしまうようです。

大手ECモールであるLazadaは自社物流だけでなく、複数の国内物流会社や郵便局、日系・韓国系物流会社、グローバル大手などを使い分けて対応しています。 2006 年創業のタイの物流企業である KERRY EXPRESSは、Lazadaとの取引を皮切りに、他の人気 EC サイトとも提携し、急成長を遂げているそうです。

Lazadaと同グループであるアリババが出資する宅配サービス大手「百世」は、宅配サービス拠点をタイ国内にどんどん増やしています。ここでは日本の物流会社のように完全雇用の社員だけが宅配員ではなく、フランチャイズ契約の個人事業主も宅配員として採用しており、これによって人件費を削減し、輸送費を安価に保っているのだとか。

4. タイで人気のEC(通販)サイトランキング

ここからはタイで人気のECサイトをランキング形式で紹介していきます。

■1位:Lazada Thailand

Lazada Thailand

2016年4月に中国のアリババ・グループが経営権を取得したことで話題になった「Lazada」は、タイのAmazonとも呼ばれるほどタイでもっとも知名度の高いECサイトです。タイのみならず、東南アジアの各国にECサイトを展開しており、東南アジア最大級のオンラインショッピングサイトでもあります。

不動産、美容商品、生活用品、家電、ファッション雑貨など幅広い商品を取り扱っていますが、購入割合の上位3カテゴリは携帯・電化製品、ファッション、美容。3,000バーツ超の買い物をするユーザーが1割を超えており、これはShopeeの2倍以上です。また、Shopeeよりも平均購入単価が高い傾向にあります。

物流にも力を入れており、自社物流だけでなく複数の物流企業や郵便局などと提携し、それを使い分けて対応しています。

クレジットカードやデビットカード決済だけでなく、代引き・コンビニ決済・ウェブマネーでの支払いにも対応しており、LINE Payも利用可能です。「LAZADA Pay」という独自の決済サービスも。

■2位:Shopee Thailand

Shopee Thailand

Shopee Thailandは、シンガポールで2009年に設立されたネット通販会社が運営する、モバイル特化型オンラインマーケットプレイスです。

ショッピングアプリも提供しており、キャッチコピーは「携帯電話上のオンライン市場」。東南アジアでは以前から利用されていたECサイトでした。2017年、タイに上陸した際は、現地の有名人を起用した大規模なプロモーションで話題を集めました。

購入割合の上位3カテゴリは携帯・電化製品、ファッション、美容というのはLazadaと同じですが、ファッションと美容の購入割合はLazadaよりも多いです。平均購入単価はLazadaよりも低いものの、Lazadaよりも価格が安い商品や、アプリの使いやすさなどで好評を得ているECサイトです。

■3位:411eStore(旧11street Thailand)

411eStore

ファッション、家電、雑貨、健康、美容、子供向け商品、レジャー・スポーツ用品、リビング用品など多岐にわたるカテゴリーの商品を扱い、2018年2月時点で23,000以上のベンダーがいた韓国資本のECサイト「11street Thailand」。

2018年に資金不足に陥り、タイの海運大手企業であるトレセンタイ・エージェンシー(TTA)のオーナー、Kungchalermchai Mahagitsiri氏の出資によって救済され、「11street」から「411eStore」にブランドを変更しています。

若い女性に人気の高い韓国製コスメアイテムが強みで、当初は交通広告などを大々的に行い、勢いがあったECサイトですが、現在は2強のLazadaとShopeeに水を開けられている模様。

4位:JIB

JIB

上位3位のECサイトはさまざまなカテゴリーの商品が取り揃えられていますが、「JIB」はタイ資本のECサイトです。

コンピュータ・IT製品専門のサイトとして、技術製品やガジェットを扱っており、それらの特化型ECと言えるユニークなサイトとして知られています。

5位:TARAD

TARAD

1999年にタイ初のECモールとしてオープンした 「TARAD 」。

2009年に楽天が株式の過半数を買収したものの、収益向上の目処が立たず、2016年に売却しました。現在は、タイ国内企業向けのワンストップサービスソリューションを目指したモール展開をしています。

5. タイEC(通販)サイトの将来&トレンドとは?

SNSにおける個人間取引やCtoB取引が活性化

2016年11月、アリババの金融子会社アント・フィナンシャルがタイ最大財閥CP傘下のアセンド・マネーと戦略的提携を発表しており、アセンド社の事業規模を生かし、タイとASEAN主要国のオンライン決済市場へ進出するとしています。

近年、タイではECサイトだけでなく、SNSを使用して個人間やCtoBで商品を取引するユーザーが増えています。タイにおいてはFacebookとLINEの利用率が高く、こういったSNS上に商品の写真を掲載して販売しているユーザーも多いですが、Instagramでファッション系の販売ビジネスをしている個人事業主もたくさんいるようです。

タイのEC市場は確実に拡大しており、ECサイトでの商品購入は今後もさらに身近になっていくことでしょう。タイにおける平均給与額が年々向上していることなども、EC市場の追い風となると予想されます。

6. 優良なタイ進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのタイ進出サポート企業をご紹介します

今回は「タイEC(通販)サイトの基礎知識」として、タイで人気があるEC(通販)サイトをランキング形式で解説。さらにタイEC(通販)の市場規模およびタイECユーザーの特徴に加えて、タイ独自のEC決済事情および物流事情について解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した、様々な支援を行う優良なタイ進出サポート企業が多数登録しています。

「タイのEC出店をサポートしてほしい」「タイのEC出店を検討しているが、何から始めていいのかわからない」「タイのECモール出品代行に必要な費用が知りたい」…といった、タイのEC出店に関する課題はもちろん、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのタイ進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないタイ進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

オススメ

GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア イギリス ドイツ トルコ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 オセアニア アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

INASIA合同会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム インド モンゴル その他アジア イギリス ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 その他英語圏

オススメ

GoGlobal株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア アメリカ オセアニア

オススメ

YCP Group

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア イギリス ドイツ ヨーロッパ アメリカ オセアニア その他英語圏

オススメ

株式会社プリンシプル

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 タイ ヨーロッパ アメリカ その他英語圏

オススメ

サイエスト株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

(株)Fruits Planet Marketing and Consulting

対応国
イギリス ドイツ ヨーロッパ

オススメ

ハリーコンサルティング事務所

対応国
フィリピン

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう