• このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン急成長産業!『BPO・オフショア開発』活用法

掲載日:2017年04月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外労働者によるフィリピン送金は、フィリピン国内のGDPを支える大きな要因となっています。しかし、昨今フィリピン国内のオフショア・BPO産業が、これを凌ぐ経済規模として成長しつつあります。

現在、著しい経済成長を見せるフィリピンですが、国内の人口が急増する中、その平均年齢は23歳とアジア諸国連合(ASEAN)地域内でも特に若い人材が豊富となっています。今後、BPO・オフショア開発産業でもさらなる伸びが期待できる中、消費市場としても拡大していくことが予期されています。その中で、BPO・オフショア開発産業を活用し、フィリピン進出を進めていくことが、今後のフィリピン攻略の鍵となるのです。また、フィリピン進出を足がかりに、他のASEAN地域へ事業を拡大していくことが、アジア戦略の有益な手段となります。

本記事では、フィリピンのBPO・オフショア開発産業の現状をご紹介するとともに、BPO・オフショア開発産業を活用し、急成長するフィリピン市場への進出、アジアでの事業拡大法を解説いたします。ぜひ、本記事で紹介する活用法を御社の事業にお役立てください。

フィリピンで急激に発展している「BPO・オフショア開発」

先日、フィリピン国内においてこの10年、急激に発展してきたBPO・オフショア開発(ビジネス・プロセスアウトソーシング)産業の売上規模が、2016年度中にフィリピン海外労働者の送金額を越えるとの予測が発表された。依然フィリピンは、主に「欧米向け」のBPO拠点であることには疑いの余地はないものの、日本の国内マーケットの成長鈍化により、海外マーケット展開を画策する企業が増加していることや、日本国内の越境EC分野の成長期待性、IT人材の枯渇などの要因を考慮すると、日本企業にとってのフィリピンBPOの利用価値は以前より高まっていると考えられる。

2017年1月のフィリピン・インクワイア紙のまとめによると、2015年のBPOセクターの被雇用者は120万人であった。一方、同年(4月~9月)のフィリピン人海外労働者数(概算)は240万人であり、BPO人口の約2倍であった。しかし、売上規模としては、2014年のBPOが189億ドル、海外労働者によるフィリピン送金が246億ドル、また2015年度にはBPOが212億ドル、フィリピン送金が256億ドルとなり、さらに2016年から17年にかけては、BPO産業の総売上が海外送金を越え、両者の売上順位が逆転するという。GDP比率でも8%程度を占めており、BPO産業は経済成長を牽引する重要な要素として、ほぼ定着したとみていい。


フィリピンBPO・オフショア開発の6つの主要分野

フィリピンのBPO・オフショア開発産業は従来、コールセンターを中心としたボイスサービス系の分野で、主に欧米のコスト削減の一手段として使われてきたが、近年では英語を使えるグローバルな競争力を持つ人材が豊富であることから、新たな戦略拠点としても注目されつつある。ボイスサービス系以外のBPOの主要分野は以下の6項目である。

  1. ①金融・会計系
  2. ②IT 業務系
  3. ③医療情報管理系 (医療記録のデータ化等)
  4. ④クリエイティブ系(アニメ・コンピューターグラフィックス)
  5. ⑤ゲーム開発
  6. ⑥エンジニアリングサービス系

フィリピンへの欧米企業のBPO展開は、特に2005年頃からコールセンターなどのボイスサービス系事業だけでなく、ノンボイス分野、またより高い専門性や判断力が求められるKPO(ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)へ拡大しており、ソフトウェアプログラミング、ゲーム開発、クリエイティブ系、データ分析、法務、財務、調査など幅広く利用されている。この動きは日本企業にも徐々に広まりつつある。

日本企業の展開が拡大するとともに、現地でも日本向けが拡大

前述の通り、現在日本国内においては、人口減少や高齢化の影響による国内マーケット成長の鈍化から、海外マーケット展開を試みる日系企業が増加しており、それに伴いグローバルでのアウトソーシングサービスへの需要も拡大している。グローバルBPO市場においても、顧客企業によるグローバル展開の活発化に伴い、アウトソーシング事業者は各国に支社を設立し、世界規模でのBPO展開を加速している。

この中で、 日本国内のBPO事業者やユーザ企業においても、オフショア拠点におけるシステム開発や BPO サービスの利用が拡大中である。オフショア拠点の利用率としては、依然として中国が75%を占めているが、この主な理由は人件費だけでなく、日本語人材の豊富さにある。漢字圏である中国は日本語学習に対するハードルも低く、日本語学習者も世界で最も多いため、今後も中国BPOの利用は続いていくと予測されている。

また、今後は東南アジアにおいても、日本国内向けのオフショア拠点が増えていくと予想される。長期的な課題であった情報インフラ整備も各国で進みつつあるため、日本のオフショア拠点としても期待が高まっており、日本語に力を入れるオフショア企業も徐々に増加している。その東南アジアの中でも特にお勧めしたいのが、フィリピンへのアウトソーシングであり、特に今後マーケット展開を海外に伸ばしたい日系企業にとってフィリピンは、グローバル・マーケティングの最初の足がかりとして最適であると考えられる。フィリピンへのアウトソーシングを活用することが、フィリピン国内進出・アジア進出戦略を成功させる鍵となる。

フィリピンBPO・オフショア開発産業の活用法

手法を簡単に説明すれば、まず第一に、業務の一部をフィリピンへのアウトソーシングし、現地BPO企業との信頼関係を構築する。次に、提携したBPO企業と共同でマーケティング・セールスの座組みを整えフィリピン国内で、日本からの商品・サービス展開を行う。そこでフィリピンの英語人材を活用してノウハウを蓄積し、さらに英語圏を中心に海外展開を行う、という流れとなる。フィリピンを拠点として、インドネシア、マレーシアなど東南アジアの英語圏へマーケットを拡大していくという方法である。

このやり方は、いくつかの欧米企業が既に行っているものではあるが、日本に関しても、ここ数年では、特に越境ECや、デジタルマーケティングなどの分野で、中小企業が着手し始めている。特にラボ型でのアウトソーシング(人材だけをフィリピン側に用意してもらい、オペレーション管理はは日本側ですべて行う方法)であれば、日本人のフィリピン人人材の管理能力、活用力が養われ、その後の展開のための武器となりやすい。また提携先のBPO企業にアウトソーシングを依頼することによって、信頼関係が強固になり、その後のフィリピン国内でのサービス展開の後押しをする。

また英語圏に対応するためのカスタマーサポートセンターもフィリピン国内に設置する。フィリピン自体をマーケットにしつつ、ハイスペックな英語人材を雇用し、その人材力を利用して他の英語圏のマーケットを攻めるということが可能となる。

今後注目の地域と分野

最後にIBPAP(フィリピンのIT・BPO産業協会)の最新のデータによると、フィリピン国内でのオフショア・BPOセンターの設置や、提携先のロケーションとして成長が期待される地域は、セブ、バコロド、イロイロ、ダバオ、パンンパンガの5都市となっている。同都市では、2022年まで平均年間8%の割合で人材人口が増加すると試算されている。

2016年にはゲーム業界で、新たに8万平方メートルのオフィススペースがオフショア利用目的で増加した。特に日本のゲーム業界、IT業界や、海外進出を計画中の企業にとっては、フィリピンへのアウトソーシングを検討する価値は十分あるだろう。

まとめ

アウトソーシングの先に。労働力市場から消費市場へと変化しているマーケットに、既存のリソースを活用し事業を展開させていくことが海外進出を成功させるために重要となってきます。そのリソースが今、フィリピンにはあり、進出商機が拡大しているのです。拡大する市場で商機をつかむために、現地有力企業との提携が大事なります。

■企画/​構成 
株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズ
Founder:三宅一道(ミンダナオ日本人商工会会頭)

この記事を書いた人

Ichido Miyake

三宅 一道

株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズ

2001年よりバンドマンから一念発起してフィリピン・ダバオ市に移住。2012年に株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズを設立。ミンダナオ日本人商工会議所(JCCM)・会頭も務める。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    250
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社

    中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで
    ご提案いたします

    海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション

    中国・台湾越境ECテストマーケティング 

    海外ビジネス全般に関わるサポート

    海外進出総合支援
    海外進出戦略
    海外進出コンサルティング
    海外視察
    翻訳
    海外M&A
    海外販路開拓・マーケティング

    海外市場調査・マーケティング
    企業調査・与信調査
    販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
    海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど)
    海外送金
    海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済)
    海外ECモール出品代行
    ソーシャルメディアで海外展開
    (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど)
    海外WEBプロモーション
    (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO)
    海外広告・プロモーション
    (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)
    海外向けECサイト構築
    (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど)
    多言語サイト制作
    (英語、中国語)
    現地アポイント取得代行
    現地日本人向けプロモーション
    拠点設立
    中国ニュースサイトプレスリリース配信
      海外向けデジタルマーケティング
     インフォグラフィック制作
     インフォグラフィック動画制作

    貿易支援
     日本からの輸入が必要な商品・機材の確認
     物流手配
     輸入許可申請手続き

    運営支援
     労務管理
     財務管理
     オペレーション管理
     コンセプト修正
     ブランディング

    中国人スタッフの教育研修
    販路拡大
    M&A支援
    撤退支援

    海外会社設立・登記代行
    中国法人登記代行
    ICPライセンス取得代行


    海外商標・特許申請
    海外企業との契約書作成・リーガルチェック
    海外法務

    現地物流
    輸出入・貿易・通関
    委託先、アウトソース

    インバウンド

    訪日外国人向けマーケティング
    日本進出・日本法人設立

  • オススメ

    株式会社ゲシェルマーケティング

    グローバルインターネット広告出稿・運用サポートはお任せください。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    20
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    Be the world bridge(世界の架け橋)というVisonで2018年から事業を開始しました。
    当社はグローバルインターネット広告事業と輸出事業を営んでおります。親会社のゲシェルは世界のハイテク情報インフラを構築し、弊社は世界の販売チャネル構築を行っております。インターネット広告を通じて海外で売上をあげたいお客様がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう