• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2020年版】アメリカ経済の最新状況| 新型コロナ感染拡大が史上最長の好景気に及ぼす影響

掲載日:2020年03月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年のアメリカ経済の現状と今後の景気動向について考察します。

2020年を迎えるまで、アメリカ経済は、2009年6月より続いているとされる「史上最長の好景気」が続いていました。しかし、2019年12月より中国湖北省武漢市で発生したとされる「新型コロナウイルス」の感染拡大によって様相は一変します。

2020年3月15日、アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、実施的なゼロ金利政策を実施すると発表。コロナ感染抑制策としての入国制限および外出禁止などによって、経済面で大きな犠牲を強いられている中、アメリカ経済の下支えと金融市場の混乱を抑制するための「ゼロ金利政策」という判断でした。

そもそもIMF(国際通貨基金)は、すでに2019年の時点で、“世界経済の拡大は力を失って”おり、その大きな要因のひとつが、米中貿易戦争の負の影響であると述べていました。世界各国の経済成長率が軒並み失速していく矢先の「新型コロナウイルス」の感染拡大を受けた、米FRBによる実施的なゼロ金利政策の決定でした。

アメリカ進出を画策する日系企業にとって、そんなアメリカ経済の最新状況を把握しておくことは必須事項です。

本テキストでは、2020年以降のアメリカ経済の最新動向はもちろん、アメリカ経済の基本情報に加えて、2017年より就任したトランプ大統領による保護貿易のリスクや各国との関係および、日本企業がアメリカへ進出する際のメリットについてもあわせて考察していきます。

1. 2020年におけるアメリカ経済の現状

2020年を迎えても史上最長の好景気が続いていたアメリカだったが…?

2020年を迎えても、アメリカ経済は、2009年6月より続いているとされる「史上最長の好景気」が続いていました。

アメリカ経済が好景気ときくと違和感をもたれる方もいるかもしれません。確かに各メディアで「景気が減速している」とは報じられてはいたものの、事実、アメリカ政府は正式な景気後退入りは発表していなかったのです(※このロジックでいうと日本政府も景気後退とは発表していないのですが…)。

ちなみにアメリカにおける過去最長の景気拡大は、おもにクリントン政権の1991年3月から2001年3月の120ヵ月間でした。現在の史上最長の好景気は、その120ヵ月を超える史上最長の記録だったのです。

ただ、本テキストで〝だった〟と過去形で記述するのには理由があります。そう、2019年12月より中国湖北省武漢市で発生したとされる「新型コロナウイルス」の感染拡大までは…。

2019年にIMFは世界経済のピークアウトを懸念していた

2020年のアメリカ経済の見通しを考察する前に、改めて世界経済全体を俯瞰して見てみましょう。

2019年1月にIMF(国際通貨金)より発表された「IMF世界経済見通し」によると、“世界経済の拡大は力を失って”おり、その大きな要因のひとつが、“アメリカと中国で行われた関税引き上げの負の影響”、つまりは「米中貿易戦争」にあるとしていました。

IMFと同じように世界銀行(THE WORLD BANK)も同年1月に発表した「世界経済見通し」のタイトルにおいて、“Darkening Skies(暗雲立ち込める空)”と表現しました。

そもそも、2018年の世界経済の成長率は3.7%だと推定されていたものの、2018年後半の時点で多くの国が自国の経済成長率を下方修正したとも述べています。その大きな要因として米中貿易戦争がありました。

2020年においても、アメリカと中国が共に経済保護策を強化する姿勢は崩れていませんでした。さらに、これまで世界不況発生の年間リスクは7%とされていましたが、今後いよいよアメリカ経済が下降すれば、その可能性は50%まで上昇するとの見方もあったほどです。

トランプ4業種の失速とIT・金融産業の好調

前項で解説したように、史上最高の好景気が続いてるとされていたアメリカですが、現トランプ政権がフォローしてきた、俗に〝トランプ4業種〟と呼ばれる「自動車」「鉄鋼」「エネルギー」「石炭」の4業種の失速も懸念されていました。

事実、自動車産業は、2019年1月以降より雇用が急減。同年1月〜10月の国内生産は前年同期を3.4%下回りました。またエネルギー産業は、2019年7月〜9月に9割の減益。石炭も赤字になっていました。

皮肉なことに、トランプ大統領が積極的に保護政策を打ち出した先述の4業種が低迷しているのに対して、ここ3年間で業績を伸ばしていたのが、保護政策外であるIT・金融産業です。ハイテク分野の2019年1月〜9月の純利益の合計は、前年同期から13%の伸長。さらにアメリカ大手銀行8行の2019年の純利益の合計は、リーマンショック前の過去最高であった2016年を約4割上回る見通しでした。

しかし、IMFは、2002年3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大によって、2020年の世界経済の成長率がマイナスに転じる見方を示し、リーマンショック時の同規模もしくはさらに悪化した景気後退をもたらすという旨をアナウンスしたのです。

参照:「IMF世界経済見通し 2019年1月」国際通貨基金

参照:「SMBC信託銀行 投資調査部レポート」SMBC信託銀行


2. アメリカの金利政策が世界経済に大きな影響を与える理由とは?

2020年3月、リーマンショック以来約4年ぶりに実質的なゼロ金利政策を採った米FRB

前項のIMFによる2020年の世界経済が低迷する予測の背景には、現在のアメリカ経済の状況も当然関係しているでしょう。

2020年3月15日、アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB =The Federal Reserve Board)は、政策金利を1.00%引き下げ、年0.00〜0.25%にすることを決定しました。同時に、米国債などを買い入れる量的金融緩和も再開するとしています。

このFRBの決定は事実上のゼロ金利政策と量的緩和を同時に導入したことになります。

振り返ると、2008年のリーマン・ショック後に導入した実質ゼロ金利が約4年ぶりに復活したことになります。

なぜFRBが事実上のゼロ金利政策を採ったのか? その理由はいわずもがな、新型コロナウイルス感染拡大で米景気が悪化するリスクが高まったと判断したからです。今回の「利下げ」は、アメリカの国内企業などが資金繰りに行き詰まらないようにする意図があるとされています。

アメリカの「利下げ」が世界に与える影響とは?

そもそもFRBとは日本語で「連邦準備理事会」と呼ばれており、日本でいうところの日本銀行の役割を持っています。このFRBが開催するFOMC(連邦公開市場委員会 / Federal Open Market Committee)という年に8回開催される会合で、アメリカの金融政策が決定されるのです。

では、なぜFRBの動向がこれほどまでに世界経済で大きな話題となるのでしょうか? その答えとしては、FRBが決定する金利政策が、アメリカ国内のみならず、新興国や原油などの商品市場など各マーケットに多大な影響があるからです。

そもそもアメリカの中央銀行であるFRBが金利を低くする理由としては、先述のように、企業などが資金を借りやすくするためです。つまり、市場にお金をたくさん行き渡らせることで景気を良くし、人々の雇用を支えるのが目的でもあります。

アメリカにお金が行き渡り、やがてアメリカ国外にもあふれ出したお金は新興国へと流れ込みます。そうなることで新興国の株式や債券は世界の投資家により多く買われることになります。

つまり「アメリカの低金利」は、アメリカだけでなく新興国の景気も支えてきたということになります。

世界の人々がFRBの動きや利上げに関心が集まるのは、それだけFRBの影響力が大きいからなのです。

3. 世界1位の「経済大国」アメリカ

GDP1位で世界経済のメッカ

ここからは改めて、世界1位の「経済大国」としてのアメリカの概要から解説します。いわずもがなアメリカは世界第1位のGDPを誇る国です。人口は約4億人で、首都はワシントンD.C.にあります。

経済の中心部はニューヨークで、有名企業の本社や国際連合などが密集しています。

アメリカ西海岸には、「シリコンバレー」と呼ばれるIT企業地帯があり、GoogleやApple、その他世界各国の最先端企業が集まっている地域があります。

アメリカ経済の基本情報

アメリカ経済の基本情報については、下記に表を添付しますのでご確認ください。

アメリカ経済

※外務省 「アメリカ合衆国(United States of America) 基礎データ」 より抜粋

リーマンショックから始まったオバマ政権

このセクションでは改めて、2008年9月15日、米投資銀行リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことに端を発したされる「リーマンショック」期におけるアメリカ経済を振り返ってみましょう。

2009~2016年まで政権を担ったオバマ大統領は、オバマケアや不況からの脱却を推し進めていました。

先述のように、オバマ大統領が就任した2009年には、アメリカの大手証券会社リーマンブラザーズの破綻により、「リーマンショック」が勃発し、世界的な不況を迎えました。

2013年には、ウクライナ問題やクリミア問題でロシアとの関係が悪化し、その後シリア問題で両者の対立が決定的となりました。

オバマ政権の経済政策は、2009年のリーマンショックからの脱却への成功という点で評価されていますが、国内の格差の拡大、労働生産性の鈍化等の弊害もあった点では、「失敗」と評されています。

「強いアメリカ」を目指すトランプ政権

オバマ政権に続いて、2017年から大統領を務めているトランプ大統領ですが、その突飛な発言やフェイクニュース操作でもしばしばメディアに採りあげられて話題となりました。

その政策においても、オバマ政権が進めていた政策を方向修正しながら、「米国第一主義」を掲げ、国内産業の成長を目指すというものです。

そのおもな経済政策としては、TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱、NAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉(もしくは離脱)、さらには、日本・中国・EU等へのアルミ・鉄鋼製品の関税措置が挙げられます。

国内では、ヘルスケア分野でのイノベーションの促進やインフラ投資を進めることで、GDPを高めることを目標としていました。

そして事実、トランプ政権時のアメリカ経済は、2009年6月より続いているとされる「史上最長の好景気」が続いていたのです。


4. 今後のアメリカの景気動向を考察

リーマンショックから景気は揺るかに回復していたが…?

このセクションでは、リーマンショック後のアメリカ経済について見ていきましょう。

リーマンショック後のアメリカでは、正規雇用者数が大幅に落ち込み、非正規雇用者が相対的に増加していました。

ただ2020年を迎えた頃には、非正規雇用者が減少傾向となり、正規雇用者数が増加していました。

さらに非正規雇用者の減少に伴い、失業率も低下しており、リーマンショックが起きた翌年には、失業率が約10%まで上昇しましたが、その後約4%まで下がっていたのです。

つまり、リーマンショック後、アメリカの景気は緩やかに回復していたのです。

事実、トランプ大統領の就任後、緩やかに経済が成長し、GDP率3%には達していませんが、毎年2%強のGDP成長率を記録していました。

その意味では、アメリカは、安定的な経済成長を遂げていると言えました(日本は、1.7%(2017年度))。

さらに、当時の景気過熱防止策として行われていたFRBの段階的な利上げからも、アメリカは好景気と捉えることができました。加えて、介護等の低賃金雇用の拡大により、失業率も低く抑えられていたのです。

しかし、2019年12月より中国湖北省武漢市で発生したとされる「新型コロナウイルス」の拡大によって、その状況に変化が訪れます…。

5. 新型コロナウイルス感染拡大がアメリカ経済に及ぼす影響

アメリカの安定した好景気を覆した新型コロナウイルスの感染拡大

前項にて解説したように、2020年3月、アメリカの連邦準備理事会(FRB)は、事実上のゼロ金利政策を約4年ぶりに復活させました。

アメリカ政府によるコロナ感染抑制策としての入国制限および外出禁止などによって、経済面で大きな犠牲を強いられている中、アメリカ経済の下支えと金融市場の混乱抑制のための金利政策を採ったことになります。

事実、2020年4〜6月期のアメリカのGDP成長率について、JPモルガンは14%減という大きなマイナス成長を見込んでいます。

そして米金融大手ゴールドマン・サックスは、アメリカの実質GDP成長率予想を、2020年1~3月期を0%、4~6月期をマイナス5%へ下方修正しています。さらに2020年通年の成長率の予想も従来の1.2%から0.4%へ引き下げています。

