• このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンで成功できる(かもしれない)新ビジネスモデル13選 【前編】

掲載日:2020年09月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のフィリピンにおいて、大きなビジネスチャンスの可能性がある「新規ビジネス」の数々をご紹介します。

インターネット上に掲載された、ローカルのフィリピン人や欧米人が運営するブログやコラムなどをリサーチし、比較的新しいとされるビジネスや、フィリピンで芽が出始めていると思われるビジネスをピックアップしました。

その中でも【日本人が比較的参入しやすい】新規ビジネスを筆者独自の視点でまとめています。

今回の前編では【オフィス関連ビジネス】をご紹介します。

※本シリーズは、前編中編後編の3回に分けての連載となります

1. コワーキングスペース

スタートアップ企業とフリーランサーの増加が背景

オフィス ビジネス

日本でも、その多様性のある働き方が注目され、数が増えているコワーキングスペース。現在日本には400ヵ所程度あると言われており、フィリピンでもニーズが急騰中です。

フィリピンのケースですと、おもにスタートアップ企業の利用の増加と、オンラインで仕事をするフリーランサーの急増が、その背景にあります。フィリピンの欧米企業は、BPO系バーチャルアシスタント、プログラマー、デザイナー、ライターなど様々なフリーランス人材をオンラインで雇用しています。

彼らフリーランサーのおもな仕事場は、かつては自宅や喫茶店でしたが、コワーキングスペースへ入ることで、場所の確保、ビジネスチャンスの増加、安定したネット環境などのメリットを享受できるのです。

昨年の2017年9月20日の大手テレビ局・ABS-CBSのニュース報道によると、現在フィリピン人フリーランサーの数は爆発的に増えており、アメリカ、インドに次いで世界第3位。インターネット利用者は4400万人(人口の42%)とのこと。

世界的にマーケットをもつフリーランサー用のWEBプラットフォームFreelancer.comのCEOマット・バリー氏によると、90万人のフィリピン人が同WEBサイトを利用しているとの旨を述べています。

その何割かがターゲットユーザーとなり得ることを考慮すると、フィリピンにおけるコワーキングスペース市場の持つ可能性がイメージできるかと思います。

2. オフィスマッサージ

人件費コストは日本の5〜10分の1。その浮いたコストで業務拡充を

マッサージ

フィリピンの大都市ではマッサージ市場は既に飽和状態ですが、企業向けのサービスならば話は別です。

フィリピンよりさらに南に位置するオーストラリアでは、オフィスマッサージサービスがトレンドになっています。オフィスの一角にマッサージスペースを設置し、マッサージャーを派遣して、オフィスで施術するシステムです。メインのランニングコストは人件費のみなので、人件費が安いフィリピンでは、さらに可能性があるビジネスモデルといえます。

マッサージベッドや、チェアはリースで貸し出します。最近では日本でも、PC作業による身体的疲労の軽減、集中力・モチベーションUP、人材採用時のアピール材料として利用する企業が増えてきました。

日本での料金は1時間の相場が5,000円〜10,000円程度ですが、フィリピンに置き換えると、その人件費コストは5〜10分の1程度で済みます。その浮いたコストで、スタッフ人数の増加と業務幅の拡大も期待できます。

ただ、フィリピンならではのボトルネックを挙げれば、首都圏では【渋滞】が深刻な問題となっているので、施術スタッフのオフィス間の移動が多少心配ではあります。

3. ヘルシーベンディングマシーン

健康食品・飲料などを取り揃えた「自動販売機ビジネス」

自動販売機 自販機

ベンディングマシーンとは「自動販売機」のこと。今回ご紹介するヘルシーベンディングマシーンとは、「健康食品・健康飲料などを取り揃えた自動販売機ビジネス」を指します。

屋外に設置するのではなく、オフィスビルの一角や、オフィススペースに提供するモデルで、アメリカを中心に急成長しているサービスです。

健康食品やサプリメントは、フィリピンでも需要が高まっているプロダクトです。経済の成長が続き、国内のオフィスも増えている現在、大都市のオフィス街において、大いに可能性があるビジネスと言えるでしょう。

アメリカ製のベンディングマシーンであれば、自販売機自体の価格は1台が1,000〜2,500ドル程度ですが、フランチャイズ権を購入するとなると、最低でも10万ドル(1,100万円程度)以上のコストがかかります。

ただ、健康食品というプロダクトに関しては、すでに欧米企業がフィリピンに進出しているため、その文化や価値観は浸透していると言えます。

4. 企業向けフードデリバリー

【おやつの時間】の習慣がビジネスを後押し?

おやつ お菓子 スナック

2017年10月13日、Facebookが米国にてフードデリバリー(出前)サービスを開始すると発表。また2016年10月に日本での運用が開始された「UberEats」の登録配達者数は1年で5,000人を超えています。

渋滞が大きな社会問題となっているフィリピンの都市部においても、自転車・バイク便による「フードデリバリーサービス」なら充分に機能するはずです。

さらにフードデリバリーというビジネスは、先述のような“出前型”でなくても成り立つモデルがあります。いわゆる“置き菓子サービス”と呼ばれるモデルで、日本だと「オフィスグリコ」が有名かと思います。

この“置き菓子サー−ビス”を踏まえたサービス例ですと…ドーナツを各種入れたボックスを企業に置いておき、売れ残ったものと代金を回収する仕組み…などが考えられます。朝に届けて夕方に回収するだけで事足りるというわけです。

そもそもフィリピンには「ミリエンダ」と呼ばれる【おやつの時間】の習慣があります。これぞまさに「フィリピン人をターゲットにしたビジネスモデル」言ったら言い過ぎでしょうか(!?)。

5. フィリピンでの新規ビジネス登録数はすでに402,844件

国内のビジネス投資承認額も併せて増加中

2016年のフィリピン全国の新規ビジネス登録数は294,283件でした。続く2017年となると、同年9月末までのデータ上で、すでに402,844件となっています(※ 参考:Philippine Business Registry)。

加えて、フィリピン国内におけるビジネス投資承認額は2016年度及び17年度の第1四半期比で21.8%増加しています(※ 国家統計局調べ)。

以上のデータからも、フィリピン国内で新規ビジネスが増加していることがお分かりいただけると思います。

次回の「フィリピンで成功できる(かもしれない)2018年の新ビジネスモデル」シリーズの中編では、フィリピンをもちろん、ASEAN諸国全域でそのニーズが拡大している『教育系サービス』について解説します。

■企画/​構成 
株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズ
Founder:三宅一道(ミンダナオ日本人商工会会頭)

6. 優良なフィリピン進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのフィリピン進出サポート企業をご紹介します

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なフィリピン進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「フィリピン進出の戦略についてサポートしてほしい」「フィリピンでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「フィリピンに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るフィリピン進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのフィリピン進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。



失敗しない海外進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

Ichido Miyake

三宅 一道

株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズ

2001年よりバンドマンから一念発起してフィリピン・ダバオ市に移住。2012年に株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズを設立。ミンダナオ日本人商工会議所(JCCM)・会頭も務める。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

  • オススメ

    YCP Group

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    5
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    4

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    パル株式会社

    【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    250
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    4
    知識
    5

    中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社

    中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上

    なるべく低リスクで、実際に効果のあるプロモーション施策をオーダーメイドで
    ご提案いたします

    海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション

    中国・台湾越境ECテストマーケティング 

    海外ビジネス全般に関わるサポート

    海外進出総合支援
    海外進出戦略
    海外進出コンサルティング
    海外視察
    翻訳
    海外M&A
    海外販路開拓・マーケティング

    海外市場調査・マーケティング
    企業調査・与信調査
    販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
    海外テストマーケティング・簡易調査(タオバオ現地モール出品、上海TV顧客販路テストマーケティングなど)
    海外送金
    海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済)
    海外ECモール出品代行
    ソーシャルメディアで海外展開
    (Wechat, Weibo, Facebook, Instagramなど)
    海外WEBプロモーション
    (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO)
    海外広告・プロモーション
    (百度リスティング広告、Weibo広告、Wechat広告、プレスリリースなど)
    海外向けECサイト構築
    (Magento、ローンチカート、Shopify、Wordpress、天猫Tmall国際、ジンドン、タオバオなど)
    多言語サイト制作
    (英語、中国語)
    現地アポイント取得代行
    現地日本人向けプロモーション
    拠点設立
    中国ニュースサイトプレスリリース配信
      海外向けデジタルマーケティング
     インフォグラフィック制作
     インフォグラフィック動画制作

    貿易支援
     日本からの輸入が必要な商品・機材の確認
     物流手配
     輸入許可申請手続き

    運営支援
     労務管理
     財務管理
     オペレーション管理
     コンセプト修正
     ブランディング

    中国人スタッフの教育研修
    販路拡大
    M&A支援
    撤退支援

    海外会社設立・登記代行
    中国法人登記代行
    ICPライセンス取得代行


    海外商標・特許申請
    海外企業との契約書作成・リーガルチェック
    海外法務

    現地物流
    輸出入・貿易・通関
    委託先、アウトソース

    インバウンド

    訪日外国人向けマーケティング
    日本進出・日本法人設立

  • オススメ

    株式会社ゲシェルマーケティング

    グローバルインターネット広告出稿・運用サポートはお任せください。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    20
    価格
    3
    対応
    3
    スピード
    3
    知識
    3

    Be the world bridge(世界の架け橋)というVisonで2018年から事業を開始しました。
    当社はグローバルインターネット広告事業と輸出事業を営んでおります。親会社のゲシェルは世界のハイテク情報インフラを構築し、弊社は世界の販売チャネル構築を行っております。インターネット広告を通じて海外で売上をあげたいお客様がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    4
    対応
    4
    スピード
    4
    知識
    5

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    株式会社かいはつマネジメント・コンサルティング

    新興国市場へ!共にビジネスをつくろう。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    400
    価格
    4
    対応
    5
    スピード
    5
    知識
    5

    弊社は、新興国における「地域づくり、人づくり、組織づくり」を手掛けるコンサルティング会社です。これまで、新興国/途上国でのビジネスを目指す企業様や、JICA(独立行政法人国際協力機構)や経済産業省などをはじめとするODA関連機関をクライアントとし、世界約70ヵ国においてコンサルティングサービスを提供してきました。


    特にベトナム・スリランカ・ラオスには現地法人を構え、現地の習慣やビジネスに精通した日本人あるいは日本語が堪能なローカルスタッフが所長を務めています。ミャンマー、マレーシア、インドネシアには現地提携先があり、その他世界各国において幅広いネットワークを構築しております。

    現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。

    またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。

    「SDGsと聞くけど、なんのために取り組むの?」
    「SDGsと企業戦略を結びつけるためにはどうしたらよいの?」
    「SDGsの考え方を社内に浸透させるためにはどうしたらよいの?」

    という疑問にお答えします。
    SDGs戦略立案、SDGs社内浸透のための研修、現地でのSDGsビジネス実施、公的機関のスキームへの応募や実施等、御社のご要望に応じてお手伝い致します。

    ともに考え、ともに走る。時にはコンサルタントの立場を超え「伴走者」として企業様と一緒にビジネスを成功に導く。それが弊社の考えです。

    新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう