• このエントリーをはてなブックマークに追加

【世界の経済成長都市ランキング】「クアラルンプール進出」に役立つ経済&ビジネス情報

掲載日:2019年01月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本稿では、「世界の経済成長都市ランキング」として、第4位であるマレーシアの「クアラルンプール」進出に役立つ経済&ビジネス情報と、マレーシアの首都であるクアラルンプールが、日本企業の進出先として注目される理由について解説します。

近年話題となった書籍『年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学』でも述べられているように、同じマレーシア国内でも、それぞれの地域やエリアによって、経済状況もビジネス環境も異なります。

クアラルンプール首都圏では、マレーシア政府による「ビジョン2020」に基づいた国家重点経済分野の一つとして、大クアラルンプール圏の整備が行われています。元々のクアラルンプール首都圏は、クランバレーと呼ばれていますが、大クアラルンプール圏の整備を行うことで、「大クランバレー」の創出を目指しているのです。

マレーシア・クアラルンプールの現在から、今後の日系企業の進出先としての展望についてまで、詳しく解説していきます。

【2018年、最も成長する都市ランキング】
■第1位:ホーチミン(ベトナム)
■第2位:ジャカルタ(インドネシア)
■第3位:マニラ(フィリピン)
■第4位:クアラルンプール(マレーシア)
■第5位:深セン(中国)

【海外進出白書 2017-2018年版】より↓
白書バナー_17-18版

1. マレーシア・クアラルンプールとは?

巨大なクアラルンプール首都圏


クアラルンプールは、マレーシアの首都で約179万人の人口を有しています。東のクアラルンプールと西のクラン港までの地域をクアラルンプール首都圏と呼んでおり、別称クランバレーとも呼ばれています。

さらに、2020年までに先進国の仲間入りを目指す「ビジョン2020」計画の下で制定された国家重点経済地域(NKEA)として大クアラルンプール首都圏(Greater Kuala Lumpur)の開発が挙げられています。開発内容については後述します。

大クアラルンプール首都圏では、クアラルンプールだけでなく、プトラジャヤ等の10自治体も包摂されており、その面積は、2,793㎞となっており、シンガポールの国土面積や東京23区の面積の4倍の大きさとなっています。

国家として首都圏の開発に注力することから、クアラルンプール首都圏が、マレーシアの経済においてどれだけ重要視されているのかがわかります。

2. クアラルンプールが進出先として注目を浴びる理由

マハティール首相の再任で注目

また、親日家としても知られるマハティール首相は、更にマハティール首相は就任後、2015年に導入された6%の消費税(GST)を撤廃し、消費税ゼロにし、今後の個人消費の増加が見込まれます。これにより、マレーシアの消費市場が活性化するという見方もできます。

2018年5月のマレーシア下院選挙で政権交代が実現し、与党であったナジブ前首相から野党連合のマハティール首相へと政権が移りました。マハティール首相は、1981年~2003年までマレーシアの首相を務めました。在任当時には、日本や韓国を参考にして経済発展を遂げようとする「ルックイースト政策」や華僑に対抗してマレー人を優遇する「ブミプトラ政策」を推進しました。

マハティール首相は、就任後の6月12日に安倍総理大臣と会談に臨み、ルックイースト政策の強化を明言しました。これにより、今後クアラルンプール首都圏を中心とした日本企業のマレーシアへの直接投資が活発になると考えられます。

3. 大クアラルンプール首都圏に進出の余地あり

業種によって異なる日本企業の進出地域

先述の通り、マレーシア政府は、首都のクアラルンプールやセランゴール州の計10自治体を大クアラルンプール圏(Greater Kuala Lumpur)と呼んでおり、広義のクランバレーとしています。この地域で、全国民の約20%、マレーシアの国民総所得(GNI)の30%を占めています。

今後、大クアラルンプール圏では、鉄道等のインフラの整備、金融や物流における国内外のハブ拠点の整備を進めています。

外務省によると、2017年度における日本企業のマレーシア進出企業拠点数は、1,295拠点となっており、日本企業の海外拠点数では、フィリピンに次いで9位に位置しています。また、経済の中心となっている大クアラルンプール圏に進出している日本企業の多くは、製造業やサービス業であるとされています。

製造業の場合、工業団地や経済特区に進出する場合が多いため、クアラルンプールではなく、セランゴール州等の自治体に進出する場合が多くみられます。サービス業の場合は、クアラルンプールに進出するケースが多くみられます。

現在、マレーシアに進出している企業は、年々増減を繰り返しており、増加傾向とはいいがたいですが、大クアラルンプール首都圏の整備が進めば、日本企業の進出先として、より魅力的な国になるかもしれません。

4. 将来性が高いクアラルンプール

今後も人口増加が望めるマレーシア

以上、クアラルンプールについて見てきました。同じASEAN諸国であるインドネシアやフィリピンと比べると人口規模は小さいですが、今後も2070年まで人口は増加するとの予測があります。2050年には、人口4,000万人を突破するという見方もあります。そのため、国内の消費市場が将来的に有望な市場の一つになる可能性があります。

5. 優良なマレーシア進出サポート企業をご紹介

既に進出している日系企業も多いマレーシア

マレーシアに進出する際には、会社登記や現地のパートナーを探す必要があります。その際必要なのは、そのような手続きのサポートです。

「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良なマレーシア進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。

「マレーシア進出の戦略についてサポートしてほしい」「マレーシアでの事業計画立案のアドバイスがほしい」「マレーシアに進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡るマレーシア進出におけるご質問・ご相談を承っています。

ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリのマレーシア進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。


失敗しないマレーシア進出のために…!
最適サポート企業を無料紹介

カンタン15秒!無料相談はこちら

この記事を書いた人

健太七海

七海 健太

株式会社Resorz

「Digima〜出島〜」編集部・ライター。大学時代はロシア語を専門。ロシア留学(ウラジオストク)も1年間経験。趣味は能楽鑑賞で、実際に狂言(和泉流)も嗜む。現在、能楽をはじめとした古典芸能を世界に発信すべく日々格闘中。

この記事が役に立つ!と思った方はシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録して、お得な情報をGETしよう

いいね!して、最新注目記事を受け取ろう