Digima〜出島〜

海外進出に関わる、あらゆる情報が揃う「海外ビジネス支援プラットフォーム」

ベトナム最大の財閥企業ビングループとは | ビングループの歴史・事業展開・グループ企業を解説

掲載日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムを代表する財閥企業(コングロマリット)であるビングループについて解説します。

結論から言うと、ビングループは、ベトナムの首都ハノイ市に拠点を構える不動産・リゾート開発を中心としたヘルスケア、教育、自動車、農業、小売など多岐に渡る事業を展開する、ベトナム国内では一番資本金が多い民間企業です。

現在、ベトナムでは病院や学校などいたるところでビングループ関連のビン〇〇と付いた名前の建物があります。多くの巨大国営企業が存在するベトナムで、民間企業でありながらベトナム最大の時価総額を誇る企業にまで成長したビングループは、ベトナム人の生活にとっていまや欠かすことのできない存在と言えるでしょう。

また、AIやビッグデータ活用の研究など、先端分野に挑戦している企業としても知られており、コロナ禍より活発化してきたワクチン事業にも参入しています。

東南アジア諸国には、ASEANや東アジアのみならず、南アジアおよび中東も含めた、世界経済全体に大きな影響を及ぼす幾多の上場企業を傘下に持つ財閥およびコングロマリットが多数存在します。

その概要を知ることは、ASEAN諸国への進出を狙う日系企業にとって必須事項であり、最低限知っておくべき基礎情報でもあります。

本テキストでは、そんなベトナム最大の財閥企業であるビングループの基礎知識を詳しくかつわかりやすく解説していきます。

画像出典元:https://vingroup.net/vi

▼ベトナム最大の財閥企業ビングループとは | ビングループの歴史・事業展開・グループ企業を解説

▼アナタの海外ビジネスを成功させるために

1. ビングループとは?

不動産開発事業を軸に多角経営を行なうベトナム最大級のコングロマリット企業

まずはビングループとはどんな企業グループなのか? 基本的なことについて解説していきます。

ビングループとは、ベトナムの首都ハノイ市に拠点を構える、ベトナム最大級のコングロマリット企業です。不動産・リゾート開発を中心に、ヘルスケア、教育、自動車、農業、小売など多岐に渡る事業を展開しています。

グループの始まりは1993年にファム・ニャット・ブオン氏がベトナム人の仲間たちと旧ソ連のウクライナで創業したテクノグループ。ブオン氏は食品会社を立ち上げて財を成し、2000年にベトナムに凱旋しました。そして、政府とのリレーションを有効活用し、好立地における不動産開発事業などで収益を上げ、それを別の不動産に振り分けるやり方でビジネスを一挙拡大。不動産開発事業で築いた利益をもとにスーパー、コンビニ、Eコマース、ホテル、テーマパーク、学校・病院の運営など、事業を多角化させていきます。

その事業は手広く、もはやベトナム在住で、同グループの関連企業のサービスを利用していない人はいないと言っても過言ではないほどです。

そんなビングループを一代で築き上げた創業者のブオン氏は、米経済誌フォーブスの世界長者番付で499位(2018年)にランクインするほどの大富豪として世界に名を成しており、7000億円を超える資産を持っていると言われています。

不動産事業を中核に事業の多角化を続ける気鋭の企業

前述した通り、2000年にベトナムに戻ったブオン氏は政府とうまくリレーションしながら観光開発と不動産開発、さらには住宅開発に乗り出しました。これらの事業がビングループの中核事業となっています。

2012年に入ると、医療、教育などの住宅開発の周辺業務に乗り出し、中核事業との相乗効果を狙った事業の多角化を模索。2014年よりベトナム国内で近代小売業が発展してくると、スーパーマーケット、コンビニなどの小売業界に本格進出し、電子商取引の分野にも乗り出しました。

2017年より自動車や電子バイク、携帯電話の製造分野に進出。AIやビッグデータ活用の研究など、先端分野への挑戦も始めています。そんな中、2019年に成長市場であった小売事業を同じベトナム財閥のマッサングループに売却。2021年にスマホ・テレビ生産から撤退し、自動車事業に力を入れていくといった動きも見せています。また、コロナ禍より活発化してきたワクチン事業にも参入しました。

2. ビングループの最新動向

小売事業の経営権をベトナム最大手に売却し製造業を強化

このセクションでは、ビングループを詳しく解説する前に、最近のビングループの動向を見ていきましょう。

繰り返しとなりますが、ビングループは2019年、コンビニエンスチェーン、ビンマート・プラスとスーパーマーケットチェーン、ビンマートなどの小売事業の経営権をベトナムの食品最大手のマッサングループに売却。コンビニ市場の成長率は2017〜2021年にアジア最大となる年平均37.4%が期待されていただけに、ビングループのこの一手は市場に衝撃を与えました。

具体的に言うと、ビンマートとマッサングループが新会社を設立。ビングループのコンビニやスーパーを運営する子会社とマッサングループの食品子会社がその傘下に収まり、経営支配権はマッサングループが握ることになりました。

この売却の背景には、ビングループの製造業への参入がありました。2018年にベトナム初の国産車、ビンファストの製造とスマートフォン、Vスマートの製造を開始したビングループは、この事業のために巨額の投資を行なっていました。2019年以降、韓国のSKグループなどの海外企業を相手に資金調達を活発化させたのも、製造業に費やす資金が必要だったためです。そんな中で、ビングループは赤字が膨らんでいた小売業を売却し、財務の健全化を図る必要があったのです。さらに、国内大手企業から資金調達を図り、製造業をより強化させるという思惑もありました。

スマートフォンとテレビの開発・生産を中止し、電気自動車(EV)に参入

しかし、その製造業も前述したスマートフォン、Vスマートとテレビの開発・生産に関しては2021年に中止。製造を行なっていたビングループ傘下のビンスマートは今後、同じ傘下のビンファストの自動車向けに、車載システムの開発などを行ないつつ、自動車関連の現地調達率向上のため、電子部品、バッテリー、電動モーターなどの開発・生産を強化していきます。

また、ビンファストは、中国勢などアジアの自動車メーカーが欧米のEV市場に参入するなか、2022年に自社の電気自動車(EV)を欧米の市場で販売する予定です。さらに、欧米に先駆けてベトナム国内で2021年内に多目的スポーツ車(SUV)タイプのEVの発売を予定。ベトナムに拠点を構える国内外の主要自動車メーカーで、EVを発売するのはビングループが初という快挙を達成しています。

AI分野や電池製造、ビッグデータ専門の子会社を設立

また、ビングループは、2021年8月に電池・バッテリーを製造する子会社ビンESエネルギーソリューションズを設立。400億円強を投じてベトナム国内でEV向けの電池の生産を開始しています。同時期に人工知能の研究・応用会社のビンAIも設立。同年9月にはビッグデータ専門の新会社ビンビッグデータも設立しています。

ベトナムだけでなく世界の様々なビジネス分野でビッグデータの影響が拡大している中、将来を見据えて作られた形です。先端分野に力を注ぐビングループらしい新会社と言えるでしょう。

新型コロナワクチンの市場に参入

さらにビングループは、アメリカや中国などの主要国が東南アジアに新型コロナワクチンの技術を移転し、現地生産の準備を行なう流れに乗って、ワクチン市場にも参入。2021年、アメリカのバイオ企業アークトゥルス・セラピューティクスと協力して、メッセンジャーRNAを活性化したワクチンの生産を準備しています。

ベトナム国内で着々とワクチンの治験を進め、2022年始めから首都ハノイに建てた新工場で生産を開始することを目指しており、最大で年2億回分のワクチンを製造する予定です。

3. ビングループの歴史

このセクションでは、ビングループの歴史について改めて見ていきましょう。

政府と連携をとりながら観光・娯楽開発、不動産開発、住宅開発業で大成功を収める

ビングループの創業者は前述した通り、ファム・ニャット・ブオン氏です。

奨学金を得てロシアのモスクワ地質大学に留学したブオン氏が大学卒業後もベトナムに戻らず、仲間たちと1993年にテクノグループを創業。ベトナムや台湾から輸入した原料でインスタント・ラーメンを製造・販売する事業を開始しました。当時、崩壊直後のソ連は物資が不足していたため、この事業は成功。ブオン氏は財を成して2000年にベトナムへ帰国しました。

翌年、ブオン氏は政府とうまく連携ととりながら観光・娯楽開発のビンバールを設立。その翌年にはショッピングモールなど不動産開発のビンコムを設立し、5つ星リゾート、ビンバール・二ャチャンやハノイ初の近代的ショッピングセンター、ビンコムセンター・バーチエウをオープンさせました。1997年のアジア通貨危機以降、ベトナムは景気低迷から脱して、7%を超える高度経済成長期に入っており、国民の所得は倍増し、娯楽やレジャーへの需要が急速に高まっていました。

そんな中、ブオン氏は2010年にホーチミン市の中心ドンコイ通りにショッピングモールとオフィスの複合ビル、ビンコムセンター・ドンコイを建設。翌年にニャチャンにビンパール・ラグジュアリー、ビンパール・ゴルフを増設し、ベトナム中部ダナンにはビンパール・ダナン・リゾート&ビラを建設するなど、積極的な投資を続け、事業を拡大していきました。また、住宅開発業のビンホームズも設立。ハノイのビンホームズ・ロイヤルシティーやタイムズシティーのコンドミニアム、高級ビラ住宅地リバーサイドの建設もスタートしました。

ビングループを設立し、マッケンジーのアドバイスの下、事業の多角化をスタート

2012年に入ると、ブオン氏は観光・娯楽開発のビンパールと不動産開発のビンコムを統合。ベトナム投資グループとしてビングループを設立し、自ら会長に就任しました。

以降は世界的なビジネスコンサルタント会社であるマッケンジーのアドバイスの下、事業の多角化を本格的にスタート。2012年に医療分野のビンメックを設立し、タイムズシティー・コンドミニアム内にビンメック病院を開業しました。

さらに2013年には教育分野のビンスクールも設立。タイムズシティーなどのコンドミニアムの住民がビンメック病院に、子供たちがビンスクールの学校に通うなどのシナジーを狙いました。

小売業界へ本格進出。農業投資生産開発にも参入

2014年にビンコマースを設立し、小売業界へ本格的に進出。コンビニエンスチェーン、ビンマート・プラス、スーパーマーケットチェーン、ビンマートをスタートさせました。

オーシャングループのオーシャン・リテールやアルファナムのスーパーマーケット部門を買収するなどのM&Aやビングループが開発するコンドミニアム内での出店で店舗を展開。翌年はビナテックス傘下の販売チェーンであるビナテックスマートやベトナム南部と中南部で知名度のあるスーパーマーケットチェーン、マキシマークを買収し、さらに店舗を拡大していきました。

また、同年に家電専門の量販店にも進出。ホーチミン市やハノイで電子機器・家電小売チェーンを展開しました。そのほか、有機栽培で育てた野菜を市場に提供する農業投資生産開発のビンエコを設立。2015年から野菜を市場に出荷し始め、ビングループが国内に展開するビンマートやビンマート・プラスで販売しました。

翌年の1月にはビングループ傘下のすべての顧客を対象としたビングループ・カードを発行。顧客ポイント制度を導入し、グループ全体での顧客の取り込みを図っています。

製造業やハイテク産業への進出

2017年よりビングループは製造業に進出。ビンファストを設立し、自社ブランドの乗用車の生産に乗り出しました。さらに翌年にはビンファを設立し、医薬品製造分野に進出。北部バクニン省に医薬品生産研究センターを設定し、西洋薬や漢方薬を生産、国内市場へ出荷を始めました。

同年にはビンスマートを設立し、自社のスマートフォンブランドであるVスマートの生産を開始。2018年にはビンテックを設立し、人工知能、オートメーション、新世代素材の研究開発を進めました。また、アメリカのイェール大学からヴー・ハー・ヴァン教授を招き、ビッグデータの活用に関する研究を行なうビッグデータ研究所を設立。

さらには新エネルギー、新素材、バイオ、環境、エレクトロニクスに関する海外からの技術を取り入れるビン・ハイテク研究所や、応用科学、コンピューター、AI、ロボット、オートメーション、ナノテクノロジー、再生可能エネルギー、新世代素材に関する科学研究に資金援助を行なう応用科学・技術基金も設立し、先端分野への挑戦も加速させています。

4. ビングループの事業展開

このセクションでは、改めてビングループの事業展開について見ていきましょう。

不動産事業を中核に事業を多角化

繰り返しになりますが、ビングループの事業の始まりはウクライナでのインスタント麺の製造事業でした。その事業で成功を収め、2000年にベトナムに凱旋。ベトナムの高度成長期に便乗して、不動産開発や観光事業をスタートさせ、一等地へのショッピングモールや住宅開発投資を行ないました。これらの事業がビングループの中核事業となります。

2010年にはウクライナのインスタント麺事業をネスレに売却。M&Aを通じてベトナムでの事業多角化を進め、小売から医療、教育にまで参入。2017年には製造業に本格参入し、自動車事業とスマホ事業の二事業に資本を集中投資していきました。自動車事業への注力は現在も継続中。多角化を進めたビングループは事業別に114社の子会社があり、そのうちの不動産開発、ショッピングセンター運営、ホテル経営の子会社も株式上場を果たしています。

安定した不動産事業を元手に製造事業に参入

ビングループの売上の3分の2は不動産販売事業が占めています。グループの住宅販売戦略は、巨額の資金力で都心の一等地を買い集め、好立地さとそのブランド力で中高価格帯の住宅を販売するというのもの。ベトナムの住宅価格は年々上昇しており、都心部ではまだまだ住宅供給不足なので不動産販売事業はしばらく安泰と言えるでしょう。

また、外資企業の進出が続くベトナムでビングループが手掛ける工業用不動産開発は好調で、分譲マンションは外国人投資家の投資先として高い人気を誇っています。ビングループがここまで事業の多角化に成功できたのも、この安定した不動産事業の収益があってこそです。

次にグループの売上を占めるのは自動車とスマホの製造事業です。2020年の販売実績は自動車3万台、スマホ195万台とベトナムでのマーケットシェアはまだ低く、ビングループの売上に占める割合も2割未満でした。2019年には赤字が膨らんでいた小売事業を売却し、2021年にはスマートフォン、Vスマートとテレビの開発・生産を中止。EV市場に参入した自動車製造に改めて力を注ごうとしています。

5. ビングループのグループ企業(子会社)

この項ではビングループのグループ企業(子会社)について解説していきます。以下より代表的なグループ企業を見てみましょう。

① ビンホームズ

グループの主力である住宅不動産販売を行なう。ベトナム国内における高いブランド力を背景にグループの業績を牽引している。

② ビンメック

グループの医療分野を担う。グループが手掛けるコンドミニアム内などに病院を開業している。

③ ビンエコ

グループの農業投資生産開発を担う。有機栽培で育てた野菜を市場に提供する。

④ ビンファスト

自動車や電動バイク製造を行なう。EV市場にも参入。

⑤ ビンファ

グループの医薬品製造分野を担う。ドラッグストア事業を行なう。

⑥ ビンスマート

スマートフォン製造を行なっていたが、現在生産中止。ビンファストの自動車向けに車載システムの開発などを行なう。

⑦ ビンコマース

グループの小売事業を担っていたが、マッサングループの小売部門と統合。現在、マッサングループが経営の主導権を持っている。

6.ビングループが驚異的な成長を遂げた理由とは…?

この項では、これまでのグループの事業展開を踏まえて、ビングループが一代で急速に成長を遂げた理由について分析していきます。

ベトナム経済の活況期に不動産業で進出し、エコシステムを実践

ビングループが設立わずか10数年でベトナム最大のコングロマリットに成長した要因は、一つはタイミング。ベトナム経済がアジア通貨危機後の景気低迷を脱し、7%台の高成長を続けていたことが大きいです。その結果、ベトナム国民の消費活動が拡大し、観光やレジャーにお金を費やす余裕がうまれました。

当時、ビングループは観光では2003年に中部のニャチャンにビンバールリゾート・ニャチャン、2006年にビンバール・ニャチャン、不動産では2004年にハノイのショッピングモール、ビンコムセンター・バーチユウなどを手掛けており、これが大成功を収めました。

また、ベトナム国民の中間層の拡大と都市化の進展がビングループが手掛けた西洋式コンドミニアムのニーズを高め、そこに生活する者たちがビングループのスーパーマーケットやコンビニを利用するというシナジーが産まれ、グループはさらに発展。

2013年にオープンしたハノイのショッピングモール、ビンコムメガモール・タイムズシティは、大規模なコンドミニアム群の一角に併設された地下型の複合ショッピングモールで、有名ブランドの店舗やレストラン、映画館、キッズランドなど、様々な施設があり、入居者のニーズに応えるとともに、入居者の消費意欲をビングループがすべて吸収するという構造になっていました。つまりエコシステムの実践されていたのです。

成功の理由は不動産事業にあり

また、ベトナムでの事業の始まりが不動産業だったことも成功の大きな要因だと言われています。ベトナムの民間企業が成長するうえで最大の難関は資金調達です。なぜなら国営銀行は国営企業への融資を優先するからです。

国営銀行が民間企業へ融資する際は、必ず担保として不動産の使用権を徴収します。普通の民間業者は十分な不動産を持っていないため、投資資金を確保できないことが多いのです。その点、ビングループは不動産を扱っているため、手持ちの不動産を担保に融資を受けることができます。また、国内の不動産価値が上昇の傾向にあったため、調達資金の拡大も可能という良い状況にありました。

それに加えて、ビングループが手掛けるコンドミニアムは人気で、物件の完成前にほぼ完売することが多く、キャッシュフローに余裕があったことが急速な拡大を可能にしていたのだと思われます。

創業者ブオン氏の手腕とベトナム政府との盤石な関係

そのほかの要因として創業者のブオン氏の手腕という要素も見逃せません。ブオン氏の市場を見る先見性と、国の政策を先読みして政府と二人三脚で成長しようとする戦略性なしではここまでの成長はありえなかったでしょう。

たとえばASEAN自由貿易協定の関税撤廃がベトナムにも適用になった2018年1月、政府は新たに非関税障壁を設けて国内自動車産業を守るほかなくなりました。そんな中でビングループは、政府の意向を先取りする形で、2017年9月に自動車製造工場を起工。ビングループが工場を起工してすぐに非関税障壁が設けられた形となり、政府とビングループの阿吽の呼吸が伺えます。

また、ベトナム政府は第四次産業革命への対応に熱心ですが、これらの政策を推進するための資金と人材が政府にはなく、それを補完する形で、ビングループが子会社のビンテックやビッグデータ研究所などを通じて政府の政策を推進しており、まさに盤石の関係を築いています。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

御社にピッタリのベトナム進出サポート企業をご紹介します

ビングループはベトナム最大級のコングロマリットです。創業者の一人で現会長であるファム・ニャット・ブオン氏が一代で築き上げた企業で、不動産事業を主軸に、ヘルスケア、教育、自動車、農業、小売など多角化された事業であることがお分かりいただけたと思います。

2019年に同じベトナム財閥のマッサングループに小売事業を売却しましたが、その分製造業に力を入れてEV市場やAI(ビッグデータ分野)などにも進出。世界の投資家の間で注目を集めたことも知っておくとよいでしょう。

また、最近ではワクチン事業にも進出し、アメリカや中国などの主要国が東南アジアなどでワクチンの現地生産の準備を行なう流れに乗るなど、市場の先読みに長けた企業と言えます。

ベトナムに限らず、その国・地域・都市の市場の情勢を読むには、現地の情報が不可欠。海外の最新事情や現地の風土に精通することが必要です。自社で調査するにも、まずは海外ビジネスの専門家にご相談することをおすすめします。

「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「ベトナムを含む東南アジア進出の戦略についてサポートしてほしい」「ベトナムや東南アジアでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「ベトナム及び東南アジアへ進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

失敗しない海外進出のために…! 最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

\ 3つの質問に答えて /
コンシェルジュ無料相談

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

オススメの海外進出サポート企業

  • オススメ

    YCP Group 

    自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    500
    価格
    対応
    スピード
    知識

    マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。

    YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。

    <主要サービスメニュー>
    ・海外展開完全代行:
    事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

    ・海外調査:
    マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供

    ・海外M&A:
    買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート

  • オススメ

    サイエスト株式会社

    海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。  

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    1000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
    サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
    近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
    それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
    サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
    ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
    我々はその課題を

    (1)海外事業の担当人材の不足
    (2)海外事業の運営ノウハウの不足
    (3)海外企業とのネットワーク不足

    と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
    また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
    そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

  • オススメ

    ユビーク株式会社

    ユビークは、鎌倉と東京を拠点に、海外市場への進出支援と、そのための包括的なコミュニケーションを企画・実行する専門性を兼ね備えた、ユニークな経営コンサルタント・広告代理店です。ユビークは、ブランドが世界に向けて伝えたい内容を正確に、かつ各マーケットの文化に合わせて伝えることで、その成長に寄与します。

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    25
    価格
    対応
    スピード
    知識

    ユビーク株式会社とは

    1997年、マイケル・フーバーがMDH Consultants KKを設立。日本企業や日本市場へ参入しようとする外国企業にコンサルティングサービスを提供していました。2015年に社名をユビーク株式会社に変更し、創業時から「企業開発のコンサルティング」と「マーケティング支援サービス」を着実に実践し、サービスを提供してきました。また、国内外の経験豊富な専門家と連携して「ブティック」を設立し、彼らの知見や能力を活かして、サービスの拡大を続けています。ユビークの中核は、品質とお客様への情熱、そしてプロフェッショナルなサポートです。

    コミュニケーションと新技術

    ユビークのコアチームは、日本およびグローバルでコミュニケーションのためのコンテンツを数十年にわたって企画・制作してきた経験を有しています。企業開発のコンサルティングから、翻訳、コピーライティング、ネーミング、ライティングなど幅広いサービスを提供し、それぞれが重要な役割を果たしています。また、出版物やビデオ、雑誌、書籍、広告の制作といった多面的なプロジェクトに領域を拡げ、さらには世界に展開するウェブサイト、SNS、ポータル、コンテンツマネジメントシステムを構築するデジタル領域へと進化してきました。

    大手グローバル企業の社内や、広告・マーケティング会社のサプライヤーとして多様な仕事に携わってきたユビークは、コミュニケーションについて確固たる基盤を有しています。クライアント内外の視点からコミュニケーション・プロジェクトに必要な要素に精通しているため、企業と代理店のどちらのパートナーとしても優位性を持っています。

    ユビークの専門的なスキルは進化し続けており、エンターテインメント製品や体験、マーケティングプログラム、市場調査、製品開発やテストにおいて大きな可能性を秘めたバーチャルリアリティ(VR)などの新たな技術にも焦点を当てています。テクノロジーやシステムが急速に進化している中、日本国内だけでなくグローバルに、企業のニーズに沿ったモバイルソリューションやソフトウェア開発をブランドに対して提供していきます。その一方で、「コンテンツ・イズ・キング」であり、最高品質のコンテンツが必須であるという事実を見失うことはありません。

    マーケティング・インテリジェンス・サービス

    最も成功しているマーケターは、消費者が何を求めているのかをより深く理解するために、トレンドやテクノロジーを常に把握しています。リサーチや情報分析はBtoCのマーケティングに活用されてきましたが、BtoBにおいても重要です。ユビークは、双方の分野でトップレベルの研究・分析を行うだけでなく、VRのような新しい技術を製品開発やマーケティングキャンペーンのテスト段階の時間短縮・コスト低減に活用している企業との提携を進めています。

    これからのユビーク

    ユビークは今後もグローバル企業に直接サービスを提供するとともに、広告代理店と連携したプロジェクトを遂行していきます。この2つの顧客基盤を拡大しながら、リソースやサプライヤーのネットワークを構築することで、個々のプロジェクト課題に最適な人材のマッチングを図ります。同時に、VRをはじめとする新しいビジネスチャンスに挑戦。中長期的には、企業や代理店に最高品質の成果を提供するために、ニッチを開拓します。また、日本のみならず海外のグローバル企業とのコンサルティング関係を構築し、新しい技術を積極的に導入することにより、バーチャル化が進む世界でコミュニケーションを強化していきます。

    ユビークはデジタル時代にふさわしいプロセスと統合的なアプローチによって課題を解決する、信頼のおけるパートナーになりたいと考えています。重要なのは、未来に向けた理想のロードマップを戦略的に構築することです。日本から世界へ、世界から日本へ。時と場所を超えたコミュニケーションで人とブランドをつなぎ、ブランドにクリエイティブな力を吹き込む。それがユビークです。

    ぜひ、思いを一緒にかなえましょう。

    ユビーク株式会社
    代表取締役
    マイケル・フーバー

  • オススメ

    フェデックスエクスプレス ジャパン

    貴社の国際物流を世界最大のネットワークで支えます

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    0
    価格
    対応
    スピード
    知識

    世界最大の総合航空貨物輸送会社、FedExは迅速かつ信頼性の高い輸送サービスを世界220以
    上の国と地域で提供しています。

    人とモノ、サービス、アイディア、テクノロジーとを
    繋げ、革新を引き起こし、ビジネスに活力を与える、そして地域社会に貢献するための機会を創出しています。

  • オススメ

    尾崎会計事務所

    アメリカ会社設立  アメリカ会計 アメリカ確定申告 アメリカ会計事務所サービス

    ご利用企業からの評価

    ※ご利用企業から集めた評価をもとに作成

    総合評価
    サポート実績数
    10000
    価格
    対応
    スピード
    知識

    納税プランニング・サービス:
    最適なタックスプランニングで、賢い節税を。
    貴社の目的であろう、節税を通してのセービングは、当会計事務所にとっても一番のプライオリティです。

    貴社のファイナンシャル状況はとても固有で個性的なものです。どの企業も二つとして同じではありません。ですから一般論的なタックスプランニングをあてはめた場合の、時間の無駄を防ぎます。

    貴社独自の状況にあったタックスプランニングをカスタマイズ構築して、最適な節税方法をアドバイスいたします。

    そのためには会計年度末に1度話し合うよりも、1年を通して何度も話し合い、賢く何か月も前から、余裕をもってプランニングすることが重要です。

    決算期の数ヶ月前から、各クライアント様のデータを前年度の確定申告からピックアップして、お話合いの時間を持てるよう、お願いしています。

もっと企業を見る

海外進出・海外ビジネスで
課題を抱えていませんか?

Digima~出島~では海外ビジネス進出サポート企業の無料紹介・
視察アレンジ等の進出支援サービスの提供・
海外ビジネス情報の提供により御社の海外進出を徹底サポート致します。

無料相談はこちら

0120-979-938

海外からのお電話:+81-3-6451-2718

電話相談窓口:平日10:00-18:00

海外進出相談数
22,000
突破