また、ニューヨーク州やカリフォルニア州というアメリカのGDPの約3割を占めるとされる地域では、外出禁止などの強制措置が採られており、小売や外食産業はもちろん、金融業やIT業にまで経済規定な悪影響が拡大しているとされています。

このような背景を踏まえて、ゴールドマンサックスは、アメリカにおける失業保険の申請が過去最高となる見方を発表しています。

6. アメリカと主要諸国・地域との経済的関係は?

アメリカと熾烈な貿易戦争を展開する中国

この項では、改めて視点を変えて、アメリカと他の主要諸国・地域の経済的関係性について見ていきましょう。

もっともアメリカの貿易赤字額が大きいのは中国です。その中国に対しては、関税措置や中国企業製品の輸入を一部ストップさせていました。最近では、中国の大手通信会社である「ZTE」が制裁を受け、7年間自社製品の対米輸出が禁止されたことも話題となりましたが、現在では、輸出禁止令は解除されています。

また中国国内に進出しているアメリカ企業の中には、米中貿易摩擦および新型コロナの感染拡大によって、その生産拠点をベトナムやカンボジアなどの東南アジアに移転する企業も出てきています。

アメリカ政府の保護主義の煽りを受けるEU

EUも中国と同様に、関税措置をアメリカから掛けられています。発端は、アメリカによる鉄鋼やアルミニウムの追加関税の適用です。

これに対し、EUは、農産品や食料品を中心に約340品目に報復関税をかけていました。さらには、カナダと同様にWTO(世界貿易機関)への提訴も行っています。

アメリカとの「新冷戦」の様相を見せるロシア

ロシアとの関係ですが、ウクライナ問題やシリア問題での対立により、いささか「新冷戦」の様相を呈しています。また、2018年10月にはトランプ大統領がINF(中距離核戦力)全廃条約の破棄を表明し、冷え込んでいる米露関係がより悪化するとの見方もありました。

事実、ロシアに対する経済制裁により、ロシア人経営者やロシア企業のアメリカ資産の凍結を行っていました。特に、ロシア経済の要であるエネルギー関連企業(ロスネフチやガスプロム)に対する融資や物品提供の禁止を制裁に加えていました。

さらに2018年4月にも新興財閥の「オリガルヒ」の経営者を対象に追加制裁を実施しています。

今後もアメリカによる制裁は続くと考えられ、経済回復の兆しが見られたロシアが、厳しい状況に追い込まれるのは不可避です。

参照:米政府がロシアに追加制裁、サイバー攻撃に対抗

アメリカから日本への関税措置もあり得る?

さて日本とアメリカの経済的な関係ですが、いわずもがな日本はメリカの主要な貿易国のひとつであり、輸入額・輸出額共に4位になっています。

しかし、アメリカの対日貿易赤字額は中国に次いで2位となっており、日本の輸出過多が問題となっています。特に問題となっているのは、自動車産業と農業です。これに対しアメリカは、日本製の自動車の非関税障壁撤廃により、自国の自動車産業の保護を目指しています。

日本の自動車企業は、アメリカ以外で生産し輸出しているところが多く、輸出額も全体の3割を占めていることから、鉄鋼やアルミニウム関税のような関税措置、または、輸入制限措置がとられた場合、日本にとっては大きな打撃となります。

アメリカは、日本に対してFTA(自由貿易協定)の締結を望んでいました。事実、2019年、日米双方の関税を削減・撤廃する日米貿易協定が、参院本会議で承認され、2020年1月1日より、同協定が発効しています。

これで、アメリカから日本へ輸入する牛肉の関税は現行の38.5%から段階的に下がっていき、2033年度には9%に。さらに電子商取引のルールなどを盛り込んだ日米デジタル貿易協定も同時に承認され、日米貿易協定同様に、2020年1月1日より発効しています。

7. 日本企業がアメリカへ進出するメリットとは?

日本企業の進出先として人気No.1のアメリカ

今後日本でもアメリカによるさらなる関税措置が実施される可能性は否定できません。したがって、特に製造業では、アメリカに工場や現地法人を設置すれば、きたるべき(?)関税リスクに備えることができます。

今後、自動車関連部品や自動車は、関税適用の可能性もあるため、現地調達、現地生産で賄えることができれば理想的と言えるでしょう。この場合、全て国内で補うことができるため、関税による不利益を被ることはないでしょう。

そもそも日系企業の進出先としてもっとも多いのがアメリカです。なぜなら、アメリカは世界最大の消費市場であり、日本の付加価値の高い商品やサービスの販売拠点として適しているからです。特に 「製造業」「IT・通信業」の分野で多くの日本企業が進出しています。

また、近年アメリカでは、税制改革が行われ法人税が35%から21%になり、企業の税負担が大きく軽減されました。アメリカ進出を考えている日本企業にとっては嬉しいニュースです。

8. 優良なアメリカ進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのアメリカ進出サポート企業をご紹介します

米中貿易戦争、新型コロナウイルスの拡大など、懸念事項は様々ですが、多くの日系企業にとって、今後も有望な進出先であるアメリカ。当然アメリカに進出する際には、会社登記や現地のパートナーを探す必要があります。その際必要なのは、そのような手続きのサポートです。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なアメリカ進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「アメリカ進出の戦略についてサポートしてほしい」「アメリカでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「アメリカに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るアメリカ進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのアメリカ進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しないアメリカ進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(引用文献)
・外務省 「アメリカ合衆国 基礎データ」 https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/data.html 
・日本経済新聞(2017)「[FT]オバマ大統領の遺産 不完全だった経済再建」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO11561820R10C17A1000000/?df=2
・大和総研(2018)「米国経済見通し 貿易を巡る不透明感は続く 」 https://www.dir.co.jp/report/research/economics/usa/20180419_020055.pdf
・日本総研(2017)「アメリカ経済見通し」 https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/jrireview/pdf/10249.pdf
・DIAMOND Online(2018)「トランプ1年目の経済は未熟さが奏功、今後は保護主義台頭に警戒」 https://diamond.jp/articles/-/157431?page=4
・Bloomberg(2018)「米国、安保上のリスクを理由に中国の対米投資制限を計画」 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-24/PAUP0A6JTSI001
・内閣府(2018)「世界経済の潮流2018年I 第2章 主要地域の経済動向と構造変化 第2節アメリカ経済」https://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sh18-01/s1_18_2_2.html

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

飯島 和雄

飯島 和雄

グローハイ株式会社

グローハイは「日本企業のアメリカ進出をより身近に」「アメリカでの信頼できる長期的な相談役」というビジョンを掲げ、アメリカでの豊富なビジネス経験と強いネットワークを活かし、日本企業に対して効率的で低リスクなアメリカ進出と、進出後の更なるビジネス成長の為の数多くのサービス、サポートを取り揃えております。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出のオススメサポート企業

オススメ

GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア イギリス ドイツ トルコ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 オセアニア アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

INASIA合同会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム インド モンゴル その他アジア イギリス ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 その他英語圏

オススメ

GoGlobal株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア アメリカ オセアニア

オススメ

YCP Group

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー カンボジア イギリス ドイツ ヨーロッパ アメリカ オセアニア その他英語圏

オススメ

株式会社プリンシプル

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 タイ ヨーロッパ アメリカ その他英語圏

オススメ

サイエスト株式会社

対応国
中国 香港 シンガポール 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ フィリピン マレーシア インド ミャンマー バングラデシュ カンボジア モンゴル その他アジア ドイツ ヨーロッパ 中東 アメリカ ブラジル 中南米 アフリカ ロシア その他英語圏

オススメ

(株)Fruits Planet Marketing and Consulting

対応国
イギリス ドイツ ヨーロッパ

オススメ

ハリーコンサルティング事務所

対応国
フィリピン

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう