Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

世界的なコンテナ不足はいつまで続く? なぜ海上運賃は高騰するのか? 2022年7月には北米港湾の労働争議リスクも!?

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際物流において「世界的なコンテナ不足」と「コンテナ運賃の急騰による海上輸送費の高騰」が、2022年の後半にさしかかっても、今なお続いています。

本テキストでは、なぜ世界的なコンテナ不足が起こっているのか? その原因とコンテナ不足がいつまで続くのかを解説。併せて、2022年を迎えてピークは打ったのの、依然として高水準をキープし続けている海上運賃の高値がいつまで続くのかについても解説します。

この度の世界的なコンテナ不足の原因と、その大まかな背景としては…

2018年からの米中貿易摩擦や2019年12月からの新型コロナ感染拡大による先行きの懸念によって、世界のコンテナ生産量の9割以上を占める中国におけるコンテナ製造量が減少。その後、いち早くコロナ禍よりV字回復を果たした中国の輸出と、欧米各国の巣ごもり消費の増加によって、世界的に輸送量が増大。

しかし従来のコンテナ不足もあいまってコンテナの回転率が著しく低下。さらにコロナ禍によって荷役作業が滞り港湾機能も大混乱に陥りました。その結果、北米航路の中でも特に北米西海岸の港湾が大混雑となりコンテナ船の運航遅延も各港湾で発生。

…といった様々な要因が複合的に絡まって、今回の世界的なコンテナ不足と海上輸送費の高騰が続いているのです。

今回の世界的なコンテナ不足によってコンテナ運賃が急騰すると、その分が転嫁されて輸送コストも当然アップします。その結果、各種の原材料や商品といった、多くのモノの価格が長期的に上昇してしまうケースも懸念されています。

本文内で詳しく解説しますが、コロナ禍を発端とした、今回の世界的なコンテナ不足は、2022年2月の中国の春節(旧正月)を境に収束していくだろうという見方が大半でした。

しかし2022年5月現在、事態はいまだ完全には収束しておらず、2022年7月には、現在の北米西岸労働協約の改定が控えていますが、米西海岸の港湾では、労働協約更新の度にストライキなどの紛争が生じており、今回の更新においても、港湾機能の低下が懸念されています。

さらに、2022年の前半で海上輸送費の高値はピークを打っているものの、それが以前のように下がる可能性は低く、それこそ2023年になっても海上輸送費は高水準をキープしていく…という予測も出てきています。

本テキストでは、ハード(船・トラック・倉庫)を持たない独立系フォワーダー(NVOCC)として知られるジャパントラストの代表である菅 哲賢(すが てつまさ)氏に、今回の国際物流における「世界的なコンテナ不足」と「コンテナ運賃の急騰」について解説していただきます。

Photo by @shawnanggg on Unsplash

1. コンテナ不足と海上運賃の高騰は今後いつまで続く?

2022年2月の中国の春節(旧正月)が過ぎた頃には状況が改善されるはず…だった?

まず最初に、現在のコンテナ不足と海上運賃高騰の今後についての考察を述べます。

結論から言えば、この未曾有の事態がいつまで続くのかは、誰にも分からないというのが正直なところです。

2020年においては、今回のコンテナ不足と海上運賃の高騰は、中国の旧正月後である2〜3月頃にはピークを迎えて、少しずつ改善傾向に向かうという見方もありました。しかし2021年の後半を迎えても、依然として困難な状況が続いていました。

コンテナ船の動きには季節性が深く関係しており、毎年9月頃にはクリスマスシーズンに向けた荷動きが活性化していくのが通常です。

今回のコンテナ輸送の遅延は、そんなクリスマスシーズンが過ぎ、さらには中国の工場労働者が休みになり、中国からの出荷が減少する春節の頃、要するに(世界的なコンテナ不足の発生より2度目の)2022年の旧正月が過ぎた頃には状況が改善されるという見方がありました。

2022年7月に北米西岸労働協約が改定。過去の改定の際には労働紛争も…

多くの専門家が、2022年2月の中国の春節(旧正月)が終わる頃には事態が収束に向かっていくという見方を持っていましたが、2022年を迎えると、今回の事態が2022年の終わりまで継続するという見方も出てきました。

なぜなら、2022年7月には、現在の北米西岸労働協約の改定が控えているからです。

米西海岸の港湾では、労働協約更新の度にストライキなどの紛争が生じており、過去の2002年および2014年〜2015年においても、大規模な労働争議が発生したことで、物流が混乱してしまった歴史があるのです。

今回の更新においても、港湾機能の低下が懸念されています。

いずれにせよ海上運賃の上昇はピークに達したものの、依然のような価格帯に下がるのは難しく、今後もしばらく海上運賃は高値をキープしていくという予測も濃厚になっています。なぜなら、ここまで述べたように、コンテナとそれを運ぶコンテナ船が世界中で不足していて、それらの生産が現場の需要に追いつくのには、まだまだ時間が必要だからです。

いずれにせよ、いまだ予断を許さない状況であることは否めません。

2. コンテナ不足の背景 / コロナ禍により世界的にコンテナ運賃が暴騰

世界のコンテナ運賃が過去最高値に急騰していた2021年後半

ここからは改めて世界的なコンテナ不足の要因と、その背景について解説していきます。

2022年の後半にさしかかった現在でも、世界的なコンテナ不足は、依然として続いています。

このセクションでは、直近の2021年後半における、世界的なコンテナ不足について見ていきましょう。

2021年の後半において、世界中のコンテナ運賃が過去最高値に高騰(暴騰)していました。

中国・上海発の運賃を例に挙げると、2021年7月下旬時点で、アメリカ東海岸向け40フィートコンテナ1個が10,0067ドルとなっており、データが存在する2009年以降で初の1万ドルの大台を突破。同じ上海からの欧州向け20フィートコンテナ1個も7,395ドルとなっており、前年同期比の8.2倍の高騰となっていました(上海航運交益所発表)。

また中国・上海からのオランダ・ロッテルダムまでの海上輸送運賃も、過去最高の10,0522ドルを記録。こちらも過去5年間におけるシーズン平均の6.47倍となっていたのです(ドリューリー・シッピング・コンサルタンツ発表)。

フレイトス・バルチック国際コンテナ指数が過去最高値を記録

世界の主要な14航路の40フィートコンテナ1個の運賃の12社の平均であるフレイトス・バルチック国際コンテナ指数(= FBX / Freightos Baltic Index )も、2020年11月時点で、40フィート(約12メートル)コンテナ1個当たり過去最高値の2,359ドルを記録していました。

さらにコンテナ運賃の急騰は続き、2021年5月21日には5,061ドルを記録。これは前年の1,471ドルと比較すると3.4倍もの上昇率となっていたのです。

コンテナ不足で日本の海運大手3社の利益が過去最高に

このような世界的なコンテナ運賃の上昇を反映して、国内の海運大手3社(日本郵船・商船三井・川崎汽船)の2021年4月〜6月までの決算が、それぞれこの時期としては過去最高となったニュースも話題となりました。

・日本郵船:1510億円
・商船三井:1041億円
・川崎汽船:1019億円


ちなみに日本郵船と商船三井の2021年4月〜6月の最終的な利益は、昨年度の1年間の利益を上回る結果となりました。

言うまでもなくその背景には、コンテナ物流の世界的な混乱が発生したことで運賃が急騰したことがあり、その状況が海運大手各社の空前の利益へとつながったのです。

コンテナ不足とコンテナ運賃暴騰の要因は「新型コロナの感染拡大」

結論から言ってしまえば、この度の世界的なコンテナ不足とコンテナ運賃の暴騰の要因は、新型コロナ感染拡大にあります。

世界的な新型コロナ感染拡大の影響は多岐に渡っていますが、こと国際物流にも多大な影響を及ぼしているのです。

次項では、その要因をさらに分解して詳しく分析していきましょう。

3. コンテナ不足・コンテナ運賃急騰の理由

コンテナ不足・コンテナ運賃急騰の要因は多岐に渡る

このセクションでは、世界的なコンテナ不足および海上運賃高騰の理由について解説していきます。

結論から言えば、その理由は多岐に渡っており、それらの要因が複雑に関連しながら状況を形成しています。以降より、コンテナ不足・コンテナ運賃急騰の理由を4つに分解して見ていきましょう。

container

① 新造コンテナの生産量の低下

そもそも世界のコンテナの9割以上(96〜98%)が中国で生産されています。しかし、日本郵船調査グループの「世界のコンテナ輸送と就航状況 2020年版」によると、その新造コンテナの生産量が、2018年と2019年の2年間で急激に減少したとされています。

その中国の新造コンテナ生産の急減の要因には、2018年の春〜夏にかけて勃発した「米中貿易戦争」による輸送量の低下が挙げられます。

米中貿易摩擦が勃発後の2019年には、荷動き低迷の懸念から、新造コンテナ生産量が前年比で4割減少。そしていよいよ2020年の上半期に浸透した世界的なコロナ禍によってさらに先行きが不透明になり、中国国内の工場の生産能力も低下、その結果、生産量も前年比25%減となってしまっていたのです。

つまり新型コロナ感染拡大以前より、2018年に米中貿易摩擦が勃発した時点で、世界的にコンテナの数が減っていたということになります。

② 中国経済のV字回復&欧米諸国の巣ごもり消費による輸出入の増加

2020年1~3月期は新型コロナ感染拡大によって国際貿易は大幅に停滞しました。しかし同年の4~6月期になると国内のコロナ感染拡大をいち早く抑えこんだ中国における自動車や機械などの生産がV字回復を果たします。

そしてアメリカや欧州などの地域では、ロックダウンが発令され、テレワークや郊外への移住が増加したことと併せて巣ごもり消費が本格化。特に家具・玩具・家電などの輸入が増加しましたが、それに反比例するようにコロナ禍によって生活必需品の生産が低下していたのです。

こういった状況を受けて、アジア発北米向けの海上輸送の貨物が急増しました。

日本海事センターによると、2021年5月の日本や中国などのアジア18ヵ国・地域からアメリカ向けのコンテナ輸送量は、前年同月比50.6%増の186.1万TEU(※1TEU=20フィートコンテナ1個分の貨物量)にまでなったとされています。

ちなみ2021年の1〜5 月の累計では、前年同期比 39.5% 増の 883.7 万 TEUでした。

国別でみると…

日本は 63.7% 増となる 5.7 万 TEU。中国は 32.6% 増となる 103.3 万 TEU、韓国は 40.3% 増とな る 9.2 万 TEU。台湾は 37.5% 増となる 7.6 万 TEU。ベトナムは 104.2% 増となる 23.8 万 TEU。インドは 281.7% 増となる 9.9 万 TEU。

…と、前年の反動もありますが、アジア諸国すべてのコンテナ輸送量が依然として急激な増加傾向にあるのです。これではコンテナが不足してしまうのは当然です。

※TEU(Twenty-foot Equivalent Unit):
物流における貨物の量を表す単位。20フィートの海上コンテナに換算した荷物の量を表す

③ 港湾機能の大幅な低下

先述したように、アジアから北米へのコンテナ取扱量が増加していますが、その海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾におけるコンテナ船の混雑も、今回のコンテナ不足・コンテナ運賃急騰に大きく影響しています。

北米西岸港であるロサンゼルス(LA)港とロングビーチ(LB)港でのコンテナ船の寄港数・滞船状況としては、2020年10月中旬以降より沖待ちコンテナ船が発生し始め,2021年2月1日には最大40隻に達しました。その後緩やかに改善し、同年6月末時点では10隻を下回る日もあったものの、その後7月22日時点で29隻となっており、依然として増加傾向にあったのです。

加えて、コンテナターミナル内のコンテナ蔵置日数(船から荷下ろしされトラックでターミナルから搬出される日数)も、2020年7月期から上昇。2020年6月は約2.5日であったのが、2021年1月では約5日と2倍になってしまいました。その後減少に転じて改善が見られたものの、2021年5月から再び上昇し、同年6月では4.76日となっていたのです。

また、コンテナがターミナルから鉄道で搬出されるまでの蔵置日数も、2021年1月が7.9日であったのが、 2021年4月には12.4日に上昇。その後減少したものの再度上昇して、6月には11.8日となっていました。

これらの要因には、コロナ禍によるロックダウンなどによって、港湾に出勤できる荷役作業員が減少したことが挙げられます。港湾作業員による荷さばきが進まないため、港湾内には荷揚げしたコンテナが山積みとなり、コンテナ船が入港できず、先述のような「沖待ち」を余儀なくされる船が急増したのです。

2020年12月30日、ロサンゼルス港は、空のコンテナを9日以上滞留させた海運会社から手数料を徴収を発表する旨を発表。コンテナ1個につき1日当たり100ドルの累積の追加料金を課すとしています。

2021年1月現在、ロングビーチ港も含めて、港内に滞留する輸入コンテナへの手数料徴収適開始を1月10日まで延期していましたが、さらに17日までの延期を発表。

今回の課税が発表された10月25日以降、両港の滞留状況が改善してきたことも踏まえて、過去数回に渡って課金開始の延期が続いてはいますが、今回の課金制度の目的は、料金の徴収ではなく、港湾の貴重なスペースを解放することだと、ロサンゼルス港はコメントしています。

※参照:
米ロサンゼルス港、滞留空コンテナに追加課金の方針発表」JETRO
米運輸長官が西海岸港湾を訪問、混雑解消に向けた進捗確認」JETRO

④ コンテナを運ぶトラックドライバー&シャーシの不足

港湾の深刻な機能停止問題に加えて、荷受人側でも問題が発生しています。

具体的には、港に荷揚げしたコンテナを運ぶトラックドライバーや、コンテナを載せるシャーシ(貨物を運ぶための台車)や貨車も不足しています。

通常、港に届いたコンテナは、その後シャーシに乗せられて、トラックによって内陸部まで運ばれていきますが、ドライバーとシャーシの不足によって、空コンテナがなかなか港に返ってこられないのです。

つまり、空コンテナやシャーシの回収に通常以上に時間がかかってしまったことにより、空コンテナが、内陸のデポや倉庫などで滞留することとなっているのです。

通常であれば、港より船に乗せられたコンテナは、最終的には発着元のアジアなどの国へ寄港および帰港していきます。しかし今回の一連の問題によって、コンテナの多くが未回収となっており、世界的なコンテナ不足が発生、その結果として新たなコンテナ輸送のブッキングもままならない…という構図が世界各地の港湾や空港で散見されているのです。

つまり本来であれば、コンテナは世界中を循環しながら回っているはずが、今回のコロナ禍によって発生した様々な諸問題によって、その循環プロセスが停滞しまったということになります。

4. コンテナ不足が国際物流に与える影響

このセクションでは、そんな現在の世界的なコンテナ不足が国際物流に与えている影響について見ていきましょう。それこそ例を挙げたらキリがありませんが、今回は大きく3つの影響に絞って考察していきます。

① 国際物流における輸送の遅延

前項までで解説したように、2022年を迎えても、コンテナ不足問題の改善の見通しが立っておらず、国際物流の遅延が常態化しています。特に米向けの輸送に関しては、日本の物流会社も約1ヵ月ほどの遅延の可能性があることをアナウンスしているほどです。

② コンテナ運賃の高騰

先述したように、2020年の後半から、コンテナ不足による海上運賃の高騰が続き、2022年を迎えても、船賃の高水準がキープされています。

前項までで、国内の海運大手3社(日本郵船・商船三井・川崎汽船)の2021年4月〜6月までの決算が、それぞれこの時期としては過去最高となったことはお伝えしましたが、この背景にある海上運賃の高騰がどこまで続くのかはまったく予測がつきません。

前述の海運大手3社とも、2021年10~2022年3月期の業績については厳しい見方を持っているとのことですが、現状のままでは再び上方修正の可能性も捨てきれないという報道もされています。

③ モノの物価の長期的な上昇の懸念

コンテナ不足によってコンテナ運賃が急騰すると、その分が転嫁されて輸送コストも当然アップします。

その結果、各種の原材料や商品といった、多くのモノの価格が長期的に上昇してしまうケースが懸念されているのです。

事実、2021年の秋の時点で、豆腐や油揚げといった日常で必要な食品に値上げの動きがあるとのニュースが話題となっていました。その要因としては、原料の大豆の価格が高騰したことと、それを輸送するコンテナ不足が挙げられています。

当然ではありますが、この物価の長期的な上昇の影響は食品のみならず、あらゆるモノの価格に作用するものであり、その波及が国内のみならず世界全体に広がっていることは言うまでもありません。

5.コンテナ不足を改善するために

コンテナの共有や臨時船の追加投入などで事態の改善に従事

もちろん、今回のコンテナ不足による国際物流の混乱を改善するべく、荷主側・外航コンテナ船社それぞれが対策を講じる努力を続けています。

荷主としては、「コンテナを他社と共有」したり、「コンテナ1本の貸し切りから混載コンテナへ変更」するなどして総合的な積載率をアップしたり、鉄道・航空・陸送も活用するなどしています。

さらに従来のリードタイム設定を延長することで、より現在の状況に即した在庫管理へ変更するという試みも見られます。

外航コンテナ船社としては、「臨時船を追加投入」することで、港湾で滞留している「空コンテナの回収」を実施したり、「大型の船舶の造船」や「新規コンテナの生産」に着手するなどして、事態の改善に臨んでいます。

ジャパントラストによるコンテナ不足改善の試み

また独立系フォワーダーである私たちジャパントラストでも、長期化を余儀なくされている北米向けコンテナ船不足の代替手段として、さる3月には在来船の緊急手配を行いました。

〝在来船〟とは一般的な貨物船であり、コンテナ以外にもいろいろなモノを運ぶ船を指します。ことコンテナを運ぶ場合、コンテナを積み荷として扱うことに特化した〝コンテナ船〟と比較すると、非常に手間や時間がかかってしまいますが、この未曾有の事態を少しでも改善させるべく、特別に在来船を手配させていただいた次第です。

2021年9月にはSOC(Shipper’s Own Container)と呼ばれる自社の新造コンテナを複数個購入。それらを在来船に積載して北米西岸への海上輸送を実施しました。

container (1)

SOCとは私たちのようなフォワーダーが所有するコンテナを指し、キャリア(船会社や航空会社)が所有するコンテナであるCOC(Carrier’s Own Container)と違って、初期費用や管理コストの面ではデメリットがあることは否めませんが、これも未来への投資と自らに言い聞かせて(苦笑)、一連の計画を実施しています。

また前述したように、北米西岸のターミナルが逼迫することで、港で下ろされたコンテナの内陸輸送である鉄道輸送においても遅延が頻発しています。そのような事態に対して、本来ならばコンテナのまま鉄道輸送する内陸向け貨物をコンテナから取り出し、それらをトラックに積み替えて内陸に運ぶトランスロードの需要にも積極的に対応しています。

これらのことは、ノンアセット型と呼ばれる、ハード(船・トラック・倉庫)を持たない、私たちのような独立系フォーワーダーだからこそ可能な柔軟な施策であると自負しています。

今回のような有事はもちろんのこと、平時の際でも、あらゆる手を尽くして荷主様のモノを目的地まで運ぶことが、海上輸送に従事する者の使命であるとして、今後も荷主様の要望に柔軟に応えていきたいと思っています。

6. コンテナは20世紀における最大の発明品のひとつ

今日の国際物流の発展を促したのが「コンテナ」

最後に、世界経済におけるコンテナの重要性について述べて本稿を終わりにしたいと思います。

今日の世界経済は国際貿易に支えられています。いわばグローバリズムとは、異なる国と国の貿易という名の交流が活性化したことで、今日の発展を遂げることができたのです。

そしてそんな国際貿易を可能としたのが現在の国際物流であり、今日の国際物流の発展を促したのが「コンテナ」です。

コンテナは20世紀における最大の発明品のひとつとされていますが、コンテナという規格化された箱を輸送に使用することで、物流業界にイノベーションがうながされ、今日のより安全かつ効率的な国際物流が実現したのです。

ときに世界経済を人体に喩えて「物流は世界経済の血液である」とする言説がありますが、国際経済を支える貨物を世界中に運ぶ「コンテナ」とは、血液の循環に欠かせない重要な要素です。

私たちジャパントラストとしても、今回の世界的なコンテナ不足という未曾有の事態の改善に向けて、ほんの僅かでも貢献できるよう尽力していく所存です。

7. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、新型コロナの影響で、世界的なコンテナ不足によって海上輸送が高騰しているその背景と要因などについて、グローバルな貨物輸送をコーディネートするジャパントラスト株式会社の代表・菅 哲賢氏に解説していただきました。

「Digima〜出島〜」には、ジャパントラスト株式会社はもちろんのこと、厳正な審査を通過した、様々な支援を行う優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。

「海外に自社商品を輸出したい」「海外から商材を輸入したい」「通関や輸出入許可の申請をサポートしてほしい」……といった海外ビジネスにおける様々なご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポートサポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。



失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(参照文献)
・「コンテナ不足問題に関する政府における取組」 国土交通省
・「海外港湾の状況について(令和3年7月26日時点)」 国土交通省
・「大豆が価格高騰 豆腐など値上げの動き コンテナ不足も要因 」 NHK NEWS WEB
・「コンテナ不足で運賃高騰 解消は早くて秋以降か 海運大手3社」 NHK NEWS WEB
・「ジャパントラスト/コンテナの在来船積み実施、自社コンテナ購入」 LNEWS
・「ジャパントラスト米国法人、内陸積み替え 積極対 応。トラック手配に強み」 日本海事新聞社

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破