Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネスサポート企業はこちら

検索フィルター

検索コンテンツを選ぶ

検索したいコンテンツを選んでください

国を選ぶ

検索したい国を選んでください

業種を選ぶ

検索したい業種を選んでください

課題を選ぶ

検索したい課題を選んでください

アメリカ進出で経理・会計関連の人材を採用するには?

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ市場へ進出を検討しているならば、アメリカにおける経理や会計、その他バックオフィスに関する業務の複雑性を理解することが重要です。

経理などのバックオフィス業務では、日米で法律や資料・データの提出方法が異なる場合も多く、より現地に合わせた専門的な知識が必須となります。時にはライセンスや特別な免許が必要な業務が発生する場合もあります。

自社でアメリカのバックオフィスに関する業務の遂行が難しい場合、アメリカ現地で人材を採用するか、業務委託やオンラインアシスタントを活用する方法があります。

この記事ではアメリカ進出における、経理やバックオフィス関連の業務を外注するメリットについて解説します。

1. アメリカ進出における経理などのバックオフィス業務の役割と重要性

経理などのバックオフィス業務の重要性

多くの日本企業がアメリカでビジネスを展開する際、経理部門は多岐にわたる業務をごく僅かな人数で作業しています。

また、データ入力や細かなプロセスが手作業で行われることが一般的で、作業者は膨大な数の細かいタスクに追われ、生産性が著しく低下する傾向にあります。

ノンコア業務に時間を費やす従業員は、本来の戦略的な業務や意思決定に十分な時間を充てることが難しくなり、時間に余裕がない状況で数多くの業務を遂行する場合には、ヒューマンエラーやミスが発生する可能性が高くなります。

経理・会計やバックオフィス関連はノンコア業務が多くあります。そのため誰でも簡単に行える作業のように感じるかもしれません。

ですが少しのエラーやミスがビジネスに大きな影響を及ぼす可能性も考えられるので、十分に注意を払って業務を行いましょう。

時には便利なビジネスツールやプラットフォームを活用し、業務の自動化も検討しましょう。

アメリカにおける会計業務の課題

アメリカでビジネスを行う場合、会計士のサポートを受けることは財務報告の正確性やアメリカの会計慣行に準拠する上で極めて重要です。

現地の専門家は財務報告基準や法令を熟知しており、言語や文化の違いを理解した上で的確な助言や指導を提供してくれます。

専門家のサポートは財務報告の品質向上やコンプライアンスの確保が可能となります。

またアメリカで一般的に使用されている会計ソフトやツールを導入・活用することも有益でしょう。

これらのツールはアメリカの会計慣行に適合し、効率的な財務データ管理や報告作業を支援してくれます。現地のソフトウェアやツールを使うことで、言語や文化の障壁を超えつつ、適切な財務報告を実現することができます。

バックオフィス業務にはたくさんの細々としたタスクがあるため、オンラインツールを有効活用することで、タスクの業務効率化を図れるほか、日本からも直接アクセスできるためデータや情報を簡単に共有することができます。

引用:オンラインアシスタント/Emily.ブログ

経理人材が直面する具体的な課題

少人数制で運営を行う海外ビジネスの場合、財務業務の専任の担当者がいなかったり、財務経験があまりない人物が業務を行うこともよくあります。このような状況では財務の実情や課題を把握することが難しくなります。

また日本本社の海外事業責任者や財務担当者も、現地の法制度、会計制度、税制の知識がない場合があり経理部門としてうまく稼働できていないこともあります。

海外ビジネスを行う場合に経理部門で起こりうる問題を理解し、解決すべき重要な点を明確にし解決手法を検討するようにしましょう。

具体的には現地法人責任者のトレーニング、日本本社の経理体制と人材育成の強化、アメリカの拠点の経理担当者の適正な採用と育成、規定の整備、内部監査の実施、そしてシステムの効果的な活用などが挙げられます。これらの対策を通じて、アメリカ拠点の財務状況や問題点を的確に把握することが重要です。

引用:オンラインアシスタント/Emily.ブログ

2. アメリカ市場進出前に知っておくべき経理の基礎知識

米国タックス制度や会計基準(GAAP)について

日本企業がアメリカ市場で財務報告を行う際に直面する課題として、アメリカと日本の会計基準の違いがあります。

アメリカでは一般に公正妥当と認められた会計原則に基づいた会計基準(USGAAP)に基づいて財務諸表を作成します。

日本でも米国会計基準や国際会計基準(IFRS)を採用する会社もありますが、多くは日本独自の会計基準(JGAAP)を採用しています。

この違いは、財務報告の内容や形式において大きな影響を及ぼす可能性があります。

日本企業は専門的なサポートや適切なリソースを活用して、日米の会計基準のギャップを克服し、正確な財務報告を行うことが求められます。

引用:オンラインアシスタント/Emily.ブログ

労働法やビザ問題と人材採用について

アメリカで人材雇用する場合、最も重要なことは労働可能なビザを保持しているかということです。

アメリカ国籍やアメリカの市民権を持っていない場合、特に留学生や駐在員の帯同家族などが保持しているビザでは労働できない可能性もあります。

労働ビザを保持していない場合、アルバイトやパートタイム勤務だとしても働くことができません。

万が一労働ビザを保持していない人材を雇用した場合、雇用者と労働者共にペナルティーが課せられ最悪の場合、アメリカから退去、再入国禁止となる場合もありますので十分に注意しましょう。

文化的違いとコミュニケーションスタイルの理解

先ほど労働ビザに関してお伝えしましたが、アメリカで労働することが可能な人材を雇用した場合でも気をつけたいことがあります。

それは労働に関する考え方や認識の違いです。アメリカでの働き方やコミュニケーション方法が非常にカジュアルだと感じる場合があるでしょう。

アメリカでは年功序列制度や終身雇用という考え方はなく、優秀な人材であれば年齢や在籍期間に左右されることなく昇給や昇進が行われるのが一般的です。

また仕事とプライベートをはっきりと線引きしている場合も多く、よほどのシチュエーションでない場合、契約に含まれない残業や休日出勤など行う必要がありません。

また給与や福利厚生もアメリカ基準またはそれ以上で設定しなければ、アメリカで労働が可能な優秀な人材を雇用することが難しくなるでしょう。

経理人材に必要なスキル

経理部門では財務文書や記録を作成・管理します。また会計スキルを駆使して、それらの記録を分析、解釈し、法的規制への準拠を確保します。

アメリカで経理部門として行う主な業務として、監査、法廷会計、管理会計などがあります。

それぞれの業務は多岐に渡りますが経理が必要とされる主なスキルは、財務分析、批判的思考、エラー発見、チームワーク、専門的な財務系ツールを使いこなせることなどです。

生まれつきこれらの分野における才能を持っている人材もいますが、経理部門における必要不可欠なスキルはすべて習得することが可能なので、アメリカ現地の会計システムを学ぶこともひとつの手だと言えるでしょう。

出典:Accounting.com

3. アメリカで人材を採用する際に意識すべきポイント

この項では、アメリカ進出において、現地人材を採用する際に注意すべきポイントについて解説します。

ポイント① 日米のビジネス文化の違いを考慮する

アメリカで人材採用を行う場合、日本とアメリカのビジネス文化が異なっていることを理解しましょう。

1番大切なことが対話とコミュニケーションで、アメリカで労働する人材をしっかりと理解するように心がけます。

日本企業がアメリカ進出する場合、日本のビジネス文化や給与体制・福利厚生と全く同じ条件でアメリカで採用活動を行う日本企業が非常に多いです。

ですが、日本とアメリカでは全くもってビジネス文化が異なります。給与体制・福利厚生はもちろんのこと、労働時間や勤務態度などもアメリカの文化を深く理解したうえで採用ルールを選定して下さい。

ポイント② リモートワークの導入を検討する

職種によって可能・不可能は問われますが、オフィス勤務などパソコンや電話で働く環境の職種の場合、リモートワークかハイブリットの導入をおすすめします。

新型コロナウィルスの発生以降、リモートワークを導入する企業が爆発的に増えました。

その際にリモートワークの便利さに気づいたオフィス勤務をする人々が新型コロナウィルスが落ち着いた今もなお、引き続きリモートワークを希望する状況となっています。

現在、会社によってはリモートワークを全面的に廃止とし、オフィス勤務に戻るように指示していたり、週2-3回はオフィスに出社する必要があり、その他の日は自宅でリモートワークを行うというハイブリット勤務も主流となってきています。

ですが完全リモートワークに慣れたアメリカのオフィス勤務の人々は、通勤に時間を費やしたくない、仕事と家庭が両立しやすい、オフィスから遠くに引っ越した、などの理由からオフィスへ出社が必要な企業では今後働きたくないと考えています。

より多くの優秀な人材にリーチしたい場合、リモートワークやハイブリットの導入と継続を目指し、働きやすい企業であることをアピールしましょう。

4. アメリカ進出で経理を採用する3つの方法

ここからは、アメリカ進出で経理を採用する3つの方法について解説します。

方法① 自社採用(現地人材 or 日本人材の派遣)

一番初めに思い浮かぶ人材確保の方法として、現地採用をイメージされる日本企業が多いともいます。

まず現地採用の場合、すでにアメリカ現地で経理や会計士としての経験を持つ人材を雇用することができます。

すでにスキルのある人材を雇用することで、知識がなく誤った手続きを行なったり不明点や疑問点から作業が滞ることを未然に防ぐことができます。

ですがある程度の専門知識があり業務経験がある人材の場合、高額な給与でなければ雇用することができない可能性が高いです。また保険などの福利厚生も一般的なアメリカ企業と同等のレベルで準備する必要があります。

次に日本本社から駐在員を派遣することも非常にポピュラーであると言えます。

この場合、日本本社から派遣されているので事業や社内のこともよく理解しているため、人材教育やオリエンテーションの必要がなく、日本企業が求める働き方を実施してくれることでしょう。

ですが、専門用語が多い経理部門で英語で業務を遂行することは非常に難しく、ミスにつながってしまう可能性も高いです。

また社内に相談できる人材がいない場合、アメリカの経理や会計を一から学習する必要もあるでしょう。

方法② 業務委託

自社採用が難しい場合には業務委託という選択肢もあります。

アメリカの経理や会計事務所などに業務委託を行なったり、フリーランスで活躍する現地の個人に業務委託するなど、その方法は様々です。

業務委託の場合、委託する業務を選択することができるので簡単な作業を内製化し、また人的に確認が必要な業務は日本本社や現地ビジネス担当者が可能な限りの業務を行うことで、コスト削減につなげることが出来ます。

ただ業務委託先を十分にリサーチできず適切な業務委託先が見つからなかったり、業務委託先と十分に意思疎通ができる英語力がない場合などにトラブルが発生する可能性があります。

アメリカでコネクションがない場合や、業務委託先のアイディアがない場合など、業務委託を請け負う企業や個人を見つけることが難しいと言えるでしょう。

方法③ オンラインアシスタント

業務委託に不安がある場合には、オンラインアシスタントを活用すると良いでしょう。

オンラインアシスタントは、アメリカで主流になりつつある外注サービスで活用方法が多岐に渡ります。

また様々なビジネスや業務のサポートを行なっているので、書類にミスや不備がないかなどの確認業務のみを依頼したり、経理や会計に関するすべての業務を外注することも可能です。

さらにアメリカにおける経理部門のマニュアル作成や使用ツールの初期設定、書類提出の期限管理などもオンラインアシスタントにサポート依頼することが出来ます。

社内にビジネスレベルの英語話者がいない場合、日系のオンラインアシスタントサービスを利用すると良いでしょう。

日系企業の場合、日米バイリンガルのアシスタントが日本語でコミュニケーションを取り英語でアメリカ現地で手続きや作業をサポートすることが可能となります。

自社採用が難しく、業務委託先に関するコネクションやアイディアがない場合には、オンラインアシスタントの導入をおすすめします。

5. オンラインアシスタントの導入について

最後に、前項にて解説した「アメリカ進出で経理を採用する3つの方法」のひとつである「オンラインアシスタント」の導入について解説します。

経理部門にオンラインアシスタントの導入を検討している場合、自社で受け持つべき作業と、外注できる作業の選別を行うことが大切です。

セキュリティーや管理が厳しいものや、社外秘の情報などの外部に共有することが出来ないものを「コア業務」とします。

日々のルーティン作業やシステムやツールへのデータ入力、カスタマーサポートやスケジュール管理など、マニュアルやルールを作成した場合に多くの人材が作業をこなすことができるものを「ノンコア業務」とします。

以下より「コア業務」と「ノンコア業務」について解説します。

コア業務

・財務報告と監査対応

経理部門は企業の財務状況を正確に報告し、外部監査や規制当局との対応を行います。これには、財務諸表の作成や監査報告書の準備が含まれます。

・予算策定と管理

アメリカでの事業展開においては、予算策定と管理が重要です。経理部門は、予算の立案、監視、調整を行い、会社の財政状況を最適化します。

・税務管理

アメリカの税法の遵守と効率的な税務計画は、アメリカにおける日本企業の成長戦略において不可欠で、税務申告書の作成や税務調査への対応を担当します。

・資金管理

アメリカ市場での事業運営には、適切な資金管理が欠かせません。経理部門は、資金の調達、予測、および運用を管理し、企業の財務安定性を確保します。

ノンコア業務

・データ入力と集計

日々の取引データの入力や集計の業務は、経理部門の時間とリソースを日常的に使用するため、効率的な方法で処理される必要があります。

・支払い処理

請求書の処理や支払いの発行は、時間を要する作業ですが、業務の効率化や自動化が可能です。これらの業務を自動化するためのシステムの設定や管理を依頼することができます。

・文書管理

請求書や契約書などの文書の整理、保存、およびアーカイブは、経理部門の業務の一環ですが、これらのタスクは時間を要することがあるので、文書管理システムの整備やデータの整理を依頼することができます。

・経費精算

従業員の経費精算は、経理部門の重要な業務ですが、手作業による処理が多いため時間がかかります。経費精算システムの導入やデータ入力のサポートを依頼することが可能です。

引用:オンラインアシスタント/Emily.ブログ

6. アメリカ進出なら「COEL, Inc.」におまかせください

今回は、アメリカ進出時に経理や会計などのバックオフィス関連の人材採用に関してご紹介しました。

アメリカでのビジネスにおいては、アメリカの経理・会計システムを深く理解している人材を採用・雇用しましょう。

日本とアメリカではルールやシステムが異なるので、日本本社や日本の経理部門が業務を担っている場合、アメリカ現地で資料やデータを確認しミスや不足などを発見してもらえるようにしましょう。

また自社でアメリカの経理部門の作業が難しい場合、業務委託やオンラインアシスタントの導入を検討すると良いでしょう。

アメリカ市場に特化した日本語・英語 対応の「オンラインアシスタント/Emily.」

日本企業がアメリカに進出する場合、特にオススメなのは現地のビジネス習慣をよく理解したオンラインアシスタントです。

私たち「COEL, Inc.」は〝アシスト〟というアプローチで、日本企業のアメリカ進出をサポートしています。

「COEL, Inc.」がご提供する、アメリカ市場に特化した日本語・英語 対応のオンラインアシスタントサービス「オンラインアシスタント/Emily.」では、アメリカ在住の日米バイリンガルのアシスタントが所属しており、アメリカでビジネスを営む日本企業のサポートを行なっております。

アメリカ進出のサポートから、実際に現地でビジネス運営を行う企業のサポートなど、様々な日本企業のアメリカでのビジネスパートナーとして活動しています。

アメリカ進出をご検討の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • 株式会社ダズ・インターナショナル

    *欧米+アジアへの海外進出を"デキル化"伴走サポート*

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    550
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちは日本企業のアメリカ・東南アジア・東アジアへのグローバル展開をサポートします。

    支援実績社数500社を超え、見えてきた成功と失敗の共通点・傾向から、"企業の「やりたい」を『デキル化』する" をモットーに、新しい市場への挑戦に伴走します。

    事業をしっかり前に進めるための"デキル化支援"として、これまでに携わった海外進出支援の中で、効果的な支援手法として、これらの3つのサービスラインナップを用意しております。

    ------------------------------------

    01:デキル化伴走サポート
    私たちが貴社のグローバルマーケティングチームになります。

    海外進出のアイデア段階から伴走し、すべき/すべきでないことをミエル化し、デキるサイズ(実現可能な行動)に落とし込み、デキル化。

    貴社のグローバルマーケティングチームとして積極的な事業推進を伴走します。

    ------------------------------------

    02:グローバルマーケティング各施策
    各フェーズ(調査・設計・実施)で、幅広い施策サポートを。
    海外進出の各フェーズ・各施策を必要な分だけサポート。
    ご要望と協議により、最適な関わり方・契約形態にて支援。

    ------------------------------------

    03:グローバルデキル化エージェントサポート

    私たちが貴社の海外ビジネスのハブ役(エージェント)を担います。

    グローバル展開に必要な現地企業・専門企業/専門家を、探索〜選定〜交渉まで実施。
    "どのような企業が事業推進に必要になるかの設計"から携わります。

    貴社にとってどんな企業がパートナーとして最適か、第三者視点で精査・提案いたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    以下2点が私たちの海外進出支援におけるバリュー(&理念)です。

    ■第三者ならではの貢献
    企業支援の現場で私たちは「売る側」でも「買う側」でもない、第三者です。
    私たちは「売る側」にも「買う側」にも肩を入れない、俯瞰的な位置に在るべきだと考えています。

    "新しい市場でビジネス展開するためには、これらの3つの視野が必要"です。
    - 主観:進出する企業(売る側|販売主の視野)
    - 客観:進出する企業のお客様(法人・個人)や取引企業(買う側|消費者の視野)
    - 俯瞰:わたしたち(第三者|売る側と買う側を俯瞰した視野)

    それぞれの視野・立場だからこそ気づけること・見えること・わかることがあり、当然、偏りもある中でそのバランスをまとめる第三者が必要になります。

    私たちはこれまで多くの支援実績やノウハウ(企業の成功・失敗の傾向と対策)に加え、第三者ならではの冷静さを持ち、事業推進を共に進めていく伴走者です。

    ------------------------------------

    ■会話にこだわり抜くこと
    たとえば「成功したいんです」「失敗したくないんです」というコトバ。
    これらのコトバたちは人によって意味も定義もまるで違うものです。

    私たちは企業との会話で聞きます。
    「あなたにとって成功とはどのような状態ですか?」
    「失敗とはどのような状態ですか?」

    どのような意味・思惑・意志を持ったコトバなのかもわからなければ、貢献なんてできません。
    わかった気になって、会話のつもりが独り言になってしまうと、不協和音は鳴ってしまうものです。

    私たちは、どんな当たり前のことも聞き、話します。
    私たちの仕事において、会話はもっとも重要です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • グローハイ株式会社

    日本企業の世界での売上達成の実現に特化したサービスを提供します

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    対応
    スピード
    知識

    日本に留まらず更なる成長を目標にグローバルに挑戦し続ける日本企業にとって信頼のおける長期的なパートナーであり続けることが私たちの企業使命だと考えております。日本企業の幹部や海外展開のプロジェクトリーダーと共にアメリカに本社を構える私たちの多様な専門性、経験、文化的背景を持つ人材、過去にアメリカや中国やヨーロッパで培ってきたビジネスプロセス、現地ネットワークを最大限に活用し各クライアント特有のビジネス目標を達成させます。

    グローハイは戦略コンサルティング、プロジェクトマネジメント、オペレーションサポートと幅広い分野で海外で成功する為の下記のようなサポートを実施しております。

    ・アメリカ、ヨーロッパでの売上達成
    ・アメリカ、ヨーロッパでの販路拡大
    ・アメリカ、ヨーロッパでのECサイト構築とデジタルマーケティングサポート
    ・効率的かつ低リスクでのアメリカ進出、ヨーロッパ進出
    ・戦略的パートナーマネジメント
    ・アメリカでのM&A
    ・アメリカでの会計、人事、法務の業務委託

    グローハイはこれまでに中小企業から大企業まで様々な規模、業界の数多くの日本企業のアメリカ進出、中国進出、ヨーロッパ進出を成功に導いてきました。

  • 株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

  • 尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • 株式会社ダズ・インターナショナル

    *欧米+アジアへの海外進出を"デキル化"伴走サポート*

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    550
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちは日本企業のアメリカ・東南アジア・東アジアへのグローバル展開をサポートします。

    支援実績社数500社を超え、見えてきた成功と失敗の共通点・傾向から、"企業の「やりたい」を『デキル化』する" をモットーに、新しい市場への挑戦に伴走します。

    事業をしっかり前に進めるための"デキル化支援"として、これまでに携わった海外進出支援の中で、効果的な支援手法として、これらの3つのサービスラインナップを用意しております。

    ------------------------------------

    01:デキル化伴走サポート
    私たちが貴社のグローバルマーケティングチームになります。

    海外進出のアイデア段階から伴走し、すべき/すべきでないことをミエル化し、デキるサイズ(実現可能な行動)に落とし込み、デキル化。

    貴社のグローバルマーケティングチームとして積極的な事業推進を伴走します。

    ------------------------------------

    02:グローバルマーケティング各施策
    各フェーズ(調査・設計・実施)で、幅広い施策サポートを。
    海外進出の各フェーズ・各施策を必要な分だけサポート。
    ご要望と協議により、最適な関わり方・契約形態にて支援。

    ------------------------------------

    03:グローバルデキル化エージェントサポート

    私たちが貴社の海外ビジネスのハブ役(エージェント)を担います。

    グローバル展開に必要な現地企業・専門企業/専門家を、探索〜選定〜交渉まで実施。
    "どのような企業が事業推進に必要になるかの設計"から携わります。

    貴社にとってどんな企業がパートナーとして最適か、第三者視点で精査・提案いたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    以下2点が私たちの海外進出支援におけるバリュー(&理念)です。

    ■第三者ならではの貢献
    企業支援の現場で私たちは「売る側」でも「買う側」でもない、第三者です。
    私たちは「売る側」にも「買う側」にも肩を入れない、俯瞰的な位置に在るべきだと考えています。

    "新しい市場でビジネス展開するためには、これらの3つの視野が必要"です。
    - 主観:進出する企業(売る側|販売主の視野)
    - 客観:進出する企業のお客様(法人・個人)や取引企業(買う側|消費者の視野)
    - 俯瞰:わたしたち(第三者|売る側と買う側を俯瞰した視野)

    それぞれの視野・立場だからこそ気づけること・見えること・わかることがあり、当然、偏りもある中でそのバランスをまとめる第三者が必要になります。

    私たちはこれまで多くの支援実績やノウハウ(企業の成功・失敗の傾向と対策)に加え、第三者ならではの冷静さを持ち、事業推進を共に進めていく伴走者です。

    ------------------------------------

    ■会話にこだわり抜くこと
    たとえば「成功したいんです」「失敗したくないんです」というコトバ。
    これらのコトバたちは人によって意味も定義もまるで違うものです。

    私たちは企業との会話で聞きます。
    「あなたにとって成功とはどのような状態ですか?」
    「失敗とはどのような状態ですか?」

    どのような意味・思惑・意志を持ったコトバなのかもわからなければ、貢献なんてできません。
    わかった気になって、会話のつもりが独り言になってしまうと、不協和音は鳴ってしまうものです。

    私たちは、どんな当たり前のことも聞き、話します。
    私たちの仕事において、会話はもっとも重要です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • グローハイ株式会社

    日本企業の世界での売上達成の実現に特化したサービスを提供します

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    200
    価格
    対応
    スピード
    知識

    日本に留まらず更なる成長を目標にグローバルに挑戦し続ける日本企業にとって信頼のおける長期的なパートナーであり続けることが私たちの企業使命だと考えております。日本企業の幹部や海外展開のプロジェクトリーダーと共にアメリカに本社を構える私たちの多様な専門性、経験、文化的背景を持つ人材、過去にアメリカや中国やヨーロッパで培ってきたビジネスプロセス、現地ネットワークを最大限に活用し各クライアント特有のビジネス目標を達成させます。

    グローハイは戦略コンサルティング、プロジェクトマネジメント、オペレーションサポートと幅広い分野で海外で成功する為の下記のようなサポートを実施しております。

    ・アメリカ、ヨーロッパでの売上達成
    ・アメリカ、ヨーロッパでの販路拡大
    ・アメリカ、ヨーロッパでのECサイト構築とデジタルマーケティングサポート
    ・効率的かつ低リスクでのアメリカ進出、ヨーロッパ進出
    ・戦略的パートナーマネジメント
    ・アメリカでのM&A
    ・アメリカでの会計、人事、法務の業務委託

    グローハイはこれまでに中小企業から大企業まで様々な規模、業界の数多くの日本企業のアメリカ進出、中国進出、ヨーロッパ進出を成功に導いてきました。

  • 株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

  • 尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破