Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

海外ビジネスサポート企業はこちら

検索フィルター

検索コンテンツを選ぶ

検索したいコンテンツを選んでください

国を選ぶ

検索したい国を選んでください

業種を選ぶ

検索したい業種を選んでください

課題を選ぶ

検索したい課題を選んでください

【特集】どうなる中国!?新たなチャイナリスクに備えるべきこと

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国は、その経済成長と巨大な市場によって、長年にわたり世界各国の企業にとって魅力的な投資先となってきました。特に日本企業にとっては、最大の貿易相手国であり、重要な生産基地および消費市場としての位置づけられています。

しかし、中国でのビジネスは大きなチャンスをもたらす一方で、政治的な緊張、経済的な不確実性、法的規制の変更といった、さまざまなリスク、いわゆる「チャイナリスク」がセットとなっています。

近年の米中対立の激化、新型コロナウイルスへの政府対応、人権問題や台湾問題などにより、これらの新たなチャイナリスクは一層顕在化しています。

2024年現在、日本企業には、中国との関係性を維持しつつ、新たなグローバルビジネス戦略を策定し、変化する国際社会の情勢に柔軟に対応することが求められています。

本特集では、日本企業が中国市場で直面する可能性のある新たなチャイナリスクについて解説します。

1. 日本企業が中国市場で直面する新たなチャイナリスクとは?

中国は長い間、その経済成長の速さと巨大な市場規模により、世界中の企業にとって魅力的な投資先となってきました。特に日本企業にとって、中国は最大の貿易相手国であり、生産拠点や消費市場としての役割は非常に大きいものがあります。

中国の経済発展は日本企業に多くのビジネスチャンスを提供してきました。しかし、中国でのビジネスチャンスは同時に多くの課題やリスクを伴います。

それこそが、日本企業が中国市場で直面する新たなチャイナリスクなのです。

新たなチャイナリスクとは?

チャイナリスクとは、中国でビジネスを行う上で企業が直面する可能性のある様々なリスクを指します。これには、政治的な緊張、経済的な不確実性、法的な規制の変更、社会的な動揺、文化的な違い、そして国際社会における中国の立場の変化などが含まれます。近年は、米中対立の激化、人権問題、台湾問題、新型コロナウイルスへの政府としての対応などにより、中国を取り巻く国際環境の変化がチャイナリスクの高まりにつながっています。

こうした中国を取り巻く国際情勢の変化は、中国を取り巻く環境をより複雑にし、日本企業にとってのリスクを高める要因となっています。アメリカと中国との間の競争と対立は中長期的に続くと見られ、これが世界経済に与える影響は非常に大きいと言えるでしょう。さらに、人権問題や台湾に対する圧力、新型コロナウイルスに関する透明性の欠如などにより、国際社会からの批判が高まっており、これらの問題は中国の国際的な立場を複雑にしています。

このような状況下で、中国市場の魅力は依然として存在しますが、日本企業が中国でのビジネスを継続または拡大する際には、これらの新たなチャイナリスクを理解し、適切に対処することが求められます。

政治的緊張、経済的不確実性、社会的動揺など、様々なチャイナリスクが日本企業の事業展開に影響を及ぼします。

本記事では、日本企業が中国市場への進出やビジネス展開を検討する際に直面する可能性のある、新たなチャイナリスクに焦点を当てて考察します。

2. 米中対立というチャイナリスク

新たなチャイナリスクの1つめは「米中対立」です。

米中対立の定義と背景

米中対立とは、現代のチャイナリスクとして注目されている大きな問題であり、経済、技術、軍事力の拡大を背景にしたアメリカと中国間の競争および緊張状態を指します。この対立は、貿易不均衡、知的財産権の問題、技術覇権争い、地政学的な対立など、多岐にわたる分野で顕在化しています。

2018年以降、特にトランプ政権下での追加関税の課税を皮切りに、両国間の競争はさらに激化しました。バイデン政権に移行しても、この基本的な立場は変わらず、安全保障を含む広範な分野での競争と対立が続いています。

米中対立が日本企業に与える影響

日本企業にとって、この米中対立は無視できない影響を及ぼしています。アメリカと中国はいずれも日本の重要な貿易相手国であるため、両国間の貿易摩擦は日本企業の輸出入や海外生産活動に直接的な影響を与えることがあります。

また、技術移転の制約強化は、半導体や通信機器などの高技術分野に大きな影響を与え、サプライチェーンの再構築が求められる場合、生産コストの増大や効率性の低下に直面する可能性があります。

このような状況の中で、日本企業はデカップリング(Decoupling / 経済的分離)やデリスキング(De-risking / リスク回避)と呼ばれる、新たな国際社会の動向にも目を配りながら、米中の政策や規制変更に対して柔軟かつ戦略的に対応することが重要です。

3. 台湾有事というチャイナリスク

新たなチャイナリスクの2つめは「台湾有事」になります。

台湾有事とは?

台湾問題は、中国が台湾を自国の一部と主張し、統一を目指している一方で、台湾では独立を志向する声も根強い、長年にわたる複雑な歴史的、政治的課題です。

1949年の中国内戦後、中華人民共和国の成立と共に国民党政府が台湾に退避したことが起源で、以来、台湾海峡を挟んで対立が続いています。近年、中国の国力増強に伴い、軍事的圧力を背景に統一を迫る動きが強まり、台湾有事のリスクが高まっているのです。

台湾有事が日本企業に与える影響

台湾有事は、地政学的リスクの顕在化であり、日本企業にとっても深刻な影響を及ぼす可能性があります。まず、台湾を中心としたサプライチェーンの中断が考えられます。特に、半導体など重要産業での影響は甚大で、世界経済にも大きな波紋を広げることが予想されます。

さらに、日本と中国、及びアジア太平洋地域の経済関係に大きな影響を与える可能性があります。台湾有事による地政学的緊張の高まりは、直接的な経済活動の制約だけでなく、長期的なビジネス環境の不確実性をもたらし、戦略的な事業計画にも大きな調整を迫ることになるでしょう。

このように、台湾有事は、日本企業が対外的に直面する地政学的リスクとして、その準備と対応策の策定が求められます。経済だけでなく安全保障の観点からも、台湾問題に対する理解を深め、事態の推移を注視していく必要があるのです。

4. 一帯一路というチャイナリスク

新たなチャイナリスクの3つめは「一帯一路」です。

一帯一路とは

一帯一路とは、2013年に中国の習近平国家主席によって提唱された、アジア、ヨーロッパ、アフリカを結ぶ広大な経済圏構想です。

この経済圏構想は、陸上の「シルクロード経済ベルト」と海上の「21世紀海上シルクロード」からなり、参加国間の経済的協力を促進することを目的としています。152の国と32の国際機関が協力文書に署名し、交通網の整備、インフラ建設、生産能力の向上を通じて、経済発展と地域間の連携を深めることを目指しています。

一帯一路との関係構築には慎重な判断が求められる

一帯一路プロジェクトは政治的な影響も受けやすく、参加国内の政情不安や、国際関係の変化による影響リスクを考慮する必要があります。また、プロジェクトによっては、債務の罠や透明性の欠如など、財務的・倫理的な問題を抱えるケースもあり、これらのリスクを慎重に評価し、適切な対策を講じる必要があります。

総じて、一帯一路は、日本企業にとって大きなビジネスチャンスであると同時に、慎重なリスク管理と関係の構築が求められる複雑な課題と言えるでしょう。

5. 中国からの生産移管というチャイナリスク

新たなチャイナリスクの4つめは「中国からの生産移管」です。

中国からの生産移管とは

近年、企業による生産基地の国際的な移転が加速しています。この中で、特に中国から他国への生産移転が注目を集めています。

この背景には、米中貿易戦争や新型コロナウイルスの発生など、地政学的な要因が大きく影響しています。中国以外の国々、特にベトナムなどの新興国が製造業の新たな中心地として浮上しているのです。

中国からの生産移管は多くの企業にとって有意義な選択だが…?

中国からの生産移管を決断する企業は、おもに製造コストの削減を目指しています。しかし、ベトナムなどの新興国への移転では、当初は設備投資や技術移転、人材教育などによりコストが増加する可能性も否定できません。長期的には効率化とコスト削減が見込まれますが、初期段階でのコスト管理は大きな課題となります。

新たな製造拠点での品質管理体制の構築は、生産移管の成功において非常に重要です。また、サプライチェーンの再編も必須であり、効率的な物流システムの構築や、信頼できるローカルサプライヤーの確保が求められます。これらの調整は時間とコストを要するため、計画的に進める必要があります。

中国からの生産移管は、多くの企業にとって魅力的な選択肢ですが、新しい生産拠点でのコスト管理、品質維持、サプライチェーンの最適化など、多くの課題に直面しています。これらの課題を克服し、効率的な生産システムを構築することこそが、日本企業がグローバル市場での競争力を得るためにも必要なのです。

6. AIIB(アジアインフラ投資銀行)というチャイナリスク

新たなチャイナリスクの5つめは「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」です。

AIIB(アジアインフラ投資銀行)とは

AIIB(Asian Infrastructure Investment Bank / アジアインフラ投資銀行)は、中国が主導して2015年に設立されたアジア地域を対象とした国際開発金融機関です。この銀行は、アジア地域のインフラ開発を促進することを目的に融資や専門的な助言を提供しています。

2023年9月の時点で、109の国・地域が加盟しており、中国は最大の出資者として強い影響力を持っています。AIIBの目標は、開発途上国における交通やエネルギー、都市開発などのインフラプロジェクトに資金を提供し、経済成長と地域の結びつきを強化することにあります。

国際金融における中国の影響力の拡大

AIIBの設立は、国際金融の領域において中国の影響力を拡大させる動きの一環です。アジア地域のインフラ需要は膨大であり、AIIBを通じて中国はこの需要に応えることで地域内での経済的・政治的影響力を増しています。

しかし、中国主導のAIIBが透明性やガバナンスの面で国際基準を満たしているかについては懸念もあります。そのため、日本企業はAIIBに関わる際には、これらのリスクも十分に考慮する必要があります。

AIIBはアジア地域におけるインフラ投資を促進しています。同時に、中国の影響力下で運営されることの意味を理解するべきです。日本企業は、AIIBの動向を注視しながらリスク管理を怠らないことを心に留めるべきでしょう。

7. 新たなチャイナリスクに対して日本企業が備えるべきこと

中国は、その巨大な市場と生産基地としての潜在能力により、世界経済において重要な役割を果たしています。しかし、米中貿易戦争や新型コロナウイルスの発生など、最近の地政学的な変動は、中国市場の機会とリスクのバランスを再評価する必要性を浮き彫りにしました。これらの状況は、日本企業が中国で事業を行う上で新たな戦略を策定すべきことを示しています。

中国との関係性を維持しつつ、新たなグローバルビジネス戦略を策定する

中国は依然として巨大な消費者市場を持ち、製造のハブとしての地位も強固です。しかし、「米中対立」の深化やかつての新型コロナウイルスの流行による経済活動の停滞は、日本企業にとって不確実性を増大させました。加えて、中国の国際金融政策である「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」の設立や「一帯一路」の推進は、国際市場における中国の影響力の拡大であり、日本企業が留意すべき新たな国際秩序と言えるでしょう。

中国市場は依然として多大なビジネスチャンスを提供していますが、リスクも同時に増大しています。日本企業には、これらの商機を活かしつつリスク管理するために、常に変化を続けるグローバル市場の変化への柔軟な対応が求められているのです。

8. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

貴社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介します

今回は、日本企業が中国市場で直面する可能性のある新たなチャイナリスクについて解説しました。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。海外進出のサポート企業を探すにあたっては、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要です。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「中国進出の戦略についてサポートしてほしい」「中国での事業計画立案のアドバイスがほしい」「海外に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、貴社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

(参考文献)
・「米中対立が対米サプライチェーンに与えた影響」JETRO
・「米中対立下の中国リスク-事業内容によるブラック、ホワイト、グレー3分類とそれぞれの対策」ニッセイ基礎研究所
・「“習近平氏の誤算?” 中国「一帯一路」10年 どうなった? 」NHK国際ニュースナビ
・「中国主導のAIIB、加盟109ヵ国・地域に拡大 プロジェクトは235件に」産経新聞

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    株式会社東京コンサルティングファーム

    【26ヵ国39拠点】各国日本人駐在員が現地にてサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1704
    価格
    対応
    スピード
    知識

    弊社は、会計事務所を母体とした26ヵ国39拠点に展開するグローバルコンサルティングファームです。
    2007年に日本の会計事務所として初めてインドに進出し、翌年ASEAN一帯、中南米等にも進出しました。歴が長く、実績・ノウハウも豊富にございます。
    海外進出から海外子会社管理、クロスボーダーM&A、事業戦略再構築など国際ビジネスをトータルにサポートしています。
    当社のサービスは、“ワンストップ”での サービスを提供できる環境を各国で整えており、特に会計・税務・法務・労務・人事の専門家を各国で有し、お客様のお困りごとに寄り添ったサービスを提供いたします。

    <主要サービス>
    ・海外進出支援
    進出相談から登記等の各種代行、進出後の継続サポートも行っています。月額8万円~の進出支援(GEO)もご用意しています。また、撤退時のサポートも行っています。

    ・クロスボーダーM&A(海外M&A)
    海外企業の買収・売却による進出・撤退を支援しています。

    ・国際税務、監査、労務等
    各国の税務・会計、監査や労務まで進出時に必要な業務を幅広く行っています。

    ・現地企業マッチングサポート
    海外販路拡大、提携先のリストアップ、代理店のリストアップ、合弁パートナー探し等を行うことができます。TCGは現地に拠点・駐在員がいるため現地企業とのコネクションがあり、スピーディーに提携先のリストアップなどを行うことができます。

  • オススメ

    株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

コンシェルジュに無料相談する

入力1

入力2

確認

送信

課題やお悩みをカンタンヒアリング。
下記の項目に答えるだけでサポート企業をご紹介します。

連絡先を入力する

役職

個人情報保護方針利用規約 を必ずお読みになり、同意いただける場合は次へお進みください。

前に戻る

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    GLOBAL ANGLE Pte. Ltd.

    70か国/90都市以上での現地に立脚したフィールド調査

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    300
    価格
    対応
    スピード
    知識

    GLOBAL ANGLEは海外進出・事業推進に必要な市場・産業調査サービス、デジタルマーケティングサービスを提供しています。70か国90都市以上にローカルリサーチャーを有し、現地の言語で、現地の人により、現地市場を調べることで生きた情報を抽出することを強みとしています。自社オンラインプラットホームで現地調査員管理・プロジェクト管理を行うことでスムーズなプロジェクト進行を実現しています。シンガポール本部プロジェクトマネージメントチームは海外事業コンサルタント/リサーチャーで形成されており、現地から取得した情報を分析・フォーマット化し、事業に活きる情報としてお届けしております。


    実績:
    東アジア(中国、韓国、台湾、香港等)
    東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ等)
    南アジア(インド、パキスタン、バングラディッシュ等)
    北米(USA、メキシコ、カナダ)、南米(ブラジル、チリ等)
    中東(トルコ、サウジアラビア等)
    ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等)
    アフリカ(南アフリカ、ケニア、エジプト、エチオピア、ナイジェリア等)

  • オススメ

    ABCD株式会社(旧:株式会社セカラボ)

    私たちは貴社のセカイビジネス(主に欧米+アジア進出)の共創パートナーです。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    私たちABCDは、貴社の海外事業部としてセカイ進出を共創するパートナーです。
    これまでの実績は500社を越え、さまざまな業種業態の企業の進出支援を行っております。

    ■私たちは...
    *企業のセカイビジネスの開拓・拡張・成長をミッションとして各分野から集まった組織
    *成功のノウハウだけでなく、失敗におけるノウハウも貴社支援に活用
    *セカイビジネスを""A""(立ち上げ)から事業推進(""toZ""/プロジェクトマネジメント)まで伴走
    *セカイ各国・各分野の現地協力社&6万人を超える現地特派員により、セカイビジネスを共創

    ■3つのサポート領域
    ①BtoB販路開拓サポート
    セカイ各国の現地企業との取引創出を目的としたサポート。
    現地企業の探索条件の設計から着手し、企業探索・アポイント取得・商談〜交渉〜契約までワンストップで対応。

    ②BtoC販路開拓サポート
    セカイ各国の消費者に直接販〜集客することを目的としたサポート。
    販売はECモール・越境ECサイトを中心とし、集客はSNS活用から各種プロモーション(インフルエンサーマーケティング・広告運用など)海外でのブランディングを含めたマーケティング戦略全般対応。

    ③セカイで法人・店舗開業
    セカイ各国現地に店舗開業を包括的にサポートすることを目的としたサポート。
    現地法人設立(M&A含む)や店舗開業に伴う不動産(内装業者)探索や人材探索、各種手続き・ビザ申請等、ワンストップで対応。

    ■サポート対象エリア
    基本的にはセカイ各国の支援に対応しておりますが、
    これまでの多く携わってきたエリアは、アメリカ・ヨーロッパ・東南アジア・東アジアです。

    ■これまでの支援で最も多かったご相談
    - 海外進出って何をすればよいの?
    - 初めての海外進出をどのように進めれば不安、手伝って欲しい
    - どこの国が最適なのか、一緒に考えて欲しい
    - 進出検討中の国や市場を調査・分析し、自社との相性が知りたい
    - 現地競合企業の情報・動向が知りたい
    - どんな売り方が最適か、アドバイスが欲しい
    - 海外進出事業計画策定を手伝って欲しい
    - 事業戦略・マーケティング設計がしたい
    - 食品・コスメ・医薬品に必要なFDA申請を手伝って欲しい
    - 海外で販路開拓・拡張がしたい
    - 海外現地企業と取引がしたい
    - 海外現地法人設立(ビザ申請)をサポートして欲しい
    - 海外でプロモーションがしたい
    - 越境EC(自社サイト・モール)販路を広げたい・深めたい
    - 海外のデジタルマーケティング戦略をサポートして欲しい
    - 海外向けのウェブサイト(LP)をつくってほしい
    - 海外向けのECサイトをつくってほしい
    - 海外のSNS・ECの運用を手伝って欲しい
    - すでに活動中の現地法人の悩み解決を手伝って欲しい
    - 海外で店舗開業(飲食店含む)を総合サポートして欲しい

    ■主要施策
    ①BtoB販路開拓サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 市場調査/現地視察
    - 事業計画設計
    - 海外ビジネスマッチング(現地企業探索サポート)
    - 海外人材 探索・手配サポート
    - 翻訳・通訳サポート
    - 手続き・申請(FDA申請含む)サポート
    - 海外税務/法務/労務/人事 サポート
    - 輸出入/貿易/通関 サポート
    - 海外販路開拓・現地企業マッチングサポート
    - 各種市場調査/分析
    ↳企業信用調査
    ↳競合調査/分析
    ↳法規制調査
    ↳有識者調査・インタビュー
    ↳消費者調査・インタビュー
    ↳現地テストマーケティング
    ↳ウェブ調査/分析

    ②BtoC販路開拓サポート
    - EC/越境EC運用代行サポート
    - 各種サイト運用代行
    - SNS運用代行サポート
    - サイト(EC/多言語/LP)制作
    - コンテンツ(画像・動画)制作デジタルマーケティングサポート
    - プロモーションサポート
    - SEO強化サポート
    - Webプロモーション
    ↳インフルエンサープロモーション
    ↳現地メディアプロモーション
    ↳広告運用(リスティング広告・SNS広告など)

    ③法人・店舗開業
    - グローバル飲食店開業サポート
    - 現地法人設立サポート
    - 現地視察サポート
    - ビザ申請手続き
    - 現地人材探索
    - MAサポート
    - クラウドファンティングサポート

  • オススメ

    株式会社東京コンサルティングファーム

    【26ヵ国39拠点】各国日本人駐在員が現地にてサポートいたします。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1704
    価格
    対応
    スピード
    知識

    弊社は、会計事務所を母体とした26ヵ国39拠点に展開するグローバルコンサルティングファームです。
    2007年に日本の会計事務所として初めてインドに進出し、翌年ASEAN一帯、中南米等にも進出しました。歴が長く、実績・ノウハウも豊富にございます。
    海外進出から海外子会社管理、クロスボーダーM&A、事業戦略再構築など国際ビジネスをトータルにサポートしています。
    当社のサービスは、“ワンストップ”での サービスを提供できる環境を各国で整えており、特に会計・税務・法務・労務・人事の専門家を各国で有し、お客様のお困りごとに寄り添ったサービスを提供いたします。

    <主要サービス>
    ・海外進出支援
    進出相談から登記等の各種代行、進出後の継続サポートも行っています。月額8万円~の進出支援(GEO)もご用意しています。また、撤退時のサポートも行っています。

    ・クロスボーダーM&A(海外M&A)
    海外企業の買収・売却による進出・撤退を支援しています。

    ・国際税務、監査、労務等
    各国の税務・会計、監査や労務まで進出時に必要な業務を幅広く行っています。

    ・現地企業マッチングサポート
    海外販路拡大、提携先のリストアップ、代理店のリストアップ、合弁パートナー探し等を行うことができます。TCGは現地に拠点・駐在員がいるため現地企業とのコネクションがあり、スピーディーに提携先のリストアップなどを行うことができます。

  • オススメ

    株式会社スタンデージ

    貴社の貿易をすべて丸投げ

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    100
    価格
    対応
    スピード
    知識

    スタンデージはブロックチェーンとステーブルコインを活用した新貿易決済システムをはじめ、アナログでレガシーな貿易インフラを次世代のステージに引き上げる貿易DXプロダクトの開発・運営に取り組んでおり、国内の貿易プレイヤーを増やし市場を拡大する一環として、海外展開未経験の企業の支援に取り組んでいます。

    商材は食品、日本酒、医療機器・医薬品、サプリメント、教材・教育玩具、素材、農業資材など多岐にわたります。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破