• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019年版】台湾経済の最新状況 | 次期総統選に向けて輸出減速は改善できるのか?

掲載日:2019年07月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾経済の最新状況と、2019年以降の台湾経済の成長率、およびその見通しについて解説します。

2019年2月、台湾の行政院(内閣)は、2019年の実質GDP成長率が前年比2.27%になる見通しを発表しました。確かに成長率ではやや鈍化しているものの、2018年の第2四半期まで3%台を維持しており、2019年にかけては2%台後半ながらも緩やかに回復していくと見られています。

2016年より初の女性総統として蔡英文(さい えいぶん)氏が就任し、現・蔡政権では「新南向政策」を掲げ、さらなる経済成長を目指している台湾。随一の親日国としても知られており、日本製品の需要も高いことでも有名です。

ただ、台湾経済は電子機器関連を輸出の主要品目としており、その特徴である輸出依存度が高い性格は、2018年の始めより勃興した中国・アメリカの米中貿易戦争の悪影響も受けていることは否ません。さらに20年1月に控えた次期総統選では、鴻海(ほんはい)精密工業の郭台銘(かくたいめい/テリー・ゴウ)董事長が最大野党・国民党からの出馬を表明し、現・蔡英文政権の経済政策をめぐる政争も注目されています。

本テキストでは、台湾経済の最新動向と、基本情報も踏まえながら、主要国との関係、さらには日本企業が台湾に進出する際のメリットについても詳しく解説します。

1.台湾経済の最新状況

2019年の実質GDP成長率は前年比2.27%

2019年2月、台湾の行政院(内閣)は、2019年の実質GDP成長率が前年比2.27%になる見通しを発表しました。2018年の実質GDPM成長率は2.63%だったが、2019年における潜在成長率は3%弱とされたことになり、景気はやや減退する模様です。

ただ、確かに成長率ではやや鈍化しているものの、2018年の第2四半期まで3%台を維持しており、2019年にかけては2%台後半ながらも緩やかに回復していくと見られています。

台湾経済の特徴として、もともと輸出依存度が高く、その内訳としても、電子機器関連を輸出の主要品目としていることから、2018年の始めより勃興した中国・アメリカの米中貿易戦争を含む世界経済の停滞に大きく影響を受けていることが要因です。事実、2019年の輸出の前年比伸び率は0.19%となっており、18年の約6%から大幅に縮小しています。

もちろん米中貿易戦争の影響は台湾だけではありませんが、同国の主力産業でもあるIT関連の輸出が低迷しているのはまぎれもない事実。

台湾では2020年1月に次期総統選が行われる予定ですが、台湾独立志向を持つ与党・民主進歩党(民進党)と、対中融和路線の最大野党・国民党との間での、対中経済問題に関する争点が注目されています。

また、鴻海(ほんはい)精密工業の郭台銘(かくたいめい / テリー・ゴウ)董事長が最大野党の国民党からの出馬を表明していることも話題となっています。

2.台湾経済における輸出と個人消費の位置づけとは?

経済成長は低調も個人消費は今後も拡大の見込

前項を踏まえた上で、今後の台湾経済は、やや低調ながらも成長する見込みです。その一方で、個人消費も拡大するという予測があります。これは、国内失業率の低下や「一例一休」制度の導入による残業代の支給で、所得が増えたことが起因しています。

2019年以降も輸出部門が大きく減退することはなく、さらには賃金の上昇もその一因としています。先述のように輸出部門も緩やかな横ばい状況のため、個人消費は緩やかに上昇していくと見られています。

次世代インフラ建設で投資の強化を目指す

2017年に台湾政府が定めた「前瞻基礎建設計画」では、次世代インフラの建設を行うことで、投資の強化を目指しています。具体的には…

(1)風力発電や太陽光発電等のグリーンエネルギー
(2)ネットやITインフラ
(3)治水、水供給等の環境インフラ
(4)高速鉄道や台湾鉄道の高度化、都市MRT等の鉄道インフラ
(5)駐車問題の改善、道路の改善等の都市・農村インフラ

を挙げています。その中でも特に金額的に大きいのは、鉄道インフラの整備となっており、訪台した観光客や現地の住民の生活の高めることを優先としていることが考えられます。

3.台湾経済と「新南向政策」

ASEAN・南アジア諸国との関係を強化

2016年より、馬英九(ば えいきゅう)総統に代わり、蔡英文(さい えいぶん)氏が台湾総統として就任しています。

蔡政権の経済政策として特徴的なのは「新南向政策」です。これは、蔡総統就任後の2016年に打ち立てられた政策で、経済発展が著しいASEAN10ヵ国、南アジア6ヵ国、オーストラリアとニュージーランド、計18ヵ国との関係を強化し、台湾の経済発展を目指すといった政策です。

この政策では、下記4つの軸を主軸として、経済成長を目指すとしています。

(1)経済貿易協力
(2)人材交流
(3)資源の共有
(4)地域の連携

経済貿易協力では、ターゲット国のインフラ建設協力や、スマート医療、IoTシステムの輸出、さらにはEコマースでの台湾製品の発信、教育やヘルスケア分野での輸出の推進を目指しています。

人材交流では、専門性の高い人材を育成・交流を図るとしています。具体的には、台湾の大学の海外分校の設立、台湾専門のクラスの設立をすることで、台湾の専門家の育成の強化を目指します。また、交流促進の為にビザ申請等の手続きを簡素化する計画があります。

台湾で働いている外国人専門家や技術者には、評価制度を設け、一定の基準を満たした場合にビザの延長許可措置が可能になる施策も盛り込まれています。

資源の共有では、文化や観光、医療等のターゲット国の生活の質向上を目指すとしています。

文化面では、メディアやゲームを利用した台湾のブランディングの向上、観光分野では、ターゲット国からの旅行者へのビザ規制緩和、医療分野では、医薬品の認証、新薬、医療機器の開発の協力を目指しています。

最後に地域の連携では、ASEANやインドとの経済連携協定締結を積極的に図るとしています。これにより、台湾からのターゲット国への投資を期待しています。また、南アジアへの進出も第三国との連携で目指すとしています。

4. 台湾の基本情報

初の女性総統が担う台湾

この項からは、改めて台湾の基本情報について解説します。台湾は、約2,400万人の人口で、面積は九州より少し小さく、主要都市は、台北市や高雄市があり、経済や観光の拠点となっています。主要言語は、中国や台湾語、客家語となっています。

台湾では、中国国民党の流れを汲んでいることから、「三民主義(民族独立,民権伸長,民生安定)」による民主共和制が敷かれており、更には、五権分立(行政,立法,監察,司法,考試)という制度があります。

現在、台湾の元首である総統には、蔡英文(さい えいぶん)氏が務めており、台湾初の女性総統として話題になりました。

現在、3年目の任期を迎えていますが、中国との両岸政策や経済政策で、大きな成果が見られないことから、国内では支持率が下落しており、不支持率が支持率を上回っている状態が2017年の11月から続いています。

また、近年では2018年6月の大阪北部地震や7月の西日本豪雨の際に、蔡英文総統がtwitterに投稿した日本語のお見舞い文が注目を浴びました。西日本豪雨では、2,000万円の義援金を台湾政府が寄付しています。

5. 台湾と主要諸国との関係は?

切っても切れない中国との関係

中国と台湾は、政治的な関係は非常に悪いですが、経済的にみると、2017年度も中国への輸出が台湾全体の約3割を占めており、中国の存在感は大きいといえます。今後も蔡政権は、中国との経済関係を維持していくとの見方もありますが、政治と経済のダブルスタンダードとなっており、両国関係は、不安定であると見ることもできます。

特に両国では、「92年合意」を巡って対立しています。この「92年合意」は、「中国と台湾は一つの中国である」というもので、中国側としては、「台湾は中国の一部である」という前提の下で、経済活動、外交活動を継続しています。

最近では、中国当局が各国の航空会社に「台湾」の表記を改めるように強制したこともあり、「92年合意」問題が再び世界的に取り上げられるようになりました。

歩み寄りを見せるアメリカとの関係

アメリカと台湾の関係は良好です。2018年3月にはアメリカ議会で「台湾旅行法」が可決され、全レベルのアメリカ職員が、台湾当局の職員との面会ができるようになりました。また、台湾にとって中国だけでなくアメリカも有力なビジネスパートナーでもあることから、今回の米中貿易摩擦問題は、看過できない問題になっています。

先の「台湾」の表記問題では、トランプ大統領は、中国の呼びかけに対し批判をしています。アメリカとしては、激化する米中貿易摩擦の中で、台湾に歩み寄っていると見ることができます。

6.台湾進出のメリット

経済特区で優遇制度あり

日本と台湾は、非常に良好です。特に台湾は親日国として知られています。経済的にも日本は、台湾にとって主要なパートナーとなっており、今後は新南向政策の下に、経済協力か拡大することが考えられます。

具体的な分野としては、バイオやロボットのハイテク産業分野や医薬品分野、IoTを用いたクリーンエネルギー分野、介護やバリアフリーのようなヘルスケア分野が挙げられます。

将来、台湾としても第三国と協力して南アジア(インド、バングラデシュ等)への進出を計画していることから、共同出資の合同会社設立、三国間貿易などの施策が考えられ、台湾企業との協業は、潜在的な可能性があると言えます。

海外進出の第一歩としての可能性

台湾では、進出する際に日本のビジネスモデルを大きく変える必要がないというメリットがあります。これは、台湾と日本の企業文化が似ていることが要因の一つとして考えられます。

中国やタイ・シンガポール等のASEANに進出する際には、ビジネスモデルを大きく変える場合があり、台湾でも多少ビジネスモデルを変える必要がありますが、中国や東南アジアと比べて、その手間はかかりません。

また、香港やシンガポールと比べて不動産コストは低いため、最初の海外進出としても非常に魅力的です。

7. 優良な台湾進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの台湾進出サポート企業をご紹介します

今回は台湾経済の最新動向を見てきました。台湾は、日本との国交は持っていないものの、日本に関心がある人が多く、ジャパンブランドも受け入れられやすいと考えられます。また、個人消費も堅調なことから、外食や飲食産業にも需要があるかもしれません。一方で、訪日台湾旅行客も多いため、国内のインバウンド市場にも需要があるといえます。

従来より親日で潜在性が高い台湾ですが、現地に進出する際には、もちろん現地のパートナーを探すことがもっともスムーズです。その際に必要なのは、そのような手続きのサポートです。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な台湾進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「台湾進出の戦略についてサポートしてほしい」「台湾での事業計画立案のアドバイスがほしい」「台湾に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る台湾進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの台湾進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない台湾進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(参照文献)
「台湾 基礎データ」 外務省
「台湾の「新南向政策」の推進計画について」 台北駐日経済文化代表処(2016年10月14日)
「台湾経済の動向と日本企業台湾進出有望業種」」野村総合研究所(2016年12月)
「台湾経済の現状と展望~発足1周年を迎えた蔡英文政権の課題~」 みずほ総合研究所(2017年6月)
「トランプが「台湾旅行法」に署名すれば戦争に発展=中国国営英字紙」 Newsweek(2018年3月2日)
「蔡総統就任2周年 支持率前月より回復も30%台=民間団体/台湾」 フォーカス台湾(2018年5月20日)
「台湾が西日本豪雨の義援金2千万円贈呈」 日本経済新聞(2018年7月12日)

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

「Digima〜出島〜」編集部

「Digima〜出島〜」編集部

株式会社Resorz

あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう